« 秋華賞、直前予想 | Main | 狂短歌ジンセー論[138号]――弟の感情 »

2011.10.22

菊花賞、直前予想

 秋華賞、結果は……なぜか枠連的中(^_^;)
 1着―岩田 04アヴェンチュラ………[○] 単勝=3.1
 2着―飯田 01キョウワジャンヌ……[?]
 3着―池添 12ホエールキャプチャ…[▲]
 枠連=2-1=28.4 馬連=04-01=31.0 馬単=42.5
 3連複=04-01-12=17.2 3連単=126.8
 ワイド12=8.6 W13=1.7 W23=5.9

※ いやあ岩田04アヴェンチュラ、強かったですねえ。
 先行して直線抜け出す女横綱相撲。着差はわずかでしたが、相当強いと思いました。
 私は12ホエールキャプチャを本番では弱いからと△印。3着だから着眼点は良かったと思います。
 しかし、◎抜擢の18マルセリーナは7着敗退でした。さすがに内枠・先行有利の馬場で大外は厳しかったようです。

 それにしても、3歳馬が古馬を相手に買ったときは、次走で活躍する傾向がある……と知ってはいましたが、今回も半信半疑でアヴェンチュラに◎を打つに至りませんでした。内枠に入ったことと合わせて今後も注意したい傾向ですね。

 ところで、後期GI、私の最初の的中は枠連1-2の28.4[×2]となりました(^_^;)。
 ウラ予想で「まずは1枠両馬がなんとなく気になるので、枠連[1→8625]。もし来たら結果報告で理由を書きます」と記しましたが、いつもの「あちゃあ、01キョウワジャンヌ来るのかあ。馬連も買っときゃ良かった」とほぞを噛みました(^.^)。

 なぜ1枠流しの枠連を買ったか……。
 あまり深い理由はなく、ただ「芝20は1枠有利」という一般的データから買おうと思ったのが一つ。
 そして(最近は過去3走データから連勝馬に着目しているのですが)、全18頭を見渡すと過去3走で2連勝以上している馬は以下の通りでした。
・04アヴェンチ…3W→G3連勝→本    番――1着
・01キョウワジ…1W→2W連勝→ローズS3着――2着
・02リヴァーレ…1W→2W連勝→ローズS8着――5着
・09エリンコー…OP→GI連勝→ローズS10着――10着
・16カルマート…1W→OP連勝→本    番――14着

 この中で01、02の1枠両馬が(格下ながら)全く同じような臨戦課程で並んでいたので、「1枠臭いなあ」と思ったわけです。
 最初はこのデータから1枠のどちらかをウラ●にしようと思いました。キョウワジャンヌは7番人気、リヴァーレは12番人気ですから、普通なら01キョウワジャンヌでしょう。

 しかし、タイム信奉論者の私としては紫苑Sで1582を出した2頭……なおかつ隠れ豊ファンの一人として(^_^;)、武豊08デルマドゥルガーをどうしてもウラ●にしたかったのです。
 そこで、この連勝データはネグって……でも「もしかしたら2着で来るかも」と思って枠連流しとした次第です。01キョウワ、02リヴァーレのどちらかに絞れなかったことも、枠連にした理由でした。

 結局、ウラ●08デルマドゥルガーは最後伸びたものの6着。今年も紫苑S組は来ず、武豊の復活もいまだ通し……でした(-_-;)。
 連勝の件は書けば良かったのですが、予想がさらに長くなるのでカットしてしまいました。
 連勝馬は3歳戦だけでなく、古馬でもかなり有効な馬券戦術です。近3走、ないし5走の連勝馬はぜひチェックしておくことをおすすめします(^_^)。

***********************
 【 菊花賞直前予想 】

 さて、明日は3歳牡馬最後のクラシック――菊花賞。
 見所はただ一つ(と言ってはいい過ぎ?)ディーインパクト以来の3冠馬が誕生するかどうかです。該当馬はいわずとしれた池添14オルフェーヴル。

 最初に秋華賞予想の反省から、近走の連勝馬をあげておきます(^_^;)。

・4連勝14オルフェーヴル…=G3→GI→GI→G2神戸新聞1着
・3連勝17フレールジャック=未勝利→1W→G3→G2神戸新聞3着
・2連勝16ダノンマックイン=1W→2W→本番

 秋華賞の傾向が続くかもしれないから、取りあえずこの馬連[14→17・16]買っておきましょうか(^.^)。

 さて、目下4連勝のオルフェーヴル。全成績も[5211]と文句なし。4連勝の内容も完璧。
 ちょっと不満な点はタイムで、ダービーは不良馬場とは言え2305、神戸新聞杯は11頭スローペースの2283。また(ウラ予想で書きますが)、エリートらしからぬ2歳時の不甲斐ない戦績がひっかかります。
 しかし、他馬で4勝以上を上げた馬はなく、どう考えても抜けています。表の◎やむなしでしょう。

 問題は1着か2、3着に落ちるかです。根拠希薄ですが、表予想は3軸と考えたいと思います。 ただし、個人的には単勝買っても仕方ないので、また「負ける要素なきにしあらず」なので買いません。

 となると問題は相手。やはり筆頭は安勝13ウインバリアシオンでしょう。
 全成績[3203]ながら、青葉賞1着→ダービー2着→神戸新聞杯2着とオルフェーヴルの2番手の位置を確保している感じです。神戸新聞杯ではオルフェーヴルとコンマ4差でしたから逆転は厳しそうです。
 しかし、他の神戸新聞杯組と比べると、3着17フレールジャックともコンマ4差。2走前、ダービーでは2着ウインバリアシオンと3着ペルシャザールとは、なんと7馬身差。
 よって神戸新聞杯組の中から1頭選ぶならやはりこの馬でしょう。私は○にして馬連・馬単この1点で行きたいと思います(^_^)。

 そして3連複は……相変わらずの、予想放棄の、「3着人気薄来てくでえ!」と叫ぶ、3連複総流しでございます(^_^;)。見学料みたいな100円総流し。
 しかし、プラス100円としてさらに以下の9頭に流します。こちらで3連単を買います。

01トーセンラー…………G3Vとダービー、皐月出走、G2セント2着。
05フェイトフルウォー…G3Vとダービー、皐月出走、G2セント1着。
08ペルシャ ザール……スプS2着、ダービー3着、G2セント4着。
11サダム パテック……G2弥生賞1着、皐月2着、セント3着。
12ハーバーコマンド……格下なれど、8月札幌芝20Vのタイム2002から。
15サ ン ビ ー ム…GI初では無理筋だが、唯一逃げ馬で。
16ダノンマックイン……格下なれど1W→2Wの連勝で。
17フレールジャック……未勝利→1W→G3の3連勝、G2神戸3着。
18ショウナンマイティ…格下なれど、古馬相手の3Wクラスを1着。

 よって表の買い目は、
 馬連単=14→13[4×2]
 馬連単=14→17 16[2×2×2]
 3連複=14・13→総流し[1×16]
 3複単=14→13→01 05 08 11 12 15 16 17 18[1×9+1×9]
 [3連単は1→2着→3着流し]計50点

 さて、無謀にもウラです(^.^)。

 問題はオルフェーヴルが勝つかどうか。オルフェーヴルの3冠限りなく濃厚……と思いつつ、けちをつけることは可能です。

 たとえば、オルフェーヴルを3冠ディーインパクトと比較するなら……、
 ディーインパクトが新馬→OP→G2弥生賞3連勝の後→皐月、ダービー連勝→神戸新聞杯1着と無敗6連勝の後に菊花賞優勝……完璧(^o^)。

 ところが、オルフェーヴルは新馬2番人気の1着→OP芙蓉S10着惨敗→G3シンザン記念2着→G3きさらぎ賞3着と来て……G2スプリングS1着後皐月、ダービー連勝→神戸新聞杯1着と成績[5211]での3冠挑戦です。つまり、本格化は今年3月から。

 しかも、それまでの臨戦課程で負けた相手が気に入りません。
 2走目の芙蓉Sで負けたのは牝馬のホエールキャプチャ。シンザン記念で負けたのはセン馬のレッドデイヴィス。別にセン馬を蔑視しているわけではありませんが、無敗で3冠を目指したディーインパクトとは比べようもありません。つまり、エリート馬でなければ、負けても不思議なし(^.^)。

 3冠タイプとしては超エリート馬ディープインパクトやシンボリルドルフクラスというより、ナリタブライアンに似ています。
 ブライアンは新馬2着→新馬1着→G3を6着→1W1着→G2を2着……と[2111]の成績で、次走から皐月、ダービーまで6連勝、京都新聞杯2着後菊花賞優勝で3冠馬となりました。

 一方、3冠を目指しながら最初もたもたした馬に06年メイショウサムソンがいます。
 同馬は[2→3→1→1→4→2→1→2]と[3311]の成績でスプリングS1着から皐月、ダービーと連勝。神戸新聞杯2着から3冠を目指しました。もちろん単勝2.0倍の1番人気。
 がしかし、結果は4着敗退……(-_-)。「なんじゃそりゃ」と叫んだものです。

 万一オルフェーヴルがこのタイプだと3着どころか、3連複の軸も外れる可能性があります。
 ただ、メイショウサムソンと違うのは目下オルフェーヴルが4連勝していることです。3月からエリート路線に乗っかったなら(^.^)、5連勝の3冠馬となってもこれまた不思議ではありません。

 しかし、とにかく菊花賞は妙な馬が優勝します。過去10年を見ても02年ヒシミラクル、04年デルタブルース、06年ソングオブウインド、09年スリーロールス、10年ビッグウィークは前走2Wクラスだったり、GI初出走だったりと、どう見ても格下の馬でした。

 そこでウラ●としては、その類の馬を抜擢したいと思います。それは大外18ショウナンマイティです。土曜現在9番人気あたり。
 全成績[3014]ながら掲示板を外したのは1度だけ。GI初出走ですが、過去G2弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着とG2ではそこそこ活躍。鞍上は……GI忘れられた存在の武豊君(^_^;)。そこが不安で、やはり今回も無理なのでしょうか。

 しかし、大きく狙うなら、さらに隠れ豊ファンとしては、この馬しかないと思ってのウラ●です(^_^)。

 根拠はあります。まず第一は大外決して不利ならず。過去10年では格下デルタブルースとソングオブウインドの1着があります。しかも、この2頭ともに人気薄8番人気。ただし、2、3着はなしだから、勝つか惨敗(^.^)。

 第二に、この馬基本的に差し馬ですが、過去8戦中5走で上がり最速です。3位が1回、前走神戸新聞杯は上がり4位ながら33.5でした。終いの脚は確かだと思います。京都芝は2戦して[1010]と悪くない。

 そして格下ながら3勝しており、18頭の中で唯一2走前に古馬と3Wクラスを闘って勝っています。
 最後に父馬が01年の勝ち馬マンハッタンカフェ。今回マンハッタンカフェ産駒は3頭出走していますが、G2常連のショウナンマイティが最も父子制覇に近いと思います。

 相手はもちろん◎14オルフェーヴルと13ウインバリアシオンの2頭。単複、馬連・馬単を買って3連系は表の△候補に流します。

 よってウラの買い目は、
 単 複=18ショウナンマイティ[5×2]
 馬連単=18→14 13[2×2×2]
 3複単=18→14=13[2×2×2]
 3複単=18→14=13→01 05 08 11 12 15 16 17[1×17+1×18]
 [3連単は1→2着→3着流し]
 計61点 総計111点

 さて結果は?

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

|

« 秋華賞、直前予想 | Main | 狂短歌ジンセー論[138号]――弟の感情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋華賞、直前予想 | Main | 狂短歌ジンセー論[138号]――弟の感情 »