« April 2012 | Main | June 2012 »

2012.05.26

ダービー、直前予想

 オークス、結果は……◎○3複総流し路線的中(^_^)
 1着―川 田 14ジェンティルドンナ…[○] 単勝=5.6
 2着―内 博 09ヴィルシーナ…………[◎]
 3着―松 岡 03アイスフォーリス……[・]
 4着―ウィリ 01アイムユアーズ………[△]
 枠連=7-5=7.4 馬連=14-09=8.2 馬単=19.0
 3連複=14-09-03=66.4 3連単=306.1
 ワイド12=3.8 W13=26.2 W23=12.0

※ 見ましたか? ジェンティルドンナ。強かったですねえ(^_^)。
 5馬身差の圧勝もさることながら、芝24の勝ちタイム2236(オークスレコード)は驚異です。もっと驚いたのは1000メートル通過59.1という超のつくハイペースだったこと。しかし、その結果として実力馬2頭が1、2着したと言えそうです。

 結局、オークスというのは桜花賞の再戦になると見て良さそうです。
 つまり、桜花賞で強かった馬が上位争いをし、何かしら不利を受けた下位着順の馬が巻き返す。そしてもう1頭絡むのが基本的にフローラS組なのでしょう。
 ところが、筋違いとなったのがフローラS1着のミッドサマーフェアが絡むのではなく、2着アイスフォーリスが激走3着に飛び込んだことです。
 アイスフォーリスは[1402]の単純1勝馬。重賞実績もなかったし、無印も仕方ないところですね。

 それにしても競馬というのは……終わってみるといつでも「チョー簡単」に思えます。
 終われば、誰でもジェンティルドンナ、ヴィルシーナに◎○を打つでしょう(^.^)。
 なのに、始まる前は「本命ならあれこれ、穴ならこの馬。いやいや、この馬もあやしい」となってなかなか数頭に絞りきれません。

 今回私の予想は「オークスの第一テーマはやはり桜花賞1着のジェンティルドンナと2着ヴィルシーナの取捨。まともに考えればこの2頭の◎○で仕方ないところ。いろいろ検討しても、ジェンティルドンナ、ヴィルシーナ以外に光る何かを見いだせなかった」と見ての表予想でした。結果は両馬の2着1着。ウラ●ハナズゴールは6着でした。

 ところが、馬券としては絞った1頭アイムユアーズがアイスフォーリスにハナ差負けたので、総流ししていなければ3複不的中でした。
 表の馬連は実質1点的中、3連複総流し路線的中なので嬉しいことは嬉しいのですが、最終人気[3→2→9]なのに、3連複66倍とは「ずいぶん低いなあ」の印象です。
 そして3複はまたも100円しか買っておらず、他馬券をぼろぼろ買ったので、結果はいつものトリガミでした。ほげ(-_-)。

 一つ書き加えておきたいことは1番人気に祭り上げられ、13着大敗のミッドサマーフェアです。フローラS1着が評価されての人気だったようですが、私は「光る何か」を見いだせず△止まりとしました。

 同馬は[3212]の成績ながら一つ勝つのに4戦も要しており、フローラS1着のタイムも2020とチョー平凡。2年前のオークスで、私は◎アパパネ、○フローラS1着のサンテミリオンを指名して「両馬の1着同着、3複総流し成功」の的中となりました。
 そのとき、サンテミリオンは新馬勝ちの全成績[3010]、フローラSの勝ちタイムは2002と素晴らしく○に抜擢しました(最終5番人気)。これに比べるとミッドサマーフェアのレベルがわかります。

 これは結果論として書いているのではなく、だから△止まりとしたのですが、予想文中に書いて読者各位の参考にすべきだったと反省しています。
 ミッドサマーフェア、ヴィルシーナ、ジェンティルドンナの123番人気3頭のうち、2頭は残ると見なして「3複総流し」をすれば馬券は当たるでしょう。
 しかし、もしもミッドサマーフェアを◎にして絞るとタテ目不的中です。同馬はデータ的にもっとも危険な人気馬だったと言わざるを得ません。
 今週のダービーは正にこのような観点から、ど本命馬を◎○にしない推理を披露します(^_^)。

**************************
【GIダービー、直前予想】

 さー明日はいよいよ前期クライマックス、ダービーです。
 田舎からの予想ですが、どこにいてもダービーはわくわくします(^_^)。

 まずはいつものステップ別データで全18頭を列挙します。

 ダービーと来れば、ステップレースの筆頭は過去10年[746]の皐月賞組。
 続くのが[311]のNHKマイル組。そして[031]の青葉賞組、[020]の京都新聞杯組、[002]のプリンシパルS組です([ ]内の着外カット)。

 このうち皐月賞出走馬は上位、中位、下位着順に分かれます。
 そこで並べて最低限▲△の印を付けると……[ ]内は全成績
1 皐月賞組(9頭)
 1着06ゴールドシップ[4200]▲唯一4勝馬、2冠濃厚?
 2着08ワールドエース[3200]▲東京なら追い込んで勝てる?
 3着10ディープブリランテ[2210]△スプS1着からの巻き返し?
 4着07コスモオオゾラ[3103]△弥生賞1着からの巻き返し?
 5着17グランデッツア[3111]△スプS2着からの巻き返し?
 7着05ベールドインパクト[2212]皐月後京都新聞2着を挟んだが?
 9着16モンストール[2004]ここでは無理?
 12着12トリップ[2102]ここでは無理?
 17着03ゼロス[3207]走りすぎ?

2 NHKマイル組(5頭)
 2着18アルフレード[3101]△もう一頭のGI馬。軽視は禁物?
 3着13クラレント[2013]△2歳時にG2勝ちがあるけれど?
 6着04ジャスタウェイ[2103]ここでは無理?
 10着15ブライトライン[3115]走りすぎ?
 16着16モンストール[2004]皐月後NHKマイルを挟んだが?

3 青葉賞組(2頭)
 1着11フェノーメノ[3002]△東京コース3戦3勝が光る?
 2着09エタンダール[2122]ここでは無理?

4 京都新聞杯組(2頭)
 1着14トーセンホマレボシ[3201]△連率高く、タイム2100秀逸?
 2着05ベールドインパクト[2212]京都新聞2着が精一杯か?

5 その他(1頭)
 G3毎日杯
 1着02ヒストリカル[2102]3月以来の出走がちと?
 OPプリンS
 1着01スピルバーグ[2121]△無理そうだが、最内枠有利?

 勝ち負け争いの候補▲がやはりゴールド・ワールドの2頭。2、3着に絡みそうな△印が8頭で計10頭……は絞り切れていない感じですが仕方ありません(^_^;)。
 とにかく皐月1、2着馬のゴールドシップ、ワールドエースは連率100で抜けています。両馬に◎○を打って3複総流し、オークスの再来……あり得ます。

 しかし、今回私はオークス(桜花賞1、2着馬)のように、すんなり皐月1、2着馬のワンツーとならないのではないか――そんな気がします。

 とは言え、まずは皐月1、2着馬の06ゴールドシップ、08ワールドエースから3連複△8頭を買います。これ押さえの3複疑似(ぎじ)総流し(^.^)。

 そして、ここからが本番。
 表◎はゴールドシップにもワールドエースにも打ちません。

 まずは皐月1着馬の06ゴールドシップについて。
 全成績[4200]で唯一の4勝馬にして連率100。重賞実績[2200]でGI皐月優勝馬と文句なし。小回り得意で全6走全て上がりベスト3内と優秀。東京コースも共同通信杯1着ですでに経験済み。プラスばかりでマイナス点皆無……と思えます。

 しかし、確率データ万全のゴールドシップにも一つだけ不安点があります。
 それは不思議なほどに1番人気が少ないことです。
 全6走して1番人気はたったの1回だけ。昨年9月のOPコスモス賞(1着)のみです。2連勝した前々走G3共同通信杯は2番人気、前走GI皐月賞は4番人気でした。6走したゴールドシップはもう一つ勝っておくべきだった――のかもしれません。
 今回ダービーで1番人気になれば裏切られるかもしれないし、2番人気以下ならその評価通り2着、あるいは最悪それ以下の着順に落ちるかもしれません。

 また、JRA「データ分析」によると面白い傾向が出ています。
 過去10年ダービー前に5勝を上げた馬は[3011]と好成績をあげています。しかし、4勝馬は[4109]と14頭走って9頭も着外に落ちているのです。
 果たしてゴールドシップはどちらの目が出るか。我々はどちらに賭けるのか。
 私はゴールドシップの単勝を買いたくないので、▲止まりにしたいと思います。

 次に皐月2着のワールドエース。
 こちらは全成績[3200]でG3きさらぎ賞勝ちもあります。前走皐月ではスタート直後につまづき、4角ほぼ最後方の位置から2着に追い込んだ末脚が強烈でした。不安点は東京コース初である点ながら、こちらは新馬から4連続1番人気でした。前走皐月で初めての2番人気となり、結果2着でした。
 ゴールドシップより明らかに東京コース向きで、こちらを◎にしたい気がします。
 しかし、気になるのは追い込み一手の脚質です。果たして多頭数で中団の位置を取れるかどうか。こういう馬は積極策を取ると末をなくすし、最後方追い込みに徹すると、東京コースでも「追って届かず」があり得るのです。強烈な末脚に酔いしれても2着止まりかもしれません。よって私の印は○(^_^)。

 さて、となると御影予想の◎はどの馬か。

 久しぶりにタイム信奉論者にふさわしい穴馬が出現しました(^_^)。
 それは京都新聞杯(芝22)1着の14トーセンホマレボシです。
 唯一外国人騎手ウィリアムズ騎乗で[3201]の成績。この馬目下1Wクラス→G2京都新聞杯を2連勝していますが、1Wクラスも中京芝22でした。重馬場1着のタイムが2195とチョー平凡。しかし、前走京都芝22では2100と破格のタイムで2番手から押し切りました。このタイムは日本レコードであり、当然5月に京都芝22で行われるようになってからの最速タイムです。先行して長くいい脚を使える可能性があるのでは、と思います。
 京都新聞杯組の過去10年は[020]と2着2回のみ。06年以降は3着内皆無とあってとても強気にはなれません(^_^;)。レコードの反動があるかもしれませんが、賭けてみたいと思います。

 かくして私の印は◎14トーセンホマレボシ、○08ワールドエース、▲06ゴールドシップ。
 △として皐月賞組から10ディープブリランテ、07コスモオオゾラ、17グランデッツア。NHKマイル組から18アルフレード、13クラレント。青葉賞組より11フェノーメノ。プリンSより01スピルバーグの7頭をあげます。
 そして馬券はいつもの◎→○=▲→流しの他に、◎→△17グランデッツア=△11フェノーメノ→流しも追加したいと思います。
 それは17グランデッツアがスプS1着→皐月1番人気5着からの巻き返しを、また11フェノーメノは青葉賞勝ちと東京コース3戦3勝が魅力ゆえ。まさかの○▲が3着以下に落ちたときのことも考えたいと思いました。

 よって表の買い目は、
 単複勝=14トーセンホマレボシ[5×2]
 馬連単=14→08 06[4×2×2]
 馬 連=14→17 11[3×2]
 馬 連=14→10 07 18 13 01[2×5]
 3連複=14→08=06→17 11 10 07 18 13 01[1×15]
 3連複=14→17=11→08 06 10 07 18 13 01[1×15]
 3連単=14→08 06 17 11 BOX[1×12]
 3連複=08→06→14 17 11 10 07 18 13 01[1×8]
 計92点

 さて、ウラです。
 土曜前日オッズは当然のように08ワールドエース、06ゴールドシップが1、2番人気。
 14トーセンホマレボシはどうやら5、6番人気のようです。意外と上位人気の印象ですが、実質ウラ●みたいなものなので、ウラは買いません。

 ただ、一頭思い入れのある馬がいます。それは柴田大地騎乗07コスモオオゾラです。
 王道の弥生賞1着馬なのに、9番人気がフロック視され、皐月賞では6番人気4着とビミョーな負け方。土曜現在32倍の10番人気。GI未勝利の大地君では今回も良くて掲示板かなと思えます。
 しかし、この馬芝20の成績に限れば[3001]と、全18頭中ただ1頭3勝をマークしています。芝24を20と思って走ってくれれば、どうにかなるかも(^.^)……と思って少々買います。単勝と◎○▲に馬連・3複流しも。

 よってウラの買い目は、
 単 勝=07コスモオオゾラ[2×1]
 馬 連=07→14 08 06[2×3]
 3複単=07→14 08 06[1×3+1×6]
 計17点 総計109点

 さて結果は?

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (1)

2012.05.19

オークス、直前予想

 ヴィクトリアマイル、結果は……辛うじて3複的中(^_^)
 1着―横山 典 弘 12ホエールキャプチャ…[▲] 単勝=7.2
 2着―ウィリアムズ 16ドナウブルー…………[・]
 3着―田辺 裕 信 01マルセリーナ…………[◎]
 4着―柴田 善 臣 03キョウワジャンヌ……[?]
 枠連=6-8=27.4 馬連=12-16=55.1 馬単=107.2
 3連複=12-16-01=107.9 3連単=753.2
 ワイド12=15.7 W13=7.8 W23=15.4

※ 取り上げた馬は「ちょっと多すぎだよ」の9頭ですが……
 ◎マルセリーナがぎりぎり粘って3着。
 いつも善戦ウーマンだった▲ホエールキャプチャがとうとう1着。
 3着候補の[・]ドナウブルーがまさかの2着。
 で、久しぶりに3連複107.9倍をゲットいたしました(^_^)。
 この組み合わせが万シューとはちょっと意外です。

 もっとも、表の3複はなんの追加もなく100円ぽっきりの購入。
 ウラで買いすぎたのでトータルトリガミに終わりました(^_^;)。

 競馬は終わるといつでも単純なことが多いのですが、今回も「マイル実績」として並べた上位馬から3着内3頭が出ました。

 [マイル実績]
 ・5歳07ア パ パ ネ[5103]○――5着
 ・4歳12ホエールキャプ[2200]▲――1着
 ・4歳01マルセ リーナ[3011]◎――3着
 ・4歳16ドナウ ブルー[3002]・――2着
 ・5歳11アプリコット [3304]△●―18着(T_T)
 ・5歳18アスカトップ [1141]・――14着
 ・5歳02レディアルバ [2224]・――9着
 ・6歳チャームポット [2112]?――8着

 この上位4頭の3連複ボックスで万シューだから……競馬はほんとに単純です(^.^)。
 そして私の馬券下手はここでも発揮されました。
 ウラ●アプリコットフィズが18着ですから、泣きたくもなろうってもんです。
 ただ、同馬は直線で不利があったように見えました。
 まー久しぶりの的中で、ほっと一息です(^_^)。

*************************
【GIオークス、直前予想】

 最初に私事で恐縮ですが、わけあって約11年過ごした東京町田市のアパートを引き払い、大分県の実家に戻りました。よってこのメルマガは実家で作成しております。
 これまで帰省したときは電話回線接続だったので、競馬はGIしかやらないし、データは取れずメルマガも不本意な結果が多かったと思います。

 しかし、今回はケーブル接続でブロードバンドを始めたので、東京と全く変わりなく、データ検討ができます。
 今後も馬券下手の「ほぞ噛み予想」に励んで参りますので、よろしくお付き合いの程お願いいたします。m(_ _)m


 さて、実家第一弾となる3歳牝馬の祭典オークス。

 芝24は1頭(06ダイワデッセー)を除いてみな初。データとして使えるのはステップ別の結果くらいです。

 もっとも、オークスのステップ別データはとても単純です。過去10年、まずGI桜花賞組が[875]で最多。続いて東京芝20のG2フローラS組が[123]。東京芝18OPスイートS組が[101]、阪神芝18OP忘れな草組が[101]の結果です。さらに、桜花賞以外のステップで連に絡んだ10頭中7頭がそのレースの1着馬でした。

 よってステップ別単純作戦では(以下[ ]内は全成績)……
 フローラSから1着08ミッドサマーフェア[3212]
 スイートSから1着07ダイワズーム[3312]
 忘れな草組から1着16キャトルフィーユ[2103]
 この3頭を取り上げたいと思います。

 そして、桜花賞組からは以下の5頭をピックアップします。
 1着14ジェンティルドンナ[3101]
 2着09ヴィルシーナ[3110]
 3着01アイムユアーズ[3220]
 5着05メイショウスザンナ[2214]
 8着17トーセンベニザクラ[3205]

 以上で8頭です。ちなみに過去10年桜花賞組が123着を独占したのは10回中3回だけ。3着内に2頭入ったのが4回で、1頭が3回でした。つまり、桜花賞組を外すことは考えられません。

 さて、そろそろ結論です(^_^)。

 今回オークスの第一テーマはやはり桜花賞1着のジェンティルドンナと2着ヴィルシーナの取捨だと思います。まともに考えればこの2頭の◎○で仕方ないところです。いろいろ検討しても、ジェンティルドンナ、ヴィルシーナ以外に光る何かを見いだせませんでした。
 よって◎○はこの2頭。ジェンティルドンナは新馬勝ちでなく、東京コースも初めてです。対してヴィルシーナは東京マイルクイーンカップの1着があるので、こちらを◎とします。馬連は◎○を主に、ジェンティルドンナ3着も考慮して◎→△にも流します。

 よって表の買い目は
 単 勝=09ヴィルシーナ[5×1]
 馬連単=09→14[4×2]
 馬 連=09→08 07 16 01 05 17[2×6]
 3連複=09=14→総流し[1×16]
 3複単=09→14→08 07 16 01 05 17[2×6+2×6]
 計65点


 さあ、久々に3連複総流しを表予想にしてしまいました。
 よってたぶん成立しないと思います(^_^;)。

 となると、ウラ予想として突き抜けるかもしれない穴馬はどの馬か。

 今回私はちと妙な馬をウラ●に指名したいと思います。
 それはNHKマイル7着から中1週で参戦する10ハナズゴールです。

 NHKマイルでもウラ○に指名しましたが、意外にも6番人気。しかし残念ながら7着。それでも上がりは34.5でベスト3内でした。
 この馬全6戦[3003]と1着か着外。しかも一度も1番人気がなく、最高で4番人気です(^.^)。ところが、上がりだけは超一流。6走中ベスト3内が5回、ベスト1も3回あります。

 チューリップ賞1着馬は桜花賞で1番人気1着となってもおかしくないルートです。牡馬の一流どころから牝馬戦に帰ってきたハナズゴール。東京コースで怒濤の追い込みを見せて突き抜ける――かもしれません。

 もっとも、同馬はマイルまでの実績しかなく、東京コースも初なので、まー来なくても不思議ではありません(^_^)。

 とまれウラ●10ハナズゴールで、馬連の相手は表の◎09ヴィルシーナ、○14ジェンティルドンナの2頭+08ミッドサマーフェアにも流します。
 3着候補として桜3着01アイムユアーズ、他ステップ1着馬08ミッドサマーフェア、07ダイワズーム、16キャトルフィーユの4頭に流します。

 よってウラの買い目は、
 単複勝=10ハナズゴール[3×2]
 馬連単=10→09 14 08[2×3×2]
 3複単=10→09=14[3+2×2]
 3複単=10→09=14→01 08 07 16[1×9+1×10]
 [3連単は1→2着→3着流し]6 8 7 19 40
 計44点 総計109点

 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2012.05.12

ヴィクトリアマイル、直前予想

 NHKマイルカップ、結果は……◎1着、○2着の全滅(^_^;)

 1着―秋山 真一郎 05カレンブラックヒル…[◎] 単勝=3.7
 2着―ウィリアムズ 17アルフレード…………[○]
 3着―小 牧  太 12クラレント……………[?]
 4着―川田 将 雅 13オリービン……………[△]

 枠連=3-8=12.1 馬連=05-17=14.8 馬単=26.3
 3連複=05-17-12=729.9 3連単=2625.8
 ワイド12=7.6 W13=80.7 W23=126.8

※ 馬券下手も極まれり……と苦虫を噛みつぶしたのは私御影でございます。
「表の印はいろいろけちつけながらも(^_^;)、◎05カレンブラックヒル、○17アルフレード、▲08マウントシャスタ」と予想。
 結果は◎1着、○2着。最低限「馬連・馬単の的中!」報告ができるはずなのに……
「ただし、この3頭の馬連・3複は買わず、3連複残り7頭に流します」とやったのだから……何をか言わんやです。
 本当に買いませんでした。よって全滅(T_T)。ほげ。

 実は週半ばには次のように考えていました。
 いろいろ問題があっても◎カレン1番人気、○アルフレード2番人気だろう。そして「後は何来るかわからないから久々の総流し路線」で行ったろう……と。
 その通り買っていれば、3連複7万馬券のゲットでした。
 3単総流しなら26万……「まーればたら」はありませんが(^_^;)。

 あるいは、ハナ差13オリービンがあと10センチがんばってくれ「たら」同馬は10番人気でしたから370倍の万シューだったのです。
 とほほ(T_T)。

 それにしても、レースは落馬があったり、マウントシャスタの失格があったりして後味の悪いレースでした。ウラ●にした04モンストールは直線伸びそうになりながら、落馬した馬に乗り上げたのかどうか、走る気をなくして16着惨敗でした。

 しかし、勝ったカレンブラックヒルは久々のNHKマイル逃げ切り。4連勝GI戴冠と強いところを見せてくれました。鞍上秋山騎手も嬉しいGI初勝利とか。祝福したいと思います(^_^)。

***********************************
【GIヴィクトリアマイル、直前予想】

 明日もやはり馬券下手か(^_^;)、今度は牝馬マイルのヴィクトリアマイル(略称VMとします)。
 今年で6回目。そろそろ傾向が出つつあるかと思いながらも難解だと思います。

 まずはいつもの最低限データ、年齢別・ステップ別有力馬をピックアップしておきます。
 VM馬齢構成(18頭全馬牝、[ ]内は過去6年の123着)
 4歳=8頭[452]・マルセリーナ・オールザットジャズ・ホエール
          キャプチャ・クイーンズバーン・ドナウブルー
 5歳=7頭[212]・アパパネ・アプリコットフィズ・アスカトップ
          レディ
 6歳=3頭[002]・フミノイマージン・グランプリエンゼル

 珍しく7歳以上が出ていません。ここからの狙いはまず4歳馬。続いて5歳。3複の穴として6歳――でしょうか。問題は昨年のVM1着馬アパパネの取捨です。12月香港GI13着大敗後、前走阪神牝Sも7着でした。ここで復活があるかどうか。

 また、ステップ別では以下の通り。馬名後の( )内は年齢。

 G2阪神牝馬S=9頭[131]1着クイーンズバーン(4)・2着マルセリーナ(4)・3着フミノイマージン(6)・5着スプリングサンダー(5)。6着チャームポット(6)・7着アパパネ(5)
 G3福島牝馬S=4頭[010]1着オールザットジャズ(4)・4着アスカトップレディ(5)・5着マイネイサベル(4)・8着アニメイトバイオ(5)
 G3ダービー卿=1頭[101]6着アプリコットフィズ(5)
 GI高松宮記念=1頭[? ]6着グランプリエンゼル(6)
 G3中山牝馬S=2頭[002]5着ホエールキャプチャ(4)
 3W府中特別 =1頭[001]5着レインボーダリア(5)

 ここで注意すべきは福島牝馬S組です。VMでは28頭も出走してたったの2着1回です。今回オールザットジャズは人気になりそうですが、さてどうでしょう。

 逆に面白いのはダービー卿CT経由組。3頭出走して[101]です。07年の1着12番人気コイウタ(ダービ卿2着)と3着8番人気デアリングハート(ダービ卿6着)が該当馬。
 そのときの2着は9番人気アサヒライジングでしたから、3連複23万、3連単228万の特大万馬券でした。コイウタは歌手前川清氏の持ち馬でした。これが枠連2-2のぞろ目で当時唖然呆然だったものです(^.^)。

 ということは単純データ作戦からはダービー卿CT6着の5歳アプリコットフィズ流しなど面白そうです(^_^)。私はウラの●この馬です。
 このステップで注意しておきたいのは上記6種類でマイルはただ一つ、ダービー卿CTだけであるということです。阪神牝馬Sは芝14、福島牝S、中山牝馬Sは芝18、高松宮記念は芝12、府中特別は芝20です。
 JRAの「データ分析」氏によると「JRA重賞において優勝経験があった馬のうち、芝1600mのJRA重賞で優勝経験があった馬は勝率20.8%、連対率33.3%とさらに優秀な好走率をマークしていた。重賞ウイナー同士を比較する際は、今回と同じ芝1600mの重賞で優勝経験がある馬を重視すべきだろう」とあります。アプリコットフィズはこれに該当します。
 ただ、問題は鞍上田中カッチーがビミョーです(^.^)。

 ところで、今回はもう一つマイル実績を並べて結論を出したいと思います。
 マイル実績
・5歳アパパネ[5103]
・4歳ホエールキャプチャ[2200]
・4歳マルセリーナ[3011]
・4歳ドナウブルー[3002]
・5歳アプリコットフィズ[3304]
・5歳アスカトップレディ[1141]
・5歳レディアルバローザ[2224]
・6歳チャームポット[2112]

 さて、ここで結論です(^_^)。
 穴馬狙いはウラに任せて表予想はかつての実力馬を素直に取り上げたいと思います。たとえば、07アパパネは近走不振、01マルセリーナは桜花賞1着後ぱっとしないし、鞍上乗り替わり。
 しかし、アパパネは昨年のVM優勝馬でマイル5勝。マルセリーナも桜花賞馬でマイル3勝。よってこの2頭を◎○にしました。順番は4歳マルセリーナを上位と見ます。そして▲はマイル[2200]、昨年桜花賞2着の12ホエールキャプチャに。 さらに△唯一前走マイルの11アプリコットフィズと福島牝S1着の14オールザットジャズを。あと3着[・]候補として18アスカトップレディ、02レディアルバローザ、16ドナウブルー、08クイーンズバーンをあげます。

 よって表の買い目は、
 単 勝=01マルセリーナ[×5]
 馬連単=01→07 12 11 14[3×4×2]
 3複単=01→07=12→11 14[2×5+2×6]
3複単=01→07=12→11 14 18 02 16 08[1×13+1×14]
 計78点

 さて、期待度の低いウラです(^_^)。

 今も書いたとおり、前走唯一マイルの11アプリコットフィズをウラ●に抜擢。同馬は4勝中3勝がマイルでG3クイーンカップ、G3クイーンSを勝ち、昨年秋の中山マイル京成杯AHでは1320のタイムで2着しています。
 最近はGI未勝利騎手の戴冠が続いていることもあり、鞍上カッチーのGI2勝目があるかもしれません。基本は表の◎○▲△に流します。

 よってウラの買い目は、
 単 複=11アプリコットフィズ[3×2]
 馬 連=11→01 07 12 11 14[2×5]
 3複単=11→01 07 12 14 BOX[2×6+1×12]
 計40点 総計118点

 さて結果は?

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:現在もろもろの事情で多忙でございます。いずれお知らせいたしますが、来週のオークス予想ができるかどうかビミョーです。配信がなければ「できなかったのだな」とご理解ください。(御影祐)
(御影祐)

| | Comments (0)

2012.05.05

NHKマイル、直前予想

 春天、唖然呆然の……全滅(^.^)
 1着―石橋脩 01ビートブラック…………[?] 単勝=159.6
 2着―岩田康 16トーセンジョーダン……[・]
 3着―武 豊 11ウインバリアシオン……[▲]
 4着―四 位 05ジャガーメイル…………[?]
 枠連=1-8=35.8 馬連=01-16=615.7 馬単=2086.3
 3連複=01-16-11=971.4 3連単=14525.2
 ワイド12=84.0 W13=88.7 W23=7.6

※ 天皇賞春……ご覧になったでしょうか。
 私はテレビ観戦でしたが、まず向こう正面で「いやーーな予感」が漂い始めました。
 逃げが強烈で、いずれつぶれるだろうと思いつつも、後方馬群が離れて固まっていたからです。
 そして4画を過ぎて01ビートブラックが逃げ切りをはかるとき、はるか後方で有力馬が――いや、あのオルフェーヴルが全く他馬と同じ脚色であることがわかったとき、「やられた」とつぶやいたものです。

 かくして表の◎オルフェーヴル11着惨敗。ウラ●ヒルノダムール、オルフェ同様の後方待機策でオルフェと同着の11着……(-_-;)。ふう。
 全馬ゴールを駆け抜けた後、京都競馬場のなんとも言えないしらーっとした空気。それを感じたのは私だけでしょうか。
 しかし、果敢に逃げて逃げて逃げ切ったビートブラックと鞍上石橋脩騎手には喝采を送りたいと思います。石橋騎手にとっては嬉しいGI初勝利でした。

 それにしても、この大逃げ戦法――これはあり得ることでした。
 春天では過去10年だけでも2度同じような逃げと逃げ残りが発生しているので、注意はしていました。しかし、それが今回であり、それが01ビートブラックとなると……簡単ではありません(^_^;)。

 私は以下のようにオルフェーヴルが「負ける可能性」を書きました。
 ・大外18番枠では最後方追走せざるを得ない。スローは必至だし追って届かずがあるかもしれない。
 ・新馬勝ちながら2勝目を上げるのに5戦も要し、スプリS1着から6連勝なれど、すでに12戦も走った。歴戦の疲れがあるかもしれない。
 ・前走逸走の問題よりも2着に食い込むほどに走らせた――その反動があるかもしれない。 以上3点――と。

 しかし、と思いつつも馬券としては「オルフェ追って届かずの2着か3着」予想であって3連複の軸はオルフェーヴルで仕方ないと思っていました。「まさかねえ」のまさか病です(^_^;)。

 実はうら●ヒルノダムールから馬連やワイドで06ゴールデンハインド、03ナムラクレセント、そして01ビートブラックにも流しました。しかし、軸が違ってはどうしようもありません。
 まー「これが競馬」なんでしょうね。災害と同じで「忘れた頃にやって来る」のです(^_^;)。

 ところで、我が愛読デイリーSでは豊島トラックマンが01ビートブラックを唯一孤高の◎。2、3番人気の2、3着馬に当然流すので完全的中でした。脱帽です(^_^)。

**********************************
【GINHKマイルカップ、直前予想】


 さて、私も物忘れのいい競馬ファンの一人(^_^;)。
 春天のことはころり忘れて性懲りもなく「NHKマイルカップ」予想に参りましょう(以下G2のニュージーランドトロフィーはNZTと略称します)。

 今回確率データ予想から文句なしに◎○がつく馬が2頭います。
 それはマイル3戦3勝の17アルフレードと05カレンブラックヒルです。
 特にカレンブラックヒルは[新馬→1W→G2NZT]を3連勝。かたやアルフレードも[新馬→1W→GI朝日杯]を3連勝[→前走スプリS12着]。
 ここでこの2頭がダントツの1、2番人気となってもおかしくありません。

 ところが、土曜午後の前日オッズを見ると、1番人気こそ05カレンブラックヒルながら、17アルフレードはやや離れた3番人気。2番人気は08マウントシャスタが取りました。

 08マウントシャスタは全成績[2100]、[新馬→1W→G2毎日杯2着]です。
 面白い特徴は3戦全て芝18。マイルを一度も走っていません。
 もっとも、東京マイルは芝14の実績より、芝18や芝20好成績の方がいいので、問題はないと思います。

 それよりむしろ問題は17アルフレードと05カレンブラックヒルです。

 アルフレードは今年初戦のG2スピリSでなんと12着大敗。勝ち馬から2.1秒も離されてしまいました。それをどう解釈するか。
 私は昨年朝日杯馬のグランプリボスを◎にして結果1着でしたが、同馬は朝日杯の後[スプリS4着→NZT3着]と負けて本番では1番人気ながら4.6倍とやや不信の1番人気でした。 それでもさすがの1着ですが、負けた2戦はともにコンマ2差の惜敗でした。アルフレードのように2.1秒差は「負けすぎだし、挽回できるの?」と言わざるを得ません。
 8枠17番も過去10年2着1回だけだし……こちらはかなりビミョーです(^_^;)。

 また、3戦3連勝のカレンブラックヒルはなぜかNZT1着であることがビミョーです(^.^)。
 と言うのは、この10年だけでもNZT勝ち馬は[0109]と極度の不振。しかし、過去10年NZT組は[333]と6頭も連対しています。つまり、NZTから2着以下を軸に選ぶと[323]の実績があるということです。ちょっと信じがたい傾向です。
 また、デイリーSデータによると、3連勝・4連勝馬の成績が必ずしも良くありません。
 思うにNZTは中山マイルなので、カレンブラックヒルのように先行してあっさり勝つと、東京マイルでは差し・追い込み馬のえじきとなるからではないでしょうか。
 また、トライアルを勝つのに精一杯で「精も根も疲れ果てて本番」なのかもしれません。

 もしもこの2頭が来なければ、08マウントシャスタ軸となりそうですが、いくらなんでもマイルを1戦も走っていなくていいのか。この馬東京コースも初です。
 また、2月→3月→3月と今年になってからの上がり馬。こういうタイプは(底の知れない)3連勝がほしいところで、カレンブラックヒルが1月→2月→4月の3連勝馬です。
 よってマウントシャスタを軸にするなら、過去10年データには目をつぶって(^_^;)カレンブラックヒルを◎にした方がいいような気がします。

 しかし、もしも、万一(^.^)この3頭が消えると……先週春天のような、あるいはそれ以上の大荒れがある……かどうか。

 ここで取り上げたいのは妙に面白い馬が同居した5枠、7枠、さらに穴枠として2枠両馬です。

 7枠は14ジャスタウェイと13オリービン。
 ジャスタウェイは[2102]ながら、G3アーリントンカップ1着馬。マイルは[2100]と優秀。また、13オリービンは[2312]でマイルが[1302]とこちらもまずまず。NZT4着馬。

 そして5枠には前走NZTの2、3着馬が仲良く入りました。
 09セイクレットレーヴは[2202]でマイル[0200]、2走前東京芝14を上がり33.3で追い込んでの1着が印象に残ります。
 かたや10ブライトラインは2走前中京芝14をほぼ最後方から追い込んで1着でした。マイル[0111]とまーまー。同馬は2歳時に1Wクラス京都芝18を勝っていますが、このタイムが1475で、このメンバーでは芝18最速タイムです。

 最後に2枠両馬が前走OPマーガレットS2着の03レオアクティブと前走皐月9着の04モンストールです。
 レオアクティブは[2322]の成績で、光るのは東京コース[1100]、G2京王杯2Sを追い込んで勝っています。この馬9戦中8戦で上がりベスト3です。朝日杯3着もあります。
 かたや04モンストールは[2003]ながら、昨年の新潟2Sの1着馬。そのときの上がりが秀抜32.7です。また、皐月賞組は過去10年[033]と1着はないものの、23着に意外と食い込んでいます。

 さて、ここらで「おいおい、なんとなく枠連の匂いがしてきたぞ」と思われた方、いい勘しています(^_^;)。

 その前に、枠の仕上げとしてもう1頭――4枠08マウントシャスタと同枠に入った唯一牝馬07ハナズゴールをあげます。
 ハナズゴールの前走は阪神マイルG3チューリップ賞を4角8番手から差しきっての1着でした。
 この馬桜花賞に出れば上位人気、もしくは勝ち負け間違いなしだったと思うのですが、爪の件で出走を取り消しました。同馬は[3002]の成績、マイル2勝で東京コース2戦2勝が光ります。
 問題は過去10年このタイプはデータなし。ただ、桜花賞経由の牝馬は7頭出走して[2104]と好成績です。鼻の差ゴールを桜花賞馬クラスの馬と見なすなら「どかん!」があって不思議ではありません(^.^)。

 かくして、表の結論です。

 読んでおわかりになったように取り上げた馬は計10頭。枠は3枠4枠8枠が単勝123番人気。そして7枠4番人気で、5枠2枠と続く――計6枠(^_^;)。

 正直とても123番人気で決まるとは思えません。
 かと言って枠連6枠ボックス、馬連・3連複10頭ボックスなんてことをやったら笑われてしまいます。

 よって表予想は枠連2枠を穴軸として4875枠+まさかのゾロ目2枠に流します。
 そして表の印はいろいろけちつけながらも(^_^;)、◎05カレンブラックヒル、○17アルフレード、▲08マウントシャスタとします。ただし、この3頭の馬連・3複は買わず、3連複残り7頭に流します。その際アルフレード流しを2枚、マウントシャスタ流しは1枚としました。 その他の馬券はウラに回して表では買いません。

 よって表の買い目は、
 枠 連=2→4・8・7・5・2[5×5]
 3連複=05→17→03 04 14 13 09 10 07[2×7]
 3連複=05→08→03 04 14 13 09 10 07[1×7]
 計46点 

 さて、ウラです。買ってみたい穴馬は流した7頭の中に多々いますが、やはり枠連の軸とした2枠より04モンストールをウラ●。ウラ○を07ハナズゴール、ウラ▲03レオアクティブとして残り7頭に3連系を流します。理由は上に書いたとおりです。

 よってウラの買い目は
 単 勝=04モンストール 03レオアクティブ[4×2]
 馬 連=04 07 03 BOX[2×3]
 馬 単=04→07=03[2×2]
 馬 単=03→07=04[2×2]
 3連単=04 07 03 BOX[1×6]
 3複単=04→07=03→05 08 17 14 13 09 10[1×15+1×16]
 計59点 総計105点

 さて結果は?

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »