« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.30

天皇賞春直前予想

-------------------
+MYCM:予告!! 御影祐のSF小説第2弾
+書名=『 時空ストレイシープ 』(ストレイシープは迷える子羊)
+2005年5月5日、全国書店にて販売開始!
+☆作者「御影祐」 出版社「本の森」¥税込み定価1470円
-------------------

 (^o^)天皇賞春、直前予想(^o^)

 こんばんは。「よっしゃあ的中!」の声をなかなか出せない御影祐です。
 不的中予想の雨あられ、ご容赦ください。m(. .)m
 また、でかでかと自作CMを冒頭に掲載したこともご容赦ください(^_^;)。
 なにしろこちらが本職なものですから、しばらくこの形で行かせてください。

 さて、明日は第131回天皇賞春(京都芝3200)です。

 今年のG I 戦線は難解ですねえ。前回の皐月賞もディープ1着は簡単だったのに、ヒモが抜けたし……(^_^;)。
 この春天も一筋縄ではおさまりそうにありません。3連単は1番人気でも万シューだそうです(ああ、当てたいなあ)。

 私はしばらく田舎暮らしですが、少ないデータの中から、いつものパターンで検討に励んでみたいと思います。
 まずは、全18頭(牝馬2頭)を年齢で並べてみると、

 年齢 4 5 6 7 8 歳
 頭数 4 5 5 2 2 頭――となっています。

 単なる直感ですが(^_^;)、高齢4頭はいらないのではないかと思います。
 4~6歳がほぼ同数の出走、この中でどのような組み合わせとなるのか、難解です。

 また、牝馬2頭は以下の通り。
 03 アドマイヤグルーブ(牝5、鞍上武豊騎手が不気味)
 12 マカイビーディーヴァ(牝6、魔界から来た(^_^;)唯一の外国豪州馬)

 京都芝3200のレースは、近走の成績無関係で長距離血統の出番になるときと、スローペースの上がり勝負となるツーパターンがあります。春天過去2年はスタミナ勝負の馬が1着しました。
 アドマイヤグルーブは明らかに中長距離馬ですが、今の京都は高速馬場だそうで、上がり勝負となったときは無視できないかもしれません。また、鞍上武豊は春天に計14回騎乗して結果は[5432]の鬼です(^.^)。

 もう1頭の外国馬マカイビーディーヴァもあっさり切っていいかどうか。この馬豪州GIで何度も1着しているし、なにより芝32で3戦3勝が不気味です。豪州でのローテーションがむちゃくちゃですが、前走は中山芝20を走って7着でした。59キロを背負っていたし、試走であることは明らか。今回背負い慣れた56キロで出走できるとなると、くさいです。においます……と言ってよく裏切られる外国馬ですが(^_^;)。

 ところで、世代間闘争で眺めるなら、今回5歳勢の中に、昨年春天の雪辱に燃えている馬が2頭います。

 以下は昨年春天時に私がデータ版として書いた記事です。
-------------------------
 04年春天では4歳4強と言われるほど昨年秋に活躍した馬が登場しています。
 菊2着、有馬2着と来て、前哨戦阪神大賞典を1着したリンカーン。
 菊1着ののちJC2着(有馬は疲労のせいか11着惨敗)、今年は阪神大賞典でリンカーンの2着だったザッツザプレンティ。
 また、昨年の皐月・ダービーの2冠を制し、秋は菊3、JC3着と評価を下げたけれど、今年は春前哨戦大阪杯で1着したネオユニヴァース(これがデータからは過去10年さんざんのパターン)。そして、菊4、有馬3着、今年日経賞2着のゼンノロブロイ。4頭の中では唯一の関東馬。
-------------------------

 この4歳4強の結果は、ネオが10着、リンカーン13着、ザッツ16着と惨敗。ゼンノロブロイのみ2着でした。
 そして、今年ネオはわけわからなくなり、ゼンノは昨年秋に大成して、春天には見向きもしない。
 さぞかし雪辱に燃えているであろう5歳幻の2強(^_^;)が、01ザッツザプレンティと06リンカーンです。
 このうちザッツザプレンティは昨年春天でも01番でした。2年連続同じ馬番なんてくさいです。
 第131回目の天皇賞だし、1がへんに強調されているようでもあるし(^.^)。
 まさか枠連1-3とか。おおっ、ザッツとリンカーンの馬連か?!

 さて、てなわけで突然ですが私の結論です(^o^)。

 上記で4頭あげました。繰り返しますと、
 牝馬の03アドマイヤグルーブと12マカイビーディーヴァ。
 2年前菊花1・2着組の5歳01ザッツザプレンティと06リンカーン。
 そして6歳で取り上げたいのが、なんといっても菊花・春天・宝塚のGI3勝馬、奇蹟の08ヒシミラクル。枠で言うと、1・2・3・4・6枠。

 どうも抜けた馬が見あたらないし、4歳馬も活きが悪い(?)ようです。
 今回は過去の栄光にすがるだけの馬(^_^;)とか、牝馬でも充分勝ち負けになるのでは、と見ます。

 そこで、上記5頭01・03・06・08・12の馬連ボックス10点。×200=2000円
 3連複5頭ボックスも10点。×200=2000円

 3連単はボックスを買わない主義なので、
 01ザッツザプレンティを頭として残り4頭流し12点。×200=2400円
 残り600円で01ザッツザプレンティの単勝!
 合計7000円。

 さて結果は?

 ○ 久々のボックス勝負いさぎよし? ずばっと来れば歓喜の雄叫び(^_^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.18

皐月賞、結果とほぞ噛み

皐月賞、結果は……

 1着―14武豊 ディープインパクト 単勝=1.3
 2着―10四位 シックスセンス
 3着―16横典 アドマイヤジャパン

 枠連=7-5=28.8 馬連=14-10=58.3 馬単=61.0
 3連複=14-10-16=142.8 3連単=707.8
 ワイド12=18.4 W13=2.8 W23=70.2

 ほぞ噛みの弁

 いやあ、強かったですねえ。1頭だけ次元の違う馬がいました(^o^)。
 正に天馬のごとく、直線では空を飛んでいるかのようでした。

 武豊騎手はまだ三冠ジョッキーではないとか。しかし、これで今年の三冠馬は確定――ではないでしょうか(ああ、これでダービーも菊花賞も穴党の出番はないのだろうか(^_^;)。

 ディープイパクトは発馬直後につまづいて出遅れ、一角は最後方でした。
 ところが、向こう正面から三角まくりを打つと、四角ではステッキ一発、あとは馬なりで直線抜け出し、あれよあれよでもうゴール。後続に影も踏ませない――大横綱レースでした。
 まったく、恐れ入谷のインパクちゃんでした(^o^)。

 そして、私の――ひも抜けするのではないかとの――予感通り、2着は未勝利勝ちしかない(重賞2着はあるけれど)1勝馬のシックスセンスでした。
 私の予想で当たったのは「なんでこの馬が……というような単勝万馬券クラスの馬が3着に激走するかもしれません」というところだけで、あとは全滅でした。
 いや、この予想だって私が推理したのは3着までで、まさかあれが2着に来るとは……てな感じでした。

 もちろんディープイパクト◎は的中ですが、そんな◎は幼稚園児でも打てるしね(^.^)。
 ディープの単勝に千円賭けてもしょうがないし、馬連などは絞ると決めた以上、それが外れても「あっそう」てなもんで、ほぞ噛みはほとんどありませんでした。

 私の実質◎福永アドマイヤフジはまあそこそこのレースをしたものの、5着に終わりました。
 こちらも「あるわきゃないと思いつつの賭け」でしたから、ほぞを噛むほどのこともなく、今年の皐月賞は妙に感動薄いレースでした(^.^)。
 まあ馬連・馬単はプロ予想家の大多数も外したようですし、アマチュアの私なんぞ、外しても当然でしょう……とひねくれた感想を書いて(^_^;)この稿を終わりとします。ふうっ(-_-)

 ○ 1頭だけ抜けた強さのインパクト、ほぞ噛むほどの元気も起きず(^_^;)

===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:土日は別府兄宅から玖珠(くす)郡の実家に帰ったので、皐月賞はテレビ生観戦できました。しかし、帰省中はホントにG I しかやっていないので、競馬貯金があまり減りません(^_^;)。田舎ではラジオもよく聞こえないので、普通の競馬は一切なし。私は日曜の昼も近くの川でハヤ釣りなんぞをやっておりました。夏のような陽気の中、ハヤを20匹ほどゲットしました。これがこの日唯一の払い戻しですね(^.^)。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.16

皐月賞直前予想

 こんばんは。ばらばら買いまくる御影祐です(^_^;)。

 桜花賞の3連複は「獲れたなあ……」とじわっとふり返っている今日この頃です(^.^)。

 しかし、いつまでも過去にとらわれているわけには参りません。
 いよいよ3歳牡馬の第一冠、皐月賞中山芝2000の始まりです。
 本気こいて予想に励みたいと思います(^o^)。

 それにしても、今年の皐月賞はレベル高いですね。
 低いレベルの混戦ではなく、高いレベルの混戦です。
 もちろん1頭だけ、深く衝撃的なダントツ人気馬がいますが、全体的に見ると今年の皐月賞はハイレベルの混戦だと思うのです。

 言い方を変えると、仮に14ディープイパクトがあっさり1着するなら、23着は何が来てもおかしくない――混戦であると言えます。
 なんでこの馬が……というような単勝万馬券クラスの馬が3着に激走するかもしれません。

 ハイレベルというわけは、この時点ですでに3勝以上をあげている馬が8頭もいるからです。
 芝のみで3勝以上している馬でも7頭。そのうち03マイネルレコルトは昨年朝日杯FS1着の唯一4勝馬です。この7頭を全成績で眺めながら、列挙してみると

 03 マイネルレコルト [4011](GI朝日杯1着)
 13 ローゼンクロイツ [3200](毎日杯1着)
 14 ディープイパクト  [3000](弥生賞1着)
 04 コンゴウリキシオー[3110](未勝利から3連勝)
 18 ダンスインザモア [3001](スプリングS1着)
 07 ペールギュント  [3121](シンザン記念1着)
 15 エイシンヴァィデン[3005](これは近走765着でイマイチ?)

 この他では2勝馬でも以下の5頭。

 01 アドマイヤフジ  [2120](若葉S1着)
 02 トップガンジョー [2133](スプリングS3着)
 06 ビッグプラネット [2000](新馬1着後アーリントン1着)
 12 タガノデンジャラス[2312](若葉S2着)
 16 アドマイヤジャパン[2110](弥生賞2着)

 私は(またもなんとなくの直感ですが(^.^)、上記12頭の中から123着馬が出るのではないかと思っています。
 ただ、(何度も言いますが)ディープイパクトを連軸としたときには、相手をだらだら流すのか、それとも絞るのか、思案投げ首の体(てい)ですね(^_^;)。

 ……と前振っておいて(^.^)、突然ですが、私の皐月賞結論です。

 表の◎は14ディープイパクトで仕方ないでしょう。

 全3走全て芝20、タイムは平凡だけれど、勝ち方が素晴らしい(^o^)。
 唯一の不安点はこの3戦が9、7、10頭立てのレースで多頭数の経験がないことでしょうか。
 しかし、他の馬だって18頭立ては初体験ですしね。武豊騎手でもあるし、牝馬のダントツ人気と違って牡馬でもあるし……。

 そして、連複はディープイパクトから絞る方にかけます(`´)。

 相手はずばり1頭、福永祐一騎手の01アドマイヤフジ。

 前走阪神芝20の若葉S1着、そのタイム2003が素晴らしい。それに1月中山の特別寒竹芝20で2着したときのタイムも2016と優秀。
 そこで、馬連14-01の1本=1000円

 単勝は心情的にアドマイヤフジ500円。
 馬単もアドマイヤフジから01→14=500円で。小計2000円

 3連複は14-01流しで上記残りの10点流し(おいおい、絞ってねえやんけ(^_^;)。

 14-01→03・13・04・18・07・15・02・06・12・16=200×10=2000円

 3連単は……(絞りますよォ(^.^)
 14ディープイパクト、01アドマイヤフジの12着流しで――
 相手は03 マイネルレコルト・04 コンゴウリキシオー・07 ペールギュント・12 タガノデンジャラスの4点。
 200×4×2=1600円

 残り400円余ったので、なんとなく枠連7-7と馬連14-15を200円ずつ(^_^;)。

 合計6000円

 さて結果は?

 ○ 祐一くんまさかG I 2連勝? あるわきゃないと思いつつの賭け(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.11

桜花賞ほぞ噛みの弁

桜花賞、結果は……

 1着―17 福 永 ラインクラフト 単勝=4.6
 2着―07 吉田稔 シーザリオ
 3着―09 デムーロ デアリングハート

 枠連=8-4=6.5 馬連=17-07=12.2 馬単=25.5
 3連複=17-07-09=84.4 3連単=367.9 
 ワイド12=5.1 W13=16.9 W23=16.3

  ほぞ噛みの弁

 今年福永祐騎手はブレイクするかもしれませんね(^_^)。
 G I 3戦にして、すでに2勝目ですから。
 しかも、桜花賞の勝ち方が彼らしくない(?)騎乗ぶりだったようです。
 差し馬のラインクラフトを先行抜け出しの横綱相撲で勝たせたのですから。
 なおかつそのタイムたるや、桜花賞レコードの1335というすばらしさ(^o^)。
 翌日のスポーツ紙の論調も馬の力はさるものながら、福永騎手の騎乗ぶりを誉めたたえていました。
 いやいや、大したものです。

 もっとも、私は高松宮のときと同様、別府兄宅にいますので、今回もテレビを生で見ることができませんでした。
 結果はJRAホームページと夜7時のニュースで、直線だけ(^.^)観戦しました。
 で、結果はわかっているのに、ゴール寸前で「デアリングハート残れっ、残れっ!」と叫んでしまいました(^_^;)。
 17ラインクラフトから09デアリングハートは馬連馬単を持っていただけに、おいしい中穴馬券を取り逃がしました。ああっ、ダメかと思いつつ、あれっ、でも確か俺8-4の枠連買ったよな……と思い出しました。
 てなわけで、結果は枠連8-4の6.5倍を300円的中させただけでした(^_^;)。

 もちろん大幅な取りガミですが、まあ今年G I 初的中を素直に喜びたいと思います(^o^)。

 私の表◎はラインクラフトでした。だから、単純にラインクラフト一本で予想を組み立ててれば、もっと的中があったかもしれません。しかし、裏◎のショウナンパントルを重視していたし、混戦だと思えば、ばらばらと買わざるを得ませんでした(パントルは13着だったんですね(--;)。

 それに、直前予想で述べたとおり、上位人気5頭、中位人気5頭から123着が出たし、ラインクラフトの強い勝ち方は見られたし、がーんと来るほぞ噛みはありませんでした。

 唯一思うことは、この3頭の組み合わせは土曜前売りオッズでは、1番人気→2番人気→8番人気だったことで、(これが最終的には2番人気→1番人気→10番人気)。
 この3連複が84倍、3連単が360倍の万シューだなんて……「獲れそうだったなあ(^.^)」と思うばかりです。

 ○ レース後にいつもつらづら思うこと 
    この組み合わせ、なんで獲れへんの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.10

桜花賞直前予想

(^o^)土曜直前予想(^o^)
 
こんばんは、いつもほぞ噛みの御影祐です(^_^)。

 いよいよ3歳クラシックの始まりです。
 まずは阪神3歳牝馬の祭典――桜花賞。
 今年はどんなドラマが展開されるのか、私は相変わらず田舎にいますが、それでもわくわくします(^o^)。

 さっそく桜花賞出走馬を、土曜前売りオッズとともに眺めてみたいと思います。

 混戦桜花賞と言われるだけあって、1番人気が4.4倍。
 それが8枠17番福永騎乗のラインクラフトです。全成績[3010]、トライアルフィリーズ1着で、まあ1番人気となっても不思議ではありません。
 しかし、4倍を超える1番人気は信頼性がちと……といった感じでもあります。

 次いで、3連勝馬2頭がともに4枠に入りました。
 07シーザリオ(5.0倍の2番人気)と08エイシンテンダー(8.1倍の5番人気)
 シーザリオは寒竹賞中山芝20を2016の猛烈タイムで1着したあと、前走フラワーカップも1着。
 08エイシンテンダーは新馬から2戦芝12で1着の後、前走トライアルチューリップ賞阪神芝16を1着、タイムも1353と優秀でした。

 そして、3番4番人気馬も7枠に同居(^.^)。
 14アンブロワーズ(6.9の3番人気)と15武豊のエアメサイア(7.6の4番人気)。
 前走ともに3着でしたが、アンブロワーズの前々走は阪神JF2着でした。

  枠連ではこの4枠、7枠、8枠が三つどもえの人気上位となっています。
 さて、この5頭だけで決まるのでしょうか。

 そして、この5頭を第1グループとするなら、第2グループもまた5頭。

 それを6番人気から10番人気で並べてみると、

 11ライラプス(前走重のクイーンカップ1着)
 01アドマイヤメガミ(前走チューリップ賞2着)
 09デアリングハート(前走フィリーズ2着)
 02ペニーホイッスル(全成績[2200]、前走OPアネモネ1着)
 18ショウナンパントル(阪神JF1着馬、前走重のクイーンカップ12着が嫌われたか19倍の10番人気)

 このあと11番人気が05ジョウノビクトリアの38倍ですから10番人気とは段差があります。

 なんとなくの勘ですが(^.^)、私は上記10頭までで123着以内が出るのではないかと思います。

 さて、てなわけで私の結論です(^o^)。

 こうなると、もう外れることを覚悟の上で、上記10頭の中から好きな馬、好きな騎手で買ってみるしかないな、と感じます。これがホントに当たるも八卦、当たらぬも……でしょうか。

 私はまず8枠を軸に以下4点の枠連を買います(^_^;)。
 8枠→4・7・2・8枠 300×4=1200円

 次に前回高松宮記念に続いて、だまされたと思って(^_^;)17福永ラインクラフトから単勝6~10番人気までの5頭へ馬連・馬単を流します。
 17→11・01・09・02・18 200×5×2=2000円

 3連複は別観点で、08エイシンテンダーと14アンブロワーズ流し。
 相手は上位人気からラインクラフト、エアメサイア、シーザリオ、中位人気からショウナンパントル、ライラプスの5点で。
 08-14→17・18・15・07・11 300×5=1500円

 最後に3連単は、どうにも気になる18ショウナンパントルから。
 阪神JFの勝ち方があまりにすごかったので、良馬場なら追い込みがあってもいいと思うのです。
 この馬からラインクラフトを除く上位人気4頭へ流します。
 18→07・08・14・15 100×10=1000円

 最後に余った300円はショウナンパントルの単勝を(^o^)。

 合計6千円ぽっきり。

 さて結果は?

 ○ あれこれと軸が決まらぬ桜花賞、これじゃあほぞ噛み待っている?

=================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:私は今別府にいます。こちらも関東同様桜が一気に満開となりました。正に桜花賞ぴったしのシーズンインですね。しかし、明日は雨になりそうですが……。ショウナンパントルダメかなあ(^_^;)。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.06

水曜データ検討中止の弁

m(. .)m水曜データ検討中止の弁m(. .)m


 高松宮記念以来のご無沙汰、御影祐です(^_^)。
 いよいよ4月桜の開花とともに、G I が本格的に始まります。
 しかし、始めに「水曜データ検討」についてお詫びしたいことがあります。
 私は今も故郷大分県にいます。普通なら、3月末の2週間、田舎に滞在して東京へ戻るのですが、今年はそれができない状況です。

 実は田舎で一人暮らしをしている父親の健康面で問題が起き、しばらくの間私が一緒に暮らすことになったからです。
 かくして私の東京での情報ツール――デイリーSとトータライザーが全く見られなくなりました。
 もちろんこのど田舎(^.^)でも、スポーツ紙を買うことはできます。
 しかし、正直気分が乗りません。

 なので、当分の間「水曜データ検討」は中止にしたいと思います。m(. .)m

 前日、または当日予想はタイム・着差やオッズを参考になんとか予想をしたいと思います。
 ただ、トータライザーがないので、予想精度はかなり低下すると思います(今だって精度は充分低い?(^.^)。

 まーそうなったらそうなったで、読者にとっては「御影祐の◎を外して予想する」なんていう使い方もできるわけです(^_^)。伊崎御大の◎-○を外して買うのと一緒ですね。
 再度平にお詫びいたします。m(. .)m

 では、土曜直前予想でお会いしましょう(^o^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »