« May 2008 | Main | July 2008 »

2008.06.30

宝塚記念、結果とほぞかみ

 結果は……
 1着―内田博 09エイシンデピュティ 単勝=11.3
 2着―武 豊 02メイショウサムソン
 3着―佐藤哲 01インティライミ
 枠連=6-2=8.8 馬連=09-02=10.8 馬単=32.0
 3連複=09-02-01=106.6 3連単=557.8
 ワイド12=4.7 W13=37.4 W23=14.2
---------
 ほぞ噛み反省の弁

 人と人との信頼関係は……と大上段に構えますが(^_^;)、約束を守るとか、信頼してくれる相手を裏切らないよう全力を尽くすことから成り立つものだと思います。
 それでも失敗して裏切ったり、裏切られることがあります。裏切られた当初は「まさか」とショックを覚えるものです。
 しかし、何度も何度も裏切られると、ショックどころか「あ、またやったか」と冷静冷淡に眺められるようになります(^.^)。
そのうち「あいつにはもう期待しない」となることも……。

 何を言いたいか、賢明なる読者諸氏はもちろんおわかりのことと思います。

 競馬中継を見ながら、私はぶつぶつ年寄りの繰り言をつぶやきました。
 スタート直後先頭は予想通りエイシンデピュティ。2番手ロックドゥカンブにアサクサキングスも続く。
 ところが、武豊メイショウサムソンは後ろから数えられる位置。「おいおい後ろ過ぎるやろ。また、差しか~」
 しかし、豊サムソンは向こう正面で徐々に進出して果敢に三角まくりを打つ。「それで押し切れる馬かねえ」
 四角では早くも先頭に躍り出る動き。「でも、どうかなあ……」
 直線半ばで急に失速して置いて行かれる。「あ、こりゃダメだ」
 しかし、最後ぐいぐいと伸び先頭のエイシンデピュティに並びかける。
 だが、2頭の脚色は同じ。叫ぶ気も起きず「またやられたよ……」
 武豊サムソンまたもお定まりの2着でした(-.-)。
 連は確保してくれました。最低それはありがたい。
 でも「武ちゃんよ。それじゃわしら満足せんのよ」と最後のつぶやき。
 同時にそれは相手を絞りきれなかった自分の不甲斐なさを責めるつぶやきでもありました(^.^)。
 馬連09-02=10.8が的中したとは言え、3連系不的中では大幅なトリガミ。

 結局、私は終始燃えることなくレースを眺め、武豊メイショウサムソンが2着敗退してもショックのショの字も感じなかったのです。

 ただ、武豊騎手のために弁解を試みると、直線半ばで外によれたアサクサキングスとぶつかったそうです。「それがなければ」と言えなくもありませんが、私にはどうも最初からレース運びが違うんではないか、と思えてなりませんでした。

 1着内博09エイシンデピュティの粘りは驚きでしたが、3着突っ込みは佐藤哲01インティライミでした。
「しまった。もう1頭のGI2着馬かっ!」はいつもの後の祭りでした(^.^)。

 データは正直です。水曜データ検討号で私は「過去のGI優勝馬とGI2着馬」をピックアップしました。
 A=メイショウサム-皐月・ダービー・春天・秋天1着・宝塚2着、春天2着
 A=アサクサキング-菊花1着・ダービー2着
 B=ドリームパスポ-皐月2着・菊花2着・JC2着
 B=アルナスライン-菊花2着
 B=インティライミ-ダービー2着

 6歳インティライミは05年ダービー――あのディープインパクトの2着馬だったのです。
 私は上記5頭の中で穴馬はドリームパスポートと思ったのですが、12番人気のインティライミも穴馬として「最低でも△」を付けるべきでしたね(^_^;)。

 また、1着エイシンデピュティに関して読者に紹介しそこねたデータもあります。

 金曜デイリーS紙にあったのですが、過去10年天皇賞春の優勝馬が不在だった年は計3回。そのとき宝塚記念の優勝馬は02年が安田記念2着のダンツフレーム。04年が金鯱賞1着のタップダンスシチー。05年が安田記念2着のスイープトウショウと「3回連続天皇賞組以外がVだった」とのこと。
 そして、過去10年金鯱賞1着馬は宝塚記念に7頭出走して[2212]と高い連率複率を持っていました。○▲として狙えない馬ではありませんでした。
 もっともそれを知っても、やっぱり2着候補でしょうか(^_^;)。

 私は前日ゴルフでグロッキーとなり、ウラ予想は日曜配信でした。
 このウラ予想は結構いい線突いていたと自負しています。4歳牡馬は強くない。2~4番人気の4歳3強は切って5歳以上馬を狙うべきだと主張しました。

 ウラ◎をドリームパスポートにしたので、馬券は不的中でしたが「相手はメイショウサムソン1頭に絞って馬連・馬単。3連系馬券の▲として4歳4番手の06アドマイヤオーラを抜擢。あと6歳馬から07アドマイヤフジと01インティライミ、7歳09エイシンデピュティと14エアシェイディまで流します」としたように、しっかりインティライミは入れました。
 結果4着までは6歳→5歳→6歳→5歳で、4歳はアサクサキングスが5着最先着でした。
 この読みを表予想で取り入れていれば「3連複の的中があったな~」と前期最後のほぞ噛みです(^_^;)。

 ○ 裏切られ裏切られてなお武豊 長いトンネル抜けるのはいつ?

===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:聞いてください。日曜日私は3場の後半9レースに参加してなんと7レース的中しました。さぞかし儲かったろうと思われるでしょうが、五万近く使って二万の払い戻し。よってトータル三万の赤字なのです(^_^;)。いかに無駄ダマが多いか。宝塚記念はその典型でした。(御影)

| | Comments (0)

2008.06.29

宝塚記念、ウラ予想(^_^)


 おはようございます(^_^)。
 日曜は朝までたっぷり眠る予定でしたが、寄る年波ゆえか6時過ぎに目が覚め(^_^;)、全米女子オープンを見てしまいました。
 それから本稿を書き始めたので、配信が少々遅れたことお詫び申し上げます。

 さて、あまり期待されていないであろう(^.^)ウラ予想です。

 さすがに今回は武豊メイショウサムソンで固いような気がするのですが、単勝オッズを見ると、菊花賞馬にして春天3着――11アサクサキングスの評価が低いのが意外でした。前日夕方のオッズでは4番人気で、2番人気は04アルナスラインがとりました。春天2・3着馬のサムソン-キングス2強から売れるのではと思っていたので、ちょっと驚きました。

 問題は4歳で3番人気の08ロックドゥカンブを含めて、4歳3強の取捨でしょうか。サムソンVS4歳3強の4頭で決まるなら馬券は荒れないでしょう。

 しかし、考えてみてください。昨年のダービー馬は牝馬のウオッカでした。昨年の皐月勝馬にNHKマイル馬はなんだったか覚えていますか? 私忘れちゃいました(^_^)。

 答えは皐月がカッチー騎乗のヴィクトリー、Nマイルが牝馬ブービー人気のピンクカメオです。

 また、去年の有馬記念で3歳最先着(2着)だったのは牝馬のダイワスカーレットです。
 つまり、明け4歳の牡馬は実力ある馬たちとは言いづらいのではないでしょうか。
 ならば、穴狙いは02メイショウサムソンを残して4歳3強は「切る」べきでしょう(`´)。

 そこで狙いたいのが5歳以上馬。その中ではメイショウサムソンと同じ5歳馬の10ドリームパスポート。この馬をウラ◎として抜擢したいと思います。
 彼は皐月2着・菊花2着・JC2着とGI2着3回の実績を持ち、3歳秋の時点ではメイショウサムソンより先着していたほどです。骨折休養後は辛うじて掲示板という成績が続いていますが、そろそろ中団からの鋭脚を繰り出してもいいのではないでしょうか。

 相手はメイショウサムソン1頭に絞って馬連・馬単。3連系馬券の▲として4歳4番手の06アドマイヤオーラを抜擢。
 あと6歳馬から07アドマイヤフジと01インティライミ、7歳09エイシンデピュティと14エアシェイディまで流します。

 ウラの買い目は

 単 勝=10ドリームパスポート
 馬連単=10→02
 3連複=10→02→06 07 01 09 14
 3連単=10=02→06 07 01 09 14
 [3連単は1=2着→3着流し]計18点

 さて結果は?
===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2008.06.28

宝塚記念直前表予想

 土曜在宅競馬はいかがだったでしょうか。
 私は友人とゴルフで競馬ノータッチでした。ゴルフも2連続で90を切って一つ夢を達成したと思ったのですが、その後はどろどろで辛うじて100切り状態です(^.^)。競馬同様ゴルフも一筋縄ではおさまりません。
 ところで、早朝ゴルフだったため、起床は午前2時半。昨夜はほとんど寝ておらず、今ももうろう半眼状態で(-.-)一刻も早くベッドインしたい気分です。
 そこで今夜はとりあえず金曜夜に書いていた本紙表予想のみ配信してウラ予想は日曜の昼頃にアップしたいと思います。悪しからずご了承下さい。m(..)m

**************************
【 宝塚記念、直前表予想 】

 さー泣いても笑っても前期最後のGI――宝塚記念です(^_^)。

 私はもう表の◎を武豊02メイショウサムソンと決めております。馬単・3連単も彼と心中します(^.^)。
 しかし、「豊またも裏切るか」と女々しく泣きたくないので、ウラもしっかり検討します。

 ウラ◎は後ほどとして……とにかく前期有終の美を飾って宮城内陸地震被災地に寄付したいと思っております。

 ところで、JRAホームページの「宝塚記念データ分析」に恐るべきデータを発見しました。
 それによると「過去10年の出走馬の前走の着順別成績を見てみると、前走で3着以内に入っていた馬の成績は〔10・8・8・46〕で、3着以内馬30頭のうち26頭を占めていた。逆に前走が4着以下だった馬の成績は〔0・2・2・62〕で、連対率3.0%、3着内率6.1%と苦戦を強いられている。ちなみに、前走4着以下から巻き返した4頭は、いずれも前々走で連対を果たしていた」とのこと。

 このデータを使って今回の出走馬を取捨選択してみると、
[A]まず前走3着以内は以下の6頭。
 02メイショウサムソン=GI天皇賞春2着
 11アサクサキングス―=GI天皇賞春3着
 09エイシンデピュティ=G2金鯱賞 1着
 04アルナスライン――=G2目黒記念2着
 08ロックドゥカンブ―=G2目黒記念3着
 12カ ン パ ニ ー=G2マイラC1着

[B]そして前走4着以下で前々走連対を果たした馬は以下の1頭だけ。
 05サクラメガワンダー=OPオースト2着→目黒記念4着

 驚くべきは過去10年の3着以内馬30頭は全てこのパターンにあてはまるというのです。
 となれば、上記7頭から3着以内馬3頭が出るのでしょうか。
 もしそうであれば、馬連は02メイショウサムソンを軸として6点で当たりってことになります。
 そして、3連複[02メイショウサムソン→04 05 08 09 11 12 BOX]20点で「ゲット!」……となるのでしょうか(^_-)。

 ただカットした馬の中で気になる馬が1頭だけいます。それは06アドマイヤオーラです。前走金鯱賞6着、前々走ドバイDF9着ですから[AB]には入りません。
 しかし、外国参戦を無視すると前走の前はG2京都記念1着でした。よって[B]に入ると言えなくもありません。

 さて、ここで私の結論です。

 表の◎02メイショウサムソン。データ検討でまとめたとおり、GI皐月・ダービー・春天・秋天の1着馬であり、昨年の宝塚記念2着馬、今年の春天も2着。このメンバーでは明らかに一枚上の存在。調教も申し分ないようです。
 唯一の不安は鞍上武豊(^.^)……は言い過ぎですが、最近「この馬で負けるわけにいかない」と言っていながら、あっさり敗退する豊騎乗馬ですから、万全の信頼に値するとは言えません。そこでウラ馬券も構築するとは言え、やはり表の◎はこの馬で仕方なし。

 ○11アサクサキングス。春天2-3着馬をそのまま◎-○ではあまりに単純ですが、4歳4強の中ではダービー2着、菊花1着、春天3着は最右翼の存在だと思います。ただし、この馬昨年の宝塚記念に出走して11番人気15着。先行タイプでジリ脚な感じがどうも宝塚記念には合わないような気がして3着に落ちる可能性はあるとみます。そこで3連単は3着付けかなと思っています。

 そしてこの2頭からデータ検討で最低でも△をつけると決めた10ドリームパスポートと14エアシェイディ。さらに上記でピックアップした5頭――09エイシンデピュティ・04アルナスライン・05サクラメガワンダー・08ロックドゥカンブ・12カンパニー・06アドマイヤオーラへ流します。
 また万一アサクサキングスが4着以下となったら、と思って10ドリームパスポートと14エアシェイディを2番手とする3連馬券も追加しておきます。

 買い目は、
 単 勝=02メイショウサムソン
 馬連単=02→11 10 14 09 04 05 08 12 06
 3連複=02→11→10 14 09 04 05 08 12 06
 3連単=02→10 14 09 04 05 08 12 06→11
 3連複=02→10・14→09 04 05 08 12 06
 3連単=02→10=14→09 04 05 08 12 06
 [3連単は1→2着→3着流し]計66点

 さて結果は?

 ○ サムソンと心中決意は良いけれど 相手絞れぬ情けなさかな(^.^)

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2008.06.27

狂歌今日行くジンセー論[99号]

 宮城内陸地震という天災の後は秋葉原無差別殺傷事件という人災がふりかかりました。
 不平不満をカッターナイフで晴らそうとする女性もいたりして、落ち着いて外も歩けない世の中になってしまいました。
 突如降りかかる天災は防ぎようがありませんが、人災の方はどこかで育ち方、育て方を誤ったのではないか――そんな気もします。
 本日は子を持つお父さんお母さん方のために、幼子(おさなご)を育てるにあたって大切な基本中の基本について書きました(^_^)。

 (^_^)本日の狂短歌(^_^)

 ○ 幼子が転んで泣いているときに 助け起こすか 自力を待つか

--------------- (^O^)ゆとりある人のための10分エッセー(^O^)

 【 いくつになっても人はつまずく 】

 教員時代、国語の授業で生徒――特に女子生徒と次のような問答を交わしたことがある。

私:将来、君たちがお母さんとなって赤ん坊が生まれたとしよう。やがてその子がよちよち歩きを始めて公園デビュー。外を散歩する。そのとき幼子が何かにつまづいてこける。子どもは手をついたまま、わんわん泣いて起き上がらない。そのときどうする? 助けに行くか。または「起きなさい」と言って、自力で立ちあがるまで待つか。

 すると生徒からいろいろ答えが返ってくる。「私は助け起こす」とか「私だったら、子どもが起きあがるまで待つ」などと。「では子どもにとって親のどんな態度がいいんだろうか」と聞くと、助けた方がいいのか、自力で立ち上がるのを待つ方がいいのか、なかなか決められない。
 そこで、私は次のように説明して違う質問を発する。

私:実はこの答えはとても簡単なんだ。子どもがこけた時、毎度毎度助け起こしていたら、その子は親に甘えるばかりで自立した子に育たない。しかし、逆にいつもいつも突き放して「自分で立ち上がりなさい」とやったのでは、この子は「何て冷たい親なんだ。ちっとも助けてくれない」と思ってしまう。 親が助けてくれない――つまり親に愛されていないと感じた子どもは、大きくなって必ず何かしら問題を起こす。だから、子どもが助けを必要としているときは必ず助けてあげなきゃならない。でも、助けすぎると子どもは自立できない。
 だから、あるときは助け起こすけど、あるときは「がんばれ」と励まして支えてやったり、あるときは「自力で立ち上がれ」と言って突き放すんだ。
 じゃあ、それはどうやって判断すると思う。つまり、あるときはやさしく助け起こしてやり、あるときは厳しく突き放す。それはなんで判断すると思う?

 この質問も生徒にとってはかなり難解なようで、なかなか答えが出てこない。
 私が「その子をよーく見ていればわかる」とか「しっかり聞いていればわかる」とヒントを与え、「もしその子がこけたとき、手か腕を骨折していたらどうか。絶対立ち上がれないだろうね」などと水を向けると、やっと「泣き声で判断するの?」という答えが返ってくる。

私:そう。泣き声なんだ。子どもがどこか怪我をしたときの泣き声。甘えたいときの泣き声。お母さんならきっとわかる。怪我をしていればとても激しい泣き声だ。甘えたいときには「えーん」て感じで、どこかしら、ああ甘えているな、とわかる。
 子どもがとても傷ついている時には、お母さんはすぐに抱き上げてやらなきゃならない。逆にそうでもない、子どもが甘えたいとわかれば、お母さんは厳しく「立ち上がりなさい」と言ったりする。
 でも、甘えたい声だからといつもいつも突き放していると、さっきも言ったように子どもはやっぱり親の愛を疑う。だから、甘えているなとわかっても、あるときは抱き上げて充分甘えさせてやるんだ。――

 現代の子育てがとても難しいなと思われるのは、この「あるとき甘えさせ、あるとき激励して、あるとき厳しく突き放す」やり方を一人でやらなければならない点だろう。
 昔は大ざっぱに言ってお父さんが厳しく、お母さんがやさしかった。だから、お父さんはいつも突き放して「自力で立て」と言い、お母さんはいつもやさしく抱き上げてやるだけで良かった。

 ところが、今はお父さんもお母さんもやさしかったり、お父さんは育児に無関心でお母さん一人で子どもを育てたりしている。だから、よけい子育てが難しくなったと思う。

 もう一つ、昨年出版した『狂短歌人生論』で説明した「脅迫・批判・傍観・受容」の四タイプとからめて述べるなら、自分が四タイプのいずれであるかによっても「あるとき甘えさせ、あるとき激励して、あるとき厳しく突き放す」やり方がとても難しいことに気づく。

 たとえば、脅迫者タイプは我が子が転んだら、怒鳴ってなぐってでも「立て」と言うだけ(^.^)、批判者タイプは厳しく突き放すばかりで、決して助けようとしない(--;)。
 また、傍観者タイプは子どもがどんな声で泣いているかなど考えもせず、自分の気まぐれで手を出したりほったらかしにする(-.-)。そして、受容者タイプはもちろんいつでもどんなときでも「よーしよーし」と抱き上げて甘えさせる(^_^)。だから、自分の気質やタイプを理解した上で、子育てをする必要があると思う。

 最後にもう一つ。やがて子どもは大きくなる。親は子どもがある年齢に達すると「どうやら子育ては終わった」と思うようになる。
 だが、子どもはいくつになってもつまずいてこける。進路で挫折したり、失恋したり、生きる意欲をなくしたり、仕事や友人関係でおかしな事態が起こったりする。しかし、大人になった子どもはもはや親に心の中を明かさない。
 親も「もう大人になったのだから」とほったらかしにすることが多い。あるいは、最近の流行りではどんどん介入して助けてやることも多い。

 ここでも幼子と同じ状況が発生する。助けてあげれば、子どもは楽だしありがたい。でも、いつでも親に頼って自立できない大人になる。
 先日親がめんどうを見ている三十代引きこもり男性のつぶやきを聞いた。「親が死んだら自立できるかもしれない」と言う(^_-)。「ふざけんじゃないよ」とどなりたくなったけれど、一面の真実をついている。

 逆に厳しく突き放せば、子どもは自立するかもしれない。でも「親は自分のことなんかどうでもいいんだ」と思って親の愛を疑う。ひどい状況を自力で解決できないと「誰からも愛されない」と思ったわが子は犯罪に走るかもしれない(--;)。

 さて、大人になったわが子に対して親はどうあるべきなのか。
 私はやはり「あるとき甘えさせ、あるとき激励して、あるとき厳しく突き放す」ことだと思う。
 いくつになっても人はつまずくものだから(^_^)。

 ○ 幼子が転んで泣いているときは あるとき助け また突き放す

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:先日ダービーで久々に勝ったので、ハリケーン災害のミャンマーと大地震の中国四川省に少々寄付しました。トータルではとても人様に恵めるほど稼いでいないのですが、気持ちだけでもという感じです。宮城内陸地震の被災地にも……と思っているのですが明後日の宝塚記念次第です(^.^)。(御影祐)

| | Comments (0)

2008.06.25

宝塚記念、データ検討

 2週間のご無沙汰、相変わらず赤字続きの御影祐です(^.^)。

 この2週間は土曜に用事があって日曜だけの参戦でした。特に15日のエプソムカップとCBC賞当日は東京競馬場へ出向きました。
 ともに馬連は当てたのに、3連系薄目に抜けてがっくし。結果?万円の赤字(-.-)。続く福島開幕週の日曜もどぼん。

 それにしても、阪神マーメイドステークス(12頭立て)の3連単190万馬券には驚きましたね。
 牝馬のハンデ戦とくれば、荒れておかしくないので、私は2枠福永ピースオブラブ(2着)から結構流しました。
 ところが、1着が最低人気のトーホウシャイン……では総流しでもしない限りとれません。
 でも、12頭立ての馬連総流しって11点なんですよね。だいたいマークシートに7頭から8頭印をつけるので、どうせ1点100円なんだから「総流ししてりゃ、1100円で74000円ゲットだった」といつものほぞ噛みでした(^_^;)。

 さて、今週末は前期最後のGI宝塚記念。ずっぽし当てて宮城内陸地震に寄付できるよう、推理にみがきをかけたいと思います。
 まずは宝塚記念、過去11年の人気パターン分類です。

【宝塚記念、過去11年人気パターン分類】

 《過去11年人気パターン分類》
(ア)1→2・3→456789(+超薄目)――6回
(イ)1→4・5→6789(+超薄目)――――0回
(ウ)1→超薄目→超薄目―――――――――――2回
   [1→6→9][1→10→9]
(エ)2→3・4→56789―――――――――2回
   [11→3→2][3→2→4]
(オ)誕生日馬券(^.^) ――――――――――――1回
   [6→8→4]

 ご覧になってわかるとおり、やはりまずは1番人気、続いて2番人気が中心です。
 1番人気軸(ア)の詳細は[1→3→4][1→9→3][2→1→7][2→1→8][1→4→3][1→6→3]の6回。(ウ)の2回と合わせれば1番人気は計8回連に絡みました。
 1着6回2着2回なので馬連の軸として有効だし、心中するなら馬単・3連単の軸としても使えるということです。

 昨年は1着アドマイヤムーン→メイショウサムソン→ポップロックの順で、(エ)の[3→2→4]でした。
 しかし、これ実質的に[2→1→3又は4]てところでしょう。
 普通なら前走春天優勝のメイショウサムソンが1番人気でしょうが、昨年は牝馬のダービー馬ウオッカが1番人気となったのです。
 いくらダービー馬で古馬と斤量差があるとは言え、1番人気にまつり上げるのは酷というもの。結果ウオッカは8着敗退でした。
 ちなみに、その後のウオッカ不振はダービー後に宝塚記念を使ったことではないかと、私は思っています。

 それはさておき、昨年宝塚記念の正統1番人気と言うべきはメイショウサムソンであり、彼は2着と連を確保しました。
 よって宝塚記念全11回中、1番人気軸はほぼ9回連に絡んだと言っていいと思います。
 今回もまずは正統1番人気から入りましょう(^_^)。たぶん武豊メイショウサムソンでしょうね~。

 今年前期GIで武豊の優勝はフェブラリーSのヴァーミリアン1頭だけです。果たして武豊が前期最後のGI奪取なるか。はたまた豊のGI凋落(ちょうらく)傾向は続くのか。

 今年の武豊GI成績を振り返ってみると以下の通りです。高松宮は海外遠征、桜花賞はポルトフィーノ取消で不参加でしたので、参加は8戦。
 フェブラ=1番人気ヴァーミリアン――1着
 皐月 賞=2番人気ブラックシェル――6着
 天皇賞春=2番人気メイショウサムソン2着
 Nマイル=2番人気ファリダット―――5着
 Vマイル=1番人気ウ オ ッ カ――2着
 オークス=9番人気マイネレーツェル―9着
 ダービー=6番人気ブラックシェル――3着
 安田記念=4番人気スズカフェニックス5着
 全成績[1214]連率38、複率50

 この中には武豊から他の騎手に乗り替わって成績を上げた馬が2頭います。ブラックシェルは皐月豊で6着→Nマイル後藤で2着、ウオッカはVマイル豊で2着→安田記念岩田で1着。
 桜花のポルトフィーノは取消だし、今年の豊はずいぶん早い厄年か天中殺なのかもしれません(^.^)。穴党にとってはおいしい豊の不甲斐なさですが、豊信奉者にとっては悲しい落日ですね。

 ただ一つ言えることは1番人気馬なら2回騎乗して1着、2着と一応期待に応えています。宝塚の武豊メイショウサムソンが勝利するには1番人気が絶対条件かもしれません(^_^)。

【 宝塚記念確率前予想 】

 次は宝塚記念確率データです。

 【宝塚記念、確率・タイム単純馬券作戦データ】

1 勝鞍順(7勝以上5頭)
 A=11勝アサカディフィート(10歳-.-)
 B=9勝メイショウサムソン
 B=9勝エイシンデプュティ
 C=8勝カンパニー
 D=7勝エアシェイディ
 以下6勝0、5勝3頭、4勝5頭、3勝1頭(ドリームパスポート)
※勝ち鞍トップとは言え、10歳馬のアサカディフィートはさすがに……。

2 全成績連率(60以上3頭)
 A=メイショウサムソン[9626](65)
 B=アルナスライン  [4222](60)
 B=エアシェイディ  [7837](60)
 C=ロックドゥカンブ [4021](57)
※連率はトップでも65、意外と低レベルです。

3 全成績複率(70以上5頭)
 A=ロックドゥカンブ [4021](86)
 B=アルナスライン  [4222](80)
 C=メイショウサムソン[9626](74)
 D=アドマイヤオーラ [4223](73)
 E=エアシェイディ  [7837](72)
 F=アサクサキングス [4224](67)
※複率はハイレベル。ということは下位人気馬が絡んだとき、その馬が1着とか2着になるかもしれません。

 次に芝距離別成績では芝22の上位馬、続いて芝20~24総合の勝ち鞍・連率・複率上位馬を列挙します。
4 芝22総合(2戦以上)
 A=アドマイヤフジ[1112]
 B=インティライミ[1102]
 B=エアシェイディ[1102]
 続く1戦1勝がアドマイヤオーラ、アルナスライン、ロックドゥカンブの3頭。メイショウサムソンは1戦2着。

 芝20~24では
5 勝ち鞍(3勝以上5頭)
 A=6勝アサカディフィート
 B=4勝メイショウサムソン
 B=4勝アドマイヤフジ
 C=3勝エアシェイディ
 C=3勝インティライミ
6 連率(65以上4頭)
 A=ロックドゥカンブ[2000](100)
 B=メイショウサムソ[4212](67)
 B=エアシェイディ [3312](67)
 B=エイシンデプュテ[1101](67)
 C=ドリームパスポー[1414](50)
7 複率(70以上4頭)
 A=ロックドゥカンブ[2000](100)
 B=アルナスライン [2021](80)
 C=メイショウサムソ[4212](78)
 C=エアシェイディ [3312](78)
 D=エイシンデプュテ[1101](67)
※アサカディフィートを除くと、このメンバーが上位人気を形成しそうです。気になるのはここに昨年の菊花賞馬アサクサキングスの名がないことです。彼はどうも決め手に欠けると言うか、先行ジリ脚タイプで何かに脚もとすくわれて2、3、4着が多いような気がします。

8 過去数戦のタイム優秀馬を各距離1、2頭列挙すると……
 芝22
 A=アドマイヤオーラ[2136]1着京都G2
 A=エアシェイディ [2136]1着中山G2
 芝24
 A=アルナスライン [2235]1着東京OP
 芝20
 A=エイシンデプュテ[1588]2着阪神G2
 A=サクラメガワンダ[1588]3着京都OP

9 最後にGIと来れば、過去のGI優勝馬、そしてGI2着馬。そこでGI連対馬を取り上げます。
 A=メイショウサムソン皐月・ダービー・春天・秋天1着
 A=アサクサキングス 菊花1着・ダービー2着
 B=ドリームパスポート皐月2着・菊花2着・JC2着
 B=アルナスライン  菊花2着
 B=インティライミ  ダービー2着
※ドリームパスポートは骨折後不振だし、前走春天も9着。人気薄が考えられますが、GI2着3回は無視できない実績です。最低でも△を付けましょう(^_^)。

データからの結論 】

 最後に上記9項目で名が上がった馬を取りあえず多い順に並べてみました。
 総合順位  項目=123456789
 Aメイショウサム=BAC BBC A
 Bエアシェイディ=DBEBCBCA
 Cロックドゥカン= CA  AA
 Dアルナスライン= BB   BAB
 Eエイシンデピュ=B    BDA
 Fアドマイヤオー=  D    A
 Gアサクサキング=  F     A
 Hアサカディフィ=A   A

 データからの結論は◎メイショウサムソンでいいと思いますが、意外なのはエアシェイディです。宝塚記念は近年4歳馬がいいので、おそらく2番人気は菊花賞馬の4歳アサクサキングス、345番人気も4歳勢3頭――アルナスライン、ロックドゥカンブ、アドマイヤオーラあたりで、7歳馬のエアシェイディはその後でしょう。前走安田記念4着ですが、上がりは最速タイの34.0。△は付けたいと思います(^_^)。

===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:人災の秋葉原無差別殺傷事件のあとは天災の大地震。ともに被害者にとっては青天の霹靂(へきれき)。地獄は死後にあるのではなく、生きている渦中にやって来るものだと思い知らされます。昨日は77歳のじいさんが老妻と息子夫婦、それに幼い孫を惨殺する事件が発生……。心の余裕というか「遊び」を知らない人が多すぎるような気がします。(御影)

| | Comments (0)

2008.06.09

安田記念、結果とほぞかみ

 結果は……
 1着―岩  田 05ウオッカ 単勝=4.1
 2着―ホワイト 16アルマダ
 3着―福  永 03エイシンドーバー
 枠連=3-8=7.2 馬連=05-16=36.8 馬単=59.7
 3連複=05-16-03=317.1 3連単=1456.9
 ワイド12=14.3 W13=20.4 W23=48.8
----------
 ほぞ噛み反省の弁

 安田記念見ましたか?
 いやーウオッカ、強かったですねえ(^_^)。

 ゴール前、4強の1角05ウオッカが先頭を数馬身差で駆け抜け、2番手粘った我がウラ◎16アルマダが2着を確定させました。
 最低でも本紙馬連的中ですから「御影はさぞかし叫んだことだろう」とお思いでしょう。
 しかし、私は一言も叫べず、ただ「3着はなんだ~」とつぶやいた程度でした(^.^)。
 はなはだ低調子の安田記念テレビ観戦でした(^_^;)。

 まず誤算は土曜夜のサッカー、日本対オマーン戦でした。
 「どんな関係が?」と言わず、まー聞いて(読んで)ください。

 先日日本で行われたこの対戦では、日本が3対0で勝って格の違いを見せつけました。
 だから「まー日本が勝つだろう」と土曜は見ないつもりでした。
 ところが、ひょいと見始めたら、あまりの接戦ぶりにやめられなくて最後まで見てしまったのです。
 あれがアウェーの過酷さなんでしょうね。気温40度近いのに、オマーンの選手がなんといきいきしていたことか。

 私はテレビを見ながら、オマーンに1点取られては毒づき、遠藤の絶妙なペナルティキックに快哉を叫び、トゥーリオが相手にペナルティキックを与える反則を犯すと「なーにやってんだ」と顔しかめ、楢崎のこれまた秀逸セーブに「よっしゃー(^o^)」とおたけびを上げ……最終的に1対1で引き分けたあと床に就きました。
 翌日曜は東京競馬場だから6時過ぎには起きるつもりでした。

 ところが、サッカーの興奮が尾を引いたせいでしょうか、そのあと1時間、2時間……なかなか寝付けないのです(-.-)。
 本を読んでも眠くならず、結局3時頃あきらめて起きだし、テレビの深夜映画を見てさらに朝刊が来たので読み始めると、夜がしらじらと明け……とうとう東京競馬場行きをあきらめざるをえませんでした。
 その後1時間ほど寝たものの、ほとんど全徹夜状態。

 それでも午後から在宅競馬を開始。
 ところがそのうち頭はもうろう、耳鳴りがきーんと鳴って身体はかっかかっか。
 しかも「秋葉原で無差別殺人」の凄惨なニュースも飛び込んで、テンションあがらないこと、あがらないこと。当然馬券も当たらないし……(^.^)。

 そんなわけで、安田記念はテレビ観戦となってしまいました。

 私はウオッカ大勝、2着アルマダを目の当たりにして馬連的中の喜びより、むしろ表の◎武豊スズカフェニックス5着敗退の方がより強い衝撃として心に残ったのでした。

 始まる前は「今度こそ豊の逆襲、大外一気が決まるのでは」と思って彼からたらふく買っていました。今回はさすがに来るんではないか、と自信もありました。
 その豊スズカフェニックスはいつになく前目で競馬をしていました。いつもの最後方ではなく中団のちょい後ろ。いい位置取りだと思いました。

 1頭テレビ馬的に突っ走ったのがコンゴウリキシオー。離れた2番手が16アルマダ、その直後に05ウオッカ。
 我が子次郎の展開予想どおり、ウオッカが先行したことで「いいよ、いいよ」とつぶやいたものです。コンゴウリキシオーはきっとつぶれると思いました。

 そして直線。ウオッカが馬群から力強く抜け出し、ぐいぐい差を広げる。
 続く2番手に16アルマダも抜け出す。そして数馬身後の大外をスズカフェニックスが追い上げる。
 私の頭の中ではウオッカを抜けなくともアルマダは一気に交わす映像が浮かんでいました。最悪3着には来るだろうと。

 ああだがしかし、ウオッカとアルマダと後方馬群の脚色は全く同じ。あとはそのまま流れ込むだけ。
 スズカフェニックスに怒濤の追い込みは見られなかったのです。ほえ。

 武豊はスズカフェニックスとウオッカのどちらでも乗れました。でもお手馬は(たぶん)スズカ。
 ウオッカに乗った岩田騎手が優勝をさらっていく……。
 うーん。いよいよ「豊の凋落(ちょうらく)なんだろうか(--;)」と感じ、さらにローテンションとなったのです

 そして3着福永エイシンドーバーと知って「やっぱり4強成り立たずか。1頭しか残らず大荒れ馬券かー」とどつぼの気分でした。ふう。

 でもまー、予想の方はウラ◎アルマダからウオッカに流した馬連36.8が的中です。
 我が子予想では次郎が初めて的中を出しました。彼は◎ウオッカ→○アルマダなので、馬連36.8+馬単59.7も的中でした。
 惜しむらくは3連系3着の福永エイシンドーバーです。「GIで人気薄福永の激走」は有名なので「抑えるべきだった」とほぞを噛みました(^_^)。

 ○ 馬連の的中よりも武豊 豊の不調が心に残る

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:それにしても、悲しい事件ですね。犯人は25歳の青年とか。「おれを必要としている人間がいるんだろうか」とか「いい人間のふりをしている」などとネットに書き込んでいました。小中は優等生で高校から挫折が始まったとか。実は私も小中優等生でいい子のふりをしていました。そして高校(5年制の高専)で挫折して3年で中退しました。浪人して大学行ったら1年目に不登校で引きこもりました(^.^)。どうやって立ち直ったかなど、いつか挫折した優等生のための本を書きたいもんだと思っています。でも、目下競馬で忙しいのです(^_^)。(御影)

| | Comments (0)

2008.06.07

安田記念、直前予想

 いやあ土曜東京メインのユニコーンS、見ましたか?
 06ユビタキス――じゃないユビキタスは強かったですねー。

 私はこの馬から07シルクビッグタイム流しで3連複・3連単小万シューを獲りました(^_^)。

 この馬を0.9差でぶっこ抜いたのがダービーに出たサクセスブロッケン。
 この2頭、今秋から来春のダートGIで抜けた存在となるかもしれません。
 でも、土曜トータルはいつものマイナスでしたが……(^_^;)。

 さて明日は安田記念。

 混戦と言われながら、前日オッズはとても単純な4強模様を示しています。
 土曜夕方の1番人気から5番人気までの単勝オッズは以下の通り。
 1= 3.9-11スーパーホーネット
 2= 5.0-05グッドババ
 3= 5.1-17スズカフェニックス
 4= 5.2-07グッドババ
 5=21.1-10コンゴウリキシオー

 これって完全なる4強パターンです。
 安田記念過去11年データでは99年に[4→1→3]人気で決まったことがあります。
 しかし、このときは4強ではありません。1番人気グラスワンダーが単勝1.3倍のダントツ人気構成でした。
 ちなみにこのときの単勝オッズを、1~5人気まで並べると[1.3→6.0→11.4→17.7→26.5]です。1強1中その他大勢ってな感じでした。

 私が思い出せる4強パターンでは、04年春天と同年ダービーがあります。
 春天は10番人気イングランディーレが優勝し、ダービーは1番人気キングカメハメハが優勝した年です。

 04春天で1~5番人気までは[2.2→4.1→5.0→7.7→14.1]と4強でした。
 この結果は4強から3頭が消えて4番人気のみ2着。[10→4→5]と大荒れ誕生馬券でした。
 また、04年ダービーでは[2.6→3.3→6.4→7.6→17.1]の4強で、結果は2頭残って[1→5→3]の(ア)馬券でした。

 私はこういう場合、まずは「来たら癪だから4強の3連複を買う」のですが、ほとんど来たことがないような印象があります。
 一般レースでも最悪4強が全て消えることがあるし、5番人気以下から1頭か2頭激走するような気がします。

 この2例では期せずして5番人気が連絡みしています。4強に対しては離れているけれど、その他大勢の中では《1番人気》と考えれば、来ても不思議ではありませんね(^.^)。

 で、今回の安田記念。この4強はどうなのか。

 やっぱり……4強が来たら癪だから(^_^;)、まず4強の3連複買います。

 特に今回の香港馬――目下5連勝中の07グッドババは相当強い感じだし、日本馬の3強05ウオッカ、17スズカフェニックス、11スーパーホーネットだって3着内に入って全くおかしくありません。
 荒れる荒れると評判の安田記念で、終わったら「なんだよ1~4番人気4頭の3連複で決まっちゃったよ」とため息つくのが最大の「裏切り」かもしれませんし。 一般ファンが穴に走れば走るほどこのオッズが上がるので、それを期待して(^.^)。
 そこで、表予想は3連複05ウオッカ、07グッドババ、11スーパーホーネット、17スズカフェニックス4頭の3連複4点。
 
 この3連単は絞って頭を1頭固定して残り3頭へ流したいと思います。
 ずばり◎は17豊の逆襲スズカフェニックス。
 彼は昨年のGI高松宮記念優勝以来不甲斐ない成績が続いています。しかし、先週のダービー1着ディープスカイのように、今度こそスズカフェニックスの大外一気が決まるのではないか、そう思えるのです。
 そこで3連単[17スズカフェニックス→05 07 11]3連単6点。
 応援の意味を込めてスズカフェニックスの単勝も買います(^_^)。

 さてウラです。
 私のウラ◎は香港馬3頭の中でやけに人気のない16アルマダを抜擢。
 全成績[9302]マイル[4300]は立派の一言。どうしてこんなに人気がないのか不思議です。

 馬券は上記4頭に流し、データ検討の結論どおり「まさか9歳馬が……」とほぞを噛まぬため、香港馬15ブリッシュラックに[・]を付けて100円流します(^.^)。

 買い目は、
 単 勝=17スズカフェニックス
 3連複=17 05 07 11 BOX
 3連単=17→05 07 11 BOX
 裏単勝=16アルマダ
 馬 連=16→17 05 07 11 15
 3連複=16→17・05→07 11 15
 3連単=16→17=05→07 11 15
 [3連単は1→2着→3着流し]
 計32点

 さて結果は?

 ○ 控えめに買い目を絞ったそのわけは どうせ外れと見越したからか(^_^;)

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2008.06.04

安田記念、データ検討

 08前期GIも残すところあと2つとなってしまいました。
 今年もすでに半年が終わろうとしています。
 ほんとに月日の経つのが早く感じられますね。

 さて今回は古馬マイル王決定戦、安田記念です。今年も難しそうですね。
 なにしろ香港のチャンピオンマイル123着馬が全て出走します。
 迎え撃つ日本勢もウオッカやスズカフェニックスなど多士済々。
 単純ならこの5頭ボックスかもしれませんが……(^_^)。

 まずはいつもの、過去10年の人気パターン分類です。
 安田記念は誕生日馬券――と思って間違いないと思います。

【安田記念、過去11年人気パターン分類】

 《過去11年人気パターン分類》
(ア)1→2・3→456789(+超薄目)2回
   [1→5→3][4→1→3]
(イ)1→4・5→6789(+超薄目)――1回[4→6→1]
(ウ)1→超薄目→超薄目―――――――――1回[1→8→17]
(エ)2→3・4→56789―――――――2回
   [7→2→4][2→3→9]
(オ)誕生日馬券(^.^) ――――――――――5回

 誕生日馬券のパターンは[10→6→3][9→15→7][6→4→5][7→10→5][3→10→8]の5回。[9→15→7]は3連馬券発売前ですが、今なら3連単1千万かもしれません。
 この通り、安田記念は後期ジャパンカップ並みの大荒れGIです。

 過去11回中誕生日馬券が5回もあります。1番人気3連複の軸は一応4回ですが、2番人気は2度しか連絡みがありません。
 もし1番人気から買うなら2番人気を蹴って[1→34→567]がおすすめ馬券で、アとイの3回が当たりです。
 2番人気から買うなら1番人気は蹴って3・4人気へ流し薄目へ流す[2→34→789]でしょうか。

 また、誕生日馬券ゲットを目指して大きな網をかけるなら、1・2番人気を消して[34→56→78910]パターンが面白そうです。
[3→78910]と[5→78910]も入れれば、5回中4回的中です。
 今回は[薄目→薄目→超薄目]の超穴馬券を組もうかと思っています(^.^)。

【 確率前予想 】

 【安田記念、確率・タイム単純馬券作戦データ】

1 勝鞍順――8勝以上5頭
 A=13勝グッドババ
 B=12勝ブリッシュラック
 C=9勝アルマダ
 D=8勝スーパーホーネット
 D=8勝スズカフェニックス
 以下7勝3頭、6勝1頭、5勝5頭、4勝3頭、3勝1頭
※勝ち鞍では香港馬3頭がベスト3です。グッドババとブリッシュラックはすごいです。ただし、ブリッシュラックは現在9歳、人間で言うなら後期高齢者の感が……。

2 全成績連率――60以上3頭
 A=アルマダ[9302](86)
 B=グッドババ[13.418](65)
 C=エアシェイディ[7836](63)
 次=ウオッカ[5315](57)

3 全成績複率――70以上3頭
 A=アルマダ[9302](86)
 B=スズカフェニックス[8385](79)
 C=エアシェイディ[7836](75)
 D=グッドババ[13.418](69)
 D=ニシノマナムスメ[4324](69)
 次=ウオッカ[5315](64)
※アルマダの15戦9勝2着3回はさすが。連率86は2位以下と大差です。複率でようやくスズカフェニックス、エアシェイディが70以上に顔を見せます。

 次に芝距離別成績ですが、マイルの成績がとてもいいので、マイル勝ち鞍、連率、複率でも順位を出します。
4 芝16勝ち鞍――4勝以上4頭
 A=8勝グッドババ
 B=7勝ブリッシュラック
 C=4勝アルマダ
 C=4勝ウオッカ
 以下2勝10頭……

5 芝16連率――65以上6頭
 A=アルマダ[4300](100)
 A=ウオッカ[4200](100)
 B=ニシノマナムスメ[2201](80)
 C=グッドババ[8203](77)
 D=オーシャンエイプス[2001](67)
 D=ドリームジャーニー[2001](67)

6 芝16複率――70以上5頭
 A=アルマダ[4300](100)
 A=ウオッカ[4200](100)
 B=ニシノマナムスメ[2201](80)
 C=グッドババ[8203](77)
 D=スズカフェニックス[2132](75)
※マイルの連率・複率ではダービー馬ウオッカが[4200]とアルマダと互角。日本代表は洋酒のウオッカなのでしょうか(^.^)?

 他では
7 芝18実績
 A=エアシェイディ[3121]
 B=ハイアーゲーム[3111]
 C=コンゴウリキシオー[3002]
 D=エイシンドーバー[1400]
8 芝14実績
 A=アルマダ[4001]
 B=エイシンドーバー[3101]
 C=スーパーホーネット[3001]
 D=アイルラヴァゲイン[2101]
 E=スズカフェニックス[1120]

9 過去数戦のタイム優秀馬を各距離1、2頭列挙すると……

 芝16
 A=スーパーホーネット[1327]京都GIマイルCS2着
 芝18
 A=オーシャンエイプス[1474]OP1着
 B=エイシンドーバー[1476]G2中山記念2着
 芝14
 A=スズカフェニックス[1206]G2阪神C1着
 B=ジョリーダンス[1207]G2阪神C2着
※タイムは今回あまり参考にならないかもしれません。

【 データからの結論 】

 最後に上記9項目で名が上がった馬を取りあえず多い順に並べてみました。
 総合順位   項目=123456789
 Aア ル マ ダ =CAACAA A
 Bグッ ド バ バ=ABDACC
 Cウ オ ッ カ =DECAA
 Dスズカフェニック=D B  D EA
 Eエアシェイディ= CC    A
 Fエイシンドーバー=      DBB
 Gスーパーホーネッ=D      CA
 Hニシノマナムスメ=  D BB
 参ブリッシュラック=B  B

 確率データからの結論は国粋主義でなければ、◎香港アルマダ、○同グッドババ。対する日本代表◎ウオッカ、○スズカフェニックスてところでしょうか。

 ちなみに、もう一つデイリーS紙に「安田記念での外国馬の成績」一覧表が載っていましたので、それをまとめて紹介します。

 93年の米国ロータスプール5着に始まって昨年の香港馬頭4頭まで、のべ37頭参戦して結果は[323.25]でした。連率15複率24はビミョーですね。

 ただし、香港馬の本格参戦が始まった98年以降香港馬だけの結果を見ると、のべ18頭参戦して[222.12]、連率22複率33でアップしています。
 複率33ということは平均して3頭に1頭は3着以内に来た、ということです。

 今回香港馬3頭のうちブリッシュラックは安田記念が3度目、グッドババ2度目、アルマダ初出走です。
 この件で面白いデータが見つかりました。
 これまで安田記念に2度出走した香港馬は計4頭。
 以下の3例は初来日でいい結果を残すと、2度目惨敗したパターンです。

・オリエンタルエクスプレス=98年8番人気2着→99年5番人気12着
・フェアリーキングブローン=00年10番人気1着→01年1番人気9着
・ジョイフル ウィナ ー =06年8番人気3着→07年4番人気9着

 また、以下は1例ですが初来日そこそこで、翌年好結果を出したパターン。
・ブ リ ッシュ ラック =05年6番人気4着→06年3番人気1着

 このでんで今回の香港馬3頭を見ると、初来日で成績[9302]のアルマダは鉄砲激走の可能性があり、昨年の安田記念で7番人気7着だったグッドババ――目下5連勝無敵――これもまた連対の可能性が高いと言えるでしょう。
 この2頭どんな国粋主義者でも▲以上は付けた方がいいと思います(^.^)。

 そして安田記念3走目となるブリッシュラックは9歳馬だし、前回1着だったから今回は惨敗パターンではないかと思います。
 しかし、安田記念3回目というのはこの馬が初めて。3頭の中ではブリッシュラックが低人気であることは間違いなく、来ればおいしい穴馬券。
 「まさか9歳馬が来るかね~」とほぞを噛まぬため、私は[・]印で100円流そうと思っています(^.^)。

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影)

| | Comments (0)

2008.06.03

ダービー回顧

 それにしてもよく雨が降りますねえ。御影祐です(^_^)。

 ダービー的中の余韻をじわーっと噛みしめております。
 オークス終了後はウラ表の◎トールポピー1着だったのに、気になっていた桜花賞1・2着馬に流さず、ほぞ噛みのあまり「ほぞ噛み競馬予想」の名を変えようか、とまで思いました。
 しかし、ダービーではいつも行っているほぞ噛み反省記が生きたような気がします。

 今回のダービーは人気順で言うと[1→12→6]。1番人気軸ですが[1→薄目→超薄目]馬券で普通なら獲れない馬券でした。いつも通りぎりぎりほぞを噛んでいる可能性大ありでした。
 しかし、馬連・馬単・3連複万シューを獲ることができました。
 これは振り返ってみると、いつもの「まさか病」を克服していた結果でもあったのです。

 人の的中話なんぞだいたい気分良く聞けるものではありませんが、ダービーの表予想はあまり能書きをたれていませんでした。そこで、読者各位の参考になれば、と思ってあの予想に至った経緯を説明しておきたいと思います(^_^)。

 今年のダービーで軸を決めるに当たっての問題点はただ一つ。
 往年の傾向通り1番人気馬が復活するか、あるいは昨年に続いて敗れるかの見極めでした。
 しかし、これは一つの賭けだから、絞るなら1番人気ディープスカイとするか、その他の馬にするかだけ。
 私は絞りきれなかったので両張りしました(^.^)。
 よって、表の◎01ディープスカイ、ウラの◎08アドマイヤコマンドとしたわけです。

 ここで難しかったのは1番人気馬の決定です。
 同じディープでもディープインパクトクラスなら、専門10紙は大多数ぐりぐり◎だし、単勝が2倍を切ってすぐに1番人気とわかります。

 しかし、今年は混戦を反映して新聞人気はばらついていたし、前日の早い段階では01ディープスカイと09マイネルチャールズのどちらが1番人気になるのかよくわかりませんでした。
 結局、私は新聞人気と単勝や馬連オッズの順位を総合してディープスカイが1番人気になるであろうと予測しました。

 軸が決まれば、相手の選定です。

 私はデータ検討号で、昨年の2着馬(14番人気)のアサクサキングスを取り上げ、以下のように書きました。
-------------------
 このアサクサキングス。皐月前は新馬→1Wを連勝したことがあり、G3きさらぎ賞勝ち馬なので、しっかり3勝していました。ここいらに予想の盲点がありそうで、やはり過去の重賞勝ち馬はしっか
りチェックすべきだと思います。
-------------------
 そして、データの最後に「GIの123着→G2の1着→G3の1着で順位付け」した馬名をあげ、
-------------------
 この中でフタケタ人気が予想されるのは重賞勝ちがありながら、前走皐月で大きく敗退した馬でしょう。スマイルジャック、ショウナンアルバ、サブジェクトは注意した方が良さそうです。
 特に3勝しているショウナンアルバ、G2を勝っているスマイルジャックは皐月大敗でしたが、最低でも△を付けましょう(^_^)。
-------------------
 とまとめました。

 もしここでこのように書きながら、本番の予想で17ショウナンアルバは前日9番人気、07スマイルジャック12番人気を見て「12番人気のスマイルジャックはまさかないだろう」と思って消したら、またもぎりぎりほぞを噛んだことでしょう。

 正直内心「ジャックはないんじゃないかな~」と思いました(^.^)。
 しかし「最低でも△を付ける」と決めた以上、その決心通り△をつけたのです。
 まず一つの「まさか病」克服でした(^_^)。

 これで、◎ディープスカイ→スマイルジャックの馬連・馬単が当たりました。
 馬連1点張りとか相手を絞って何度も痛い目にあっているので、今回はディープスカイから平等に流しました。 

 さて次の問題は3連馬券です。ここでも「まさか病」の克服がありました。

 ◎ディープスカイの相手として皐月3・4着の09マイネルチャールズ、10レインボーペガサスの5枠両馬を○としました。絞りきれなかったので、両張りしたのです(^.^)。

 本当は09マイネルチャールズに絞ろうと思いました。
 この馬の成績は[4111]。ダート4連勝のサクセスブロッケンを除けば、今年唯一の正統派4勝馬です。なおかつ皐月賞1番人気の3着。この馬が「まさか4着以下に落ちることはあんめえ」と思いました。
 しかし、昨年ダービーダントツ1番人気のフサイチホウオーでさえ[4010]の4勝馬。なおかつ皐月賞2番人気3着でありながら7着に敗れました。
 私は昨年のダービー終了後
-------------------
 かの「ブルータスよ。お前もか」と言って倒れたシーザーのように、「ダービーよ。お前もか」とつぶやき、ぐったり力が抜けたのは私だけでしょうか。
 確かに今年のGIは大荒れ続きである。しかし、17年間1番人気の4着以下はなし、なおかつそのうち16回は馬連の軸だったダービー。
 1番人気信奉者にとって聖域のようなダービーで、フサイチホウオーはもろくも、もろくも崩れていたのです(て大げさ?)。
-------------------
 と書きました。
 この記憶があったからこそ、マイネルチャールズだって着外があり得る――そう思ったのです。

 となれば、つられるように10レインボーペガサスも着外になって「もしかしたら5枠両馬が消えるかも知れない」と思いました。
 だからこそ3連複◎ディープスカイから▲2枠03ブラックシェルと04タケミカヅチ→△07スマイルジャック・17ショウナンアルバの3連馬券も組んだのです。

 そして最後に直前になって03ブラックシェルから01ディープスカイ流しでもう一点3連複を的中させました。これは正しくオークスほぞ噛みの反省からです。

 今年のダービーでは皐月賞馬が出走しないけれど、GINHKマイル1・2着馬は出走。
 となればオークス対桜花賞1・2着馬の関係で言うと、ダービー対NHKマイル1・2着馬の関係が成り立つ。
 オークスであれだけほぞを噛んだ以上、今度こそ「NHKマイル1・2着馬はしっかり買おう」と決意しました(^.^)。そこで武豊ブラックシェルの逆襲に賭けたのです。

 ここでも、普段の自分だったら、03ブラックシェル→01ディープスカイの後、5枠両馬と04タケミカヅチに流しただけで終わったかもしれません。しかし「最低でも△」と決意した07スマイルジャックにもあと100円(^.^)流したのです。「まあないだろう。でも、まさかはある」と思って。

 こうして3連複3万馬券を200円分的中できました(^_^)。

 もっとも、最後にぜいたくなほぞ噛みですが、以上述べたことは私のなかでは3分の1でした。
 つまり、馬券の中心はあくまでウラ◎08アドマイヤコマンドだったのです。よってここからディープやプラシェル、スマイルジャックにはたらふく流していました。もしもこちらの的中だったら、おそらく大ホームランの大歓喜だったことでしょう。
 普段なら、表予想も1点200円とか300円で買うのに、今回は単勝を除くとほんとに1点100円のみ。「あちゃあ!」とほぞを噛んだこと言うまでもありません(^.^)。

 ○ 競馬とは外れてぎりぎりほぞを噛み 当ててもほぞを噛むものなりや

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:ミャンマーのサイクロン被害に続き、中国四川省の大地震と大災害が続きました。競馬で儲かったら寄付したいと思いながら毎週赤字続き。今回ようやくダービー黒字分から少々寄付することができました。今年トータルの赤字を考えると、とても人に恵めるような状況にないのですが、でもトータル黒字を待っていたら、何もできませんしね(^_^)。(御影)

| | Comments (0)

2008.06.02

ダービー結果(万シュー3本的中(^O^)

 結果は……
 1着―四位 01ディープスカイ 単勝=3.6
 2着―小牧 07スマイルジャック
 3着―武豊 03ブラックシェル
 枠連=1-4=12.7 馬連=01-07=132.7 馬単=175.6
 3連複=01-04-03=376.9 3連単=2013.0
 ワイド12=39.2 W13=8.8 W23=56.8
-------------
 ほぞ噛み反省の弁

 ダービー……私はいつものテレビ観戦でした(^_^)。

 そのゴール前、オークスの時と違って何も叫ばないまま……ディープスカイが先頭でゴールを駆け抜けるのを「あら◎が勝っちゃったよ」てな感じで眺めていました。

 なぜ叫ばなかったかと言うと、ゴール前100メートル、大外を猛烈な末脚で伸びてくるディープスカイが突き抜けることはまず間違いないとわかったからです。
 しかし、それ以上に私はディープスカイの単勝よりウラ◎アドマイヤコマンドの単勝の方をたくさん持っていました(^.^)。ディープスカイは最終的に1番人気なので「なんだよ。1番人気1着かよ。元に戻っちゃった」てな気分でした。

 となると、次に叫べるのは2、3着の馬連・馬単、3連馬券。
 ところが、私は2番手馬群の先頭で走っている馬がなんなのかよくわからなかったのです。
 名前も馬番も。テレビと同時にラジオの実況も聞いているのですが、どちらも声がよく聞き取れませんでした。

 なおかつ3番手3頭のうち、2頭が黄色帽の09マイネルチャールズと10レインボーペガサスというのはわかったのですが、その内でするすると首差抜け出して3着になったのが、これまた何番のなんなのか、全くわからなかったのです。ありゃま(^.^)。
 てなわけで、叫ぶ間もなく2、3着馬がゴールしてしまいました。

 ゴールイン直後のビデオ再生で、ようやく2着07スマイルジャック、3着03ブラックシェルとわかっても、「おや当たったかな」てな程度。スマイルジャックはデータ検討からの穴馬で△印を付けていたので、馬連・馬単を買っていたことは記憶にあったからです。
 そしてスマイルジャックがフタケタ人気薄であることを思い出し、ようやく控えめに「よっし!」とガッツポーズが出ました(^.^)。

 しかし、3連系をどう買ったか思い出せず、すぐに自分の予想を見直しました。
 すると以下の買い目が……。

 3連複=01→09・10→03 04 07 17
 3連複=01→03・04→07 17

 ――3連単はダメですが、ここにしっかりと[01→03→07]が入っているではありませんか(^_^)。

 普段だったらおそらく買わない組み合わせですが、今回は○を5枠両馬、▲を2枠両馬というように変則的に印を付けたので、○の5枠両馬が来ない場合を考えて、◎ディープスカイ→▲2頭→△2頭の3連馬券も組み立てていたのです。

 これを確認した頃ラジオから馬連・馬単万馬券、3連複3万馬券との放送が。
 ようやく「よっしゃあ! 万シュー3本ゲットォ(^O^)!」と大歓声がわき起こったのであります。

 獲った馬券は単勝3.6、馬連132.7、馬単175.6、そして3連複376.9。
 言い忘れました枠連6点買いの1-4=12.7も的中しました。
 総計100円買いで70150円の払い戻し。
 苦節?十年とは申しませんが、久々の大ヒットとなりました(^O^)。

 私は直前に武豊ブラックシェルの逆襲があるかもしれないと思って、彼から01ディープに流し、さらに07スマイルジャックにも流したので3連複もう3万獲って久し振りに払い戻し10万超えを達成しました(^o^)。
 もちろんお約束の「ああ2・3着表ウラの3連単も買っていればな~」と20万馬券を逃したほぞも軽く噛みました(^.^)。

 ただ、読者諸氏には直前予想で矛盾した表ウラ予想を開陳したことで、惑わせたかもしれないと思って謝意を申し上げます。m(_ _)m

 なにしろ表の◎ディープスカイの前走NHKマイル1着のタイムは平々凡々で……とけちつけてウラの◎アドマイヤコマンド推奨でしたから。
 実は私はディープスカイよりアドマイヤコマンドの方に自信があって、そちらにかなりぶっこんだので、もちろんトータル黒字でしたが「うう……表予想を中心に買やー良かった(-.-)」とぜいたくな嘆きもつぶやいたのであります。
 やはりアドマイヤコマンドは無理だったようですね。でもコンマ7差の7着なら立派なもんです。
 故障がなければ、今後きっと活躍すると思います。

 勝ったディープスカイは4角15番手から14頭ごぼう抜きですから、確かに強かったです。
 しかし、1000メートル通過60秒8にしては勝ちタイムが[2267]と平凡。良馬塲発表でしたが、稍重と見なしても、ちょっと平凡すぎる気がするのですが。

 まーそれは今後の検討課題としていまは久々のGI万シューゲットをじわーっと味わいたいと思います。また一つ夢に近づいた気がするダービーでした(^_^)。


 ○ ダービーで久々万シューゲットして 夢はかなうと気持ち引き締め

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:「競馬で1億稼いで半分を世界の貧しい子供たちのために使いたい」というのは私の夢ですが、最近もう一つの夢――ゴルフで2連続80台を出す――を苦節二十数年初めて達成しました。前回のゴルフで辛うじて90切りの89。先週のゴルフがその挑戦場所でした。そして85の好スコアを出したのです(^o^)。よーし乗って来たぞー。安田記念も「気合いだー!」(^_^)。(御影)

| | Comments (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »