« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.29

 (^_^) ダービー、結果とほぞかみ (^_^)

 ダービー、結果は……
1着―石橋守 02メイショウサムソン 単勝=3.8
2着―柴田善 06アドマイヤメイン
3着―四 位 15ドリームパスポート
枠連=1-3=10.8 馬連=02-06=11.2 馬単=21.1
3連複=02-06-15=34.2 3連単=126.5
ワイド12=4.0 W13=6.8 W23=11.7
-------------
 ほぞ噛み反省の弁

 金曜から土曜にかけて、私は友人と3人で一泊二日の温泉旅行に出かけました(^_^)。
 行き先は新潟県境に近い長野県小谷(おたり)温泉です。
 東京から中央高速に乗り、松本で降りてフォッサマグナ(中央大地溝帯)で有名な146号線を北上しました。両側にそそり立つ山々の頂にはまだかなりの残雪があり、「ほお初夏と言うのに、まだ雪が残っているんだなあ(^_^)」と感心しつつ車を走らせました。
 ところが、小谷温泉の宿に着いたら、もっとびっくりしました。
 なんと宿の周辺にも、まだ数十センチの雪が残っていたのです。たぶん標高1000メートルはあるからでしょう。それにしてもこの季節にあれほどすぐ近くで残雪を見たのは生まれて初めてでした。
 その宿は露天風呂もあり、三人で初夏の雪見温泉を満喫しました(^o^)。

 てなわけで、翌日帰宅したのは午後7時過ぎ。前夜あまり眠れず疲れがあったのですが、「さてダービーの直前予想でも書き始めるか」と思い、まずはメールチェック。
 そこでメルマガの誤配信を知らされたのです。「やべえ、またやってもうた」とほぞ噛み一つ(^.^)。

 あわててほぞ噛み読者に「データ検討号」を配信して、さらに『狂歌ジンセー論』読者へも謝罪メールを書きました。なにしろ狂短歌ジンセー論読者は、ほぞ噛み読者と違って競馬なんぞやらない方々が多いと思われるので、低姿勢で謝りました(^_^)。
 で、それが終わったら、もう午前0時。さすがに眠気はなはだしく「仕方ない。明日朝起きてから予想原稿を書こう」そう決めて土曜日は寝に就いたのです。

 えっ、「ダービー回顧じゃないのか」ですって?

 まあもう少しお付き合い下さい。なぜダービーウラ予想がなかったのか、その説明なのです(^_^)。

 私は競馬メルマガをそのまま自身のホームページに掲載しており、またブログでも配信しています。 読者のためには、遅くとも正午頃には全てのアップを完成しなければなりません。特にホームページの更新が最も時間がかかるので、そのための時間も確保しなければならないのです。
 そんなわけで、日曜午前中はダービー表の予想を書くだけで精一杯。とても「ウラ」まで書くだけの余裕がありませんでした(^.^)。木曜データ検討で印を付けておいて良かったと思います。
 そんなこんなで、全てのアップを終えたときには午後1時を過ぎていました。

 しかし、ウラを設定しなくて正解でした。馬連・3連複の的中資金を多めにできたからです。
 テレビでダービーを見終わったときは、ほっとしました。
 これまで競馬メルマガ開始以来、GIの負けは3連敗が最多でした。4連敗は一度もしたことがなかったので、なんとか当てたいもんだと思っていました。けれども、ウラの候補馬はたくさんいたので、「ええい、こうなったらもう表だけで行ってまえ」ときめ打ちしたのです(^.^)。

 おかげで
 ◎メイショウサムソン1着、
 ▲アドマイヤメイン2着、
 △ドリームパスポート3着で、
馬連11.2倍、3連複34.2倍を的中することができました(^_^)。
 400円と300円賭けていたので、配当は合計14740円でした。
 上から順番に123着だったので、もしメイショウサムソンを単勝軸にしていたら、単勝3.8倍、馬単21.1倍、3連単126.5倍も的中して久々の完全的中を達成できたところです。
 同時にダービーゴール前は叫びに叫んだことでしょう(^_^)。

 そんなわけで、慌ただしさと疲れもあってダービーはじっくり観戦できませんでした。
 なんとなく気分は、逃げたアドマイヤメインと先行サムソン二騎による「行った行った」競馬を見たような感じでした。
 これって燃えないんですよね。しかも、私は単勝も馬単も持っていないからどっちが先着でも変わらない。2頭の馬連決着はゴール前100メートルで明らかでした。
 追い込み馬はもう届かないとわかったから叫び声も出ず(^_^;)、「あら終わっちゃったよ」てな感じでした。
 3着争いでマルカシェンクが突っ込んでいたことも気づいていませんでした。でも、3着としては人気薄ドリームパスポートの方が配当が高いので、これまた喜びもほぞ噛みもなし。
 「あら3連複も当たったよ」てなもんでした(^_^)。

 それだけに、むむむ……のほぞ噛み的中ですが(^_^;)、メイショウサムソンは何かに差されるだろうと推理していたので、ほぞ噛みはありません。
 それにようやく今年GI初のプラス決算だから、よしとしたいと思います。予想3連敗も阻止できたし……(^_^)。

 もっとも、ダービー前日に遠方へ出かけるのは、競馬ファンにとっては考えもんですね(^_^)。

 ○ メルマガの始末とアップで大忙し、ダービー始まりあらもう終わり(^.^)

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
後記:結局、ダービー1番人気伝説は続いたのですね。しかし、金曜前売りからメイショウサムソンが1番人気であってほしかったですね。来年はどうなんでしょうか。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.28

ダービー直前予想

 こんにちは。配信が送れて失礼しました、連敗更新中の御影祐です(^_^;)。
 いよいよ今日は春の祭典ダービー。
 東京多摩地方は今朝雨が降っていましたが、今はやんでいます。
 馬場は湿っているようですが、どうやら降雨なしでダービーが行われそうです。

 さて、そのダービーですが、予想通りの混戦状態ですね。
 以下の表は金曜前売り段階の単勝オッズ(金単下の倍率)と土曜前売り終了後の単勝オッズ(土単下の倍率)を比較したものです。(段差があるところに----)

人-番馬  名――=金単→土単→人――印(木曜)
1-17Fジャンク = 3.2→ 5.7→2――▲
2-02Mサムソン = 4.2→ 4.7→1――◎
--------
3-15Dパスポート= 8.2→ 7.8→5――△
4-04Mシェンク = 9.7→ 8.1→6――△
5-06Aメイン――=10.2→ 6.8→4――○
6-09Sメガワンダ=10.4→11.7→7――・
7-10Aムーン――=10.4→ 6.1→3――△
--------
8-14Jライト――=13.3→12.6→8――※
-----------------
9-05Tアラン――=28.1→31.0→9――・
10-07Fリシャール=53.5→34.3→10――・
11-03ロジック――=61.3→40.4→11――・
-----------------
(土単12番人気以下は全て100倍以上)

 これを見ますと、金曜前売り終了後の単勝1番人気は17フサイチジャンクでした。 それが土曜から日曜にかけて2番人気に落ち、02メイショウサムソンと逆転したのです。過去16年着外なしの1番人気は最終オッズでいいのでしょうか。本当は17フサイチジャンクかもしれません。これって微妙ですね。

 そして3番手から7番手まではかなり変動があります。最も大きいのは10アドマイヤムーンが3番人気に急上昇。これはいつもの(^.^)武豊人気ゆえでしょう。

 日曜朝の11時段階では02→17→10→06の人気順で、どうやらこれで人気は確定しそうです。しかし、1番人気02メイショウサムソンのオッズはまだ4.5倍のままです。 これは(私の長年の経験から言うと)メイショウサムソンの単勝が信頼しづらいことを表しています。来ればメイショウサムソンの単勝4.5前後はかなりおいしい馬券ですが、来ない可能性も高いと思います。

 また、表を見ると8番手の14ジャリスコライトと9番手以下とはかなり差があります。さらに12番人気以降は全て単勝万馬券(日曜現在は何頭か100倍を切っています)でした。今年はこのレベルの激走はないと見たいのですが……。

 木曜データ検討で、勝ち数、連対確率や複勝確率から付けた印と実際人気がほぼ重なっているので、能力上位馬が順当に上位にランクされたと言えそうです。
 よって、私は今年のダービーは8番手ジャリスコライトまでで決着するのではないかと思っています。
 問題はその順番です。それがものすごく難しいのです(^.^)。

 さて、こんなところで私の結論です(^_^)。

 当初は表予想とウラ予想の二本立てで行こうと思いました。
 しかし、迷い始めるとあまりにウラの◎が多すぎて1頭に決めることができません。もう潔く表一本で行って玉砕することに決めました(^_^)。

 そこで木曜段階の印をそのまま使いたいと思います。
 02メイショウサムソンはすでに10戦も走っていることが最大の気がかりです。
 しかし、全成績[5311]。1着は何かに譲っても2着、3着は確保するのではないか。そう思って◎にします。ただ単勝は買いません。
 ○は青葉賞勝ち馬の06アドマイヤメイン。▲4連勝馬の17フサイチジャンク。
 ここまでで3連複1本を重視します。

 ダービー全18頭の順位は金曜段階が正しいのか、あるいは日曜最終段階が正しいのか。ダービー鬼門の4番人気(過去10年間3着以内なし)は、アドマイヤメインかマルカシェンクなのか。武豊アドマイヤムーンは来るのか、来ないのか。
 私はどうしてもムーンがエンドスゥイープ産駆であることが引っかかります。しかし来ると癪なので(^_^;)切ることはしません。

 表予想
 ◎02メイショウサムソン
 ○06アドマイヤメイン
 ▲17フサイチジャンク
 △10アドマイヤムーン
 △15ドリームパスポート
 △04マルカシェンク
 ・05トーホウアラン
 ・03ロジック
 ・07フサイチリシャール
 ・09サクラメガワンダー
 ・14ジャリスコライト

 最後に人情単勝馬券を1頭。やはり応援騎手福永が騎乗する04マルカシェンク。

 過去データからは来なくて当然の馬ですが、今年は過去データ裏切りレースが続いているし、SS最後の素質馬のがんばりに賭けてみたいと思います。
 そこで福永04マルカシェンクの単勝と◎○▲3頭への3連単を6点追加。
 これがウラ馬券みたいなもんですね(^_^;)。

 買い目は以下の通り。
 馬 連=02→06 17 10 15 04=400×5=2000円
 馬 連=02→05 03 07 09 14=200×5=1000円
 3連複=02 06 17=400円×1=400円
 3連複=02→06=17→10 15 04=300×6=1800円
3連複=02→06=17→05 03 07 09 14=100×5×2=1000円
 人情単勝=04マルカシェンク=600円
 3連単=04→02 06 17BOX=200円×6=1200円
 合 計=8000円

 さて結果は?

 ○ 混戦のダービーウラの軸不定結局いつもの福永指名(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.25

ダービー、データ検討

 こんばんは。いよいよGI春競馬のクライマックス、ダービーです(^_^)。

 えっ、「まだ安田記念と宝塚記念があるではないか」ですって?

 それはそれなりに盛り上がりますが、やっぱり春の祭典はダービーでしょう。
 これを当てたら、今までの連敗気分だって吹っ飛ぼうかってもんです(^.^)。

 今週末、私は友人と「関東甲信越小さな旅」に出かけます。帰宅後にダービー直前予想を作成するので、予想配信は日曜午前中となりそうです。
 そこで今回はダービーの過去データを検討しながら、ある程度印を付けておきたいと思います。
 データ検討の内容は以下の2点です。

      ――目  次――
   【1】ダービー過去10年人気パターン分析
     (ア)1番人気は外せない
     (イ)3連系の相手馬は?
   【2】現時点での予想
     (ア)ハイレベルな闘い
     (イ)現時点での予想
     (ウ)SS産駆ラストダービー 

********************
【1】ダービー過去10年人気パターン分析

(ア)1番人気は外せない

 これに関してはあまりに有名なので、ご存じの方も多いと思います。
 「ダービーでは1番人気を外せない」がダービー第一法則です。

 過去10年1番人気馬は[6310]と連対率は9割。着外一度もなし、の素晴らしさです。
 3連複、馬連の軸は1番人気で決まりですね(^_^)。

 それにしても、これだけ1番人気の成績がいいと、その前10年間はどうだったんだろうと気になります。JRAのホームページを調べればすぐにわかることですが、読者各位は「そんなヒマはない」方々ばかりでしょう。そこでヒマ人である私がかわって調べました(^.^)。

 そうしたら、なんとその前6年間の1番人気馬も[5100]と素ん晴らしい成績!
 ところが、なんとその前4年間は[0004]! 4年連続着外でした。

 つまり、ダービーの1番人気「絶対」傾向は16年前から始まっていたんですね。結局16年間をまとめると[11.410]となります。
 馬連どころか馬単も取りあえず1番人気馬から「買っとけ」てなもんです(^.^)。

 確かに過去はそうだった。しかし、過去データ絶対と言えないのが競馬である。

 えっ、「過去データに振り回されてる人がよく言うよ」ですって?
 むぐぐ……(^_^;)。

 私のことはさておき、今年は過去データ裏切り馬が続出しました。
 たとえば、オークスのカワカミプリンセスだって無敗の優勝馬は49年ぶり。過去10年戦歴3戦以内で優勝した馬はなく、スイートピーS出走馬の優勝も過去10年で初めてでした。
 また、NHKマイルのロジックも過去10年連対ゼロの3番人気馬でした。

 今回ダービーでロジックパターンなのが4番人気馬です。なぜか過去10年で[000.10]と全て着外。不思議ですねえ。ダービーの4番人気ですよ、4番人気。

 しかし、今年の3歳GIは過去データ裏切りタイプが激走するので、むしろ我々は4番人気馬に注意しようではありませんか(^.^)。

 ついでに、1番人気に続いて連対率が高いのは3番人気[1423]です。逆に2番人気は4番人気同様、[1108]とあまりよくありません。

 さて、ダービーで1番人気を外せないのはよくわかりました。
 ところが、今回のダービーで最大の問題点は、現時点で何が――どの馬が1番人気になるかわからないことです。

 ここ数年はダービーが始まる前から1番人気を当てることができました。もちろん昨年はディープインパクト、一昨年はキングカメハメハ。
 もっとさかのぼっても、ジャングルポケットとかスペシャルウィークとかナリタブライアンとか……とてもわかりやすい1番人気が多かったです。
 しかし、今年はどの馬が1番人気になるのかとてもわかりづらいのです。

 皐月勝馬のメイショウサムソンでしょうか。3着に敗れたフサイチジャンクでしょうか。
 あるいは、4着武豊のアドマイヤムーン? 青葉賞馬アドマイヤメイン?

 おそらくこの4頭の中から1番人気馬が出ると思うのですが、ここに今までの1番人気絶対傾向とやや違う今年の特殊性があるようです。
 つまり、今年のダービーはハイレベルの混戦であり、1番人気馬が真の1番人気であるかどうか、それを見極める必要があるような気がするのです。

 なぜそんなことを問題視するかと言うと、NHKマイルで優勝したロジックは「真の3番人気」ではなかったと思うからです。
 私はあのときロジックが3番人気だと知って「えっ?」と思いました。
 新聞人気などから考えると、ロジックは6~7番人気が妥当なところでした。鞍上武豊人気もあって3番人気となりましたが、つまりあのレースで「真の3番人気」は敗退したのではないかと思えるのです。
 それと同様、もし今回のダービーで「真の1番人気」でない馬――たとえば、過去10年連対ゼロの4番人気となって当然の馬――が1番人気になったら、危険信号かもしれません。
 私はそれがエンドスウィープ産駆(スイープトウショウやラインクラフトなど芝16向き)である武豊アドマイヤムーンのような気がしてなりません(^.^)。

(イ)3連系の相手馬は?

 とまれダービー1番人気馬が過去データ通り1着か2着してくれるとしましょう。となると次に問題になるのが相手馬です。

 過去10年のオッズパターンを見ると、3連系なら1番人気の相手としていいのは3番人気です。

 たとえば、3連複[1・3人気→総流し馬券]を購入すると、次の7回で的中でした。
 97年=6→3→1
 99年=2→1→3
 00年=3→1→6
 01年=1→3→11
 02年=1→3→6
 03年=1→3→7
 04年=1→5→3[3連複34.6]

 そして昨年がディープインパクト1着、2着2番人気で(1→2→7)、3連複配当は24.1でした。

 この中で01年(フタケタ11番人気3着激走)パターンをあきらめるなら、以下のようにまとめることができます。
 3連複[1番人気→2・3→5678]計9点(3連単10点)

 例にはない8番人気を入れたのは、その程度まで広げておいた方が後でほぞを噛まずに済みそうだからです(^.^)。
 ちなみに、このやり方で、さらにその前6年間6回のうち3回が的中になります(1→2→8、1→2→3、1→2→4)。

 そして過去10年残りの2回は
 96年=7→1→9
 98年=1→14→15……のパターンでした。1番人気→薄目、超薄目です。

 その前6年間でも2、3番人気が飛んだ次のパターンがありました。
 94年=1→4→10
 92年=1→16→5

 この92年ダービーはとても懐かしく思い出されます(^_^)。
 1番人気ミホノブルボンが皐月賞に続いての逃げ切り勝ちで2冠達成。2着も3・4角2番手の単勝万馬券ライスシャワーでした(それでも前走皐月賞8着馬)。
 この年は5月31日の開催で、翌月6月はジューンブライド。結婚式なら「ライスシャワーじゃないか」と終了後言われたもんでした。
 私はしばらくその意味がわかりませんでした。教会結婚式に出たことがなかったので、米粒がまかれるとは知らなかったからです(^_^;)。

 それはさておき、この16年中4回のパターンは、1番人気が軸でも相手2頭がチョイ薄人気やフタケタ超人気薄でとても獲りづらい馬券です。

 しかし、今年はこの可能性があるかもしれないので注意してください。
 と言うのは能力ハイレベルのダービーですが、混戦であることは間違いありません。競馬は低レベルのどんぐりレースで荒れ、ハイレベル同士のレースでも荒れます。
 今回のメンバーを見渡したとき、来てもおかしくないチョイ薄人気、超人気薄馬がいるような気がします。
 愛する人の誕生日に絡めて[フタケタ人気1頭→1人気→総流し]馬券を100円買っておくのも悪くないかもしれません(^.^)。


【2】現時点での予想

(ア)ハイレベルな闘い

 今も述べたように、今年のダービーはハイレベルの混戦です。
 たとえば、全18頭のうち3勝以上している馬が12頭。
 4勝以上馬でさえ5頭もいます。それを列挙すると、

 1メイショウサムソン[5311]
 2アドマイヤムーン[5101]
 3アドマイヤメイン[4212]
 4フサイチリシャール[4203]
 5フサイチジャンク[4010]  [ ]内は成績

 また、連対率7割を超えている馬が7頭!

 1アドマイヤメイン[4212](86)
 2メイショウサムソン[5311](80)
 3フサイチジャンク[4010](80)
 4トーホウアラン[3001](75)
 5マルカシェンク[3001](75)
 6ドリームパスポート[2420](75)
 7マイネルアラバンサ[1210](75) ( )内は%
 
 さらに、複勝率(3着以内)100パーセントが4頭で、80パーセント以上も3頭。
 1フサイチジャンク[4010](100)
 2ロジック[3230](100)
 3ドリームパスポート[2420](100)
 4マイネルアラバンサ[1210](100)
 5メイショウサムソン[5311](90)
 6アドマイヤムーン[5101](86)
 7ジャリスコライト[3011](80)

 以上勝ち数、連対率、複勝率の3項目ののべ頭数は11頭の多さです。全くハイレベルぶりがわかろうというものです。

 そして3項目全てに顔を出している馬を◎、2項目を○、1項目を▲としてまとめてみると以下のようになります。(……線後は重賞勝ち鞍または成績)

◎メイショウサムソン……スプリングS1・GI皐月賞1

○アドマイヤムーン……弥生賞1・皐月賞4
 アドマイヤメイン……毎日杯1・青葉賞1
 フサイチジャンク……4連勝・皐月賞3
 ドリームパスポート…きさらぎ賞1・皐月賞2
 マイネルアラバンサ…4戦1勝、青葉賞2

▲フサイチリシャール…GI朝日杯1、皐月賞5
 トーホウアラン………京都新聞杯1
 マルカシェンク………3連勝、京都新聞杯5
 ロジック………………GINHKマイル1
 ジャリスコライト……京成杯1、朝日杯3、皐月賞7

 若干意外なのは、ここに皐月賞6着、ラジオ短波杯1着のサクラメガワンダーが入ってこないことです。成績[3103]は連率・複率共に57%で、この中では低いからでしょう。

 私はサクラメガワンダーを含めた、この12頭の中から123着が出ると思っているのですが、いかがでしょうか。

(イ)現時点での予想

 しかし、上記12頭では余りに多すぎるので、予想される人気や格下感、ローテーションでふるいにかけて、私の現時点予想を披露すると、(……はコメント、※印はウラの候補馬)

◎メイショウサムソン……やっぱり皐月勝馬。ただジリ脚先行馬だし、最後何かに差されそうな予感あり。連の軸か。
○アドマイヤメイン……青葉賞勝ち馬でタイムも良い。ただ逃げ馬で東京芝24を逃げ切れるか不安あり。これも連軸どまり。
▲フサイチジャンク……皐月は届かなかったが、SS産駆だし東京芝24なら、鋭く差してくるかもしれない。単勝ならこれか。
△アドマイヤムーン……マイル適性で芝24は厳しいと思うが、なにしろ鞍上武豊で。
△ドリームパスポート……皐月2着はフロックか、と思ったときにまたも来ることあり。
△マルカシェンク……いくら展開とは言え、前走5着は負けすぎ。しかし、3F33.0は優秀で。
・トーホウアラン……3勝しているが、前々走は10着だし、京都新聞杯1着は展開の利?
・ロジック……NHKマイル1着馬だが、展開の利で勝った感。キンカメとは違いすぎでは?
・フサイチリシャール……朝日杯馬だが、今年未勝利だし、さすがに皐月→NHKマイルのローテはきつすぎ。
・サクラメガワンダー……ラジオ短波杯1着馬だが、今年4、6着とぱっとせず。
※マイネルアラバンサ……青葉賞2着で出走権獲得。格下1勝馬だが、3連突っ込みでおもしろそう。
※ジャリスコライト……唯一の関東馬。皐月7着だが、複率からは来てもおかしくない。

 あとは土曜前売り状況を見て最終的に決めたいと思います。


(ウ)SS産駆ラストダービー

 日本の競馬を変えたあの偉大なるサンデーサイレンス……産駆はこのダービーがラストクロップとなります。
 亡き父最後の世代として「いっちょやったろやんけ」とSSの息子達が思うかどうか(^_^)。

 とまれ、今年のダービー出走馬の中で、サンデーサイレンス産駆は以下の通りです。
 ・アドマイヤメイン
 ・エイシンテンリュー
 ・フサイチジャンク
 ・マルカシェンク

 この4頭から最後の激走があるのか。あるいは、他の産駆がそれを阻止するのか。
 日刊スポーツ紙で、血統評論家が面白いことを言っていました。
 今年の3歳GIはスローペースとなったときはサンデーサイレンス産駆が優勝し、ハイペースとなったときはSS以外の産駆が勝っていると。
 その記事を見たのはオークス前でしたが、ハイペースのオークスでもSS産駆アドマイヤキッスが負け、勝ったのはキングヘイロー産駆のカワカミプリンセスでした。

 今回ダービーは力ある逃げ馬アドマイヤメインが逃げるでしょう。テレビ馬はいないようですが、他の先行馬も多くてスローペースにはならないのではないでしょうか。そのアドマイヤメインがSS産駆なのだから、ことは微妙です。
 SS産駆の中では差せるフサイチジャンクやマルカシェンクが好勝負できそうです。ただ、エイシンテンリューも青葉賞3着ながら、人気薄でしょうから3連系の突っ込みとして面白いかもしれません(^.^)。

 それにしても、過去10年ほどSS産駆というだけで、印を付けていたことがありました。来年からはやっとその頚木(くびき)から解放されるのですね。感無量です(^.^)。
 もっとも、今度はSSの孫・ひ孫世代のようです。今回でも9頭がそうだとか。

 さてダービー。SS産駆最後の踏ん張りか、はたまた新しい産駆ダービー馬の誕生か。たとえば、第62回ダービー馬タヤスツヨシの産駆、トップオブツヨシなんか来たら面白いんですがねえ(^_^)。

 以上です。

===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
後記:直前予想は日曜昼頃の配信になると思います。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.22

オークス、結果とほぞかみ

 オークス、結果は……
1着―本 田 09カワカミプリンセス 単勝=6.7
2着―福 永 02フサイチパンドラ
3着―柴田善 10アサヒライジング
枠連=5-1=18.3 馬連=09-02=41.8 馬単=82.2
3連複=09-02-10=334.3 3連単=1643.0
ワイド12=18.0 W13=22.5 W23=33.7
------------
 ほぞ噛み反省の弁

 オークス直線残り200メートル、
「よっしゃー! 行けえっ! 差せえっ! 福永ぁ! パンドラぁ!」
 と叫びまくった私の心境、わかってもらえるでしょうか(^.^)。

 横に並んだ3頭はフサイチパンドラとカワカミプリンセス、そしてアサヒライジング。
 この3頭で決するだろうことは、長年競馬を見ていればわかります。
 たぶん桜花賞1、2着馬が追い込んでくるだろう。しかし、届かないなと。
 コイウタは競争中止だし、テイエムプリキュアは影さえ見えませんでした。

 フサイチパンドラはウラの◎で、アサヒライジングは▲。
 そこに表の△カワカミプリンセスが割って入った以上、ウラの馬連・3連系は見事に「抜け」です。 しかし、唯一の頼みは福永パンドラの単勝。
 だからこそ、応援にも熱が入ったのでした(^.^)。

 オークステレビ観戦で、私は福永フサイチパンドラばかり見ておりました。
 彼女は内枠からぽんといいスタートを切りました。しかし、予想に反して7、8番手まで下げました。先行ではなく差しで行こうとする意図が見えました。それはヴィクトリアマイルで先行馬のラインクラフトを抑えて折り合いを欠き、失敗したやり方です。
 うーん大丈夫かなあ。まーいっか。

 レースは04ヤマニンファビュルが10馬身以上の大逃げを打ちました。昔なつかしいテレビ馬状態です。
 向こう正面でも福永パンドラは先団後位のインコースをじっくり走っていました。折り合っているように見えました。よーしよーし、いいよいいよ。それならいい。

 テレビ馬ヤマニンファビュルは猛烈に飛ばして1000メートル通過が58秒1。だから、実質的な逃げ馬は2番手のアサヒライジング。このパターンはアサヒライジングにものすごく有利です。
 こりゃあ、ライジングの逃げ粘りがあるなあと思い、私はわくわく(^_^)。

 どうせテレビ馬はつぶれるだろうと見ていた通り、四角でファビュルがつぶれ馬群が横に広がる。
 福永パンドラは5、6番手から徐々に進出してカワカミプリンセスと併走状態。
 そこで私は、
「よっしゃー! 行けえっ! 差せえっ! 福永ぁ! パンドラぁ!」と叫んだのでした。

 がしかし、パンドラは伸びませんでした。過去データからは最悪ローテーション――スイートピーステークス経由のカワカミプリンセスを、抜けそうで抜けないのです。

 そして万事休す。カワカミプリンセスは4分の3馬身差でゴールを切りました。無敗4連勝オークス馬の誕生です。
 私が「ふうっ……」と大きなため息をついたのは、もちろんのことです(^.^)。GI3連敗の誕生でした。とほほ。

 やっぱり(どんな距離にせよ)デビューから3連勝というのはすごいんですね。無敗オークス馬はなんと49年ぶりだそうです。それじゃあまだ乳飲み子の私の記憶に残ってなくて当然です。
 本田騎手は47歳4ヵ月の最年長Vとか。どうも今年のGIはマイナー的ベテランジョッキーが穴を開けるのかもしれません(^_^;)。それにしても立派です。

 予想の組み立てとしてはいい線ついていたと思います。
 どちらが表かウラかわからない同額購入でした。3歳牝馬はどんぐり状態だけに、桜花賞上位馬万全ではないと読みました。
 しかし、それでもなお穴に徹底しきれないのが、痛恨の詰めの甘さです。桜花賞上位馬危うしと思いつつ、穴馬からの抑えはその3頭に絞ったからです。
 ウラの3頭のうち◎フサイチパンドラ▲アサヒライジングのワイドは33.7倍もつきました。
 パンドラの複勝が5.0でライジングは5.6。こっちでも良かったなあ(^_^;)と悲哀のほぞ噛みでした。
とほほ。

 ところで、オークス勝ちタイムは2分26秒2。過去10年では01年の26秒3を抜いてトップでした。
 01年オークスではレディパステル1着、ローズバド2着、テイエムオーシャン3着でした。
 01年のこの3頭ですが、秋GIの成績を覚えていらっしゃるでしょうか。
 確かケッコー走ったよな……と記憶の片隅に残っている方は結構です(^.^)。

 秋華賞はテイエムオーシャンの1着、ローズバド2着、レディパステル3着でした。
 さらにエリザベス女王杯でもこの3頭が123番人気を独占。
 結果は武豊5歳馬トゥザヴィクトリー(4番人気)の1着、ローズバド2着でした。

 ということはどんぐり3歳牝馬と見なしていましたが、今回123着のカワカミプリンセス、フサイチパンドラ、アサヒライジングは、秋のGIでしっかり注目するべきだと言えるのではないでしょうか。
 それにしても、3連敗かあ。ふう(^.^)。

 ○ ウラ3頭2頭がずばり入着で、ワイドにしときゃと悲哀のほぞ噛み

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:前号で一つ書き忘れたことがあります。先週なんとあのコスモバルクが海外GIを制覇したのです。シンガポール航空国際やらなんとやらのGIだそうで、なんだマイナーなGIだったのか、と思ったら優勝賞金はしっかり1億円余でした。「そりゃすげえ」と改めて感服しました(^_^;)。厩舎関係者、五十嵐騎手おめでとうございます。そして、今週末はいよいよダービーです。今度も「同額表ウラで行ったろやんけ」と燃えています(^.^)。無勝4連敗は阻止するぞお!(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.20

オークス直前予想

 こんばんは。競馬疑心暗鬼の御影祐です(^_^;)。
 マイル2連敗ショックが尾を引いて、明日オークスに向けてどうにも臨戦態勢が整いません。
 ヴィクトリアマイルの3連複は結局2→3→4番人気だったんですね。
 つまり、高松宮記念と同じだったわけです。これで27.7倍だから、1点買っておけば(予想しときゃ)なあと思いますが、しかしあくまで結果論。いつでもどこでも、結果から見ると競馬ってとても簡単です(^.^)。

 しかし、人間過去に引きずられてばかりでは、進歩前進がありません。
 気を取り直してオークス予想に励みたいと思います(^_^)。

 その前に、最近よくやっていた過去10年オッズ分類ですが、今回は省略いたします。いえいえ気落ち故ではなく、単にうまくまとめられなかったからです(^_^;)。

 たとえば、一昨年以前だったら、[123番人気のうち必ず1頭は3着以内に来る。そのときフタケタ12・13番人気を連れてくる]てのがあったのですが、その年6→4→7人気決着で崩れました。
 また、昨年は[オークス123番人気の3連複はどぶ捨て馬券]と言えましたが、シーザリオ1着で2、3着は2→3番人気でした(^.^)。

 しかし、つくづく過去データを眺めてただ一つだけ、荒れるときには面白そうな組み合わせを馬連で発見しました。
 それは馬連[12・13番人気→2・4番人気]馬券です。
 これで97年と02年の2回的中でした。配当は馬連125.5と135.5。
 万シュー間違いなしだから、何も考えずに400円買っておくといいかもしれません(^.^)。また、この逆パターンの[1・2番人気→11・12・13番人気]も面白いところです。

 さて、前振りはここまでにしといて、オークス予想、私の結論です。

 どう検討してみても、表予想は桜花賞123着馬となってしまいます。つまり、恋唄を歌いながらキスした3頭です(^.^)。

 この3頭の中では、安定性でやはり武豊アドマイヤキッスでしょうか。
 強いて印を付けるなら、
 ◎13アドマイヤキッス……全成績[2300]桜花賞2着。
 ○17キストゥヘヴン……全成績[3300]、桜花賞1着馬。
 ▲06コイウタ……全成績[4022]唯一の4勝馬。桜花賞3着

 そして、以下オーソドックスな予想で来てもおかしくないのは、東京芝20などのトライアルで勝ってきた馬たち。
 △18ヤマトマリオン……東京芝20フローラS1着。タイムも2017で優秀。
 △09カワカミプリンセス……東京芝18スイートピー1着、3連勝馬
 △05ニシノフジムスメ……阪神芝20の忘れな草1着。タイムは平凡。

 しかし、こんなにあっさりこの6頭で決まるだろうか……とどうしても疑心暗鬼にとらわれてしまいます。
 なぜかと言うと、それぞれ消えておかしくない要素をたくさん持っているからです。
 なにしろ全馬芝2400を走るのは初めて。ペースや展開のまぎれでおかしなことになっても不思議ではありません。

 たとえば、武豊アドマイヤキッス。桜花賞で前の馬は差せたけれど、後ろのキストゥヘヴンに足元すくわれた。しかも、東京も左回りも初出走。
 また、桜花勝馬のキストゥヘヴン。東京は未勝利ダート14の1戦のみ。未勝利3戦連続2着のあと、3連勝で桜花勝馬――にはなったけれど、今年すでに5回も走っている。そろそろ激走疲れがあってもおかしくありません。
 さらにコイウタにしても、ジリ脚で瞬発力がイマイチ。クイーンカップ1着馬である点は買えるけれど、せいぜい3連候補にいいかな、程度でしょうか。

 一方、トライアル勝ち馬△3頭も、ヤマトマリオンは10番人気の1着馬。カワカミプリンセスはトライアルの中では最悪のスイートピー出走馬(過去オークスでは32頭出走して全て着外)。ニシノフジムスメもやっと2勝馬で、阪神芝20のタイムは2050だし……と、どうにもしゃきっとしません(^.^)。

 でも終わってみたら、「なーんだよ、結局桜花賞の123着馬かあ(-_-)」と、ため息どっぷりてなこともあり得ます。

 なので、いつものように、上記馬券を表として買います。しかし、決め手がないので、全部連複系で。
 最後に人情馬券としてコイウタの単勝を少々。今週中井君登場のオークスポスターで「恋する、恋する」とありましたね。まさかこの馬を「指示?」そりゃあないなと思いつつも……(^_^;)。

 買い目をまとめると、
 馬 連=13 17 06 BOX=400×3=1200円
 馬 連=13→18 09 05=200×3=600円
 3連複=13 17 06=400円×1=400円
 3連複=13→17=06→18 09 05=200×7=1400円
 人情単勝=06コイウタ=400円
 小 計=4000円

 さて、ここからが外れて当然のウラ馬券です(^_^;)。

 桜花賞のまとめで、今年の3歳牝馬はどんぐりではないか、とまとめました。
 たとえば、阪神JF123着馬は桜花賞ではさんざんでした。テイエムプリキュアは8着だし、フサイチパンドラは14着大敗。シークレットコードは未出走です。ならば、今度はその逆で桜花賞馬123着馬が全て着外か辛うじて2、3着なんてことがあっても不思議ではありません。

 では、そのとき何が飛び出してくるのか。トライアル上位馬はオークス出走の権利を取るのに精一杯で、ここでは力尽きるのではないでしょうか。
 そこで、GIはGI馬からの格言に従って、阪神JF馬テイエムプリキュアとフサイチパンドラに注目したいと思います。

 フサイチパンドラは目下オークス2連勝中の福永君に乗り替わりました。ぽんと出てアサヒライジングの2番手につけ、一昨年ダイワエルシエーロのように、4角先頭からぐいぐい抜け出せるかもしれません。応援のしがいがあるというもんです(^_^)。なにしろパンドラは1勝馬で阪神JF2番人気に指名された馬です。その新馬東京芝18のタイムが1481と抜けていました。桜花賞で全く仕事をしていないだけに、ここで能力全開があるかもしれません。
 そしてアサヒライジングがさらに逃げ粘ることに賭けて▲。
 その2頭を差して来るのが○テイエムプリキュアというわけです。
 当然表の◎○▲――桜花賞123着馬も差してくるでしょう。

 てなわけで、ウラの印は
 ◎02フサイチパンドラ
 ○11テイエムプリキュア
 ▲10アサヒライジング
 △表の◎○▲13 17 06――以上6頭です。

 買い目は
 単 勝=02フサイチパンドラ=400円
 馬 連=02 11 10 BOX=200×3=600円
 馬 連=02→13 17 06=200×3=600円
 3連複=02 11 10=200円×1=200円
 3連複=02→11=10→13 17 06=200×7=1400円
 3連単=02→11=10→13 17 06=100×8=800円
 (3連単は1着→2着流し)
 小 計=4000円 合計=8000円

 さて結果は?

 ○ 表ウラ賭け金ぴったり同額で、ウラが表か表がウラか(^_^;)?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.15

 (-_-;) ヴィクトリアマイル、結果とほぞかみ (T_T)

 結果は……
 1着―北村 01ダンスインザムード 単勝=3.9
 2着―武豊 18エアメサイア
 3着―岩田 13ディアデラノビア
 枠連=1-8=7.6 馬連=01-18=10.0 馬単=18.6
 3連複=01-18-13=27.7 3連単=116.5
 ワイド12=4.1 W13=5.0 W23=7.4
---------
 ほぞ噛み反省の弁

 うーん……そう来たかあ……(-_-)。
 前号ヴィクトリアマイル予想最後に、私は以下のように狂短歌を詠みました。

 ○ 終了後またもため息Vマイル…てなことにならなきゃいいが(^_^;)

 なんで、こういう予想――と言うか不吉な予感が的中するんでしょうねえ(^_^;)。
 もっとも、多くの人が当たる予感より外れる予感の方がよく当たっていると思いますが……。

 私のヴィクトリアマイル予想は以下の通りでした。
 ◎06ラインクラフト――――9着
 ○10ヤマニンシュクル―――7着
 ▲01ダンスインザムード――1着
 △18エアメサイア―――――2着
 ・07アグネスラズベリ―――5着
 ・11ロフティーエイム―――11着
 ・13ディアデラノビア―――3着
 取りあえず123着は全て取り上げていたのです。
 ところがまたまた◎○がすっ飛んでしまいました。とほほ……(T_T)

 もちろんダンスの1着は賞賛に値するし、勝ってちっとも不思議ではない。
 関東馬の勝利、藤沢厩舎、マイナー(^_^)北村騎手のGI初勝利も「おめでとう」と言いたいです。
 そして今回大外を回した武豊エアメサイアも2着追い上げはさすがです。

 しかし、わからないのは福永ラインクラフト……(-_-)。結局、9着でした。
 正直な話、ジリ脚大関かもしれないラインクラフトは、危ないから「単勝・馬単は買わない」と書きました。しかし、福永君応援団を自負する私はラインクラフトからかなり勝負していたのであります。悪くとも2・3着にはとどまるだろうと。

 ところが、ラインクラフトはもう直線半ばで勝負あり。最終的に9着ですから、そこまで負けるかねえ、って感じです。
 テレビで井崎御大が「負けるとすればローテーションでしょう」と言っていました。となると、高松宮記念出走が余計だったのでしょうか。
 でもねえ……。ふう(-_-)。

 てなわけで、今回も弁解のきかない完敗でした。
 太郎も展子も総外れ。覇気氏も私同様ラインクラフト◎だっただけに、完敗だったようです。

 日曜の私は一日トータルもボロ負けでした。
 ちょっと冷水を浴びて出直したいと思います(^_^;)。

 ○ ツーマイル二度の敗北痛すぎる疼痛鈍痛苦痛に悲痛(T_T)

==========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.13

 (^o^)ヴィクトリアマイル直前予想(^o^)


 こんばんは。配信が遅くなって申し訳ありません、御影祐です(^_^)。
 土曜は友人と大相撲観戦に行きまして帰りが遅くなりました。
 横綱朝青龍はいないし、栃東は本日より休場でがっかりでしたが、熱気ある取り組みが多々見られ、楽しく観戦できました。
 そのとき春の高松宮記念で霊感を示していた(その名を持つ)T氏は「明日のヴィクトリアマイルは安勝がいいような気がします」とひらめきを語っていました。11ロフティーエイムは穴として面白いかもしれません(^.^)。

 それはさておき、明日はいよいよ古馬牝馬によるマイルGI、第1回ヴィクトリアマイルです。
 栄えある第1回勝ち馬はどの馬か、馬主・調教師だけでなく、単なる一ファンでもわくわくしますね(^_^)。

 さて、今回は過去データもないので、さっそく検討結果から入りたいと思います。
 私はまず以下の4頭に印を付けました。

 06ラインクラフト……◎

 全成績[6321]と文句なし。昨年衝撃の桜花賞、NHKマイル2連覇を果たしたのは記憶に新しいところ。牝馬最強クラスであり、先行抜け出しの女横綱と言っていいかもしれません。
 ただ、最近イマイチの鞍上とあわせて、もしかしたら横綱ではなく、先行ジリ脚の大関クラスかもしれないと思い始めました。と言うのは、芝16が5戦[2021]でやや負けが多いからです。
 もっとも、この2勝は桜花賞とNHKマイルの2連勝だし、3着2回もGI阪神JFとマイルCS。昨秋のマイルCSでは、あのハットトリックとコンマ2差の3着でした。となれば、このメンバーの中で抜けた存在であることは間違いありません。
 しかし、あの名馬デュランダルがそうであったように、ラインクラフトにぴったりの距離は芝14ではないでしょうか。なにしろ芝14は4戦4勝なのです。力があるから、牡馬混合GIの高松宮記念(2着)もこなせるし、GIマイルCS(3着)もこなせる。
 しかし、芝16で2連勝した桜花賞、NHKマイルにしても、タイムは阪神1335に東京1336でした。もうちょっと骨のあるマイラーが出走していたら、果たしてどうだったか。
 昨年12月の阪神牝馬Sもそうでした。アドマイヤグルーブの引退レースで、ラインクラフトはダントツ1番人気、グルーブが離れた2番人気でした。レースはぎんぎんの逃げ馬がおらず、ラインは押し出されるように逃げてスローペース。そして逃げ切れず4着に沈みました。
 今回ヴィクトリアマイルもぎんぎんの逃げ馬が不在だから、スローペースになるかもしれません。そうなるとジリ脚気味のラインクラフトは何かに差される可能性があります。実力から連軸候補の◎ですが、単勝・馬単は買いません(^_^)。

 18エアメサイア……△

 武豊人気もあってエアメサイアが2番人気でしょう――と思っていたら、大外が嫌われたか、3番人気のようです(^_^;)。
 全成績[4322]はもちろん優秀。しかし、この1年間を見ればマイルよりも中長距離が最適距離であることは明らか。エリザベス女王杯こそスイープトウショウの5着に敗れたものの、オークス芝24はシーザリオの2着、芝20も2戦2勝で、中長距離では大関クラスであることは間違いないでしょう。
 一方芝16は4戦して[2101]とまずまず。しかし、この2勝2着1回は新馬以降エルフSまでの3戦で出した結果。昨年春の桜花賞4着以後は、一度も芝16を走っていません。芝14も2戦して[0110]です。そこが引っかかります。
 目の上のたんこぶだったスイープトウショウ、シーザリオは出ないし、鞍上の腕で2着、3着まで持ってくる可能性はあるので△にします。しかし、冷静に眺めれば、4着がいいとこではないかと思います。

 01ダンスインザムード……▲

 一昨年の春桜花賞を迎えた頃のダンスインザムードを覚えていらっしゃるでしょうか。昨年のディープインパクト級の騒ぎ方でした。新馬から3連勝(全て1.2~1.3の単勝オッズ)して桜花賞ももちろん1番人気。阪神芝16を1336のトップで駆け抜けたとき「強ええ!」と思ったものです。
 ところがどうしたことか、これを最後に彼女は「優勝」の歌を忘れたカナリアのように(なんのこっちゃ(^.^)……着外の海に沈没し続けました。

 以後オークスではダントツ1番人気で4着、秋華賞でもダントツ1番人気4着と、微妙な裏切り馬となり、次の天皇賞秋では逆に13番人気ながら2着激走という、完全な裏切り馬となってしまいました。
 昨年4歳時には、7戦して天皇賞秋3着が最高、成績は[0016]のていたらく。かつての栄光を引きずるだけの馬となってしまったのです。
 がしかし、彼女の同期にはかのスイープトウショウがいます。04年桜花賞で、私はスイープトウショウに◎を打って痛い目にあいましたが、その後のスイープトウショウの大活躍はご存じの通りです。
 ダンスインザムードは昨年天皇賞秋でまたも13番人気3着と3連馬券に絡み、続くマイルCSではまたも裏切って4着敗退。今年になってマイラーズカップで、やっとダイワメジャーの2着に踏ん張りました。全成績[4419]と平凡ですが、芝16は[3202]です。今回は勝負になるのでは、と思います。

 ヤマニンシュクル……○
 04年ダンスインザムードが1着した桜花賞では、2着アズマサンダース、3着がヤマニンシュクルでした。このヤマニンシュクルを○扱いするのは、たぶんに私の人情馬券です(^_^;)。
 私はヤマニンシュクルが1・2着した04年の阪神JF(6番人気1着)、05年の秋華賞(5番人気2着)でともに馬券をゲットしたからなんであります。これはちょい人気薄の◎抜擢だっただけに、的中の喜びもひとしお大きいものがありました(^_^)。

 しかし、ヤマニンシュクルもダンスインザムードに似てその後のレースっぷりは過去の栄光にすがるかのような状態。秋華賞2着後長い休養に入り、05年はエリザベス女王杯4着、鳴尾記念7着の2戦だけ。そして今年京都牝馬S(芝16)を4着後、前走中山牝馬Sでようやく優勝しました。そのときの芝18のタイム1478は優秀です。やっとGIでの臨戦態勢が整ったと言えるのではないでしょうか。
 そんなわけで決して単なる人情馬券というわけではありません。ただ、ヤマニンシュクルは全成績[4244]の中で右回りが[4243]、左回りは東京の1戦(着外1)があるだけです。そんなわけで、単勝馬券には押しづらかったです。

 というわけで、印をまとめると、
 ◎06ラインクラフト
 ○10ヤマニンシュクル
 ▲01ダンスインザムード
 △18エアメサイア
 まずはこの4頭の3連複を買い、馬連はライン、シュクル、ダンスの3点に絞ります。

 そして、以下の3頭を[・]穴の連対・複対候補として抜擢します。(  )内は理由
・07アグネスラズベリ(GI初出走は無理筋だが、4連勝馬だし、
         前走京都芝14のタイム1203が優秀で)
・11ロフティーエイム(前走福島牝馬S優勝馬。全成績[3503]は優秀)
・13ディアデラノビア(ジリ脚だが、前走マイラーズカップ3着、その前は中山牝馬S2着)

 以上、買い目をまとめますと、
 馬 連 06 10 01 BOX=400円×3=1200円
 馬 連 06→18 07 11 13=200×4=800円
 3連複 06 10 01 18 BOX=300円×4=1200円
 3連複 06→10=01→07 11 13=200円×7=1400円
 3連単 06→10=01→18 07 11 13=100円×10=1000円
 小計=5600円

 ウラ用として1400円残しました(^_^;)。

 自信のないウラですが、T氏ひらめきの安勝11ロフティーエイムを私もウラ◎として抜擢したいと思います。左回りの実績がないし、前走1着とは言え、はローカル福島牝馬Sだし、人気薄も当然です。しかし、この馬全成績は[3503]と優秀です。中団から鋭く差してくるかもしれません。
 まあしかし、3着かな、と思い、私としては珍しくワイドで上記4頭へ。3連複はラインクラフト流しで、
 ワイド 11→06 10 01 18=200円×4=800円
 3連複 11→06→18 07 13=200円×3=600円
 小計=1400円 合計7000円

 以上です(^_^)。

 ○ 終了後またもため息Vマイル……てなことにならなきゃいいが(^_^;)

 さて結果は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.07

(>_<)NHKマイル、結果とほぞかみ(T_T)

 NHKマイル、結果は……
 1着―武豊 06 単勝=8.7
 2着―横典 02
 3着―安勝 15
 枠連=3-1=11.4 馬連=06-02=61.1 馬単=115.9
 3連複=06-02-15=301.0 3連単=2016.0
 ワイド12=17.2 W13=18.7 W23=42.5
-------------
 ほぞ噛み反省の弁

 ふう……(-.-)。
 も一つ……ふう(-_-)。

 賢明なる読者諸兄には、このため息の意味、わかってもらえますよね。

 みなさん方はどうだったでしょうか。NHKマイルカップ。

 なんでもいい、獲られた方、おめでとうございます。
 私ゃ全滅でした。太郎も点子も、取りあえず的中連勝記録をのばしていた覇気氏も完敗だったようです。ふう(-_-メ)。

 辛うじて展開予想で◎ロジックとした点子予想が面目を保ちました。しかし、それにしても、フサイチリシャール、マイネルスケルツィが、2頭とも掲示板に載らないのでは話になりません。

 過去10年データで連対0だった3番人気馬――ロジックに関しては、「とみんなが思って軽視したときには、ウラかかれて1着激走があります。簡単に切って捨てるのは考えものですよ」と書きました。

 鞍上武豊だし、私もあやしいと思って▲にしました。ファイングレインにも△印を付けましたが、キンシャサノキセキは無印でした。
 しかし、マイネルスケルツィ、フサイチリシャールは、間違いなくその上をゆく実力馬だと踏んだのですから、これはもうどうしようもありません。
 完敗です。ふ……

 123着馬の人気を見ると、3→9→6番人気でした。
 つまり、人気パターン分類では、(3)の「メチャ荒れ」パターンが出現したことになります。03年[9→5→6人気]に似ていますね。
 獲れなくって当たり前かもしれません。ほんとに競馬って難しいです。……う。
 ったく、ため息ばかりで、ほぞ噛む気力も湧きません。

 そうそう、謝らねばならないことが一つあります。
 前号予想で「3連複5頭は10点、6頭なら15点」と書きました。あれは「6頭20点」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

 え?「おまえ結局、その3連複ボックス買ったの?」ですって?

 はい。買いました(^_^;)。それで間違いに気づいたのです。
 最後の大荒れパターンの買い目と合わせて、3000円が電波のチリかアクタか藻屑と消えました。ちっくしょう~。

 それにしても、やっぱ武ですか。
 彼ディープのとき以上に嬉しそうでしたね。直線最内を突いて伸びたあたり、さすがの騎乗でした。
 一昔前「人気薄の岡部は買っておけ」って競馬格言(?)がありましたが、今は武豊ですね。って3番人気ですが。

○ 終了後ため息ばかりのNマイル全滅完敗無言の唖然

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
後記:1点だけ言い訳させてください。私の競馬予想、各馬の減点項目の中に、最内、大外の逃げ先行馬、さらに大外・最内の1番人気というのがあります。つまり、両頭に不安材料があることは気づいていましたが、それは直前予想に書きませんでした。いつもの「まさか2頭とも消えることはあるまい」病が出てしまったのです。反省したいと思います。それでも、あの2頭切れませんよねえ(^.^)。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHKマイルカップ直前予想!

 毎度ほぞ噛みの御影祐です。日曜日の配信となり申し訳ありません。
 連休中実家に帰省しておりまして田舎からのほぞ噛み配信です(^_^)。
 金曜から土曜日は兄一家と博多で「亡き父を偲ぶ会兼慰労会」でした。そのため予想書き出しが昨日の夜となり、間に合いませんでした。

 まずは最初に一つ懺悔を(^_^;)。
 私は我が田舎には「週刊競馬ブック」も「週刊ギャロップ」も売っていないと思っておりました。ところが、恥ずかしながら完全に私の不明でした。
 どちらも販売されており、水曜に週刊ギャロップをしっかりゲットできました(^_^)。

 そこで、NHKマイル予想に入る前に、いつものように過去10年人気パターン分類をやっておきたいと思います。

(1)123番人気の3連複はない?!

 これは実例掲載の必要なく、とにかく過去10年、123番人気3頭が123着を独占したことは一度もありません。それどころか、特に3番人気は絶不調で、過去10年1、2着が一度もなく、3着2回だけです。

 1番人気の4勝2着0回、2番人気の2勝2着3回と比べると、「一体なぜ?」と不思議な話ですが、とにかく3番人気は連対0です。
 ――とみんなが思って軽視したときには、ウラかかれて1着激走があります。
 簡単に切って捨てるのは考えものですよ。少なくとも3着2回がありましたし(^_^)。

(2)123456番人気、6頭の3連複ボックス……合計15点

 ご存じの通り、3連複ボックスは3頭1点、4頭4点、5頭が10点、6頭だと15点となります。
 もしNHKマイルで1~6番人気6頭の3連複ボックスを買ったなら、以下の5回で的中にありつけることになります。
 暦 年=1→2→3着人気
 98年=1→6→5
 99年=6→2→3
 00年=2→5→1
 02年=4→5→1
 04年=1→4→3[3連複15.8]

 惜しいパターンが7番人気3着だった96年です。
 96年=4→2→7

 96年パターンはあきらめるめとして、合計5回のパターンは今年も出現する可能性があります。強いて理屈をつけるなら、NHKマイルというのは、人気の上位6頭が実力的には拮抗しているので、ばらけて出現するのかもしれません。
 こういう買い方はあまりバカにせず、ひとまず15点を1500円分買っておくと、「取りあえず的中!」の喜びを味わえるかもしれません(^_^;)。

 もし点数が多すぎると思うなら、以下のように減らすことは可能です。

 まず123番人気の3連複1点をカットする。すると14点(^.^)。
 次いで1番人気→456人気、2番人気→456人気の流し3連複に絞る。そうすれば、計6点で済みます。
 しかし、上記6回では2回しか的中となりません。

 つまり、絞り過ぎるのも考えものというわけです。レース終了後にきっとほぞを噛みます(^_^;)。
 そして、この1番人気→456人気、2番人気→456人気の馬連6点もおすすめ馬券です。
 この馬連6点で以下の5回的中にありつけます(……後は馬連配当)。
 96年=4→2……29.5
 98年=1→6……18.4
 99年=6→2……15.6
 00年=2→5……18.8
 04年=1→4……13.4

 6点買っても取りあえず、2~3倍にはなりそうです(^_^)。

(3)残り4回はメチャ荒れ
 暦 年=1→2→3着人気
 97年=1→2→14
 01年=1→13→12
 03年=9→5→6[3連複964.9]
 05年=2→10→4[3連複631.5]

 これは人気薄から、さらに低人気のフタケタ人気馬が絡む場合で、かなりしんどい馬券です。
 しかし、よく見ると、97、05年はそれなりにまとめることができます。
 それは2番人気を軸として、

 [2→1・4→10 11 12 13 14番人気]馬券10点です。

 これはもう3連複万シュー間違いないので、まあ宝くじと思って1000円分買っておいても、失うおゼゼは1000円だけ。来れば(昨年タイプなら)6万馬券です(^.^)。


 ……とおちゃらけたところで、さてNHKマイル私の結論です(^_^)。

 私は◎を18フサイチリシャール、○01マイネルスケルツィでいってみたいと思います。

 土曜オッズを見ると、ど本命馬券で申し訳ないのですが、○マイネルスケルツィは前走中山芝16NZTを1着、そのタイムが1335と優秀です。全成績[3211]だし、2歳時には東京芝18を逃げて1476のタイム(2着)を出しています。
 近年NZT1着馬はNHKマイルでイマイチの成績ですが、かつては97年シーキングザパール、98年エルコンドルパサーが優勝しています。

 しかし、最後の直線では、スケルツィの前でゴールを駆け抜けそうなのが◎フサイチリシャールです。
 昨年の2歳チャンプだし、全成績[4202]と文句なし。クロフネ産駒ですが、あるいは皐月賞(5着)でへばったところを見ると、1600~1800の馬なのかもしれません。
 とにかくこの馬のすごいところは昨年11月に東スポ杯芝18で出したタイムです。
 逃げて1着しましたが、それが2歳にしては破格、1469の猛烈タイムでした。もしこのペースで東京芝16を駆け抜けることができれば、楽勝だと思います。

 あとは▲として全成績[2230]、着外がない06ロジック。ただし武豊人気もあってこの馬3番人気になりそうです。むむむ……って感じですが(^.^)。
 △は02ファイングレイン、04アポロノサトリ、08ステキシンスケクン、13アドマイヤカリブの4頭に絞りました。
 3連単はフサイチリシャール=マイネルスケルツィの1、2着固定で、5頭に流したいと思います。

 以上、買い目をまとめますと、
 単 勝=18フサイチリシャール=1000円
 馬 連=18→01 06=300×2=600円
 馬連単=18→02 04 08 13=200×4×2=1600円
 3連複=18→01・06→02 04 08 13=200×9=1800円
 3連単=18=01→06 02 04 08 13→200×5×2=2000円
 (3連単は1着=2着→3着流し)
 合計=7000円

 さて結果は?

 ○ 印付けオッズを見たら1~6人気。流したことでいつものほぞか(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.03

(^_^)NHKマイル、能力順位前予想(^_^)

 前号後記で触れたように、田舎からの配信のため、データ検討は割愛させていただきます。
 かわりに覇気☆印氏の「能力順位前予想」を掲載いたします。

覇気☆印の能力順位予想

☆NHKマイル 、能力順位前予想 ☆
 専門紙人気が不足していますが、今現在の登録馬からNHKマイル能力評価を算出し、その順位(上位12頭)を出してみました。

   東京11R  3歳G I 芝1600、定量
 【NHKマイル、能力数値予想】(水曜段階)
 総……項目別能力値
 評……ABCDE=AB-馬  名(数値化上位)
 ◎……73012=73-フサイチリシャール(53)
 ○……54123=54-マイネルスケルツィ(54)
 ▲……27211=27-アドマイヤカリブ(48)
 △……20002=20-セレスダイナミック(14)
 5……12203=12-ステキシンスケクン(25)
 6……11111=11-キープユアスマイル(16)
 7……11010=11-エムエスワールド
 8……10130=10-ロジック
 9……10000=10-ユウカージナル
 10……02200=02-ディープエア
 11……01110=01-ダイヤモンドヘッド
 12……00420=00-キンシャサノキセキ

☆コメント☆

 今回は珍しく、人気上位と能力順位ベスト3が重なりそうです。フサイチリシャール、マイネルスケルツィ、アドマイヤカリブの3頭と他馬のAB値にはかなりの差があります。数値化しても、次に続くのはステキシンスケクンくらいです。
 中位で上がってきそうな馬はロジック、キンシャサノキセキでしょうか。
 このベスト3ですんなり決まってくれれば、簡単なのですが……。
 以上です。

==========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
 後記:2日に帰省して実家からのアナログ配信です(^_^;)。誰も迎えてくれない家に自分でカギを開けて入らねばならないというのは、やはりさみしいもんですね。今日はさっそく雑草まみれの畑の草むしりに精出しました(^.^)。(御影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »