« 桜花賞、直前予想 | Main | 皐月賞、直前予想 »

2012.04.10

桜花賞、結果とほぞ噛み

 桜花賞、結果は……馬連18.5倍的中なれど……(^_^;)

 1着―岩 田 10ジェンティルドンナ…[○] 単勝=4.9
 2着―内 田 15ヴィルシーナ…………[▲]
 3着―ビンナ 11アイムユアーズ………[・]
 4着―松 岡 13サウンドオブハート…[・]
 枠連=5-7=9.7 馬連=10-15=18.5 馬単=31.5
 3連複=10-15-11=51.1 3連単=240.2
 ワイド12=7.2 W13=7.4 W23=11.8

※ 桜の花をバックに桜花賞、最後の直線――。
 馬群を抜け出したのは我が○10ジェンティルドンナと▲15ヴィルシーナ。そして3着候補でしかない[・]11アイムユアーズ。3頭は他馬と次元の違う脚色で抜け出し、優勝争い一直線でした。
 しかし、私は3連系総外れとわかって叫ぶこともなく、むしろ視線は中団大外に……。
 そこには我が◎にして2歳女王の17ジョワドヴィーヴルがこれまた違う脚色で走っていました。
 この「違う」とは阪神JF「重戦車のごとき末脚」と違って他馬と脚色が全く同じ……(-_-;)という意味の「違う脚色」でした。鞍上福永は懸命に追っていましたが、ジョワドはもがいて苦しそうでした。結果は6着流れ込みが精一杯。

 うーん……一体どうして2歳GI馬がああもあっけなく敗れるのでしょうか。

 これが牡馬の朝日杯チャンプと皐月賞の関係だったらわかります。距離がマイルと2000ですから。しかし、阪神JFと桜花賞は同じ阪神、同じマイルなのです。

 しかも過去10年、1番人気は[3421]の成績。つまり、10回中9回も3着以内に来ているのです。今回私はジェンティルドンナとヴィルシーナにもかなり自信があったので、1番人気ジェンティルドンナは悪くとも3着。
 であれば馬券は3頭に絞れるから「◎○▲の馬連3点、3連復1点で完璧!」と思っていました。ところが、肝心要のジェンティルドンナが来ないなんて……。
 結局、3頭三つ巴の優勝争いはジェンティルドンナ1着、ヴィルシーナ2着で辛うじて馬連的中となったものの、内心「ふにゃ(-_-)」の気持ちでした。

 確かに私はウラ予想で、1勝GI馬トールポピーとゴスホークケンの例をあげ、「2歳激走の反動なのか、ジョワドヴィーヴルもこのパターンにはまって負ける可能性があるかも」と論じました。
 しかし、内心そうあってほしくないと思っていました。強い馬が強い勝ち方をしてほしい。あるいは、悪くとも2着3着。そう思ったからこそ表予想ではジョワドヴィーヴルを◎のままにしたのです。
 レースが終わってジョワドが勝って「けちつけてごめんね、ごめんね~」と書きたかったのです(^_^;)。

 と言うのは1勝馬の身でGI馬となったからと言ってその後必ず凡走するわけではありません。いい例がジョワドの姉ブエナビスタです。
 ブエナは[新馬3着→未勝利1着]という1勝馬の身で阪神JF優勝。そしてチューリップ賞1着の後桜花賞→オークスを連勝して強いところを見せてくれました。

 一体ブエナビスタとトールポピー、ゴスホークケン、そして今回ジョワドヴィーヴルとの違いはなんなのか。
 私はそれをGI1着後、勝つか負けるかではないか――と考えています。
 たとえば、上記4頭を並べてみると、
・トールポピー―[新2→未1→阪神JF1→チューリ2→桜花8]
・ゴスホークケン[新1→重賞4→朝日FS1→NZT12→NHKマイル12]
・ジョワドヴィー[新1→阪神JF1→チューリ3→桜花6]
・ブエナビスタ―[新3→未1→阪神JF1→チューリ1→桜1]

 このようにブエナビスタだけはGI後勝って本番に望んでいます。つまり、1勝GI馬であっても、ブエナのように次走も勝って連勝路線に乗れば、その後の活躍が保証され、一度でも負けると「本番は危ない」のかもしれません。

 しかし、トールポピーなどチューリップ賞で負けたといってもハナ差でした。
 自分でこの理屈をこしらえながら「まさかなあ」と思い、だからこそジョワドヴィーヴルを表の◎に残したのです。
 ジョワドは果たして立ち直るのか。トールポピーは桜花賞で負けた後、オークスで復活優勝を果たしました。その例になってほしいなと思います。

 ウラ●2枠サンシャインは10着と伸びず、馬券は表の馬連18.5倍500円が当たっただけでした。
 ただ、個人的にはレース直前にテレビパドックを見たとき、ジェンティルドンナの腰のあたりがぱんぱんに張って筋肉が盛り上がっていることに気づきました。それを見て「これはすごい」と思い、またヴィルシーナの細くくびれた長い胴を見て「これはオークスで買ってみたい馬だ」と思いました。
 逆にジョワドヴィーヴルが取り立てて良く見えなかったので「もしかしたら○-▲のワンツーがあるかも。馬連追加しておこう」と馬連・馬単の表裏を追加したので、個人的にはずばりの黒字となりました(^_^)。
 もちろんこれは桜花賞のみの決算であって一日トータルは「もごもご……」だったから辛いところです(^.^)。

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。長くなったので単独
発行といたしました。週末はいよいよ皐月賞です(^_^)。(御影祐)

|

« 桜花賞、直前予想 | Main | 皐月賞、直前予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 桜花賞、直前予想 | Main | 皐月賞、直前予想 »