« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.21

フェブラリーS、結果とほぞかみ

  結果は……

 1着―福 永 14メイショウボーラー  単勝=2.0
 2着―ペリエ 07シーキングザダイヤ
 3着―蛯 名 10ヒシアトラス

 枠連=8-4=6.7 馬連=14-07=11.8 馬単=15.4
 3連複=14-07-10=44.5 3連単=122.2
 ワイド12=5.2 W13=6.7 W23=14.9

(T_T) ほぞ噛みの弁 (T_T)

 競馬に絶対はないッ!
 騎手が落馬することもある!
 しかしッ(`´)、出遅れまでは考慮に入れないッ(T_T)!

 ……てなわけで、ほんとにがっくりくるダートの親分アドマイヤドンの出遅れでしたね。
 5着入線しただけに、あれがなければ最悪3着、きっとメイショウボーラーとのマッチレースが見られたと思うのですが……。
 まあ、勝負事にればたらはなしですけどね(-_-)。

 私はアドマイヤドンが出遅れたとき、ブルータスよお前もか――ならぬ「アンカツよ、お前もか!」と思わず叫びました。
 あれは一流騎手が真の一流となるため、一度は通る試練と関門なんでしょうか(^.^)。
 思い起こせば、武豊騎手もド本命1番人気で不可解な斜行失格とかありました。
 安勝騎手もその域に来たのかもしれません(^_-)。

 しかしッ、私の最大の悲しみはそれではありまっせん(T_T)。

 2着激走のシーキングザダイヤを表予想で全く取り上げなかったことなんであります。
 4番人気で、あのペリエが乗る馬を。
 無視したわけは、例の456歳1頭ずつの傾向にこだわったからです。
 仮にアドマイヤドンが2着に来たとしても、3着はヒシアトラスではなく、シーキングザダイヤだったと思います。つまり、ドンが来ていたとしても、私の馬券全滅状態は変わらないということです。
 ウラも「まさか」も、全滅だったし……。
 ふうっ(-_-;)とため息でもつこうってなもんです。

 年齢の結果は、4歳→4歳→5歳でした。やっぱり今年の4歳馬は強いようです。
 メイショウボーラーも足抜けのいい馬場とは言え、レコードタイムの優勝はご立派の一言。

 データにとらわれすぎました。反省です。

 しかし、役立つデータ分析もありました。
 それは過去8年を人気面で見たときのまとめで、私は以下のように記しました。

 よって、人気だけで考えるなら、1番人気から4番人気までの4頭、そして、ヒモとして5番人気から8番人気(せいぜい9番人気)までの4、5頭をチェックして、取捨を考えてはどうでしょうか(^_^)。

 結果は発走前では1番人気→4番人気→6番人気の順でした。
 ただし、面白いことに土曜朝の段階では、1番人気→4番人気→3番人気の順でした。
 どうも、ヒシアトラスに単勝の大量買いがあった感じです。だから、私はひそかにヒシアトラスから1、2番人気の馬連も買っていたほどで、うらめしい「ペ」様でした。
 それにしても、この3連単で100倍超の万シューなんだから、何も考えずに1番人気から234番人気の3連単6点買っておくのもいいかもしれませんね。
 あるいは、1番人気から3・4番人気なら2点で的中です。
 将来的には、その裏もよく出るので、それも買うなら+2点……簡単な的中だなあ(^.^)。

 ○ GIのレースが終わって再予想不思議なことにたやすく当たる(^_^;)

=====================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:今回は結構自信があったのですが、今年初GIは不的中となってしまいました。
 来週から中山です。次回 G I は3月末の高松宮記念です。
 みとれー今度こそ(`´)……っていつものことか(^o^)。(影)
=====================
◎○▲△△△△△△△▲○◎
御影 祐
ID=mikageyuu@ybb.ne.jp
MY HP「ゆうさんごちゃまぜホームページ」
URL=http://www.geocities.jp/mikageyuu/
◎○▲△△△△△△△△△△△△△△▲○◎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.19

フェブラリーステークス直前予想

(^o^)フェブラリーステークス土曜直前予想(^o^)

 土曜の東京多摩地方はちょいとした雪でした。
 現在夜8時ですが、依然として冷たい雨が降っています。
 私の土曜在宅競馬も冷たい仕打ちを浴びました(-_-;)。

 まあ、私のことはどうでもいいことでして、問題は明日のG I フェブラリーステークス。
 明日の天気はどうなんでしょう。予報では曇り後晴れです。
 フェブラリーステークス発走時の馬場はどうか。不良か重か。
 稍重まで回復しないと思いますが……。

 どちらにしても、逃げの14メイショウボーラーにはますます有利になったような気がします。
 土曜日朝の段階で彼の単勝は2倍を切る1番人気でした。
 しかし、2倍を切っていると知って、えっ? と思いました。
 そこまで信頼性があるのでしょうか?
 確かに過去2走は強い勝ち方でした。
 しかし、相手が弱かったとも言えるわけで、彼はまだダートのそうそうたるところと対戦しておりません。
 ただ逃げるだけの馬だから、他馬との兼ね合い云々とか、ペースに左右されるとか、直線で不利があるとかはないでしょう。
 しかし、G I 独特の雰囲気の中でぽんと出てぽんと逃げ切れるかどうか。しかも、フェブラリーステークスでは逃げ馬はほとんど連に絡んでいません。
 さらに、ダートは過去2走のみ。まだダート16を一度も走ったことがありません。
 あっさりトップでゴールを駆け抜けてもいい。しかし、2着3着にずるずる下がっても不思議ではありません(^.^)。

 次に2番人気のダートの親分こと03アドマイヤドン。
 昨年のフェブラリーステークス1着馬です。
 しかし、JCDでは2年連続2着。最近どうも連軸にはいいけれど、単軸にし辛い雰囲気があります。
 しかも、前走は有馬記念に出ました(7着)。これは影響ないのかどうか。

 と前振っておいて、突然ですが私の結論です(^o^)。

 トップ2頭に不安材料があるけれど、表3連複予想としてはこの2頭の軸で仕方ないなと思います。
 水曜データ検討で述べたとおり、フェブラリーステークス過去8回中5回は456歳が1頭ずつ。
 メイショウボーラーが4歳、アドマイヤドンが6歳ゆえ、相手は5歳勢4頭。ただし、02ヘヴンリーロマンス(10人気)と、12ハードクリスタル(12人気)はどうかなと思うので(しかし、買うことは買う(^.^)、以下の5歳2頭が3着の筆頭候補です。
 10ヒシアトラス(前走平安S1着、ダート18のタイム1503は優秀)
 09ユートピア(昨年盛岡南部杯ダート16でアドマイヤドンに先着しての1着)

 ドンとボーラーに重みを付けるなら、◎03アドマイヤドン、○14メイショウボーラーとしたいと思います。次いで、▲09ユートピア△10ヒシアトラス。

 この4頭03・14・09・10の3連複4点をまず買います。500円×4=2000円

 3連単は03アドマイヤドンの1着、2着14メイショウボーラー固定で……
 3連単 03→14→03・10 =300円×2=600円

 あと、5歳残りの2頭12・02と06タイムパラドックスへ◎○から流します。
 3連複 03・14→02・12・06 =200円×3=600円

 3連単も◎→○の1、2着固定で
 3連単 03→14→02・12・06 =200円×3=600円

 馬連は思うところあって(^.^)09ユートピアから流します。

 09→03・14・10 =200円×3=600円

 小計4400円


 さて、今年もウラをいってみたいと思います(^_^;)。

 2ケタ人気の馬はたぶんダメだと思うのですが、まあお遊びということで。
 それは08サイレンスボーイです。
 前走根岸S8着(1.6秒差(-_-;)が嫌われたのか、土曜段階では11番人気の単勝万馬券。
 しかし、この馬全成績[7416]そのうち一回だけ芝であとは全てダート。中央のダート16は3戦1勝2着2回。3走前東京ダート16武蔵野Sを11ピットファィターの2着(重タイム1355)しています。得意のダート16で3着はあるかな……と見てワイドと3連複。
 ワイド 08→03・14・09・10・06=200円×5=1000円
 3連複(とまさかの3連単)は08・03ドン流しの以下5頭。
 08→03→14・09・10・06・07=100円×5×2=1000円

 そして、最後にまさかの馬券(^_^;)。
 それは超高齢馬牡9歳の13ノボトゥルー。
 01年5歳時にフェブラリーステークスを優勝した馬です。
 まさかこの超高齢馬が3着に激走するとは……と唖然とする可能性にかけて(^.^)。
 相手はアドマイヤドンとメイショウボーラーとタイムパラドックスの3点と決めつけて3連単3着流し。
 3連単 13→03・14・06 =100円×6=600円

 合計7000円

 さて結果は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

G I フェブラリーステークス水曜データ検討

(^O^)G I フェブラリーステークス水曜データ検討(^O^)

 こんばんは。2005年競馬、3連勝の後3連敗(^_-)。

 やはりほぞ噛みの御影祐です(^_^;)。

 早いもので2005年もいよいよGIの開幕です(^o^)。

 その名も東京ダート16のフェブラリーステークス。

 とは言え、真冬に無理矢理設けたようなG I (^_^;)。
 普段ならあまりテンション上がらないのですが、今年は違いまっせー。
 久し振りにわくわくするようなメンバーが揃いました。

 なんと言っても、福永騎乗のメイショウボーラー(牡4歳)。
 ガーネットS、根岸Sの2連勝がすごかった。根岸Sなんぞ逃げて7馬身ちぎった圧勝でした。
 そのメイショウボーラーが砂の王者安勝アドマイヤドン(牡6歳)に挑む――という構図でしょうか。

 さらに、そこに昨年のJCD1着馬――武豊タイムパラドックス(牡7歳)がからみ、横典ユートピアやバルジュのピットファィター(ともにダート16を3勝)の激走があるのか。
 はたまた、超高齢馬ノボトゥルー(牡9歳)が3着に食い込むか(ダート16を[3357]の成績)――といった感じで、久し振りに盛り上がりそうな冬枯れGIです。

 さて、単純にボーラーVSドンの一騎打ちとなるかどうか。

 しかし、現時点で馬連予想するなら、この1点でしょうか(^.^)。

 さて、今年もわが愛読スポーツ紙デイリースポーツ火曜版を参考に、過去データから気づいたことを2点述べてみたいと思います。


【1】10番人気以下はいらない(^.^)?

 G I に昇格した過去8年で123着を人気順で並べてみると以下の通りです。
 各年…1-2-3着=馬連配当
 9 7… 6-1-2人= 15.7
 9 8… 6-8-10人=117.3
 9 9… 2-7-4人= 37.2
 0 0… 4-2-7人= 15.3
 0 1… 5-2-4人= 21.3
 0 2… 1-4-2人= 13.5
 0 3… 1-3-4人= 13.7-3連複43.9
 0 4… 1-3-9人= 5.7-3連複49.2

 すぐに気づくのは、ここ3年1番人気がそのまま1着であること。
 それ以前は2番人気が3年連続連絡みで、大荒れは98年の1回のみ。
 昨年はダートの親分アドマイヤドンが1番人気。
 03年は武豊のゴールドアリーュルが1番人気。
 02年はアグネスデジタル1番人気で、良馬塲を1351のフェブラリーSレコードタイムで優勝しました。
 彼らはダート上手のそうそうたる1番人気で、順当だったってことでしょう。

 名はあげませんが、それ以前の4年間で、3着にも来なかった1番人気馬はあまり記憶に残っていない馬たちです。

 今回1番人気が予想されるアドマイヤドンは数年後まで充分その名が心に刻まれるダートの名馬だし、(あるいはこちらが1番人気かもしれない)メイショウボーラーにしても、ドンの跡を継げる若頭(^.^)筆頭に昇格したようです。
 さて、若頭は親分を打倒できるのか?

 となると、大荒れだった98年に10番人気馬が激走した以外、2ケタ人気馬はどの年も3着までに来ていません。ここいらも順当であるのかもしれません。

 よって、人気だけで考えるなら、1番人気から4番人気までの4頭、そして、ヒモとして5番人気から8番人気(せいぜい9番人気)までの4、5頭をチェックして、取捨を考えてはどうでしょうか(^_^)。

 もっとも、3連複・3連単が始まって以来、大荒れの原因はほとんど2ケタ人気馬ですが……(^.^)。

【2】各世代より1頭だけ(^_^)?

 今年出走予定の16頭を性齢別に分けてみると、
 性齢…4-5-6-7-8-9歳
 頭数…5-4-5-1-0-1頭(5歳にただ1頭の牝馬)

 だからなんやねん、と言われるとまたまた困ってしまいます(^.^)が、今年は珍しく高齢馬の参戦が少なく、今が盛りの456歳で16頭中14頭を占めています。

 ところで、過去8年間で3着以内に来た馬の性齢を並べてみると、以下のようになります(馬齢は全て現在の数え方。また、何も書いていないところは全て牡かセン馬)。

 各年…1-2-3着
 9 7… 4-4-4歳
 9 8… 6-4-5歳
 9 9… 5-7-7歳
 0 0… 5-4-6歳(2、3着は牝)
 0 1… 5-6-5歳(3着は牝)
 0 2… 5-4-6歳
 0 3… 4-5-6歳
 0 4… 5-4-7歳

 これを見ると、97年に4歳で123着を独占した以外は各年齢でばらついている――もっと言えば、各年齢から1頭ずつ――とも言えそうです。
 この3年間は456、456、457歳でした。それ以前でも456各世代1頭ずつが2度。計8年間で5度。

 ついでに、02年からの馬齢構成と結果を示してみると、

 各年…4-5-6-7-8-9歳―結果1-2-3着
 0 2… 2-4-6-2-2-0頭―――5-4-6歳
 0 3… 4-1-6-3-2-0頭―――4-5-6歳
 0 4… 6-3-2-3-2-0頭―――5-4-7歳
 0 5… 5-4-5-1-0-1頭―――?-?-?歳

 02年から6頭出走した世代は全て3着以内に食い込み、なおかつここ3年では4、5歳が1、2着。04年に6歳が来ず7歳3着となったのは、6歳2頭に対して7歳馬3頭だったからかもしれません。
 特筆すべきは03年で、5歳世代からの出走はたった1頭だったのに、それが2着に来ています(ビワシンセイキ3番人気でした)。

 となると、今年も456歳万遍なく123着でしょうか(^.^)。
 そして、ある世代から単勝軸を決めたら、23着候補は他世代――ということになります。

 ちなみに、アドマイヤドンは6歳、メイショウボーラーは4歳です。

 ちゅうことは3連複でこの2頭を軸にした場合、流す相手は5歳4頭ってことですね(^.^)。
 もう1点足しても7歳1頭(武豊タイムパラドックス)で決まりです。

 おいおいそんなに簡単に行くわけねえやろって。
 ……そりゃあまあ(^_^;)。

 ○ 過去データ年齢別に眺めればこんなに簡単もう買い目(^_^;)

=================================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:またも悲惨な17歳少年による小学校襲撃事件が起きました。しかし、競馬では同じ高校生世代の育成した競走馬「ユメロマン」号が新馬デビューして1着しました。史上初だとか。かたや夢を実現させ、かたや夢をなくし歌うことを忘れたカナリア――いいニュースと悪いニュースが混ざった今週でした。(御影)

=================================
 【お知らせ】

 私の競馬予想は、GIに関してはこのホームページで公開していますが、その他の重賞はここではアップしておりません。関心がおありの方は「メルマガ」登録(無料)なさってください。
    【メルマガ「御影祐のほぞかみ競馬予想」は以下の競馬トップページからどうぞ(^o^)】
 [ゆうさんのごちゃまぜホームページ]URL
 http://www.geocities.jp/mikageyuu/

 [競馬「御影祐のほぞかみ競馬予想」コーナー]URL
 http://www.geocities.jp/mikageyuu/keiba/keibatop.html

 以上です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »