« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.29

狂短歌ジンセー論[95号]

2月は「逃げるように時が流れる」と言われますが、本当にあっという間に月末を迎えました。
 しかし、今年は4年に1度のうるう年。2月が29日あることで、辛うじて月一の発行ノルマを果たすことができました(^_^)。

 今号は私の好きなゴルフを題材に「イメージしたことが実現する?」と題して論じてみました。ゴルフに興味のない方にはつまらないお話しかもしれません。しかし、人生の深~い真実がつまっておりますので、ぜひご一読下さい(^.^)。

 まずは本文前に、いくつかゴルフ用語の解説を。
 長い距離のホールで一番初めに打つクラブをドライバーと言います。グリーン上でボールを穴に入れることをパットと呼び、使うクラブはパターです。また、ミスショットの中に「ダフリ」というのがあります。これはボールを打つときボールの手前(右打者ならボールの右側)数センチの地面にクラブが当たることで、とてもいやなミスショットです。なにしろこれが起こると、ボールは狙った距離の半分しか飛ばないので(--;)、がっかりなのです。

 (^_^)本日の狂短歌(^_^)

 ○ いやだなあ起こらないでほしいよと 願っているのになぜか実現
-----------------
 (^O^)ゆとりある人のための10分エッセー(^O^)

 【 イメージしたことが実現する? 】

 先日本屋で立ち読みをしていると、ある本の中に「引き寄せの法則」というのを見つけました。それによると「良いことも悪いこともみな自分が引き寄せている」というのです。
 ということは「金持ちになりたい、成功したい」と思えば、それを引き寄せる。だが、いやなこと、なりたくないことも自分で引き寄せてしまうというわけです。

 その本では神を持ち出して「神はあなたが願い祈っていることを実現してくれる。しかし、あなたがイメージしたことが本当にしたいことか、したくないことなのかわからない。だから、起こってほしくないことでも実現してしまうのだ」とありました。

 私はそれを読んだとき「?」と思いました。
 これって全能の神様に対してとても失礼な発言ではなかろうかと。
 だって「神はあなたがイメージしたことが本当にしたいことか、したくないことなのかわからない」と言っているんですよ。神様が実在するなら「おいおい、全能のわしをバカにするんじゃない。そんなことわからんはずがなかろうが」と言うに決まっていますよ。

 さて、おちゃらけはその辺にしといて……(^.^)、
 しかし、《あなたがイメージしたことが実現する》というのは――特に悪い方面に関して、とてもうなづける考え方だと思います。

 たとえば、ゴルフにおいて友人Aが1メートル余りの短いパットを打つとき、しばしば「入りそうにない」と嘆きます。すると大概その通り外してしまう。
 また、初心者クラスのBが長さ100ヤードの深~い谷越えホールを迎え、ドライバーを打つ際「いやだなあ。谷に落としそうだ」と不安を口にする。そうすると、やはりきれいに谷に打ち込む(^.^)。

 これは私でも同じです。私が特に苦手なのは池越えで、グリーンまで池越え一〇〇ヤードの距離が残ったとき、私も「いやだな~。池にいれたくないな~」と思って打ちます。
 すると思いっきりダフってボールは池に「ぽっちゃーん!」……がっくし(--;)。

 このように、なってほしくないと思えば思うほど、そのいやなことが実現するのです。

 さて、こんなとき我々アマチュアゴルファーの心の中はこうです。
 短いパターや谷越え・池越えの場面――自信がなければ、「一メートルのパットが入りそうにない」とか「池や谷に落としそうだ」と感じる。当然それはいやだと思う。そんなことにならないでほしいと願い、(時には)神に祈る(^.^)。
 ゴルフのうまい人が「そんなときはいいイメージを思い描くことが大切だよ」とアドバイスしてくれる。そこでパターが入ること、ボールが谷や池をすぱっと越えることを強くイメージする。そして、打つ!
 だが……パターは入らず、池ポチャとなり、ボールは谷に吸い込まれる。あれま。
 イメージ戦略もうまくいかず、失意の気分で「やっぱり神なんぞいない」と思う(^.^)。
 そして、このミスが次回のトラウマとなり、次の池越えや谷越えで、また「いやだなあ」と感じる。

 これってゴルフに限らず、人生の大きな仕事や恋愛などでも起こりがちなことですね。

 たとえば、仕事上で何度もミスが続いて「またミスしそうだ」と思い、そんなことは起こらないでほしいと願う。なのに、やっぱりミスを犯す。

 旅行に出かけると必ずトラブルに遭遇する。楽しみにしていた海外旅行。「今度もいやなことが起こるんじゃないかなあ。起こらないでほしいなあ」と思っているのに、やっぱりトラブルにかち合う(--;)。

 恋愛で失敗した人が、新しい出会いが始まったとき、「今度も失恋するんじゃないかな~。成就してほしいな~」と思い祈る。ところが、やっぱり予感通り失恋する(T_T)。

 金持ちになりたいとか、宝くじが当たってほしいとか、仕事がうまくいくことはイメージしてもなかなか実現しないのに、悪い方のイメージは本当によく実現します。これって一体なんなのでしょう。

 そこで、これらのことを「イメージしたことが実現する」理論で考えてみましょう。

 すると、《苦手としたり、いやなことがおこりそうな状態を前にしたとき、心の中は大多数そのいやなイメージで満たされている》ことに気づきます。
 つまり「一メートルのパットを入れたい。池や谷を越えたい」と思っています。いいイメージを持とうと、池や谷を越えることを必死に思い描きます。
 しかし、やっぱり「入りそうにない。越えられそうにない」と感じている――ここがポイントです。
 「入りそうにない。越えられそうにない」と思うから、そうならないことを願い、祈り、そうならないことを強くイメージしているのです。

 もし心の容量を十とするなら、実はそのうち三分の二はうまくいかない方をイメージしていることに気づきます。要するに、パターが入らないことをイメージし、打ったボールが池や谷に落ちることを、たくさんたくさんイメージしているのです。

 これを仕事や恋愛で言うなら、「いやだなあ。失敗したくないなあ。失恋したくないなあ」と思い、そうならないよう願ったり祈ったりする――そのことがすでに仕事に失敗する、失恋することをたくさんたくさんイメージしていることになるのです(^.^)。

 となると、ここに「悪いイメージが実現しないようにする」ヒントがあるような気がします。
 つまり、もう願ったり祈ったりすることをやめたらどうだろう――ってことです(^_^)。

 たとえば、私は1メートルのパターはちっとも苦ではありません。
 友人Aは私や他の人がその短いパットをなんなく入れるのを見て「すごいんだよな」と感心します。
 ところが、振り返ってみると、私が1メートルのパットを打つとき、外しそうだとか、外したらいやだなとかは全くイメージしません。入ってほしいと神に祈ることもありません。まっすぐ引いてまっすぐ打てば入ると思ってただ打つだけです。

 また、谷越えのドライバーでも「ドライバーを普通に打てばこの谷は越える」と思って打ちます。いや、もっと無心で「ドライバーを普通に打つ」と意識しているだけです。谷を越えてほしいと祈ったり願うことはなく、それをイメージすることもなくただ打つだけです。

 結局、ここで必要なのは《無心》なのかな……と思います。

 私もゴルフを始めた頃はドライバーで何度も谷に打ち込み、短いパットをよく外しました。しかし、練習によって「ドライバーを普通に打てば、深い谷などなんでもない」心境になれたのです。

 そして、この無心の境地になるのを邪魔するのが完璧主義のようです。つまり、ゴルフで言うなら、全てのショットで完璧を目指すと、一つのミスがとても大きく感じるのです。
 谷に落ちることはある、1メートルのパットを外すことがある、池に打ち込むことはある……と踏ん切ることができれば、無心になれる気がします。

 もっとも、いつもいつも失恋していると、「たまには失恋することもある」となかなか思い切れないようですが(^_^)。

 ○ いやなこと起こりそうだと思っても 神に祈るのやめましょう(^.^)

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
後記:最後の狂短歌はちょっと不謹慎かもしれません。でも「イメージしたことが実現する」の結論はそういうことです。要するに、神に祈るのはいいことだけですね。「世の中が平和であるように」とか「宝くじが当たるぞお」とかね(^_^)。(御影祐)

| | Comments (0)

2008.02.25

フェブラリーS、結果とほぞかみ

 結果は……
 1着―武豊 15ヴァーミリアン 単勝=2.4
 2着― 幸 10ブルーコンコルド
 3着―岩田 16ワイルドワンダー
 枠連=8-5=6.8 馬連=15-10=28.2 馬単=35.2
 3連複=15-10-16=38.2 3連単=175.5
 ワイド12=9.5 W13=3.5 W23=10.2
---------------
 ほぞ噛み反省の弁

 いやー見ましたか。フェブラリーS(^_^)。

 ヴァーミリアン、強い勝ち方でしたねえ。

 スタート直後、2番人気フィールドルージュの競争中止は波乱を予感させましたが、終わってみれば順当と言えるでしょう。

 「鞍上が一番危険」と半分冗談半分本気で(^.^)軽視した、武豊ヴァーミリアンが見事にダート王らしい勝ち方を達成しました。
 ドバイへ向けて試走かと思っていましたが、国内では敵がいなかったようです。

 ヴァーミリアン自体が先行タイプとは言え、最近「追って届かず、逃げて粘れず」だった武豊も、文句ない騎乗ぶりでした。

 私同様「人気集中しすぎだ。武豊も今年まだ重賞未勝利だし」と軽視した某ラジオ局解説者も「脱帽です」と言っていました。

 何かしら燃えなかった私は、もちろん不的中馬券の山をさらに高く積み上げた結果に終わりました(^_^)。しかし、印を振り返ると、

 ◎16ワイルドワンダー―――3着
 ○07ドラゴンファイヤー
 ▲08ロングプライド――――4着
 △15ヴァーミリアン――――1着
 △04フィールドルージュ――中止
 ・10ブルーコンコルド―――2着……でまーまーかなと思っています。

 4歳馬にかけてみようと思ったので、これに関してほぞ噛みはありません。
 結果論で言うわけではありませんが、6歳勢の人気3頭に対して4歳馬がどれもみなウラ◎にしたいような馬とは思えなかったので、当初はダート16得意のブルーコンコルドをウラ◎にしようかと思っていました。

 しかし、なにしろブルーコンコルドは8歳馬。昔の勘定で言えば9歳馬ですからねー。「どうせダメだろう」とウラ馬券を構築しなかったのです。
 で来たときは「ありゃまやっぱり来ちゃったか」てなもんです(^.^)。

 それにしても、先日小倉大賞典を勝った10歳馬(!)のアサカディフィートと言い、これほどまでに高齢馬が来るようでは、そろそろ年齢限界説を捨てるべきかもしれません。これも「検討して買う」から的中を逃すわけで、やはり自動的に印の位置を決めた方がいいような気がします。

 そこへ行くと、自動買い目の太郎らはヒモが高齢馬であってもカンケーありません。今回は1番人気1着、3番人気3着ですから、いつもの太郎が的中を達成しました。太郎は1番人気から買うので、当然単勝2.4・馬連28.2・馬単35.2、3連複38.2が的中しました(^_^)。本当は3連単も「的中!」と言えるところでした。

 その前にあの買い目を見たとき、「おやーいつもと違うな」と思われた方は観察眼が鋭いです。

 太郎の馬連、3連複の買い目は昨年と同じですが、3連単は1→2→3着流しで[A→DEFGH→BC]と変えました。つまり、2番手、3番手をひっくり返したわけです。この方が配当が高いのです。

 ところが、もう一つ今回は(欲かいて(^.^)データ検討で2番人気のB流しも面白そうだったので、[B→EF→ACDGH]馬券を追加したのです。
 これに合わせて[A→DEFGH→BC]のCを3番手から2番手へ移してしまいました。それは点数が多くなりすぎると感じたからです。
 これが結果悪い方へ作用しました。軸馬Bのフィールドルージュは競争中止だし、Cのワイルドワンダーが3着に粘ってしまいました。
 当初決めたとおりの買い方なら、3連単的中でした。

 この3連単が175.5倍の万シューですから、(太郎が実在するなら)痛恨のほぞ噛みでしょう……て、つまり私がほぞ噛んだのですが(^.^)。

 それにしても、本紙予想は相変わらずに対して、太郎は早速的中させるし、点子と三太もいい線ついていたし……先が思いやられる我が本紙予想です。
 次回GIまでには態勢を立て直したいと思っております。

 ○ 早速のGIドボンはいいけれど 太郎の的中うらやまし(^.^)

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影)

| | Comments (0)

2008.02.23

フェブラリーS、直前予想

 御影祐がまぐまぐを通じて配信する、中央競馬GI限定無料予想メールマガジンです。
 今年は控えめにGI半数的中を目指します(^_^)。
 なお予想は参考程度にとどめて、各自の責任内でお楽しみ下さい(^_^)。

 今年から総額いくら買ったかの明示はやめることにします。
 理由は恥ずかしながら、当たらないとマイナスが大幅に増加するし(^.^)、太郎や点子らの収支決算と単位を合わせることにしたからです。つまり、トータル収支に関してはオール100円買いで計算します。

***************************
【フェブラリーS、直前予想】

 さて今年初のG IフェブラリーSです(^_^)。

 春一番が吹き荒れた関東では、明日また寒さがぶり返すそうです。
 お馬さんも騎手も大変ですね。
 一方、私も土曜在宅競馬で?万使って的中0とお寒い競馬が続いています。
 私も大変です(^.^)。

 さて気を取り直してフェブラリーSの馬柱を見ると……、
 ダートの王様15ヴァーミリアンとトライアル根岸S勝ちの16ワイルドワンダーが仲良く8枠に入りました。ヴァーミリアンは言わずと知れた武豊。ワイルドワンダーが岩田騎手です。

 そして4歳馬で激走の雰囲気漂う07ドラゴンファイヤーと08ロングプライドがこれまた仲良く4枠並入。こちらは安勝、ペリエと鞍上も頼もしい。

 そして、もう1頭のダート強者04フィールドルージュが2枠です。
 人気は8枠両馬と2枠フィールドルージュに集中しています。

 どうもこの3枠で決まりそうな気がするのですが、いかがでしょうか(^.^)。

 ということは8枠両馬が軸なら、枠連は8→2・4。8枠が崩れるなら、枠連2-4。
 てなわけで、私はまず248枠の枠連ボックスを買います(^_^)。

 えっ、「8-8が来たらどうするんだ」ですって?
 まーそのときはあきらめましょうよ。取っても数倍です。

 そして、正直なところ、この5頭の順番がどうなるのか――になるとかなり難解な感じがします。
 それぞれ微妙な弱点を持っているからです。
 まず、武豊ヴァーミリアンは鞍上武豊が最も危ない……は冗談ですが(^.^)、ヴァーミリアンは1月の川崎記念を右節炎とかで取り消したし、なにしろダート16は1戦して着外1回。これが昨年のフェブラリーS5着だったやつ。中長距離ダートなら王様でしょうが、ここはどうなんでしょう。

 また、04フィールドルージュはダート16が[0012]で連対0、東京ダートも[0122]と未勝利。

 そして、16ワイルドワンダーはダート16こそ[1200]ながら、GIはいまだ未勝利。ダート14[5010]に比べると、メンバー強力なここではどうなのか。

 では4歳馬は……と4枠両馬を眺めるなら、08ロングプライドは前走平安S4着、ドラゴンファイヤーはさらに悪くて2番人気で9着惨敗。昇り調子の勢いを感じません。

 それなら、と上記5頭以外に目を向ければ、8歳馬ながらダート16[4203]と得意な10ブルーコンコルドとか、前哨戦平安Sの1、2着馬――05クワイエットデイや09メイショウトウコン。また、初ダートながら単騎逃げが見込めそうな昨年の皐月賞馬11ヴィクトリーなども結構臭いです。

 最近私はとにかく不的中の嵐でして(^.^)迷い出すと切りがありません。
 正直なところ、この枠連3点だけで眺めていたい気分です。

 しかし、太郎や点子に負けないために、絞りに絞って以上8頭の中から……
 最も弱点の少ない16ワイルドワンダーを◎。そして、新しきダートヒーローの誕生を願って4歳両馬07ドラゴンファイヤー、08ロングプライドを○▲にしたいと思います。
 15ヴァーミリアン、04フィールドルージュは抑えの△。あと10プルーコンコルドと09メイショウトウコン、01フジノウェーブを3着候補に追加します。

 まとめますと、
 ◎16ワイルドワンダー
 ○07ドラゴンファイヤー
 ▲08ロングプライド
 △15ヴァーミリアン
 △04フィールドルージュ
 ・10 09 01

 買い目は、
 枠 連=2・4・8ボックス
 単 勝=16ワイルドワンダー
 馬連単=16→07 08 15 04
 馬 単=16→10 09 01
 3連複=16→07・08→15 04 10 09 01
 3連単=16→07=08→15 04 10 09 01
 [3連単は1→2着→3着流し]
 計42点

 今回はウラの方針が定まっていないので、表だけということで……(^_^)。

○ 余りにも外れ続きでGIを 「当ててやるぞ!」の気迫なし(^.^)

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2008.02.20

フェブラリーS、データ検討

フェブラリーS、データ検討

 こんばんは。東京競馬でも「ケツの毛むしられっぱなし」の御影祐です(^.^)。

 それにしても降雪の影響があるにしても、メインの荒れようはひどすぎませんか。

 はしにも棒にもひっかからないどころか、網打っても魚が一匹もかからないような状況が続いています。

 こんなときには「ケンしよう」とか、「どうせ当たらないんだから、買い目を抑えて投資を少なくしよう」などと考えます。競馬が始まるまでは……。

 ところが、いざ土日になると、まるでアルコール中毒患者のように(^.^)……ケンできず、なおかつ3連複や3連単をばらばら買い増しして……終わってみると的中0、マイナス?万円――てなていたらくが続いております。
 そして最終レース終了後「はーっ」とため息をつく(--;)。
 そんな2ヵ月でした。

 えっ、「俺もだよ……」ですって?
 私同様、競馬中毒者が多いんでしょうねえ(^_^)。

 さて、気を取り直して……
 それでも競馬は滅びることなく続き、いよいよ08G I 開幕のときを迎えました。

 正直真の開幕は四月の桜花賞からで、いわば前哨戦G Iと言えそうです。
 それでもG IはG I。やはり初物は当てたいものです(^_^)。

 今年は昨年と違う予想態度で望もうと思っておりますが、人気・確率系の事前データは続けます。

 で、まずはいつものフェブラリーS、過去10年の人気パターン分類です。


【フェブラリーS、過去10年人気パターン分類】

 《過去10年人気パターン分類》
(ア)1→2・3→456789(+超薄目)―4回
(イ)1→4・5→6789(+超薄目)―――1回
(ウ)1→超薄目→超薄目――――――――――0回
(エ)2→3・4→56789――――――――4回
(オ)誕生日馬券(^.^) ―――――――――――1回

 フェブラリーSの過去10年を見ると、大きな特徴が二つあります。
 (オ)の誕生日馬券(98年[6→8→10])の1例を除くと、軸は1番人気か2番人気だったことです。しかもそれは馬連の軸です。

 1番人気軸となる(ア)の4例が、
[1→4→2][1→3→4][1→3→9][1→2→11]。
 2番人気軸の(エ)の4例が、
[2→7→4][4→2→7][5→2→4][3→2→9]。

 これを比較すると、(ア)の4例は1番人気が全て1着だから、むしろ馬単軸とも言えます。
 これは1番人気から4・5番人気→薄目へ流す(ウ)の1例[1→5→6]も含めて02年から1番人気5連勝が効いています。

 そして(エ)の4例を見るなら、2番人気を軸としたときは1着よりむしろ2着が多いので馬連軸と言えるでしょう。
 しかも、この4例とも1番人気が3着以内に入ってこない――というのは面白い傾向です。
 つまり、2番人気から買うなら、1番人気はあっさり蹴っちまうか、思いっきり軽視して(100円で)いいってことなんでしょう(^.^)。

 ちゅうことは、フェブラリーSを人気から取ろうと考えるなら、いつもの太郎の1番人気軸パターンと、(ウ)[2→3・4→56789]パターンがおすすめ馬券になります。この場合3連単は2番人気を2着付け、34番人気を1着付けとするのもおすすめです。
 (ウ)と(オ)が来たら、まーあきらめましょう(^_^)。

【 確率前予想 】

 次に出走馬の確率系データです。ダイワスカーレットが出走すると、確率系ではほとんどトップとなり、しかしダートは初出走なので、困った存在になるところでした。
 しかし、眼を負傷したとかで出ないことになりました。

 【フェブラリーS、確率・タイム単純馬券作戦データ】

1 勝鞍順
 A=16勝フジノウェーブ
 B=14勝ブルーコンコルド
 C=13勝リミットレスピッド
 D=12勝メイショウバトラー
 E=11勝ノボトゥルー
 F=10勝ヴァーミリアン

2 全成績連率(60以上)
 A=フジノウェーブ[16.218](67)
 B=ロングプライド[5222](64)
 C=ヴァーミリアン[10.308](62)
 D=ワイルドワンダー[9317](60)

3 全成績複率(70以上)
 A=ロングプライド[5222](82)
 B=アンパサンド[4444](75)
 C=フジノウェーブ[16.218](70)
 参=フィールドルージュ[9438](67)
 参=ヴァーミリアン[10.308](62)

4 次に距離別成績では……(1Wは1勝クラスのこと)
 ダート16 勝鞍順(3勝以上)
 A=5勝フジノウェーブ[5102]
 B=4勝ブルーコンコルド[4203]
 C=3勝ノボトゥルー[335.10]

 ダート16 複率順(2戦以上)
 A=ワイルドワンダー[1200](100)
 B=アンパサンド[0030](100)
 C=フジノウェーブ[5102](75)
 D=ブルーコンコルド[4203](67)
 E=メイショウバトラー[1101](67)

 ダート18 成績
 A=クワイエットデイ[6746]
 B=フジノウェーブ[4011]
 C=フィールドルージュ[3204]
 D=メイショウトウコン[2110]
 E=ロングプライド[2101]
 F=メイショウバトラー[1200]

5 過去数戦のタイム優秀馬を各距離2頭だけ列挙すると……

 ダート16
 A=フィールドルージュ[1358]G3武蔵野S1着
 B=ワイルドワンダー[1356]地方G I南部杯2着

 ダート18
 A=クワイエットデイ[1510]G3平安S1着
 B=メイショウトウコン[1510]G3平安S2着
 ダート14
 Aワイルドワンダー[1227]G3根岸S1着

【 データからの結論 】

 最後に上記8項目で名が上がった馬を取りあえず多い順に並べてみました。
 総合順位   項目=12345678
 Aフジノウェーブ =AACACB
 Bワイルドワンダー= D  A BA
 Cクワイエットデイ=     A A
 Dロングプライド = BA  E
 Eブルーコンコルド=B  BD
 Fフィールドルージ=  E  CA
 Gアンパ サンド =  B B
 Hメイショウバトラ=D   EF
 参ヴァーミリアン =FC

 地方馬フジノウェーブのトップというのはどうでしょうか。
 どうも確率系データからは確たる軸馬が指名しづらい感じです。
 やっぱり1、2番人気軸ではないでしょうか(^_^)。

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影)

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »