« November 2013 | Main | January 2014 »

2013.12.26

有馬記念、結果とほぞかみ

 結果は……最後に馬連・3複的中……のトリガミ(^_^;)

 1着―池 添 06オルフェーヴル…………[◎] 単勝=1.6
 2着―岩 田 04ウインバリアシオン……[▲]
 3着―ムーア 14ゴールドシップ…………[△]
 4着―武 豊 11ラブイズブーシュ………[?]
 枠連=3-2=6.1 馬連=06-04=8.6 馬単=10.2
 3連複=06-04-14=14.2 3連単=52.4
 ワイド12=3.5 W13=2.5 W23=9.5
-------------
 ほぞ噛み反省の弁

 見ましたか、有馬記念(^_^)。
 強かったですねえ、オルフェーヴル。8馬身差の完勝、楽勝でした。

 私はラスト競馬もいとこの家でテレビ観戦。
 スタート前、彼と次のような会話を交わしました。
「オルフェーヴルの単勝が160円。1万だと六千円の儲けですね」
「その程度じゃ1万賭けられないよ」
「10万なら6万の儲けです。買ってる人いるかもしれませんね」
「10万かける度胸はないなあ」
「それに必ず来るって保証がありませんからね」

 ――と思ったのですが、ほんとに10万買った人はこれほど安心して見ていられる有馬記念はなかったでしょうね。
 オルフェーヴルは直線入り口で先頭に躍り出ると、後は突き放すばかりでしたから。改めて「ここまで強かったか」と感服です。

 もっとも、勝ちタイム[2323]は平凡で、他の馬が弱すぎたと言えなくもありません。長期休養開け2戦目のウインバリアシオンが2着、近走不振のゴールドシップが底力で3着にすべりこんだだけ。最終単勝人気は[1→4→2]だから、本命決着でした。
 武豊のラブイズブーシュ(12番人気)が4着に入ったと言っても、オルフェーヴルとの着差はほぼ2秒だから、大差と言っていいでしょう。ここに、キズナかエピファネイアがいたらなあと思いました。
 もっとも、この結果は年度代表馬争いに関係ないから、出なかったのかもしれません。

 馬券的には絞るか、3連単を当てない限り、黒字決算は難しかったところです。
 私も馬連・3連復を当てたものの、3連単は2着を○アドマイヤラクティ固定にしたせいで失敗しました。同馬は11着。敗因はなんだったのでしょうか。

 また、5頭目に追加したカレンミロティックは6着。ウラ●ルルーシュはなんとどん尻16着でした。
 まさかこの2頭がハナ争いするとは思いませんでした。カレンミロティックが逃げるのはわかっていたわけで、ルルーシュは先行こそすれ、逃げ馬ではなかったのですから。
 陣営と福永騎手はなんとかしようと「一か八か」の戦法を取ったのでしょうか。
 それで玉砕だから「しよーがねえなあ」と言うしかありません。

 今振り返れば、金曜予想で4頭に絞った、そのままを馬券にしていれば、完全的中でした。◎オルフェーヴルから3連単は相手3頭の6点買い。充分黒字でした。個人的にはウラを多く買ったので、最後もトリガミ。欲が働きました(^_^;)。
 後期は「4頭に絞る」ことを目標にやって来たのに、最後の最後で決意が揺らぎました。
 選んだ4頭が上位人気であると知って「人気薄が来れば荒れる。そのときこの4頭だけでは外れる。外れたくない。荒れるなら、それを獲りたい」と思ってカレンミロティックを足し、ルルーシュを足してしまいました。
 つくづく《座禅》が必要ですね(^.^)。

 ところで、以下は翌23日(月)に行われた東西メイン、実績一覧表の結果です。 かたや驚きの、かたやわけわからん結果が出ました(一覧順位・馬番・数値と着順のみ掲載します)。

東11R「フェアウエルS」(OP D18 ハンデ)
順番-値……結果
A09-74ナムラタイタン……3着
B11-68ワイルドフラッパ…2着
C05-64ジェベルムーサ……1着
D12-60
E07-54
F06-48
G15-44
H13-42
QA10-38ドコフクカゼ………4着
QB04-36
QC03-34
QD01-34
QE14-28
QF02-14
QG16-12
QH08-12

 ハンデ戦だけれど、BCは実績ありの1、2番人気でしたから買えます。
 Aナムラタイタンはトップハンデの7歳がきらわれたか馬連10番人気。でも、それが3着激走――と言うか《実績通り走った》から参ります(^.^)。3複53倍、3単230倍でした。人気薄馬が3着というのは定石だから、3連単獲れなくありません。
 見終わって「ABCの3頭かよお!」と叫びました。もちろん買わずじまい。実績一覧ABCの3頭で決まるのは30レースに1回くらいだからです。
 ただ、有馬記念で「実績上位の人気薄ルルーシュ」をウラ●にしながら、このレースでは「1、2番人気から流して実績最上位の人気薄ナムラタイタンに流さんかねえ(-.-)」と今年最後のほぞ噛みでした。

 そして、西のメイン「阪神カップ」(G2定量芝14)では、数値96のAダイワマッジョーレが抜けていたし、オッズも単複・馬連・枠連Aの完全1番人気。私も当然のように◎。ところが、結果は……

順番-値
A03-96ダイワマッジョレ…7着
B05-64
C08-62
D17-60
E15-60
F01-60
G16-54
H09-52
QA11-50
QB06-50サ ン カ ルロ…4着
QC04-50
QD02-40
QE18-32
QF14-32ガ  ル  ボ……2着
QG13-32
QH12-32
QI10-28リアルインパクト…1着
QJ07-28クラレント…………3着

 1番人気Aダイワマッジョーレ7着で当然馬券は全滅(-.-)。3複4万、3単32万の大荒れでした。有馬で稼いだ雀の涙もはかなく消えてしまいました。

 123着の馬連人気は[8→10→6]でしたから、当たらなくて不思議ないけれど、実績一覧表の最下位2頭が入着したのは初めて見た光景で、唖然呆然でした。

 ところが、この123着馬、終わってみると「来てもおかしくない著名な馬」ばかりです。ただ、特記事項と言えるほど際だったものがありませんでした(ガルボの芝16TXくらい)。

 ちなみに、人気と対比すると、AからH8頭の上~中位人気は[1、5、4、2、9]でみな全滅。QAからQJの上~中位人気は[7、3、8、6]でした。
 この下位順の上~中人気馬4頭から134着馬が出ています。そして2着QFガルボが10番人気でした。
 この比較でも獲るのは厳しそうです。一覧上位で馬券を買って一覧下位でも馬券を買えば、点数は増えるばかりだし、4頭、5頭に絞るなんぞ不可能です。
 しかし、一覧下位の馬でもこのレースでは123着に入る。そこには何か激走の理由があるはずです。
 おそらくそれは距離(芝14)であったり、阪神競馬場であったり、条件が「定量」であることと関係あるはず(普通G2レースは「別定」なのに、このレースだけは「定量」なのです)。

 これらの馬たちが一覧上位になれない点をどうするか。あきらめるのか、改善できるのか。さらに別観点の数値化・特記事項追加が必要なのかもしれません。
 来年のGI開始までにはさらなる検討、修正を重ねたいと思っています(^_^)。

 ○ オルフェーヴル強さに感動得た金も 月曜日には持っていかれ

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:今号をもってほぞ噛みメルマガ2013年版の終了です。
 今年は私自身に不如意なことがあってそれが競馬予想にも反映したような気がします。また、後期はこれまでの馬券戦術を一変させ、できるだけ絞ること、また実績一覧表に基づく予想を心がけました。絞るとさすがに当たりません。それでも何度か(終了後の再検討であっても)4頭か3頭に絞って当たる可能性を見出しました。

 なぜ実績一覧表を作ったかと言うと、レースのたびに数値をチェックしていては、使える数値や特記項目を見落としたり、どれを使っていいか決断できず、結果レース後に「使えるのはこの数値だったか~」とほぞを噛むことが多かったからです(^_^;)。
 競馬はどのような数値を使っても、ABC……と序列化すれば、だいたい上位、中位、下位から入着馬が現れるようです。それをどうピックアップするか。オーバーに言うなら「永遠の課題」なのかもしれません。

 来年こそは皆様に「御影のやろー、また当てたよ」とうならせる予想を心がけたいと思っています。

 今年もありがとうございました。良い年をお迎え下さい。 m(_ _)m

 御影祐

| | Comments (0)

2013.12.21

有馬記念、直前予想

 年末はいつもなら、仲間と京奈良の旅に出るので、有馬は金曜予想配信だけで終わっていました。
 今年はやんごとなき事情(^.^)があって実家にいます。よって、ここからはオッズを見た上の最終予想です。

 まずは前日オッズ分析です。今回は馬連の下に実績一覧表順位も添付しました。

============================
《前日オッズ分析》GI 有馬記念 L25 定量 16頭 9:30

[馬連順位]
順位=A B//C D E F/G H 09/10 11/12 13//14/15//16
馬連=06 14//10 04 03 16/02 05 01/15 09/13 08//11/07//12
実績=A B C QC QB F QD QF D H E QA QE D QG QH
----------------
枠連=A B C D E/ F G/H
枠連=3 7{2 8 5/}1 6/4
[特徴]
 枠連・馬連ともにA流れ。よって軸はA06オルフェーヴル。
 枠連は本来375218/となるべき。3・7のAB枠は安定しているけれど、C~Fは不安定である。ただ、2枠は馬連DE同居ゆえCまで上昇したのかもしれない。8枠は買われすぎで16トーセンジョーダンと15ナカヤマナイトには注意したい。枠連は不安定なCFを飛ばしてAB→GHを買う。
 馬連・単複・枠連全てで安定しているA06B14が軸。馬連ABの1点。3連複06=14流しとする。相手はCDを飛ばしてE~11までを買う。
 馬連・単複に際だった異常投票は見られない。ただ、06、14、10、04のABCDは馬連・単複同順だが、複勝はAのみ1.3でB以下は2.2以上である。BCDが信頼できるなら、複勝1点台になっていいところ。よってBCDのいずれか(もしくは全て)が3着とか4着以下に落ちてE以下が連絡みする可能性はある。なので、Aから枠連1・8枠の馬4頭に馬連を流す。
--------------------------------
[推奨馬券]
単 勝=06オルフェーヴル
3連複=06=14→03 16 02 05 01 15 09
馬 連=06-14 : 06→16 15 02 01
枠 連=37→64
============================
 さて、ここからオッズを見ての表の結論とウラ予想です。

 若干驚いたのは私の表予想の結論――◎06オルフェーヴル→△10アドマイヤラクティ・△04ウインバリアシオン・△14ゴールドシップが、4番人気までに入ったことです。
 まーオルフェーヴルとゴールドシップが1、2番人気になることは誰でも予想できるし、アドマイヤラクティも上位と思えます。以外なのはQCのウインバリアシオンが4番人気に位置したことです。果たしてこの4頭から123着馬が出るのでしょうか。

 先週、オッズ前に推理していた穴馬(ダート馬アジアエクスプレス)が上位人気になって「うまみがなくなった」と切って捨てました。
 そうしたら、それが激走してほぞを噛んだので、今回表馬券は素直にこの4頭を買おうと思います。ただ、ゴールドシップに不安があるので、印は以下の通り。

 そして、もう1頭展開を考えたとき、3着候補として足しておきたい馬がいます。それは単騎逃げが見込めそうな03カレンミロティックです。
 ゴールドシップを除くACD3頭が中団以降の馬群から上がり鋭く抜け出すなら、考えられる穴馬は前残りに逃げ粘り。
 カレンミロティックは着差Aと前G2Vがあるので、意外と粘るかもしれません。中山初でGIも初だから、頭はないとしてこの馬を3着候補として追加します。3連複は4頭に流しますが、3連単は◎→○1、2着固定で3点買いとします。単勝は貧乏人が200万買ってもしようがないので、やめておきます(^_^;)。

 よって印は
 ◎06オルフェーヴル
 ○10アドマイヤラクティ
 ▲04ウインバリアシオン
 △14ゴールドシップ
 ・03カレンミロティック

 表の買い目は、
 馬 連=06→10: 04 14
 3連複=06→10 04 14 03
 3連単=06→10→04 14 03


 さて、今年最後のウラです(^_^)。
 今年はほんとにウラ●が「大的中!」と叫べなかっただけに、最後くらいと思います。が、どう考えてもオルフェーヴルの引退1着の姿しか想像できません。
 ということは単勝軸のウラ●不在なのですが、ただ1頭だけ――無理だろうと思いつつ、気になっている馬がいます。それは久しぶりに「タイム信奉論者意地の●指定馬」です(^_^;)。

 その馬とは実績Eなれど、馬連11とえらい人気薄の09ルルーシュです。
 不人気の理由はただ一つ、中山実績[0003]だからだと思います。この馬東京は鬼で[4211]。芝25も[1111]と悪くはない。しかし、芝25の実績も東京ばかり。中山ではことごとく期待を裏切っています。GI実績も2度走って着外2回。人気薄もうべなるかな、です。
 ただ、過去3走芝25TX(アドマイヤラクティと同タイム2頭)であり、全走比較なら堂々の単独芝25TX馬なのです。

 実は金曜までは印をつけるつもりはありませんでした。
 土曜の競馬中継を見ていたら、有馬記念出走馬の調教風景が流れていました。その中でこの馬だけ、左回りで調教をやっていたのです。「ええっ?」と思いました。
 本番は右回りなのに、直前練習で左回りを走るでしょうか。
 あるいは(私は初めてルルーシュの調教を見たので)これまでもそうしていたのかもしれません。
 しかし、もしもこれまで右回りで調教して負けてばかりだったから、
「もう練習も得意な左回りでやってしまえ」と開き直ったなら、もしかしたら、もしかしたらがあるかもしれません(^.^)。

 来なくて当然の馬なれど、もしも来たら今年最後の「くあーっ」をあげなくてはなりません。そこで09ルルーシュをウラ●。
 まさかの単復を買ってレースを眺めたいと思います。馬連単の相手はオルフェーヴルとゴールドシップに絞ります。

 よってウラの買い目は
 単 複=09ルルーシュ
 馬連単=09→06 14
 3複単=09→06=14→10 04 03

================= 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2013.12.20

有馬記念金曜予想

 お待たせしました。早速有馬記念の実績一覧表を公開したいと思います。
 えっ、待ってない? そりゃまたどうも……(^_^;)。

 GI有馬記念 実績一覧表 芝25 16頭(全牡)

順年齢番馬  名- 値=同距離コース 他特記
A5歳06オルフェー-132=優1000 1100 3FA L24TX
B4歳14ゴールドシ- 94=優1000 2000 中山優 前走?
C5歳10アドマイヤ- 92=優0101 2010 中山優 3FB
D4歳11ラブイズブ- 78=未出走 0100 
E5歳09ルルーシュ- 76=良1111 0003 L25TX 中山?
F7歳16トーセンジ- 58= 1002 3002 L24TX
G5歳01ダノンバラ- 54= 0002 1012 
H5歳15ナカヤマナ- 52= 0001 4201 中山優
QA6歳13トゥザグロ- 52= 0021 0022 
QB5歳03カレンミロ- 52=未出走 0000 着差A0.8 L26TX 前G2V 逃げ
QC5歳04ウインバリ- 50= 0100 0101 3FB
QD5歳02ヴェルデグ- 50=未出走 4102 中山優 2前G2V
QE3歳08ラブリーデ- 40=未出走 0002 
QF5歳05デスペラー- 38= 0002 1010 前G2V
QG3歳07タマモベス- 18=未出走 0101 
QH3歳12テイエムイ- 04=未出走 0002 

 A06オルフェーヴル(132)はやはり100を超えました。続く14ゴールドシップ(94)も予感通り。この2頭で実オッズも1、2番人気でしょう。さて、馬連は何倍つくか。
 続くC10アドマイヤラクティ(92)はゴールドシップとあまり差がなく、D11ラブイズブーシュ(78)とはかなり差があります。1強~3強の雰囲気です。果たしてABC3頭で決まるかどうか。この3頭から2頭3着内に入れば、もう残りは1頭です。
 そして、DとEルルーシュが同程度で、また段差があってFからQDまでの8頭は50台でどんぐり状態。その下4頭は参加するだけのような気がしますが、この中に3歳3頭が入っています。
 年齢構成は以下の通りで5歳の多さが際だっています。
 3歳=3頭 4歳=2頭 5歳=9頭 6歳=1頭 7歳=1頭

 ところで、この一覧表を完成してから数値が100を超えた馬は芝のレースで計6頭いました(レースは5ヶ)。その成績は[2221]です。1頭だけ4着でした。

 このうちGIは3レース。
 それをちょっと紹介します(こちらは順位を1位2位で表記)。

 GI天皇賞秋
1位120ジェンティルドンナ=2着
2位 88アンコイルド   =4着
3位 80エイシンフラッシュ=3着

6位 60ジャスタウェイ  =1着(特記3FA)
 総合[6→1→3]位(馬連OZ4→1→2)

 GIマイルCS 
1位108ダイワマッジョーレ=2着
2位106ダノンシャーク- =3着 
3位 72ダークシャドウ  =×

5位 70トーセンラー   =1着(特記3FB)
 総合[5→1→2]位(馬連OZ2→4→1)

GI ジャパンカップ
1位128ジェンティルドンナ=1着
2位 90アンコイルド   =×
3位 86ゴールドシップ  =×

7位 62トーセンジョーダン=3着(特記なし)
8位 58デニムアンドルビー=2着(特記前走3FA)
 総合[1→8→7]位(馬連OZ1→7→13)

 
 2レースは本命決着。1レースが荒れ。私この3レース秋天のみ馬連・3複の的中であとみんな不的中です。
 今振り返れば、Aと上がり3Fのいい馬を組み合わせれば、最低限馬連が獲れていたんだとわかります(^_^;)。また、この3レース8位=H以内で決まっています。

 これを受けて有馬記念のABCを再掲すると、
順年齢番馬  名- 値=同距離コース 他特記
A5歳06オルフェー-132=優1000 1100 3FA L24TX
B4歳14ゴールドシ- 94=優1000 2000 中山優 前走?
C5歳10アドマイヤ- 92=優0101 2010 中山優 3FB

 前3例と比べるなら、ジャパンカップに似ているような気がします。
 単純なら人気集中でもオルフェーヴルが単勝軸の◎でしょうか。
 外国帰りである点は過去[0205]です。必ずしも悪くないけれど1着はなし。
 ただ、今回最大の問題は有馬が引退レースであることです。それをどう見るか。 一般的にはきついレースをやって骨折でもされてはたまらないから、「引退レースは歩いて帰ってくる(^.^)」と言われています。同馬の芝成績は[11.412]で着外2回だけ。芝25は1戦1勝、中山は[1100]の実績で文句なし。オルフェーヴルなら「歩いてでも勝てる」と思えば◎でしょう。

 そして、実績一覧表を見直すと、上がりがいい馬3頭はAオルフェーヴル、Cアドマイヤラクティ、QCウインバリアシオンです。ここでもオルフェーヴルの優秀さが際だっています。取りあえず、オルフェーヴル→ラクティ・バリアシオンの馬連は買っておこうかなと思います。

 次に考えたいのはBゴールドシップの取捨です。最大の問題は前走JCで2番人気の支持を受けながら15着惨敗したこと。着差も1.4で果たして立ち直っているだろうかと気になります。3走前も京都大賞典5着でした。
 ただ、有馬の過去データでは前走GIなら10着以下からの巻き返しが5頭います。また、今回一変する可能性があるのは内田騎手からムーアに乗り替わったことでしょう。
 それと私は確率方面で同馬の面白い特徴を見つけだしました。
 ゴールドシップの全成績は[9204]です。負けた4回は東京2走と京都2走。つまり、それ以外では[9200]です。そして過去15戦で、前走が京都か東京で負けたとき、次走中山か阪神ならちゃんと2着内に来ています。
 今回3走前は京都でした。前走は東京――だから、負けた。今回は東京で負けた後の中山。中山は2戦2勝、芝25は1戦1勝。だから、大丈夫(^.^)――というわけです。この理屈なら充分○にできる。
 それでも不安点は前走の負けが着差1.4の大敗であったこと。同馬にとってこれは初めてのことです。終了後「やっぱり立ち直っていなかったか~」とぼやく可能性あります。しかも、オルフェーヴルとの馬連の配当は低いだたろうし、馬連◎-○1本に絞りきれないなと感じます。私はゴールドシップ3着、2着候補の△印です。

 そんなわけで、オッズを見る前の私の予想は以下の通り。表の◎はオルフェーヴルでやむなし。

 ◎06オルフェーヴル→△14ゴールドシップ・△10アドマイヤラクティ・△04ウインバリアシオンです。オッズを見る前はこの4頭に絞りたいと思います。

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2013.12.19

狂短歌ジンセー論[160号]――振り込め詐欺にかかりやすい人を診断する5つの質問と防止法

 お寒うなりました。いかがお過ごしでしょうか。
 ついこの間一月になったと思ったら、あと十日ほどで今年も終わりです。
 歳をとるに従ってゆるやかな川の流れは急流に変わったようです(^_^)。

 さて、今年を締めくくる狂短歌エッセーとしていろいろ書こうと思いました。
 自分の不甲斐ない状況とか実家前の道にバイパスができて静かになったチョーローカルな話題とか(^_^;)。しかし「風が吹けば桶屋」のように、そこから議員や議会について考えたこととか。
 大きな話題では戦争をやめようとするTPPについて書こうか。逆に戦争をやりたくて仕方ない秘密保護法、集団的自衛権、憲法改正への流れ。多数派のテロについて書こうとか……。
 ところが、書き始めたらいずれも長文となって「この師走の忙がしいときにお前は何を考えておるんじゃ」と言われかねません(^_^;)。

 そこで、それらは全て来年に回して今回は喫緊の課題である振り込め詐欺について書くことにしました。あれだけテレビで「注意して」と呼びかけられていながら、なくなるどころか一向に減る気配がありません。

 詐欺師たちの巧みなやり方、巧みな言葉にだまされてしまうことはあるでしょう。しかし、だまされてしまうこちら側にも深い深い心理と感情の根本理由があるように感じます。そこを書けるのは「感情研究家」を自認する私だけかもしれません。

 と思って……書き上げてみたら、やっぱりものすご~く長くなりました(^_^;)。
 顰蹙(ひんしゅく)ものなので、以下のように小見出しをつくり、途中を飛ばしてもいいように配置しました。多忙な方は取りあえず★印だけお読み下さい。

 ☆ 前置き
 ★ 振り込め詐欺にかかりやすい人を診断する5つの質問
 ★ 判定と解説
 ☆ さらに4つの質問と補足説明
 ★ 振り込め詐欺の感情論的防止法

 (^_^)本日の狂短歌(^_^)

 ○ 自らの心の底を見つめれば 振り込め詐欺は防止できる

---------------
 (^O^)ゆとりある人のための10分エッセー(^O^)

 【 振り込め詐欺にかかりやすい人を診断する5つの質問と防止法 】

 ☆ 前置き

 振り込め詐欺は今年「母さん助けて詐欺」に名称が変わりました。おぼえていますか。新語流行語のベスト30にさえ上がらず、早くも死語になりかけている感じです(と書いて調べたらベスト30に入っていました^_^;)。 
 このネーミング、私はなかなか鋭いと感心しています。振り込め詐欺の多くは母と息子の関係で起こっていることが多く、この詐欺の本質を突いているように思えるからです。

 また、最近「ロトシックス」詐欺が広がりつつあります。「ロトシックスの当選番号を教える」と言って準備金(手数料?)の金を振り込ませるのです。被害額はすでに数千万に上っているとか。こちらは男性被害者が多いような気がします。
 マルチ商法に投資詐欺、一攫千金詐欺(これは私の造語)等々、人はなぜこうした儲け話に乗ってしまうのでしょうか。

 数日前振り込め詐欺について特集されたテレビ番組がありました。
 詐欺師グループの特徴は主犯、実行犯、金の受取人や出し子など組織化され、マニュアルがあって訓練を繰り返している。末端がつかまっても、主犯まで及ばないよう綿密に用心して運営されているなど、まるでビジネスになっているかのようです。
 さらに、実行犯の社員(?)に対して「確かにこれは犯罪だ。だが、貧乏人をだまして取るんではない。金持ちから1割をもらうんだ」と義賊気取りもあるようです。

 テレビの識者・コメンテーターは「これだけ振り込め詐欺に気を付けてと呼びかけているのに、どうして減らないのでしょう」とか「あやしい電話がかかってきたら、必ず警察とか親しい人に相談してください」と呼びかけています。
 しかし、いつもそこまでです。「呼びかけが広まらないわけ」について解説はありません。

 被害者の80パーセントは65歳以上の高齢者だと言います。脳科学者は「高齢者は考える力が衰えており、パニックに陥りやすい」からだと指摘します。
 とは言え、誰でも歳を取ります。老化を原因にあげられては(当たっているとしても)詐欺は防げないことになるでしょう。

 そもそも日本人が考える力が弱いのは「小中高で受けている教育のせい」と私はひそかに思っています。日本の教育が「考える力を身につけさせる授業ではなく、丸暗記してテストで高得点を取る教育になっている」と言えば、わかってもらえるかもしれません。
 まーこの件はまた別の機会に書くことにして、教育が変わるのを待っていても、高齢者に対する振り込め詐欺を減らすことはできません。当面どうすればいいか。それが求められています。

 私はもっと心の中を深く鋭く探るべきだと思いました。なぜ振り込め詐欺、とりわけ「母さん助けて詐欺」は減らないのか。心の奥の感情、そこから生み出される行動をいろいろ考えてみると、詐欺にかかりやすい人が抱える共通の感情があることに気が付きました。しかも、それは誰もが持つ普通の感情です。ここではそれを提示して詐欺防止法を考えてみたいと思います。

 そこで、まずあなたが振り込め詐欺にかかりやすいタイプかどうか、5つの質問を用意しました。題して[振り込め詐欺にかかりやすい人を診断する5つの質問]です。

 1245は男女全てに。3は特に息子を持つお母さんへの質問です。あなたが父親であるなら、「妻はどっちだろう」と考えてお答えください。
 なお、回答は「はい・いいえ」だけで「どちらとも言えない」はありません。よって、「どちらかと言えば、はい」「どちらかと言えば、いいえ」として○を付けてください。

 また、これらの質問と判定・解説に科学的統計的裏付けは一切ありません。「心理・感情」面から「詐欺にかかりやすいタイプ」を考えた上の質問であり、判定です。私の個人的独断的考察結果であることをお断りしておきます。

 では質問です(^_^)。以下5つの項目に「はい」か「いいえ」でお答え下さい。

----------------
 ★ 振り込め詐欺にかかりやすい人を診断する5つの質問

1.あなたは世の中のこと、政治や社会のことに興味・関心がありますか?
  毎日一度はニュース(ワイドショー)を見ていますか?
    ・はい ・いいえ

2.あなたは低金利のせいで自分の貯金がちっとも増えないことに不満を抱き、
  不愉快なことと感じていますか?
    ・はい ・いいえ

3.あなたは他の誰より――夫よりも、息子のことを愛していますか?
    ・はい ・いいえ

4.あなたには親しい知人友人がいますか?
    ・はい ・いいえ

5.4で「はい」と答えた方へ。
  あなたはその人に自分や家族の悩みを打ち明けていますか?
    ・はい ・いいえ

----------------
 いかがでしょう。
 2はほぼ全ての人が「はい」に○をしたのではないでしょうか(^_^)。
 また、3はちょっと踏み込まれたくない心の奥を問う質問かもしれません。
 しかし、正直にお答え下さい。ご主人がそばにいらっしゃるなら、彼はあなたをどう見ているか、聞いてみるのもいいと思います(^.^)。
 この質問は読者がご主人なら「あなたの奥さんは夫より息子(子ども)のことをより多く愛していると思いますか」に置き換えられる質問でもあります。

 そして、以下はこの5項目について「詐欺に引っかかりやすい人かどうか」の診断結果です。

 ★ 診断と解説

 1.に「いいえ」と答えた人は振り込め詐欺・悪質商法にかかりやすいと思います。
 なぜなら、ニュースを見ないあなたは世の中で今どのような詐欺や悪質商法が横行しているか、知らないからです。あなたには「これは詐欺かもしれない、悪質商法かもしれない」と疑うだけの知識がなく、心構えもありません。だから、あなたは詐欺に引っかかりやすい人です。

 2.に「はい」と答えた人は「投資系詐欺・マルチ商法・一攫千金詐欺」にかかりやすいと思います。特に強く激しく感じている人は要注意です。
 なぜなら、あなたは100万の貯金がちっとも増えないことに、苛立ち腹を立て「この金が150万にならないかなあ、200万にならないかなあ」と常々感じているからです。そして、もしも持ちかけられた投資や一攫千金話に乗って100万が200万になって返ってきたら、あなたはさらに1000万を使う人だからです。

 3.に「はい」と答えた人は特に「母さん助けて詐欺」にかかりやすいと思います。
 なぜなら、あなたは息子の不祥事・一大事に対して真っ先に駆けつけ、自分を捨ててでも助けようとする人だからです。あなたの息子への愛が深ければ深いほど、もしかしたら詐欺かもしれないと思っても、「まずは息子を助けなきゃ」と思って貯金をおろすでしょう。息子を最も愛しているあなたは「母さん助けて詐欺」に最も引っかかりやすい人です。

 4.に「いいえ」と答えた人は全ての詐欺にかかります。相談する人がいないのですから当然の帰結でしょう。あなたに必要なことは相談できる知人友人をつくることだと思います。「今さらつくれない。無理だよ」とおっしゃる方は[★詐欺防止法]をしっかり読んで下さい(^_^)。

 5.に「いいえ」と答えた人はやはり詐欺――とりわけ母さん助けて詐欺にかかりやすいと思います。
 なぜなら、知人友人がいたとしても、あなたはその人に心を開いていないからです。「母さん助けて詐欺」のほとんどは息子が起こす不祥事です。普段から自分のミスや過ち、人に話したくない家族のもめ事を打ち明けていなければ、突然起こった事件も話すことができません。
 むしろあなたは息子の不祥事を隠そうとするでしょう。だんなさんに対しても隠すかもしれません。夫に話すと「放っておけ」と言われるからです。こうなると、相談する人がいないのと同じことです。よって、友人がいたとしても、自分の心を開こうとしないあなたは詐欺に引っかかりやすい人です。

 いかがでしょうか。心の奥を探ってみれば、いかにも詐欺にかかりやすいタイプではないでしょうか。

 さて、年の瀬で多忙だし、これ以上の解説不要と思われる方は「★ 詐欺防止法」に進んでください(^_^)。「よくわからない。どうしてそう言えるの?」と思われる方、あるいは時間に余裕のある方は続いて以下の解説をお読み下さい。

☆ さらに4つの質問と補足説明

 さらなる解説の初めに、このような質問と解説をつくって「御影さんはさぞかし堅実な方で、詐欺なんぞにかかったことはないんでしょうね」と思われるのも心外(^.^)なので、あえて告白します。
 私は一つの詐欺に引っかかって1万円を失い、詐欺まがい商法でも1万失い、マルチの片棒をかつぎそうになったことが1回あります。マルチの方は以前書いたことがある(63号「ネズミ講式販売法を考える」)ので、ここは引っかかってしまった恥ずかしい詐欺体験について書きます。

 それは関東某県に住んでいた三十代半ばのことでした。アパートの郵便受けに入っていたチラシ[10本格安1万円、無修正ウラビデオ!]に申し込んだのです(^_^;)。VHSの時代でした。

 当時九州の某県某歓楽街にあるビデオショップでは本物の無修正ウラビデオが売られており、私はそれを高値で入手したことがあります。「もう関東でも本物が売られているかもしれない。1本千円なら格安だ」と思って申し込んだのです。もちろん商品が届いてから金を払う代引きでした(これ中身を確認する前に金を払わねばなりません)。

 ところが、箱を開いてみたら中身は真っ赤なニセ物(単なる表のエッチビデオ。それも1本10分程度の粗悪品)でした。
「ニセ物じゃないか」と抗議して着払いで送り返したら、
「あと1万円出してくれれば、間違いなく本物裏ビデ30本を送ります」と返事が来ました。
「ああこれはだまされたんだ。これが2万、3万、4万と増えていく初めなんだ」とわかってやめました(^_^;)。
 ちなみに、金も返事も出さなかったら、後日最初の10本がまた送られてきました。ある意味律儀(りちぎ)なやつです。
 なので、私の手元には表の粗悪ビデオ10本が残り、やがてひそかにゴミ袋に入れられました。

 それはさておき、ここでは上記のように4つの質問に絞りました。
 それだけでなく、他にも「詐欺にかかりやすい人」をあぶり出す質問を作ることができます。以下列挙してみると、

 [詐欺にかかりやすい人を診断する4つの追加質問]

6.携帯・固定電話を持っていますか?

7.各種アンケートや懸賞に応募して自宅の住所・電話番号、自分や家族の情報をハガキに書き込んだことがありますか?

8.テレビショッピングで「30分以内にお申し込みいただければ値段は半額になります」とか「限定五百ヶの特別品です。今すぐお申し込み下さい」に反応してすぐに電話をかけたことがありますか? バーゲンセールで格安品が売られていると、人を押しのけてでも手に入れようとしたことがありますか?

9.(夫と妻の家庭で)奥さんが家計の主導権を握り、貯金の出し入れは奥さんがやっていますか? あるいは、だんなさんが家計の主導権を握り、貯金の出し入れはだんなさんがやっていますか?

 これもうなずける特徴ではないでしょうか。
 母さん助けて詐欺の全てと言っていいでしょう。最初にかかるのは一本の電話です。息子から「電話番号が変わった」と。そこから事件はスタートします。
 10年前の振り込め詐欺は当初息子とお母さんだけの会話でした。ところが、今は[劇場型]と言ってそこに警察官とか弁護士などが登場します。彼らとの会話は全て電話の中で行われます。実際に会って話をすれば、「どこかおかしい」と気づいたりするものです。けれども、電話の中では気づきにくい。だから、電話を持っていなければ、この詐欺にはかかりません。

 また、7のように、自分の情報を自ら進んで提供している人は個人情報を詐欺師・犯罪者グループに渡しているようなものです。当然のように詐欺師・悪質商法集団から電話がかかってくるでしょう。
 では、自ら進んで個人情報を提供していない人は大丈夫でしょうか。いや、我々の基本情報はすでに詐欺師の手に渡っていると考えた方がいいと思います。

 かつて個人情報が紙に書かれていた時代、今のような組織的詐欺はほとんどなかったろうと思います。詐欺師は地道に細々と稼いでいたでしょう。

 しかし、今や全ての個人情報はパソコンの中に入っている時代です。国や自治体、年金・医療・保健関係……民間でもカード会社、スーパーにネット販売。小売店のポイントカードでさえ、申し込むときに氏名・住所・電話番号、下手すると家族構成まで書かされます。彼らが保持している膨大な個人情報もフラッシュメモリー1ヶで持ち出せます。高値で買うやつもいます。

 もちろんそんなことをやれば犯罪ですが、金に困っていれば、情報で金を得ようとする人は必ず現れるでしょう。なんらかの事故で個人情報はしょっちゅう漏れています。クラッカー(パソコン系犯罪者)は関係機関のパソコンに潜り込もうと一日中キーボードの前に座っています。。

 むしろこれだけ個人情報が散らばっている以上、「自分や家族の情報はすでに詐欺師グループに渡っている」と考えた方がいいと思います。つまり、私たちはみな詐欺師のターゲットになっているということです。

 8のテレビショッピングの例は「冷静に考える」ことなく、すぐパニックに陥りやすい人であることを表しています。実は私、これも体験者です(^_^;)。
 私は昔から腰痛持ちでマッサージチェアが欲しいなあといつも思っていました。しかし、本物は10万、20万もします。とても手が出ないと言うか、そこまでして欲しいとは思いませんでした。
 あるときテレビショッピングで「格安1万円の折り畳み式マッサージチェア」が販売されていました。作りはちゃちに見えたけれど、充分マッサージできる商品のように見えました。それが1万ならかなり安い。私は番組を見て即座に注文しました。

 一週間後商品が届きました。使ってみたら、確かにマッサージはできました。しかし、音と震動がかなり激しく、安アパートではとても使えないしろものだとわかりました。結局、使ったのは2回だけ。その後押入に仕舞われ、やがて粗大ゴミとして捨てられました(-.-)。

 それ以後、テレビショッピングで買いたいなあと思ったときは「こうしよう」とルールを決めました。それは「一週間経ってやっぱり買いたいと思ったら、電話しよう」と。
 そもそも「今すぐ買えば……」式のテレビショッピングは毎日同じことをやっています。1週間経っても優遇策は変わらないから、待っていいのです。
 このルールを作ってから、見るたびに「買ってみたいなあ」と思う健康器具は一切買わなくなりました。一週間経って振り返ると「たぶん使わなくなるだろう」と思えるからです(^_^)。

 それから9のように奥さんが家計の主導権を握っていると、母さん助けて詐欺にかかりやすく、逆にダンナが家計の主導権を握っていると、投資・マルチ・一攫千金詐欺にかかりやすい家庭です(^.^)。
 理由は単純。貯金1千万をいつでも自分が引き出せるからです。夫婦が疎遠になっていれば、伴侶に相談することなく貯金をおろして詐欺師に渡すでしょう。

 ここまで読まれて「わかった。もうこれ以上読みたくない。それじゃあ誰でも詐欺に引っかかるじゃないか」とお怒りになったなら、私は「そうだと思います」と言わざるを得ません。

 では、電話を、携帯をやめるのでしょうか。氏名・住所を書かれることを求められたとき、断るのでしょうか。断るとポイントカードはもらえません(最近はもらえるところも多いようです。「じゃあ要らない」と言う人が増えているからでしょう)。

 景品が当たる懸賞に応募することを楽しみにしている人もいらっしゃるでしょう。まめにハガキを出していると、結構当たるそうです。その楽しみをやめるのか。
 そもそも、家計を奥さんかご主人のどちらかにすることはほぼ全ての家庭で行われていることでしょう。それらを「詐欺に引っかからないためにやめる」選択はないと思います。
 大切なことはやめることではない。知ることだと思います。我々はいつでも詐欺師のターゲットになっている。それを自覚することだと。

 要するに、我々の基本情報は全て詐欺師に知られてしまっていると思うことです。
 一人暮らしかどうか、何歳か。家族持ちならその構成は。借家か自宅か。貯蓄残高等々。あなたが今55歳で息子が15歳なら、母さん助けて詐欺の電話はかかってこない。息子が自宅にいるのだから。
 しかし、10年後あなたが65歳になったとき、息子は25歳。彼は家を出て働き始めた。お母さんは「やっと子育てが終わった。独立してくれた」とひと安心。
 そのとき「自分は母さん助けて詐欺のターゲットになった」と思うべきです。10年振り込め詐欺が続いて全く減らないということはそういうことだと思います。毎年毎年ターゲットは詐欺市場に供給される。そこから金をかすめ取ろうと虎視眈々狙っている奴らがいる。それを自覚することが振り込め詐欺防止の第一歩だと思います。

★ 振り込め詐欺の感情論的防止法

1 世の中のことに興味関心がなく、ニュースを見ない人へ。
 端的に言ってニュースを見ること。それが防止法になります。振り込め詐欺・悪質商法の話題はドラマではやっていません。お笑い番組、バラエティ番組でもやっていません。手口などをもっともよく紹介しているのは朝や夕方のワイドショーです。
 しかし、ワイドショーを見ていたとしても、スポーツや芸能の話題なら見る。けれども、政治や社会の話題になるとチャンネルを変えている人。それでは見ていないのと同じことです。やはりつまらないと思っても、ニュースを見る習慣をつける必要があると思います。

 ただ、現在働いている人は毎日必ずニュースを見ることは難しいかもしれません。朝早く出かけ、夜遅く帰宅してくたくたなんだから、つまらないニュースなんぞ見る気もしないでしょう。
 それでも、土日の空いている時間を利用すべきだと思います。テレビ各局は「1週間分のニュース」をまとめて提供しています。その中に振り込め詐欺や悪質商法の話題が出てきます。
 あなたが今四十代、五十代の働き盛りとして、それさえも「つまらない」と思って見なければ、その習慣はしっかり身に付くでしょう。それは退職後ヒマになっても続きます。朝と夜の時間はたっぷりできたのに、あなたが見るテレビはやはりドラマとスポーツとバラエティ番組ばかり。正に考える力はどんどん衰えていく。それでは振り込め詐欺にかかっても仕方ないのでは、と思います。

2の「貯金がちっとも増えないことに不満を抱いている方々」へ。
 あなたは投資系・マルチ・一攫千金詐欺にかかりやすいと書きました。この被害者はある意味政府・金融当局の無策ぶりの犠牲者であるとも言えます。「無能無策」と書きたいところだけれど、遠慮しました(^.^)。

 二十数年前、100万を郵便局の定額貯金に10年預けていると200万になって返ってきました。銀行でも150万にはなったでしょう。その時代多くの人は株にも投資にも手を出さず、一攫千金詐欺にもあまりかからなかったと思います。10年で2倍になるなら、それだけで充分楽しい老後が送れるからです。

 しかし、この10年間、100万を10年預けても雀の涙くらいの利子しかつきません。物価が上がれば、100万は100万の値打ちがなくなります。株や外債、FXに手を出してみたけれど、こちらは元本の100万を減らすばかり。将来への不安も増す。
 これでは砂漠で水をなくした旅人のように、いつも水に餓えているようなものです。詐欺師たちはあなたの心にすべりこんで「いい儲け話がありますよ」と舌なめずりでささやくのです。

 この感情にとらわれた人が詐欺や悪質商法にかからないようにするのはとても難しいと思います。なぜなら、水を飲みたくて仕方ない人の前に一杯の水が置かれるからです。誰が手を出さずにいられましょうか。

 ところが、実態はちょっと違います。この旅人をよく見ると、彼は背中に水がたくさん入ったタルを背負って歩いているのです。それなのに、水がほしい、水が飲みたいと渇(かつ)えています。
この旅人が詐欺から身を守るには自分の姿を自覚すること――それしかないと思います。「なんとか貯金を増やすことはできないか」と常々感じていること、渇えていること。それを自覚すれば、儲け話にすぐ飛びつこうとする哀れな自分が見えるのではないでしょうか。

 そして、敢えて書きます。あなたが持っている背中の水を、少しだけ誰か――困っている人に分け与えてはどうかと。世の中には、世界には、詐欺にも悪質商法にも無縁の困窮者がたくさんいます。犯罪者集団はその人たちに声もかけません。
 私は思います。背中の水を分け与えている人は詐欺にかかっていないのではないかと。


3の「はい」に○をした誰よりも息子を愛しているお母さんへ。
 あなたが「母さん助けて詐欺」にかからいなための防止法はただ一つです。それは「ここで息子を助けることはほんとうに息子のためになるか。息子を愛することになるか」と立ち止まって考えることです。

 お母さんが息子に対して深い愛を持つことは悪いことでもなんでもありません。夫以上に愛しているなら、夫の側からするとなんとなくそれを感じ、やがて妻への愛がさめていく遠因となる……ことも敢えて触れません(^.^)。
 しかし、お母さんの深すぎる愛、過剰な愛はかえって《子どものためにならないこともある》と振り返るべきです。

 以下は以前メルマガで書いたことがある授業風景です。私は特に女子生徒に次のような質問をしました。
「君たちが将来お母さんになって子供が生まれ、その子がよちよち歩きを始めたとしよう。公園に出かけたら、歩いていたその子が転んでエーンエーンと泣き出した。そのとき助けるかい? それとも自分で立ち上がれって言うかい? どちらがいいんだろう」と。

 生徒の答えをさまざまに聞きだした後で私は正解を言います(これには正しい答えがあるのです)。

 もしも我が子が転んだときにしょっちゅう助けていたら、子どもは自力で立ち上がることをしないまま大きくなる。結果、困ったことがあったらいつもお母さんを頼る自立できない子に育ってしまう。
 でも、いつもいつも突き放していたら、この子は「自分の親はなんて冷たい人なんだ。ちっとも自分を助けてくれない」と思って愛を疑う子に育つ。だから、「あるとき助けてあるとき助けないが正しい答えなんだ」と話したものです(では、あるときをどうやって見分けるのか。詳しくは99号「いくつになっても人はつまずく」をご覧下さい)。

 息子が成長して自宅を出て働き始めたときも同じです。それは社会人となった息子がよちよち歩きを始めたようなもの。幼児が転ぶように、社会人となった息子もつまずいて転ぶことがあります。そのときの正しい選択も《あるとき助けてあるとき助けない》です。

 息子が「仕事に失敗して会社に数百万の穴を空けた」とか「交通事故で人を傷つけた。示談にするために今すぐ数百万の金が要る」とか「付き合っている彼女が妊娠した。中絶させたら二度と子どもが産めない身体になった。堕ろせと言った自分も慰謝料を払わなければならない」等々、せっぱ詰まった窮状を訴えてきたら、「今助けることは息子をほんとうに愛していることになるだろうか」と立ち止まって考えることです。

 息子は「母さん、今すぐ必要なんだ」とせかすでしょう。あるいは、わんわん泣くばかりで、警察や弁護士、医師が登場して実情を話してくれるでしょう。彼らは「お子さんのためです。すぐに必要です」と言います。

 それでも「ここで助けることは息子のためにならないかもしれない」とちょっと立ち止まるだけで、余裕が生まれます。その後の対応も変わります。あなたは冷静さを取り戻し、事態は「今すぐ金を渡さなければならない」状況ではないことに気づくでしょう。

 ここで一つ自分で決めておくといいルールがあります。「テレビショッピングで買いたくなったら、1週間待とう」のように。
 息子から「母さん大変なことが起こった。すぐに来て」と言われたなら、すぐに走っていく。
 でも、「母さん大変なことが起こった。すぐに金を送って」と言われたら、「準備するから明日まで待って」と答えることにしようと。そして、携帯の電源を切って友人のところに走って行きましょう。

 5で「はい」に○をした、友人に自分や家族の悩みを打ち明けていない方へ。
 あなたは人生をとても真面目に生きている人だと思います。苦しいこと、辛いこと、家族内のトラブルがあるのに、それを隠してけなげに生きている人かもしれません。
 あなたがもしもそういう人なら、やはり詐欺にかかります。いざというとき、友人に相談できないからです。あるいは、自分を取りつくろって真の姿を見せていない人も、やはり困ったこと、恥ずかしいことを友人に打ち明けられません。
 自分を隠して明るい顔を見せるのではなく、心を開いて友人に語ること。それさえできれば、あなたは息子の不祥事をすぐ相談できるでしょう。そのときあなたの話を聞いた友人は「大丈夫? それって母さん助けて詐欺じゃない?」と言ってくれるはずです。

 とは言え、知人友人に普段から自分の悩みや家族のトラブルを打ち明ける――これはなかなか難しく、勇気が必要です。相手が真面目に聞いてくれるかどうかも気になります。
 でも、あなたの悩みを笑うような友だちなら、縁を切った方がいいと思います。そう言う人は詐欺にかかりやすく、またマルチ商法にあなたを引きずり込むような人だから。

 それでも、なかなか実行できない人には一つ方法があります。それは架空の話、他人の話として友人に語ることです。「違う友だちのことなんだけど、その人がこんなことで困っているらしいの」と言って自分のこと、家族のことを語るのです。
 これには余得もあって他人のこととして自分のことを語ると、冷静に客観的に自分や家族を見つめることができるようになります。
 こうして普段から話す習慣がついていれば、いざというとき「我が家で大変なことが起こった。どうしよう」と相談することができます。

 以上、いくつか防止法を書きました。ニュースを見て詐欺や悪質商法の実態を知ること。個人情報はすでに詐欺師の手に渡り、自分は詐欺のターゲットになっていると自覚すること。今は何も働きかけがなくとも、10年後詐欺師から電話がかかってくると思うこと。それを防ぐ最大の味方は相談できる友をつくることであり、自ら心を開いて普段から自分や家族の悩みを話しておくことだと思います。

 最後に、振り込め詐欺は電話詐欺でもあります。それはテレビ電話が普及すれば、激減するでしょう。息子の顔を見ることができるから、直ちに「違う。息子じゃない!」とわかります。
 しかし、そのとき詐欺グループは新たな舞台をつくって我々に迫ると思います。彼らは息子さんの顔写真を手に入れ、3Dプリンターで息子さんのマスクをつくり、それを被ってテレビ電話の前に立つでしょう。あるいは、マツケンロボットのように精巧なロボットを手に入れ、息子さんの顔を簡単に成形してテレビの前に立たせるのではないか。
 もはや振り込め詐欺はビジネスになりました。だから、経費がかかっても2倍3倍の利益が出るなら、彼らはやめません。
 詐欺をなくすには、やはりこちらが心の奥底を見つめ、自分の姿を自覚することだと思います。

 ○ 自らの心の底を見つめれば 振り込め詐欺は防止できる

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記: 原発について少々書きます。今年は原発が一つも稼働しませんでした。節電とか計画停電の恐れ、円安による燃料高騰に苦しむなど問題はあるけれど、これが原発0の状態なんだと実感できます。しかし、政府与党は来年再稼働に動くようです。
 また、最近出版された『原発ホワイトアウト』(著者若杉冽)なる小説が評判です。現役官僚が匿名で原発をめぐる利権とからくりを描いて相当衝撃的な内容とか。機会があったら読まれてはいかがでしょうか。これ、夕方のワイドショーで知りました(^_^)。(御影祐)

 さて、これで今年の狂短歌メルマガ配信は終了です。いつもいつも長文エッセーにお付き合いいただきありがとうございます。
 ときどき書いているように「おれの熱い思いは短文じゃあおさまらんのじゃあ」とつぶやきつつ、「短くする能力に欠けている」とも言えます(^_^;)。

 来年は私とみなさんと世界に「良いことがありますように」と祈って新年を迎えたいと思います。 m(_ _)m                 御影祐

| | Comments (0)

2013.12.16

朝日杯FS、結果とほぞ噛み

 朝日杯FS、結果は……「うっそー! 来るんかよ~」の完敗(^_^;)
 1着―ム ー ア 06アジアエクスプレス……[?] 単勝=8.7
 2着―後   藤 11ショウナンアチーヴ……[△]
 3着―和   田 14ウインフルブルーム……[△]
 4着―Mデムーロ 04マイネルディアベル……[△]
 枠連=3-6=41.6 馬連=06-11=77.1 馬単=130.0
 3連複=06-11-14=274.3 3連単=1629.6
 ワイド12=24.0 W13=18.9 W23=20.6

※ む~~~ん。参りました(-.-)……朝日杯。
 直前予想で今回の朝日杯は低レベルの混戦であること、実績一覧表の数値を分析して
「こういうときはAからH内で決まるかどうかビミョーです。QA以降の馬が上位、中位人気になったときは注意したいものです」と書きました。
 そして、ウラ●指定にあたって「3強の雰囲気だけど、4番人気がダート2戦2勝の06アジアエクスプレスになっています。牝馬が上位人気になるのは牡馬の信頼性が低いからで、芝馬がダメならダート馬が来ることはあり得ます」と書きました……が、結論は「アジアエクスプレス無視」でした(^_^;)。

 これが一つ目の誤算なら、再度実績一覧表を結果とともに掲載すると、

順年齢番 馬名 -値=成績 特 記
A2歳14ウイ-58=2100 3FB 逃?――――3着
B2歳11ショ-54=2020 中山[1010]――2着
C2歳01ベル-52=2100 L14TX G3V 逃げ
D2歳12アポ-46=2003 3FB 中山V
E2歳13プレ-44=2100 L18TX G3-2着
F2歳16ショ-42=2000 3FA マイル2勝
G2歳10グリ-42=1000 中山マイルV 逃?
H2歳03アト-42=1100 L16TX G2-2着 マイル[1100]―5着
QA2歳02テイ-32=2011 
QB2歳09ツィ-24=2001 
QC2歳15ハイ-18=1012 
QD2歳07エル-18=2002
QE2歳06アジ-18=2000 着差A1.1 前ダート?―1着
QF2歳04マイ-18=2004 ――――4着
QG2歳05サト-16=1011 
QH2歳08ニシ- 8=2121 逃? 前ダート?

 再度、参りました(--;)。一覧表のABが3着、2着なのです。

 ということはQA~QHの中で異常人気だった06アジアエクスプレスをウラ●としてABに流していれば、わずか3頭の指名で、単勝から馬連・馬単・3複・3単の完全的中ではありませんか。

 くどいけど三度目、参りました(T_T)。1点100円購入で5種馬券の合計は(800円使って)21万6千円。200円なら43万円。1点500円なら……後は言いません。
 しかも3連複万シューは1点買い。3連単16万馬券は2点買いです。暮れに特大ボーナスをゲットできていたのです。
 ああ……我のほぞ噛みここに極まれり、でしょうか。

 未練がましい言い訳を一つ書きます。
 実はオッズを知る前、QA~QHの中で買うつもりだった馬は正にダート馬のアジアエクスプレスでした。「前ダート」に[?]マークが付いているけれど、[着差A1.1]とあるように、1着時の着差はメンバー中最大です。「芝馬がダメならダート馬が来ることはあり得ます」と書いたように、あやしいと思っていました。しかも、下位8頭の中で特記項目を持っているのはアジアエクスプレスだけです。本当にこの馬に印を付けるつもりでした。
 ところが、オッズを開いたら……4番人気。これで一気に買う気をなくしました。私の想定では同馬は10倍台の後半くらいだろうと思っていたからです。もしそうならウラ●にしたでしょう。そこで、一覧表下位ではなく上位馬群から中位人気の16ショウナンワダチをウラ●にまつりあげたのです。同馬は6着でした。
 私の馬券コンセプトは「上位人気馬にマイナス点があったら軽視または無視する。中位・下位人気馬にプラスがあったときに穴馬とする」です。4番人気になったアジアエクスプレスはマイナス点の「ダート馬である」ことを理由に無視しちゃったわけです。それが来るんだから、馬券コンセプトを見直さねばならない感じです。

 ちよっとショックです。千載一遇のチャンスを逃してぎりぎりほぞ噛みです。
 そして、もしかしたらすごい実績一覧表を作ったかもしれない、とも感じています。
 ただ(私は土日のメイン前後5レース×2日分の一覧表を作成していますが)、一覧表最上位のABがそのまま3着内に入ることはとても少ないのです。だから、この単純馬券を買っていない、とも言えます。まだまだ改良する必要があると感じています。

 ○ 一覧表ABそのまま買っていれば 特大馬券のボーナスだった(^.^)

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:いよいよ週末はラストGI有馬記念です(^_^)。現在出走頭数17頭。馬番が決まり次第実績一覧表を公開します。(御影祐)

| | Comments (0)

2013.12.14

朝日杯フFS、直前予想

 お寒うございます。新たな境地を切り開こうとしている御影祐です。
 もっとも、不的中続きで相変わらずのほぞ噛みですが(^_^;)。

 さて、今年の競馬もあと2週。明日は2歳牡馬チャンピオン決定戦、朝日杯FSです――と書いて「おっと今年は違うんだった」と気が付きました。

 朝日杯は本来牝馬が出走してもオッケーで、今年はなんと2頭も出てきます。
 しかも、その1頭01ベルカントは上位人気が予想されます。鞍上武豊はこれに勝つとGI全レース制覇とか。これをどう見るか、混戦とも言われ難しい予想となりそうです。

 まずは実績一覧表を掲載します。なお今回から[A~H]に続く[09~16-17-18]の順位を[QA~QH-QI-QJ]と表記します。馬番と混同してわかりにくいからです。もっとも、こっちの方がわかりにくいようでしたら、また元に戻します(^.^)。

順年齢番 馬   名 -値=成績 特 記
A2歳14ウインフルブル-58=2100 3FB 逃?
B2歳11ショウナンアチ-54=2020 中山[1010]
C2歳01ベ ル カ ン ト-52=2100 L14TX G3V 逃げ
D2歳12アポロスターズ-46=2003 3FB 中山V
E2歳13プレイアンドリ-44=2100 L18TX G3-2着
F2歳16ショウナンワダ-42=2000 3FA マイル2勝
G2歳10グリサージュ -42=1000 中山マイルV 逃?
H2歳03ア ト ム  -42=1100 L16TX G2-2着 マイル[1100]
QA2歳02テイエムキュウ-32=2011 
QB2歳09ツィンクルソー-24=2001 
QC2歳15ハイアーレート-18=1012 
QD2歳07エルカミーノレ-18=2002
QE2歳06アジアエクスプ-18=2000 着差A1.1 前ダート?
QF2歳04マイネディアベ-18=2004 
QG2歳05サトノロブロイ-16=1011 
QH2歳08ニシノデンジャ- 8=2121 逃? 前ダート?

 戦歴の少ない2歳戦ですから総合数値が低くなるのは当然ながら、それにしても最高が58とはちと低過ぎます。
 先週の阪神JFのトップが2頭の70でしたから、牡馬としてはかなり低レベルと言わざるを得ません。それは3勝馬もG2勝ち馬も不在、G3勝ち馬はただ1頭、しかも牝馬である点からもわかります。
 Hと9位のQA間に10ポイントの段差があるものの、こういうときはAからH内で決まるかどうかビミョーです。QA以降に2勝馬が6頭もいるからです。QA以降の馬が上位、中位人気になったときは注意したいものです。

 今年の牡馬は低レベルと見て「牝馬1キロ減だし勝てる」と思ったのでしょうか。01ベルカントは総合3位につけています。
 ちなみに他の逃げ馬に[?]がついているのに、この馬についていないのは1枠01番だからです。

 にしても、逃げ先行馬が多くハイペースが予想される中、ベルカントはぽんと出てすたこらさっさと逃げ切れるでしょうか。マイル以上を走ったことがないのも引っかかります。ただ、前走京都G3芝14のタイム1211は優秀です。

 また、朝日杯は逃げ馬もそこそこの成績を残しています(過去10年逃げ[121]、先行[524])。同じマイルでも阪神JFの逃げ[001]、先行[032]と比べるとえらい違いです。これは周知のように中山の直線が短いからにほかなりません。
 かくしてベルカント、無印にできないけれど、単勝軸にもし辛いってところでしょうか(^.^)。

 ここで最初の結論。芝14、16、18TXの3頭は他の特記もあって外せないと思います。それは01ベルカント、13ブレイアンドリアル、03アトムの3頭です。
 この中では03アトムを最有力と見ます。13プレイアンドリアルは1→2→2着ですが、新馬が門別のダ17→盛岡マイルと妙な経歴である点が引っかかります。私は雑草魂が好きだし、前走東スポ2S(東京芝18)を1459と秀逸タイムで走った点は評価したいけれど、こちらもベルカントに似て重い印を打ちづらいのです。
 対して03アトムは2戦[1100]ながら、新馬マイル1着→G2マイル2着、タイムは1375→1332と前走のタイムが光ります。格的にも最上位です。ただし、この馬も引っかかる点があって前走デイリー杯2Sで負けた相手があの牝馬ホウライアキコであること。上がり最速を出しながらクビ差負けたところに一抹の不安を覚えます。

 かくして私の印は03アトム◎、13プレイアンドリアル○、01ベルカント▲です。が、単勝軸にし辛いので単勝系馬券はウラに譲ります。
 よって馬連3頭ボックス・3複1本+3複薄目流しとして◎○からAHよりA14と上がりのいい3頭11、12、16。最後にデムーロ騎乗の04マイネルディアベルにも流します。

 よって表の買い目は、
 馬 連=03・13・01 BOX
 3連複=03 13 01 1本
 3連複=03→13→01 14 11 12 16 04

 さて、ウラですが、前日夜の単勝オッズでは03、13、013頭が5倍を切って3強の雰囲気です。これはまー想定内。ところが、(オッズ分析でも書いたように)4番人気がダート2戦2勝の06アジアエクスプレスになっています。これは全くの想定外。外国人騎手ムーア騎乗もあっての人気でしょうか。
 牝馬が上位人気になるのは牡馬の信頼性が低いからで、芝馬がダメならダート馬が来ることはあり得ます。06特急が来ると癪ですが、来たらあきらめることにしてここは無視したいと思います。まさか02急行は来ないでしょうね(^.^)。

 狙ってみたいウラ●は大外16ショウナンワダチです。新馬→1勝クラスVの2戦2勝馬。どちらも東京マイル。光るのは前走18頭立て4角15番手から上がり33.6でぶっこ抜いたところです。中山マイルで外枠不利は定説。それもあって同馬の前日夜は単20倍の7番人気。でもまーオッズ分析で勧めているし、穴馬としてはちょうどいいオッズかなと思って(^_^;)。
 馬券は表の◎○▲に絞って買います。また、この馬と11ショウナンアチーヴは同馬主。まさかの親子どんぶりがあるかも、と思って11にも流します。

 よってウラの買い目は
 単複勝=16ショウナンワダチ
 馬 連=16→03 13 01 11
 3連複=16→03 13 01 11
 3連単=16→03 13=01 11

| | Comments (0)

2013.12.09

阪神JF、結果とほぞ噛み

 阪神JF、結果は……久しぶりに「そっちかよぉ!」の惜敗(^_^;)
 1着―戸崎 圭 08レッドリヴェール…[△] 単勝=14.6
 2着―川  田 10ハーブスター………[▲]
 3着―蛯  名 06フォーエバーモア…[△]
 4着―デムーロ 12クリスマス…………[?]
 枠連=4-5=6.7 馬連=08-10=12.4 馬単=42.5
 3連複=08-10-06=62.2 3連単=421.3
 ワイド12=5.7 W13=26.6 W23=8.6

※ 最近私は「できるだけ小点数で当てたい」と思っています。
 我ながらかつての3複総流し、馬券をばらばら買う多点予想とは別人のような変身ぶりです。
 初めは抵抗がありました。まず当たらないだろうし、当たらなければ楽しくないように思えたからです。
 しかし、やって見ると、意外に楽しいです(^_^)。まず当たったときは実入りが大きいから、たいていプラスになります。逆に外れたときは「絞ったから仕方ないな」と思えるし、馬券をたくさん買っていないからマイナスも少ないのです。当たってトリガミもかなり減りました。
 日曜競馬で阪神JFは外しましたが、中山メインのカペラSは馬連01-07=42倍が当たりました。
 このとき私が付けた印は◎07○02▲01△04の4頭で、買った馬券は馬連[07→02 01]の2点と◎○▲の3連複1点。そして07番スノードラゴンの単勝1点、計4点です。使ったお金はわずかに400万。金欠病だし、まだ一覧表に半信半疑だからです。
 結果は2→1→5→3着でした。3複が惜しかったものの、これだけ絞ると外れて当然と思えるし、当たったときの払い戻しがでかいと思いました。ちなみに、この1、2着馬は実績一覧表のBCでした。
 ここんとこGIで外れが続いても冷静でいられたのは「絞ったから」だと思っています(^_^)。

 ところが、今回の阪神JFでは最終的に6頭になったので、それ以上絞りませんでした。 そして、その中でウラ●も構築しました。それは以下の6頭で13マーブルカテドラルをウラ●としました。
 ◎18ホウライアキコ―――7着
 ○13マーブルカテドラル―5着
 ▲10ハーブスター――――2着
 △08レッドリヴェール――1着
 △06フォーエバーモア――3着
 △01レーヴデトワール――9着

 全く相変わらずの馬券下手です(^_^;)。最も重い印を付けた2頭以外で馬券が決まっているのですから。
 なおかつ「そっちかよぉ!」と叫んだのは、実績一覧表の順位を信じることなく、下位の馬を重視したことに対するほぞ噛みでした。
 再度実績一覧表A~Hまでを掲載します。

順年齢番馬 名 -値=成績 特 記
A2歳18ホウライ-70=3000 3連勝 G2V L16TX 逃げ?
B2歳08レッドリ-70=2000 2連勝 G3V       ――1着
C2歳10ハーブス-66=2000 2連勝 3F優 G3V    ――2着
D2歳07マジック-54=2100 マイル2勝 3F優 東 
E2歳06フォエバ-54=2000 2連勝 東       ――3着
F2歳16モズハツ-52=1212             
G2歳13マーブル-38=3001 2連勝マイル2001 東  ――5着
H2歳12クリスマ-32=2001 着差A G3V 東     ――4着

 5着までがこの中から出たということは18頭を8頭に絞る第一段階は成功していると言えそうです。そして、ここでも馬連決着はBCでした。「これもかよぉ」の嘆きです(^_^;)。

 最初この一覧表を見たとき、私が思ったのは「データの少ない2歳戦だが3連勝のホウライアキコがAになるのはわかる。しかし、08レッドリヴェールは前評判も高くなかったし、なんでこの馬がBなんだ?」と不思議でした。しかも、「数値はホウライアキコと同じで、ハーブスターより上とは?」と(自分で作っておきながら)それこそ半信半疑でした。

 ホウライアキコ特記の最後に「逃げ?」となっています。これも一覧表に出るようにしているので、私が後でつけたわけではありません。マイルの逃げは危険であり、大外も危険という意味の「?」マークなのです。
 これを「コンピ予想」として単純に信じるなら、Aの印は下げてBCのレッドリヴェール、ハーブスターの2頭を◎○(または○◎)としてホウライアキコは▲と付けるべきでしょう。あるいは、ホウライアキコ△かもしれません(なぜならそれ以下の馬に「?」がないからです)。
 こうして馬券を買っていれば、◎○→6頭流しで馬連・3複の的中であり、馬単表裏、3単表裏買いで馬単42倍、3単4万馬券が当たっていたのです。数値を見る限りレッドリヴェールの単勝系馬券は買えます。
 ればたらはないとは言え「くあーっ(T_T)!」と叫ぼうってもんでしょう。

 もちろん予想の流れの中でBレッドリヴェールを検討し直しました。重い印を付けるに値するかどうか。
 数値が高くなった理由は明らかでした。新馬→G3の連勝馬であること、阪神マイルを1戦1勝していること。マイルより上の距離芝18を走って1着であること。
 しかし、マイルのタイムは1379でチョー平凡(上がりは33.3と良いけれど)。前走芝18のタイムは(不良馬場とは言え)1597とまるで芝20のレースのようなタイム。そのとき上がりはベスト1だけれど41.3。とても推奨できる感じではありませんでした。
 このチョー平凡データをどう取り込むか、そこが修正課題です。目下一覧表を見直してレッドリヴェールの特異項目を探しています。

 さて、レースの方は1000メートル通過58.4でやはり激流となりました。最初に脚を使ったホウライアキコの7着は仕方ないでしょう。勝ったレッドリヴェールより、2着ハーブスターの末脚が際だってさすがディープの子というところを見せてくれました。このハーブスターと4着クリスマスの2頭だけが上がり34秒を切っている(同値33.6)ので、来年牝馬クラシックで活躍が見込めそうです。

 以上阪神JF回顧でした。

☆ 有馬記念2週前 ☆

 最後に2週後に迫った有馬記念について少々語ります(^_^)。

 日曜に香港スプリントが行われ、予想通りロードカナロアが勝ちました。しかも、5馬身差の圧勝だったとか。
 これで同馬は今年短距離GI2勝+安田記念馬+海外GI1勝のGI4勝。なおかつ昨年からGI6連続優勝の快挙達成です。

 同時に飛び込んできたのは「キズナ有馬記念回避」のニュースです。あれま。
 有馬記念は2週前登録を終え、ネットケイバで出走予定馬を見ることができます(現在17頭)。
 出否未定だったゴールドシップは登録されています。ところが、菊花賞馬エピファネイアの名がありません。あれっと思って調べたら、すでに先月の時点で有馬記念回避が決定されていました。
 結局、今年の有馬記念、一流馬の参戦はオルフェーヴルとゴールドシップの2頭だけとなってしまいました。顔文字はこんな感じ(-.-)。

 こうなると、今年の年度代表馬はロードカナロアでほぼ決定したと言っていいでしょう。
 GI4勝馬に対してオルフェーヴルは勝っても、国内外GI1勝(+凱旋門2着)で無理。ゴールドシップのみが勝てばGI2勝です。しかし、前走大敗したゴールドシップ、2、3着はあっても勝てないのではないでしょうか。

 以前「有馬記念1ヶ月前予想」で、私は有馬の◎オルフェーヴルと書きました。それはライバルがいての話でした。ラストランのオルフェーヴルは強敵がいなくなってダントツ1番人気は間違いなく、あっさり勝って「めでたしめでした」で終わるのでしょうか。

 私の今の気持ちは「果たしてオルフェーヴル勝つだろうか」と疑問形に傾きつつあります。
 以前書いたことがあるように、年度代表馬が有馬記念前に決まってしまうと、有馬は荒れる傾向があるからです。表の◎はオルフェーヴルで仕方ないとしても、ウラ●に全力をあげようと考えています。実績一覧表がどの馬を上位に算出するか楽しみです(^_^)。

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2013.12.07

阪神ジュベナイルフィリーズ、直前予想

 今年の《新語・流行語大賞》が決まりました(^_^)。
 私の予想は「倍返し」でしたが、確かに大賞となって予想的中。
 ところが、「今でしょ」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」も大賞獲得。「今年は大賞四語」だというのです。ほげ(-.-)。

 これをオリンピックにたとえると、ベスト4に入ったら全て金メダルとか、競馬なら、3連単馬券を買って狙った◎○がずばり1、2着。3着はハナ差の激戦。一方は買っているけれど、他は買っていない。祈る思いの結果「3着同着!」。
 当たったけれど配当半減。ビミョーな気分……と同じってところでしょうか(^.^)。

 それはさておき、今週と来週は2歳馬のチャンピオン決定戦です。
 データ派の私にとって弱い分野であり、完成した実績一覧表にとってもデータが少ないので、2歳戦は精度に欠ける気がします。
 それでも総合評価順に全18頭を並べると、以下のようになりました。

順年齢番馬 名 -値=成績 特 記
A2歳18ホウライ-70=3000 3連勝 G2V L16TX 逃げ?
B2歳08レッドリ-70=2000 2連勝 G3V
C2歳10ハーブス-66=2000 2連勝 3F優 G3V
D2歳07マジック-54=2100 マイル2勝 3F優 東
E2歳06フォエバ-54=2000 2連勝 東
F2歳16モズハツ-52=1212 
G2歳13マーブル-38=3001 2連勝マイル2001 東
H2歳12クリスマ-32=2001 着差A G3V 東
092歳15グランシ-30=1001 
102歳01レーヴデ-26=2001 マイル2勝 L18TX
112歳14スイート-24=1001 東
122歳11ヤマニン-24=1003
132歳02トーセン-22=1012 東
142歳05ニホンピ-18=1001 逃げ?だが3F優
152歳03マイネグ-18=1102 東
162歳17ダイヤモ-14=1101
172歳09エクスペ-08=1002 東
182歳04メイショ-04=1002

 成績・特記をご覧になってわかるとおり、ほぼ実績通りの順位で「はて参考になるかしら」ってところです(^_^;)。最高でも数値は70。
 ちなみに[東]とは関東馬のことで今年は珍しく7頭も参戦。昨年は5頭でした。そのとき「目下3年連続で関東馬が1頭は3着内に入っているから、1勝馬の3頭には注意しましょう」と書いたら、10番人気の関東1勝馬レッドセシリアが激走して3複49万、3単300万の片棒担ぎました。
 も一つちなみに、そのときオッズ分析では2着馬の15番人気クロフネサプライズの異常投票を指摘していました(^_^)。でも、馬券は当たらず《良いことを書いているのに馬券下手 ほぞを噛むのは宿命かしら?》と狂短歌を詠んだものです。

 ここで表の結論です(^_^)。

 単純な◎なら総合Aの18ホウライアキコでしょう。新馬→G3→マイルG2と3連勝。前走牡牝混合のマイル、デイリー2Sを勝っている点が光ります。そのタイム1332も優秀です。2走前はG3小倉2S1着もあって格的にトップクラス。
 問題は逃げ先行の同馬が大外に入ったことです。18頭が初めてなら、外枠も初。もしも負けるとしたら、理由はその一点でしょう。
 しかし、この馬3走の上がりが全てベスト3内です。つまり、先行して粘れる強さを持っています。阪神マイル外回りは枠番の有利不利があまりないので、かなり粘るのではないでしょうか。そこで3着内には残るだろうと見て◎。
 ただ、ぎんぎんの逃げ先行馬が4頭と多く、激流も予想されます。最後に差し馬に差される恐れがあるので、この◎は馬連・3複の本命にして単勝はウラ●に託します。

 次に2番手候補。単純なら順位Gの3勝馬13マーブルカテドラルと2戦2勝の10ハーブスター。私はある理由からマーブルカテドラルを○としました。

 ○13マーブルカテドラルは目下中山・東京のマイルを2連勝中。前走はマイル重賞アルテミスSを1着。上がりもまずまずで中団から差せる馬です。ただ、強烈なインパクトに欠ける気はします。

 かたや▲10ハーブスターは新馬→G3新潟2Sの2連勝から3ヶ月休み明けの参戦。こちらは前走の競馬がすごかった。
 18頭立ての17番枠から最後方追走で4角も最後方。そこから上がり32.5でぶっこ抜きました。今回あっさりがあっても不思議ではないので▲評価。
 ただ、引っかかるのは極端な追い込みが「追って届かず」になりはしないかってことです。これには前例があります。
 4年前の阪神JF――1番人気は前走新潟2S1着のシンメイフジでした。同馬はその前走18頭立てを4角18番手から上がり32.9で突き抜けたのです。当然のように阪神JFの1番人気。ところが、4角13番手から追って届かずの5着敗退でした。
 ちなみにシンメイフジの父馬はフジキセキ。ハーブスターの父馬はあのディープ。さて、血の違いが出るでしょうか。

 問題は△候補が5頭――特記項目がついている08、07、06、12、01の5頭です。
 前走見所がなかった12クリスマス、ローカル出走経験しかない07マジックタイムをカットして残り3頭――。トータル6頭だし、単勝系馬券を買わないので無理して絞らないことにします(^.^)。

 よって表の買い目は、
 馬 連=18→13 10:06 08 01
 3連複=18→13=10→06 08 01

 さて、ウラです。
 迷いました。●やめようかとも思いました。しかし、オッズ分析からど本命◎○が消えるかも知れないと出ている以上、1頭抜擢することにしました。
 それは表の○13マーブルカテドラルです。重なってしまいますが、同馬の単勝は前夜5番人気の15.1。充分ウラ●の資格があると思います(^.^)。
 展開を考えて中団から差せる馬を探しました。同馬は全成績[3001]、マイル[2001]、過去4走中3回、中団から前目の位置で上がりベスト3内を出している。前走は新設重賞アルテミスS1着。
 アルテミス経由の馬からまだ3着内が出ていません。そろそろ出ていいのではと思ってウラ●とします。相手は馬連表の◎▲に絞り、3複残りに流します。

 よってウラの買い目は、
 単 勝=13マーブルカテドラル
 馬連単=13→18 10
 3複単=13→18=10→06 08 01

 さて結果は?

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2013.12.02

ジャパンカップダート、結果

 (^_^) 前回GI、結果とほぞかみ (^_^)

 ジャパンカップダート、結果は……抜け抜けの完敗(-.-)

 1着―ルメール 12ペルシャザール………[?] 単勝=8.4
 2着―武  豊 08ワンダーアキュート…[?]
 3着― 幸   06ホッコータルマエ……[◎]
 4着―福  永 07ブライトライン………[?]

 枠連=6-4=24.9 馬連=12-08=48.5 馬単=98.1
 3連複=12-08-06=21.6 3連単=244.4
 ワイド12=13.6 W13=3.8 W23=3.4

※ 以下の会話はいとことJCDスタート直前に交わした会話(全てほんと)です。
 いとこの◎はホッコータルマエ、○は引退レースの04エスポワールシチーでした。
私「武豊は買いましたか?」
彼「ワンダーアキュートなら当然流したよ。豊は今調子いいからなあ」
私「私は買いませんでした。もう7歳だし、先行タイプに変わったので、激流に巻き込まれてつぶれると見ました。それともう一頭ペルシャザールも人気だけど、来年の馬だろうと思って買っていません。でも、昨日の予想で馬連は◎が来てもヒモ抜け、3連複も1頭、ひどいと2頭抜けて全滅。豊は買えば来ないし、買わなきゃ来るし……昨日のようにカットした2頭が来たら私は全滅です」
彼「あんたの本線は?」
私「私も◎ホッコータルマエ、○14番ニホンピロアワーズ。後は何か3着に来てくれれば……」

 そして本番。エスポワールシチーが逃げ、私の◎○は先行。激流が予想されたけれど、1000メートル通過は61.6でむしろ遅いくらい。「しめしめ。先行馬残りそうだぞ」と私の内心の声(^.^)。
 そして、直線に入ったときエスポワールシチー、ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズの123着争い……と見えたので、私といとこは「そのまま! そのまま!」と叫ぶ(^.^)。
 ところが、ずるずる後退はエスポとニホンピ。タルマエも脚色ずぶずぶ。あれま。
 そこへ大外を鋭く追い上げてきたのは私が買っていない豊とペルシャザールの二騎……撃沈(--;)。

 終了後私の顔文字は(--;)で、いとこも……かと思いきや「まー全滅でなかったからいいか」と言います。?
 いとこは馬連・3複などもちろん全滅ながら、ただ1点06-08の「ワイドを買っていた」と言うのです。配当たったの340円ですが、その馬券だけ多めに買った。よって、いとこは「マイナス少々で済んだ」と言うのです。
 親戚ながら彼はほんとに感心な人です。いとこが競馬資金を追加することなく半年維持できるのもわかる気がしました。

 さて、問題は私の予想。反省事項として「我が実績一覧表はいまだ完成していないな」でした。
 今回の1234着馬、総合評価の順位は[G→F→A→10]です。前日朝の馬連順位は[C→D→A→G](最終単勝人気は3→6→1→7)でした。
 実績Aであり、人気もAのホッコータルマエは外せないでしょう。そして、危なかったけれど、なんとかワイド・3複の軸になっています。

 私は実オッズの異常投票を指摘しているくらいですから、実績ランクG、Fの馬が馬連3、4番人気になっていることはすぐ気づきました。また、一覧表完成後順位真ん中付近の馬が上位人気になったとき、結構激走することもわかっていました。
 しかし、それが着外に落ちることもあるので簡単に飛びつけません。むしろ穴馬券を獲ろうと思えば、「消せる人気馬」ともなるので取捨はビミョー。今回私は「外れる」方に賭けた(^_^;)から、馬券全滅も仕方ないところです。

 実は1、2着の2頭が実績6番手7番手となる理由もわかっています。
 Fワンダーアキュートはダート連複とか同距離連複・タイムなどで「良い成績だけれど抜けた数値ではない」こと。つまり、同馬よりもっと実績上位の馬がいるから、それより下位になります。
 もう1頭Gペルシャザールは全15走の成績[5235]に対してダートは5回走って[3110]でした。つまり、同馬は10戦芝を走って「どうもイマイチだから」とダートに転向した馬です。その後ダート5走は3→1→2→OP1→G31着ですから、芝よりダート適性が高いことはわかります。
 しかし、実績一覧表は全成績、さらにダート実績で数値を出しているし、GI不出走馬は数値が低くなります。なので、これまたペルシャザールより上の数値を持つ馬がぞろぞろいることになってランクGになるわけです。
 では、過去5走実績を使えば、ペルシャザールの順位が上がるかと言うと、そうはいきません。ホッコータルマエとかエスポワールシチー、そして13着惨敗の2番人気ローマンレジェンドの方が近走格上のレースを走って優秀な結果を残しているからです。
 目下この問題をどうするか研究中です。取りあえず対応戦術としては「なのにオッズ3番人気とは異常だ」と見て相手とか軸に取り上げるかどうかでしょう。

 異常投票に関しては《前日オッズ予想》で[4]枠07・08を指摘しました。結果は08ワンダーアキュートが2着、07ブライトラインが4着でしたから、やはり異常投票は発見しておくべきだなと思います。。
 今振り返ってオッズからの推奨馬券がおかしなことになっていたことに気づきました。 馬連[06→08 04 14:07~]に対して3複[06→01→08 04 14~]としており、馬連では買っていない01を3複の2番手に固定していたのです(^_^;)。これ[06→08→ 04 14 07~]にしていれば、3複的中でした。
 今後実績一覧表全体を公開するつもりはありませんが、ABCとランク中位以下で上位人気になった馬は指摘しておきたいと思います。

 ところで、私の土日競馬は(後半5レースをやって)全滅でしたが、実績一覧表AB(つまり◎○)の結果は以下の通りです。
 土曜結果    日曜結果
 レース-AB  レース-AB
 東10-23  東10-××
 東11-×1  東11-×1
 西10-12  西10-××
 西11-××  西11-3×
 R11-1×  R11-12

 A馬の成績は[3115]、B馬は[2215]です。これは実オッズを知る前のABなので、3複率5割なら悪くないかと思います。ただし、B馬の前週は8レースやって[1007]でした(A馬は[3113])。A馬は使えそうだなと感じています。
 ちなみにA1着、B2着が当たった土曜西10の馬連は12.2[馬単23.6]、日曜ローカル11の馬連は[3→6]人気だったこともあって馬連27.8[馬単53.0]でした。

 えっ、「なぜそれで馬券全滅なんだ?」ですって? 
 答えは「このA-B単純馬券を買っていないから」なのであります(^_^;)。
 それが先週最大のほぞ噛みでした。


 ○ 一覧表あれこれ考え外すより ABそのまま買うべきか(^.^)


=================================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

後記:下記「ご意見はこちらまで」のメールアドレスが昨年変更したのに訂正されないままでした。お詫びして訂正いたします。
 昨年ヤフー会員資格を変更したとき、末尾[ybb.ne.jp]のままでも使用できると誤解したことが原因です。ご意見などは以下の末尾「ヤッホー、シーオージェイピー(^.^)」をご使用願います。
 なお「相変わらず本文が長すぎる。短くしろ」のご要望に関しては「鋭意努力いたします」とお答えしておきます(^_^;)。   御影祐

| | Comments (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »