« February 2007 | Main | April 2007 »

2007.03.29

狂歌今日行くジンセー論

 4月からいよいよ団塊の世代の定年が始まります。最近その話題がクローズアップされているので、私も一足先に第二の人生を歩み始めた先達として(^.^)――退職後早くも7年目の春を迎えます―4月から退職なさる方々へ、ちょっとしたメッセージを送りたいと思います。

 (^_^)本日の狂短歌(^_^)

 ○ 外界に不安と恐怖があるでなく 自分の心がそれを生み出す

--------------
 (^O^)ゆとりある人のための10分エッセー(^O^)

 【 退職を迎える方々へ 】

 退職を迎える人へ贈る狂短歌としては、ちょっと「?」だろうか(^.^)。
 それに「外界に不安と恐怖があるわけではない」も言い過ぎかも知れない。

 先日震度6の恐怖をもたらした能登半島大地震のように、自然の災害は明らかに「外界の恐怖」である。
 もちろんそのように「みんなに襲いかかる不幸」は避けようがなく、恐怖を感じても仕方ないだろう。この狂短歌で言いたいことは、個人的にとらわれがちな恐怖や不安について、である。
 そして、退職を迎えのんびり落ち着いているはずなのに、意外に不安や恐怖を感じているかもしれない――そのことについて考えてみたい。

 これはあるとき友人数人で温泉旅行に出かけたときの話である。

 宿の食事や温泉を満喫して一晩を過ごした翌日、私たちは小さな寺を見に行った。
 寺は旅館から車で十数分の所にあった。小雨が降っていたけれど、私たち四人は傘を差してその寺に向かった。寺は元寇の頃建てられ、真言宗系だった。例の如く弘法大師空海の像があった。しかし、庭園が見栄えする程度で、取り立てて言うほどの寺ではなかった。

 そこを出て案内看板を見ると、近くに鎌倉元寇時代の北条三氏の墓があるらしい。私たちはついでにと思ってそれも見に行くことにした。数分で杉の大木が林立する小さな山があり、その中腹に神社があった。墓はその境内にあるようだ。

 下から見上げると神社まで長い石段が続いている。石段は幅一メートルほどしかなく、傾斜もきつい。それに杉の枯れ葉が至る所に散らばっていた。雨模様だし、登るのは危険そうに見えた。

 A氏が真っ先に尻込みした(^.^)。しかし、私や他の人はせっかく来たんだから行こうと言った。

 結局三人が登ると言うので、A氏も私たちに従った。私を先頭にして四人は石段を登っていった。全部で百数十段はあっただろうか。みな慎重に登った。

 上には神社ではなく、古ぼけた小さな祠(ほこら)と手作りの土俵があった。周囲の杉は樹齢数百年は経っていそうな立派な木ばかりである。しかし、北条三氏の墓はなかった(下りたあとで別の場所だとわかった(^.^)。

 私たちは「墓がないなあ」と言いつつ、祠の前で記念写真を撮り、引き返すことにした。
 今度はA氏が先頭で私が続く。四人は急な石段を慎重に下り始めた。

 そのとき私はA氏の奇妙な行動を見た。

 彼は最初ゆっくりと下りていた。ところが、ある所からまるで駆けるかのようにスピードを上げ始めたのだ。それはとんとんとリズムを付け、小走りの速さである。そして、私たちをどんどん引き離す。

 私はへんだなと思った。危険だとも思った。しかし、その様子はまるで楽しんでいるかのように見える。一段ずつしっかり下りているし、いい大人だから踏み外すことはないだろう。そう思って私は何も言わなかった。

 結局、A氏はその調子であっという間に下まで達し、そのあとを私たちはゆっくり下りた。
 そして、それだけのことだった(^.^)。

 ところが、帰宅して翌日の夜、A氏と電話で話す機会があった。そのときA氏は石段を上り下りしたことを話題にした。
 彼は「あの石段の昇降は危ないと思った。旅行するときなど、ああいうところを上り下りするのは考えた方がいいぞ」という。
 さらに「家に帰り着いてあのときのことを思い出したらぞっとした。登るときはそれほどでもないが、下りるときはかなり怖かった。もし石段を踏み外して落ちていたらと思うとホントにぞっとした」とかなり深刻な調子で語るのである。

 私はあれっと思った。石段を下りるとき、彼はとんとんと小走りで下りていた。それはまるで楽しんでいるかのように見えた。だが、実際はとても怖がっていたのだ。つまり、A氏の中では矛盾する心理と行動だったことが、彼の話で明らかとなった。

 私は彼の言葉を聞いてははあと思った。これぞまさしく「恐怖を自分で作り出している」例ではないか。彼は自分が半ば駆け足で下りたことなど、全く覚えていないのだろう。

 しばしば言われることだが、恐怖は自分で作り出していると言われる。いわゆる「幽霊の正体見たり枯れススキ」ってやつだ。
 枯れススキは見る人によって幽霊に見える。単なる枯れススキなのに、人は幽霊が現れたと言って怖がる。だが、その恐怖はその人自らが生み出しているのだ。

 A氏の石段下りの場合も、ゆっくり一段ずつ踏みしめて下りるなら、それほど怖がらずとも下りていけた。私や他の者はそのようにした。そして確かに怖かったけれど、さして問題とするほどの怖さではなかった。

 ところが、一人A氏だけは不思議なことに自ら危険な状況を作り出していたのだ。つまり、駆け足で下りていくことで、自らその恐怖を倍増していたのである。
 誰かが走って下りろと命令したわけではない。自分から進んで小走りに下り始めたのだ。そして「ぞっとした」と言って怖がっている。

 あるいは、そのときの矛盾した心理と行動を推理してみるなら、急な石段が怖くて早くそこから離れたい、逃げ出したいとの心理が、駆け足で下りる行動となって現れたのかもしれない。だが、その行為のおかげで、かえって恐怖は倍増されたのである。

 そして、その怖さが頭の中に残るなら、この次同じように急な石段が登場したとき、彼はもはや登ろうとしないかもしれない。ホントに不思議な心理であり、行動だなと思った。

 ○ 外界に不安と恐怖があるでなく 自分の心がそれを生み出す
==========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:この3月で退職なさる方々、長らくのお勤めお疲れさまでした。
 これから第二の人生を歩み始めるにあたって、私が言いたかったことは、退職して「何か重大な事故がおこるのではないか」とか「ひどい病気になるかもしれない」など、いろいろ気にかかることもあるでしょう。しかし、その不安や恐怖は自分で生み出していることが多い――と言いたかったのです。それにとらわれることなく、自分のやりたいことを見つけ、正しいと思う人生をじっくり味わってください。最近私がメモして机上に置き、つぶやいては元気になる言葉、「心のままに行け。最後はきっとうまくいく」を再度贈ります(^_^)。(御影祐)

| | Comments (0)

2007.03.27

高松宮記念、結果とほぞかみ

 結果は……
 1着―武豊08 スズカフェッニクス 単勝=4.5
 2着―上村17 ペールギュント
 3着―安勝11 プリサイスマシーン
 枠連=4-8=17.9 馬連=08-17=402.5 馬単=529.8
 3連複=08-17-11=696.9 3連単=5464.5
 ワイド12=67.7 W13=3.9 W23=118.6
---------------
 高松宮記念、ほぞ噛み反省の弁

 3月25日、日曜午後3時半頃、私は友人二人と栃木の田舎道を走りながら、ラジオを聞いていました。
 友人の一人も電話投票で馬券を買っており、わくわくしながら実況中継に耳を傾けていたものです。 彼は3連複中心で08スズカフェッニクスと11プリサイスマシーンから流していました。
 私は2枠両頭の激走に結構自信があり、かなり期待していました。

 そしてスタートして1分数秒、あっという間にレースが終わると、私と友人はぽかーんとしたというか、あっけにとられたというか、かなりの脱力感でぐったりしてしまいました。

 もちろんそれは17ペールギュントの大激走のおかげ(?)です。
「そりゃないよ……」と私も友人も期せずして呟いたのでした(-_-)。

 私は◎スズカフェッニクスで鞍上武豊が見事1着に導いてくれたからそれはいいのですが、2着が単勝万馬券の「ペールギュントかよ~」て感じだし、友人はスズカ-プリサイスの3連複を買っていながら、「ペールギュントじゃヒモ抜けだ~!」と叫ぶし(--;)。ほんとにがっくりくる高松宮記念でした。
 4着5着が何かはわからないまま、腹立たしくラジオのスイッチを切ったのでした。

 しかし、帰宅後ビデオを見ると、なんと4着に2枠04ビーナスラインが飛び込んでいるではありませんか。それも、4角しんがりから13頭をごぼう抜きしての4着です。つまり、私の◎1着-▲4着だったのです。最後方じゃなく、もうちょっと前にいてくれれば、と悔やまれてなりません。

 それともう一つ、実は17ペールギュントが気にかかっていながら、取り上げなかったほぞ噛みを告白せねばなりません。

 私はフタケタ人気の馬に対して何か一つでもトップの成績を持っていたら、穴馬として流すことにしています。
 今回フタケタ下位人気の中で、17ペールギュントだけは全3走距離別タイムの中でAの実績を持っていたのです。
 それは前走中山記念芝1800で出した1486のタイムです。これは全18頭の中で(芝1800に関しては)トップのタイムでした。
 と言っても、他の17頭で前3走以内に芝18を走った馬はいません。つまり、1頭中のトップです(^.^)。しかも、中山記念の着順は13着だし、タイムは平凡だし、なおかつ芝12も14もろくな成績を残していない……。

 私の競馬ルールからは「全3走タイムでどんなことでもトップの成績を持つなら穴馬」なのですが、いつもの「まさかこんな馬が来るこたないだろう」と黙殺してしまったのです。
 これだから競馬はこわいです。やっぱり自分でつくったルールは実行しなければいけませんね。

 それでもスズカフェッニクスの単勝500円×4.5=2250円の払い戻しがあり、取りあえず07G I初的中を果たすことができました。
 ほっとする単勝的中です。やっぱり神様ゆたか様かな(^.^)。

 ○ 田舎道走りながらの高松記念 結局ゆたかの単勝だけか
=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
後記:ご存じのように、日本のG Iは今後外国馬に開放されているレースのみ「G I」となり、それ以外は「Jpn1」と表記することになりました。しかし、競馬メルマガ発行者としては「そんな長い冠使ってられっかよ」てな気分ですので、私は勝手に「J1」とさせていただきます(^_^)。次は「J1桜花賞」です。今度こそ獲ったるぞー(^o^)!(御影)

| | Comments (0)

2007.03.24

高松宮記念、直前予想

 さて、高松宮記念です(^_^)。

 土曜の単勝オッズを見ると、正に混戦を象徴するようなオッズとなっています。
 新聞人気では11プリサイスマシーン、08スズカフェッニクスが1・2番人気かと思われるのですが、なんと牝馬7歳の01シーイズトウショウが1番人気の4.5倍でした。

 午前10時半の1番人気から5番人気を並べてみますと、
 A01シーイズトウショウ=4.5
 B08スズカフェッニクス=6.2
 C09マイネルスケルツィ=6.5
 D12エムオーウイナー―=6.7
 E11プリサイスマシーン=6.9

 これが午後3時頃には以下のように変化しました。
 A12エムオーウイナー―=5.6
 B09マイネルスケルツィ=5.9
 C01シーイズトウショウ=6.0
 D08スズカフェッニクス=6.1
 E11プリサイスマシーン=6.7

 01シーイズは3番人気に急降下です。
 しかし、いずれにせよ6番人気は10倍を超えており、1~5番人気はこの5頭で変わらないと思います。
 ただ、これでは過去オッズパターンより推奨の「軸は2番人気、3連複234番人気を一点買っておきましょう」と言っても、一体どの馬がどの人気になるのか、さっぱり見当がつきません。
 うーん……困った(-_-)。

 しかもこの5頭、みな不安要素を抱えています

 01シーイズトウショウは芝12が7勝、中京[4022]と優秀ですが、すでに高齢の7歳牝馬です。しかも12月香港スプリント10着後の3ヵ月休み明けですからどうでしょう。

 次に08スズカフェッニクス、09マイネルスケルツィは、ともに芝12も中京も初出走。両馬とも基本的に芝16以上の馬のような気がします。

 そして、11プリサイスマシーンはトライアル阪急杯(芝14)1着なれど、芝12に関しては2戦して着外が2回。なにより高齢8歳がどうでしょう。以前の勘定なら9歳馬です(^_-)。

 最後に12エムオーウイナーは前走シルクロードS1着だし、芝12の7勝は魅力的ですが、なにしろGI初出走です。

 ちなみに、このレースのGI1着馬は16オレハマッテルゼたた1頭だけです。昨年の高松宮記念を1着したのはいいのですが、その後のていたらくぶりがひどくてここではちょい人気薄。取捨が難しいですね。
 うーん……困った(-_-)。

 てなわけで、この1~5番人気の5頭は来てもおかしくないけれど、着外に凡走しても不思議ない実績(?)馬ばかりです(^.^)。

 ほんとに困りました。どうしましょう。
 
 さて、ここで早くも私の結論です(^_^)。
 
 「馬券は見送って観戦だけにしましょう」と言いたいところですが、それができるようなら苦労はありません。闘わずしての敗戦は馬券武士の名折れではありませんか。

 そこで私が買おうと思っている馬券は以下の通りです。

 末尾にデータを掲載しましたが、全18頭の連率・複率、それに芝12の連率・複率を上位5、6頭でピックアップすると、以下の6枠全11頭が残りました。


 1枠01シーイズ、02アンバー
 2枠03サチノ、04ビーナス
 4枠07スピニング、08スズカ
 5枠09マイネルスケルツィ
 6枠11プリサイス、12エムオー
 8枠16オレハマ、18スリー

この11頭で5つの枠を、そして1番人気から11番人気を占めています。つまり、3枠7枠が12番人気以下の5頭ということです。

 土曜11時段階の11番人気は04ビーナスラインの39倍で、12番人気が13タマモホットプレイの63倍でした。ビーナスラインとタマモホットプレイのオッズにはかなりの開きがあります。
 よって、3枠7枠の超人気薄が激走するようならあきらめるしかなく、私はこの124568枠内の11頭の中から123着馬が出るだろうと予想しました。

 そこで、まず買ってみたいのが枠連薄目の2枠を軸とする流し馬券です。

 03サチノ、04ビーナス両牝馬は芝12の連率・複率で上位であり、激走する可能性があるのでは、と見ます。
 そこで、2枠→145682枠の6点をまず買います。

 次に馬連の軸として、
 困ったときのゆたか頼み――ではありませんが、上位人気馬の中では08武豊スズカフェニックスが全成績[6253]で安定しているし、前走阪急杯や前々走東京新聞杯の追い込みぶりを見ていると、ここでもずばり突き抜けるのではないかと思います。

 そこで、◎08スズカフェニックスとして、○▲は2枠両馬に絞って馬連・馬単の相手はこの2頭だけにします。
 後は3連複・3連単100円流しで、3着候補として残りの(11頭の中の)8頭へ流します。つまり、実質総流しのようなものです。半流しでしょうか(^.^)。

 印をまとめますと、
 ◎08スズカフェニックス
 ○03サチノスイーティー
 ▲04ビーナスライン
 ・01 02 07 09 11 12 16 18

 買い目は、
 単 勝=08スズカフェニックス=500円
 馬連単=08→03 04=300×2×2=1200円
 枠 連=2→145682=300×6=1800円
 3連複=08→03=04→01 02 07 09 11 12 16 18=100×17=1700円
 3連単=08→03=04→01 02 07 09 11 12 16 18=100×18=1800円
 [3連単は1着2着固定の→3着流し]
  合計7000円

 今回2枠は実質ウラみたいなもんなので、ウラ予想はございません。

 さて結果は?

○ 半流し それでも抜け目タテ目なら ぎりぎりほぞを噛みましょう(^_^)

| | Comments (0)

2007.03.22

高松宮記念、データ検討

 ご無沙汰いたしております。最近競馬絶不調の御影祐です(^.^)。

 どのような絶不調ぶりかと言いますと、たとえば1日10レースほど参加して約数万使ったとします。すると的中がたったの1レース。なおかつその払い戻しが600円くらい(--;)という極度の不振ぶりなのです。
 ここまでひどいことはいまだかつて経験したことがなく、しかもそのようなていたらくが2月後半から最近まで3度もありました。

 もっとも、それでも今年のトータルでは、根岸ステークス3連単的中のおかげで、まだプラス決算が続いています。
 つくづく3連単的中は大きいなと感じております。
 しかし、そのせいで日々の投資額もすぐに数万に到達してしまうのですが……(^_^)。
 みなさんはもう3連単アタックを放棄されたのでしょうか?

 さて、今週末は07年二発目のG I ――高松宮記念です。

 てなわけで、目下自信喪失気味ですので、私の予想は今までにもまして(^.^)「お遊び馬券予想」として受け取ってください。

 えっ、「大丈夫だ。御影の予想は本気で聞いていないから」ですって?

 むむむ……(--;)。


【1】高松宮記念、人気パターン分類

 さて、気を取り直してまずはいつものように過去10年間の高松宮記念人気分類です。

 高松宮記念は96年に芝12のG I に昇格しました。よって、過去11年間のデータを見ます。
 パターン分けと出現回数は以下の通りです。

 《高松宮記念過去11年人気パターン(数字は人気)》
(ア)1→2・3→456789(+超薄目)――3回
 96年=3→4→1
 01年=1→3→16
 04年=2→1→8[3連複54.9]

(イ)1→4・5→6789(+超薄目)――――1回
 05年=4→6→1[3連複40.1、3連単471.2]

(ウ)1→超薄目→超薄目―――――――――――1回
 99年=8→1→9

(エ)2→3・4→56789―――――――――4回(+2回?)
 00年=4→8→2
 02年=3→2→4
 03年=3→2→10[3連複315.8]
 06年=4→2→3[3連複52.4、3連単366.2]
 ・タテ目 97年=6→3→4
 ・第一ヒモ抜け 98年=2→7→5

(オ)誕生日馬券(^.^)――――なし

 これを見ると1番人気軸の(ア)(イ)(ウ)が5回、2番人気軸の(エ)がほぼ5回でした。

 過去データを見る限り、1234人気が全て吹っ飛ぶ誕生日馬券は一度もありませんでした。

 つまり、基本は(やはりいつもの)1番人気か2番人気にあり、です。

 昨年でさえ、混戦混戦と言われながら終わってみたら、[4→2→3人気]ですからね。
 この3連複1点で52.4倍なら、1点買っておいていいかもしれません(^.^)。

 そして、1・2番人気のどちらを選ぶかと言えば、1番人気の複率(3着以内)が全33頭中たったの4頭ですから、あてにならない1番人気です。
 買うなら、2番人気軸の(エ)パターンがいいように思います。

 もう一つ、フタケタ人気の10番人気以下が、過去11年で2頭、ちょい人気薄の8、9番人気も4頭激走しています。
 よって、基本は1234人気から1頭か2頭、第一ヒモに5678から1頭か2頭、そして第三ヒモにフタケタ人気馬からずばり10番人気と16番人気……なんぞどうでしょう(^.^)。

【2】高松宮記念1番人気の取捨

 1・2番人気のどちらを取るかでは、2番人気の方が良さそうですが、1番人気のオッズから取捨が判断できないか、やってみました。
 そこで以下11回の1番人気をオッズ順に並べてみました。一番低くて150円、高くて450円でした。

 《過去11年、1番人気馬最終オッズと着順》
 03年-1.5=7
 05年-1.9=3
 97年-2.2=8
 00年-2.2=4
 96年-2.3=3
 98年-2.6=4
 02年-2.6=5
 01年-2.9=1
 06年-3.3=4
 04年-3.6=2
 99年-4.5=2

 結論から言うと、決め手はありませんでした(^.^)。
 高くても来ているし、ダントツ1番人気馬でもすっ飛んでいるし……。
 総じて上位には来るけれど、馬券の対象になるかどうかは紙一重といった感じです。

 これが短距離レースの宿命みたいなもんかもしれません。
 短距離では出遅れたり、馬群でごちゃついて不利を受けるなど、ちょっとのミスや不利が結果に大きく影響します。だから、誰もがスピード絶対と認めた1番人気が馬券から消えるのでしょう。

 今回1番人気が2倍を切ることはないと思いますが、人気集中ならカモかもしれないし、4倍を超えて危ない1番人気と思っても、きっちり抑えるべきだと思います。

 以上です(^_^)。

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »