« February 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.31

ダービー直前予想

(^o^)ダービー土曜直前予想(^o^)

 今回は土曜に出かけて夜遅く帰宅するので、金曜段階での予想を配信します。

 ダービー枠順が発表され、金曜前々日売りが開始されました。おそらくキンカメだと思うのですが、何が1番人気となるのか、待ち遠しい限りです。何しろ過去10年1番人気の連対率は9割ですからね。
 みなさんそのデータ通り、そこから2・3・4番人気への馬連3点をまず買いましょう(^_^;)。つまり、12キンカメ→09バルク・17ハイアー・04ダメジャーでしょうか(^.^)。

 ところで、今回ダービー枠順を見て、驚くべき配列を発見しました(・o・)。
 こんなことってあるのだろうかと呆然としています。

 今回ダービーには、(道営のコスモバルクも関東組と見なすと)関東9頭、関西9頭とちょうど半々の出走です。ここ数年関東馬は数頭程度だったので、関東馬の躍進(復活?)が目立ちます。
 その関東馬9頭と関西馬9頭がどの枠に入ったかと言いますと、ものの見事に固まりました。

 関東馬が2・4・5・8枠、関西馬が1・3・6・7枠です。
 きれーに2ト2ト2ト3頭です。
 私の競馬歴を振り返ってみても、こんなに美しい配列は記憶にありません。

 どなたか数学の得意な人、このようにきれいにはまる確率ってどのくらいなのでしょうか? 教えて欲しいくらいです。文系の私にはちっともわかりませんが、相当低い確率ではないでしょうか。
 それにしても、アットランダムなコンピューターくじびきで、こんなにきれいにはまるでしょうか?

 え? だから、どうだって?
 だからどうなのか、これがダービーの予想・結果にどう反映されるのか、ちっともわかりません(^_^;)。

 考えられることは、だいたい1、2着が東-東、西-西で決着することはあまりないだろうから、枠連で関西馬を軸とするなら、例えば、6枠キンカメ軸なら、相手は2458枠、5枠バルクが軸なら、相手は1367枠……でいいのかな? と思います(^o^)。

 さて、結果は?

 ってまだ馬単・3連複予想を述べておりません。しかし、迷いますねえ。本命サイドだったら、上記12→09・17・04の馬連で簡単だし、3連複もこの4頭のボックス。単勝はこの4頭の中からごひいきの1頭に絞るとか……。
 しかしながら、ここんところのGIの荒れ具合を見ると、名だたる本命サイドのこのダービーでも荒れるのではないかと思って疑心暗鬼にとらわれます。
 そして、迷い始めて人気薄の馬を列挙し始めると、もう限りなくピックアップできます。
 考えてみると、今回の18頭はかなり優秀な馬たちばかりで、2勝馬の1頭(02ヴンダー)をのぞくと、あとは全てバリバリのオープン馬です。だから逆に言うと、上記4頭がこけたら、何が来ても不思議ではないのです。
 ちゅうわけで、今回のダービーは馬連関係は絞れるだけ絞って、その他はぼろぼろと枠連でいってみたいと思います。というのは、同枠人気薄馬が不気味で、馬連に絞ると不的中の嵐となりそうだからです(枠連でもよく外しますが……)。

 さて、突然ですが(^.^)私の結論です。

 激走後の反動、超長距離輸送等々のハンディは全て忘れ去って、4強を3頭に絞って次の順位で印を付けました。タイム信奉論者の私としては、青葉賞芝24をタイム2241で激走したハイアーを◎から外すわけには参りません。コスモバルクの2番手は心情です。そして、ダイワメジャーはフロックとして軽視――ほとんど無視します(また皐月賞馬を無視してほぞかみそうだけどなあ)。
 ええい(`´)男は踏ん切りが大事なんじゃ。

 つうわけで、◎17ハイアーゲーム、○09コスモバルク、▲12キングカメハメハ
 単勝 17ハイアーゲーム 1点 =1000円
 馬連・馬単 17→09・12 2点×2 400円×4=1600円
 3連複 17・09・12 1点 1000円     計3600円

 そして、枠連は以下(根拠省略)
 8枠→5・6・2・8
 5枠→1・4・7・3
 6枠→1・4・7・3      200円×12=2400円

 以上計6000円です。
 残り4000円は当日(雨かもしれないので)ぱらぱらと好みの馬から買ってみます。
 私がひそかに注目している馬は10フォーカルポイントと大外18のピサノクウカイ、柳にドジョウの福永08メイショウムネノリなんですが……まあ戯(ざ)れ言です。

 ○ 戯れ言とほざいてみても夢を抱くかくして点数増えゆくばかり


 さて結果は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.26

ダービーほぞかみデータ予想

(^O^)ダービーほぞかみデータ検討(^O^)

 以前どこかで聞いたことがあります。競争馬は短距離・中距離のレースを走ったあとすぐ長距離を走ると、それが長距離だとわからないので、前のレースと同じペースで走ってしまうのだそうです。当然それでは長距離を持たないので、騎手は無理して抑えようとします。すると、馬は走る気をなくしてしまう――先週のダンスインザムードを見ていてその話を思い出しました。井崎御大は「馬が走りたくって仕方ないようだね」と言いました。私も同感で、スタートとなったら先頭を突っ切って走るのではないかと思いました。ところが、意外にも中団の7、8番手。あそこで抑えずに行かせていれば、結果は違ったかもしれません。しかし、それはかなりの冒険だろうし、もし行かせたらもっとずぶずぶだったかもしれません。それが競馬の難しさなんでしょうね。

 そして、今週は4歳春の祭典、ダービーです(^O^)。

 上記にはもう一つ続きがあって、前走でレコードタイムを出すほど大激走すると、その反動で次走ボロ負けってのがあります。ダンスインザムードはそれもあったのかもしれません。まあこれにせよあれにせよ、みんな後の祭りってやつですが……(^.^)。

 どうしてこんな話から書き始めたかと言うと、ダービー1、2番人気を争うであろう2頭がどうもこのパターンにあてはまりそうだからです。

 1頭はNHKマイル芝16を1325という猛烈なタイムで1着したキングカメハメハ大王。
 もっとも、この馬はそれ以前芝20以上のレースばかり走っていたので、むしろ長距離向けと言える馬でした。だから、ダンスインザムードみたいな心配は不要かもしれません。
 しかし、激走後の反動がないと言い切れるか、不安もあります。なにしろNHKマイルからは中2週でダービー。過去このパターンでダービー1着した馬はタニノギムレット(NHKマイル3着)ただ1頭。あとはほとんど惨敗でした。中にはNHKマイル1着でダービー楽勝だと言われたあのクロフネもいました。3歳GIの中2週というのは、かなりきついようです。

 もう1頭は青葉賞勝ち馬ハイアーゲーム。
 ダービートライアル青葉賞芝24をダービーレコードより早い2241(・o・)で1着。東京競馬場だし、もう一度同じタイムで走れば、ダービーでも文句なく優勝ではないでしょうか。
 ところが、不思議なことに次走同タイムで走るかどうか……は走ってみなければわかりません(^_^;)。同タイムで走れないことは数多く目撃しました。また、ハイアーは青葉賞前単なる2勝馬でした。青葉賞でダービー出走権を取るため目一杯仕上げた可能性が高く、そして芝24をそのようなタイムで駆けたことで、この馬がもっとも反動がありそうな気がします。
 ただ、ハイアーはトニービン産駆でもないのに、東京競馬場では4戦して[3100]、つまり、根っからの左回り巧者(巧馬?)のようです。取捨に困りそうな馬ですねえ。

 と前フリしておいて、今日もデイリーS過去10年データを参考に、3点私的ほぞかみデータ予想です。

 ① 1番人気がものすごい!
 過去10年ダービー1番人気馬の成績は[6310]で何と着外なし! 馬連は1番人気で9割的中(・o・)。こんなに簡単なレースも珍しい。
 ここから2、3、4番人気へ3点流すと、10回中7回も「馬連的中!(^o^)」の声をあげることができ……ました(もちろん過去形です、未来は無限大だからわからない?)。

 ② またも4強?
 今春GIの大きな特徴は1強とか4強とか騒がれた連中がことごとくボロ負けしていることで、さらに、そのときスローペースを見越してたまたま逃げた馬(本来の逃げ馬とは言い難い)が、逃げ粘って穴を開けたことでしょうか。
 今回のダービーも4強と言われそうです。まずその4頭と同時に不安点を列挙します。

 ○キングカメハメハ……成績[5010]、NHKマイルを強烈勝ち方で1着。ただし激走の反動は?

 ○ハイアーゲーム……成績[3111]、青葉賞を強烈勝ち方で1着。ただし、中2週で激走の反動は?

 ○コスモバルク……言わずとしれたホッカイドウ競馬の雄。
 成績は地方中央合わせて[5300]と文句なし。皐月賞では2着だったが、勝ち馬ダイワメジャーとは0.2差、上がり3F33.8は強烈で、負けて強しの内容だった。ただし、今回も前々日の超長距離輸送に耐えなければならない。歴戦の疲れはないのだろうか?

 ○ダイワメジャー……言わずと知れた皐月賞馬。
 この馬だって上がり3Fは33.9、2番手を抜け出してその上がりで走られては後の馬は届かない。皐月賞のタイム1586は超優秀。ただし、皐月賞では単なる1勝馬で10番人気の伏兵だった(現在の成績[2111]は貧弱?)。しかも、今年1月未勝利勝ちして月1で走って早5戦目。これも疲れは?
 思い出すのは02年の皐月勝馬ノーリーズン。皐月賞を超人気薄好タイムで勝ってダービー2番人気になるも8着惨敗だった。その二の舞はないのだろうか?

 ただ、最後のダイワメジャーに関しては別観点のデータもありました。
 皐月賞を10番人気以下で優勝した馬は(1962年以降)たった5頭だけ。その馬のダービーでの人気と着順を見ると、
 62年ヤマノオー皐月賞13人→ダービー2人=2着
 81年カツトップエース皐月賞16人気→ダービー2人=1着
 97年サニーブライアン皐月賞11人気→ダービー2人=1着
 02年ノーリーズン皐月賞15人気→ダービー2人=8着
 04年ダイワメジャー皐月賞10人気→??
 と02年ノーリーズンを除いてはダービーでちゃんと走っています。
 私は競馬を始めたのが、79年の秋からなので、81年のカツトップエース、97年のサニーブライアンはよく覚えています。皐月賞ではあれよあれよと逃げ切るか先行して抜け出し、ダービーでは当然フロックと思って軽視。結果、返り討ちにあいました。

 ついでに、過去20年の皐月勝馬がダービーでどうだったか、その成績を見ると17頭出走して[6227]でした。6頭が馬単の軸、8頭が馬連の軸です。
 さらに皐月勝馬がダービーで1番人気となった場合は、全部で6頭いてその成績は[5100]と超優秀です。ところが、その馬が2、3番人気の場合は、全部で9頭いて、成績は[0126]とふるいません)。目下の情勢ではダイワメジャーの1番人気は難しく、ダービーでは黄色信号かもしれません。ところが、そんなときに限ってやっぱり皐月勝馬かあ……と軽視してまたも返り討ちか?

 ③ 最後はアホな出目戦術を

 今年ダービーは5月30日に行われます。過去10年では初めてのことです。
 もうずいぶん前のことですが(枠連のみのとき)5月30日ダービーだったことがあります。
 確かメリーナイスが勝ったと思うのですが、そのときの枠連は3-5でした。終わった後、なあんだ月日枠連だったんだと嘆息した覚えがあります。先週の誕生日馬券のお話しではありませんが、そろそろそんなアホな出目を思い出してもいいかなと。(おいおい、書くことがなくなったんで、そんなこと書いてるのとちゃうか……って読みが鋭い(^_^;)

○出目だろが誕生日だろが当たりゃ良しほぞかみだらけの馬券道よりゃ(^O^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | June 2004 »