« October 2014 | Main | December 2014 »

2014.11.29

ジャパンカップ、直前予想

 マイルCS、結果は……久々のウラ●3着、○2着なのに……(T_T)

 1着―岩田 12ダノンシャーク…[?]B 単勝=18.1
 2着―福永 08フィエロ…………[○]C
 3着―秋山 03グランデッツア…[●]QH(16位)
 4着―武豊 13トーセンラー……[?]E
                [ ]の後は実績一覧順位
 枠連=6-4=19.7 馬連=12-08=38.9 馬単=114.6
 3連複=12-08-03=257.6 3連単=1932.9
 ワイド12=11.6 W13=43.2 W23=19.9

※ 「くあーっダノンシャーク来るのかよお!」と叫んだ私の気持ち、わかっていただけるでしょうか(^_^;)。久々のウラ●激走3着。安いけど複勝は600円つきました。○フィエロも2着。
 問題は頭がまさかのダノンシャーク。「まさか」というわけは実績一覧表ではAミッキーアイル[124]に続くB[100]だったから。それが実人気Gだったので「実績上位の人気下位は消し」とあっさり切って~……ほぞを噛みました(T_T)。

 ウラ●は渾身の予想だっただけに、何にも考えず「実績一覧表のABC」に流せば、最低限3複2万の的中、馬連はなくともワイドで2点合計60倍が引っかかります。この馬連だってABCのボックス買いで的中ではありませんか。自画自賛ながら「恐るべし、実績一覧表」です(^_^)。

 そもそも最初年齢別有力馬を絞ったとき、相手にダノンシャークも4着トーセンラーも入れていたのです。つまり、上記の[?]は4頭~5頭に絞った後の無印馬。こうなると「絞るのも程度問題だなあ」と思えてきます(^.^)。

 同時に実オッズを知った後で馬券を組み立てる危険性も最近とみに感じています。要するに、実績一覧表のデータに従って実オッズを見ることなく馬券を組み立てていれば、ダノンシャークは買ったと思えるからです。目下この件をどうするか思案中です。

 残念だったのは◎3歳馬ミッキーアイルの凡走。15着でした。しかし、この原因をつくったのは01ホウライアキコの無茶苦茶ダッシュです。初めの3Fが33.7で1000メートル通過56.7。なにそれ?
 この激流のせいでミッキーアイルは先頭に立てず、2番手のまま直線ずるずる後退。やっぱりマイル・外枠の逃げ馬はきつかったようです。
 それともう一つ。やはり昨年同一レースの入着馬は軽視しちゃダメですね。トーセンラーも4着に入ったわけですから。

******************************
 【 ジャパンカップ直前予想 】

 さあ、豪華絢爛のジャパンカップ(^_^)。
 相変わらず外国馬の目玉不在ですが、日本馬だけで充分わくわくさせるメンバーが揃いました。
 なんとなく予想形態が整いつつあるので、今回も実績一覧表から掲載します。

 【GIジャパンカップ 実績一覧表】 東京 芝24 18頭(牝3頭)
                注…値の後の英文字は馬連順位
順番馬      名歳- 値馬= 特  記・不安点?
A09イスラボニータ3-110C=芝[6210]芝24[0100]
B03ジェンティルド5-108A=3FX 芝[9313]芝24[4100]
C06ハープスター 3- 96B=芝[5201]芝24[0100]
D04エピファネイア4- 84D=EX 芝[5212]芝24[1100]
E01ジャスタウェイ5- 82E=3FX
F15スピルバーグ 5- 76F=前RX 前3FX 芝[6133]
G16フェノーメノ 5- 72I=TX L22TX
H05ヒットザターゲ6- 70J=L24TX L25TX
QA11トーセンジョー8- 68 =L25TX
QB10ワンアンドオン3- 66H=芝24[2000]芝24GIV
QC13ディサイファ 5- 64 =
QD12タマモベストプ4- 62 =
QE17アンコイルド 5- 48 =L24TX
QF08デニムアンドル4- 46G=芝24[0110]
QG18トレーディング4- 42 =芝[2331]
QH14サトノシュレン6- 26 =
QI07アップウィズザ4- 22 =芝24[1000]
QJ02アイヴァンホウ4- 14 =前RX 前L24V

 今回は馬名の後に年齢も付けましたが、順当に実績馬が上位に並びました。
 数値100を超えたイスラボニータとジェンティルドンナ、3位ハープスターが全て消えるとはちょっと考えづらいところ。その下エピファ、ジャスタも捨てがたい実績馬です。スピルバーグは秋天優勝馬。中位下位ではダービー馬ワンアンドオンリーと昨年のJC2着馬デニムアンドルビーが拾ってみたい穴馬でしょうか。

 馬連オッズとからめて(妙なことを書きますが)、実績一覧表のABCが馬順ABCと重なるのはとても珍しいことです。そして、一覧表のABC3頭がそのまま3着内に入ることは、これまためったにないのですが……。
 ただ、馬連ABCはこの3頭ですが、単勝・複勝順位は以下のように乱れがあります。
 順番馬      名歳- 値 馬 単 複
 A09イスラボニータ3-110 C E E
 B03ジェンティルド5-108 A A A
 C06ハープスター 3- 96 B B C
 D04エピファネイア4- 84 D D D
 E01ジャスタウェイ5- 82 E C B

 要するに、03ジェンティルドンナのAは確定で、BCDEは不安定と言うか流動的と言えそうです。果たしてこの5頭から123着馬が出るのか。あるいは、FG以下も食い込むのか。
 もう一つ、参考までに書くと、馬連順位10位以下の9頭はなんと全て万馬券です。9位(16フェノーメノ)の馬連は32倍だから、9位と10位の05ヒットザターゲットとの間にはものすごい段差があります。実力とオッズを考えると、ジェンティルドンナを軸として2番手が4頭、3番手が4頭、その他9頭――といった分布です。本命サイドと見なせば、ジェンティルを軸として相手B~Eの4頭、本穴なら相手F~Iの4頭。迷うところです(^.^)。

 ここで年齢構成をまとめると、以下の通り。
 3歳3頭=・09イスラボニータ・06ハープスター・10ワンアンドオンリー
 4歳6頭=・04エピファネイア・08デニムアンドルビー
 5歳6頭=・03ジェンティルドンナ・01ジャスタウェイ・15スピルバーグ・16フェノーメノ
 6歳2頭=・05ヒットザターゲット
 8歳1頭=・11トーセンジョーダン
 牝馬3頭=・03ジェンティルドンナ・06ハープスター・08デニムアンドルビー
 外国3頭=・02アイヴァンホウ・07アップウィズザバーン・18トレーディングレザー

 いつも書いているように、我らがほしいのは3頭か4頭の馬名。ということは、どんなに素晴らしい馬が並んでも上記18頭のうち15頭は4着以下。
 そして、各年齢から1頭か2頭しか3着内に入らないとすると、たとえば、5歳の有力4騎、3歳の若駒3騎のうち4頭から3頭は着外です。もしも3歳5歳の日本馬で決まるなら、4歳・6歳・外国馬は全て着外です。
 というわけで、表予想第一の絞りは3歳、5歳の7頭とします。さらに、それぞれを2頭に絞りたい。

 3歳3騎の前走は全て別。イスラボニータが秋天、ハープスターが凱旋門、ワンアンドオンリーが菊花賞。トーホウジャッカルが勝った菊花賞は3010のレコードタイムでした。そのレースでオンリーは1.2秒差の9着とイマイチ。3歳馬の中では芝24唯一2勝が光るけれど、同馬は古馬と今回初対戦になります。ハープとイスラはすでに経験済み。というわけでワンアンドオンリーをカット。
 ハープスターは凱旋門で日本馬最先着。直線で10頭ほど抜いているし、疲れさえなければここでも末脚を発揮しそうです。イスラボニータは古馬初対戦の秋天で3着なら上々。東京コース[4110]も光ります。
 ということで3歳からは堅実イスラボニータと剛脚ハープスター。

 5歳勢ではジェンティルドンナが芝24[4100]の鬼というか女夜叉。東京コースも[3200]だからとても外せない。今回ジャパンカップ初の3連覇を目指しています。
 もう1頭には凱旋門8着のジャスタウェイを取るか、秋天優勝馬のスピルバーグを取るか。コース成績を比べるとジャスタウェイが[2304]、スピルバーグは[6121]でジェンティルに並ぶ東京の鬼。ただ芝24に関してはジャスタウェイもスピルバーグも[0001]と1戦着外。そこでジャスタウェイをカットします。同馬は今年GIを唯一2勝しています。凱旋門で敗れた以上、今年GI3勝の狙い目は有馬ではないかと思います。

 ちなみに、イスラボニータとハープスターのコース相性ではイスラボニー[4110]に対してハープスターは東京[0100]。オークスでヌーヴォレコルトに敗れています。今回脚質数値はハープスター18番手と出ています。意外と「追って届かず」があるかもしれません。

 というわけで◎は5歳03ジェンティルドンナ、○09イスラボニータ、06▲ハープスターの3歳馬。△に15スピルバーグとします。
 どうもジェンティルドンナは有馬に出ないようです。同馬のGIは今年ドバイシーマGIの1勝だけ。ここでGI2勝目として同時にJC3連覇の偉業を持って年度代表馬候補に名乗りを上げたい……のではと思って単勝軸にしたいと思います。

 よって表の買い目は
 単 勝=03ジェンティルドンナ
 馬連単=03→09:06 15
 3連複=03→09 06 15
 3連単=03→09=06→15

 さて、ウラですが、表の馬券で買わなかった人気上位馬が4歳04エピファネイアです。実績一覧は4番手でオッズもDなのですが、私はなぜこの馬が高評価なのか不思議で仕方ありません。昨年菊花賞を勝ったところまでは申し分ないのですが、今年はG2→香港GI→秋天の出走で3→4→6着とどうにも鳴かず飛ばず。もっと低人気でも不思議ないと思うのにオッズ4位。
 実はウラ●は4歳から抜擢しようとエピファネイアかデニムアンドルビーを考えていました。しかし、年齢比較をやってみると、昨年の皐月賞馬ロゴタイプはその後7戦して[0016]と低空飛行。ダービー馬キズナは4戦して[2002]、今年は春天4着以来休養中。
 どうも(言ってはいけないかもしれないけれど)4歳馬は意外と低いのかもしれません(^_^;)――と見て「来たらごめんなさい」で私はエピファネイアを無印にしました。

 表の◎を単勝候補にした以上、ウラは2、3着候補でしかありません。
 気になるウラ候補を列挙すると、昨年のJC2着08デニムアンドルビー。特記で2LTXの武豊05ヒットザターゲット。春天馬16フェノーメノ。それに低人気の外国馬ですが、今年も無視でいいのかどうか。02アイヴァンホウは芝24[3003]で前走芝24のGIをV。18トレーディングレザーは全成績[4542]、芝[2331]、芝24[1111]と気になります。
 しかし、拾い上げるには何かもう一つ足りません。そんなわけで、これらの馬が来ると、ほぞを噛みそうですが、今回は表予想のみにしたいと思います。

 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2014.11.26

狂短歌ジンセー論[169号]――突然の総選挙

 最初に本メルマガ制作の裏話から(^_^)。
 毎月一度の発行を心がけているので、だいたい月末に「さて来月は何を書こう」と考えるところからスタートします。当月になると本腰を入れて最近の話題から「これはぜひ書いてみたい」ものを探します。それが見あたらないと、以前から書きためている下書きの中から一つ選んで書き直し、そして公開するといった感じです。
 ところが、ときどき「なんだか書きたくないなあ」とぐずぐずだらだら怠ける月があります(^_^;)。弁解のようですが、私はこの感覚を大事にしています。待っていると、「これはぜひ書きたい」と思える出来事が起こるからです(もちろん起こらないこともあります)。
 今月もその怠け心が湧いてどうにも気持ちが乗らない日々が続きました。しかし、中旬の夜たまたまテレビで番組を3本続けて見たとき、共通する点に気づいて「今月はこれを書こう」と決めました。それは「ありのままにの裏側にある恐ろしさ」と題して書かれる予定でした。しかし、草稿を書きつつ依然としてどうにも気分が乗らない、怠けている自分がいました(^.^)。
 そして、下旬になって突然衆議院解散の話題が飛び出し、あっという間に現実になってしまいました。なんだか行く気のしない、つまらなそうな選挙です。
 「そうか。これについて書けってことか」となって本号ができあがりました(^_^)。

 (^_^)本日の狂短歌(^_^)

 ○ 総選挙 とても行く気が起こらない それでも行こう 理屈ひねって(^.^)

--------------
 (^O^)ゆとりある人のための10分エッセー(^O^)

 【 突然の選挙 】

 さらに、前置きの続きです(^.^)。
 実は中旬に(これもたまたま)NHKの『視点論点』なる番組を見て「これも書けるな」と思いました。それは香港の学生達による民主化運動を解説する内容でした。
 ご存じの通り、中国政府が決めた選挙制度に対して、学生達が民主的でないとして反対し、「普通選挙を実施せよ」と主張する運動でした。

 番組はこれについて広島大学教授の中園和仁氏が「香港 民主化運動の背景とその意味」と題して解説していました。その中で「選挙」について驚くべき見方が紹介されており、私は「これはいつかメルマガに書こう」と思いました。
 すると、突然日本で解散、総選挙となったので「じゃあ、これだ」とこちらを書くことに決めたわけです(^_^)。かくして発行が月末までずれこんでしまいました。

 視点論点から関係ある部分を取り出すと、北京政府(と全国人民代表者会議)が香港行政長官の普通選挙として決定した内容は以下のようなものでした。
1 候補者は2~3人とする。
2 候補者は1200人からなる「指名委員会」の過半数の支持が必要。
3「指名委員会」の構成は4大分野(工商・金融界 専門業界 労働・宗教界 政界)から選出される。

 これを見れば、立候補は制限されているし、指名委員会は親中派が多数を占めるから、いわゆる民主派が候補者になることはあり得ない。とても普通選挙とは思えない制度です。
 学生が「大財閥やビジネスマンが『指名委員会』の大部分を占め、百万人に上る貧困層の声は反映されない。民意を反映した仕組みに変えるべきだ」と主張するのもわかります。日本は誰でも(金さえあれば)立候補できる普通選挙制度を持っています。だから、学生の主張は至極当然と思えます。

 私が驚いたのは中国政府がなぜこのような選挙制度を決定したか、なぜ候補者――とりわけ貧困層の代表――を制限しようとしているか、それについて解説された部分でした。
 中国とは(実質はどうあれ)共産主義国であり、共産主義とは平等と貧しい労働者のための国ではありませんか。その国が貧しい労働者代表を締め出そうというのだから、わけがわかりません。

 その点を中園氏が解説していました。
 香港が中国に返還されたとき、中国は「一国二制度」として香港の経済・金融などの制度は当面変えないことにした。つまり、資本主義を維持すると。中国政府の意図は「その制度を維持しているのは多数を占める貧困層ではない。資本主義制度を変えないという前提に立てば、労働者階級ではなく、資産階級を中心にした政権にする必要があるから」というのです。
 現在の行政長官が欧米メディアのインタビューに対して「学生が主張する選挙制度を導入すれば、月収1800米ドル(約20万円)以下の低中所得者層が選挙を主導することになる」と答えたことがそれを端的に示しています。要するに、貧しい労働者階級の代表が行政長官になったら、資本主義が崩壊するかもしれないと言うのです。

 私はそれを聞いて「は~~っ」とうめき、「えっ、中国ってそのような国を目指しているんじゃないの」とつぶやいたものです(^.^)。

 平等を提唱し、労働者階級の利益を代表しているはずの共産主義国家中国が香港の労働者階級は抑圧しようとしている。その矛盾。さらに、このことは資本主義制度とは「労働者階級・貧困層が政治を主導することはあり得ない」と見なしていることも示しています。
 この後半部分、確かに資本主義とはそのようなものであると学びました。しかし、私は選挙制度は違う、貧しい労働者階級の代表でも議会の過半数を取ることができる、と考えていました。ところが、資本主義制度である限り、そのようなことはあり得ないと言っているようなものです。

 もちろん北京政府の狙いは中国政府の意向に逆らう、民主派とか貧困層の声を反映する者が行政長官になられては困るからでしょう。しかし、逆に見れば、資本主義・民主主義国家と呼ばれる国々の選挙制度は貧困層の声を反映する制度ではないと告げられたようなものです。ある意味ショックでした。

 私は日本の小選挙区制度は間違っている。国民の真の意志を反映しておらず、比例代表制に変えるべきだ、と思っています。選挙のたびに政党別得票率に従って議員数を算出、それを後記で公開しているのはそのひどさを指摘するためです。選挙区で得票が一票多いだけでも、トップに立った一人だけが議員になるなんておかしいのです。
 さらに、日本では一票の価値が平等ではありません。衆議院は1対2、参議院は1対5です。国会議員はこれらを変えることができません。

 ところが、香港の例を見ると、資本主義制度下における選挙とはそもそも貧しい人たちの声は反映されないものであり、だから中国政府はその実体に合わせて香港では貧困層の代表が出ないような選挙制度をつくったのだ――と言っていることになります。

 さて、「だから、なんなの?」と言われると、困ります(^_^;)。

 だから、「選挙によって社会を変えることはできない。資本主義そのものを転覆しなければ平等は実現しない。革命を起こそう」などと時代錯誤の檄を飛ばすつもりはありません。
 そもそもそれを目指した多くの共産主義国家が崩壊し、中国は不平等を創出することで経済成長を果たしています。根本的に「人間の平等」ってなんなのだろう、と深いテーマについて考えねばならないようでもあります。

 ただ、資本主義制度下における選挙ってそういうことなんだと思ったし(考えてみれば立候補する際の供託金三百万って貧乏人は絶対立候補できない選挙制度ですね)、欠陥の多い選挙制度を変えようとしない国会議員、一票の格差を放置し、議員定数を変えられない議員達に(与党も野党も含めて)失望感が増すばかりです。消費税の導入だって「歳出削減とか行政改革、議員も身を切る改革」を約束して導入されたはずなのです。しかし、議員も官僚もそれを実行することができません。

 そのあげく「与党がさらに4年間、安定政権を維持するための総選挙」が行われます。国費=税金を六、七百億も使います。切り上げれば国家予算の1パーセントです。
 正直行く気がしない。与党が多数を占めることは間違いないし、野党で入れたい政党も候補者もいない。選挙で何も変わらない――と言うかもしれません。私も正直行く気がしません(^.^)。

 しかし、置き去りにされた争点がいくつもあります。消費税しかり。原発、沖縄の基地問題、予算の使い道、何より平等ではない選挙制度……。
 私はふと思いました。
 そうだ! 変えられない、変えようとしない議員たちに、ここで最後通告を下すべきではないかと。

 それは以下のような宣告です。
「今後四年間で議員定数・報酬と衆院議員・参議院の不平等を変えなさい。
 それができなければ、次回の選挙ではあなたに投票しない。反対候補に投票します!」
 そう宣告したらどうでしょうか。

 これは与党の人間に切迫感を与えます。同時に野党の議員さんにも切迫感を与えるでしょう。
 選挙期間中、議員に握手を求められたら、こう言いましょう。
「もしもあなたが当選したら、これから4年間で選挙制度を変えてください。
 できなければ、この次はあなたの反対候補に投票します」と。

 自分が投票した人が当選したら、選挙後にネットやツイッターを使って宣告しようではありませんか。「変えることができなければ、4年後あなたには投票しません」と。
 これは失望して白票を出すとか、棄権するよりよっぽど効果的です。

 よーし。これで投票する気になったぞお(^_^)!

 ○ 総選挙とても行く気が起こらない それでも行こう 理屈ひねって

 ○ 突然の選挙に思う この制度 民の心は反映されてる?

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:『視点論点』はNHKのホームページで論文が公開されています。
 参考までに中園氏の論文「香港 民主化運動の背景とその意味」(11月11日)は以下のサイトで読むことができます。香港の返還前と返還後のことなどよくわかります。
 「香港 民主化運動の背景とその意味」

| | Comments (0)

2014.11.22

マイルチャンピオンシップ、直前予想

 エリザベス女王杯、結果……近走優秀馬に負けて全滅(^.^)

 1着―川 田 01ラ キ シ ス………[△]QD12 単勝=6.8
 2着―岩 田 05ヌーヴォレコルト……[▲]B
 3着―藤岡康 15ディアデラマドレ……[?]G
 4着―酒 井 02フーラブライド………[?]QF14
 枠連=1-3=6.1 馬連=01-05=9.7 馬単=21.4
 3連複=01-05-15=30.3 3連単=155.7
 ワイド12=3.9 W13=12.4 W23=7.7

※ この日はいつものように元旅館だったいとこ宅の温泉に浸かってから、二人でテレビ観戦しました。スタート前、かんかんがくがくの議論があって私の◎はメイショウマンボ。いとこの◎は武豊スマートレイアー。
「もう武は買わないと言ったじゃないですか。惚れた女にまただまされてになりますよ」と言いつつ、私も△(^_^;)。
 結局、メイショウマンボ12着、スマートレイアー10着(-_-;)とさんざんな結果。ウラのウラとして期待した3歳馬レッドリヴェールも16着。かくして馬券は全滅でした。

 もっとも、終了後私は結構さばさばしていました。レースは3歳馬のどちらをとるか、4歳5歳馬から「実績馬を取るか、近走優秀馬を取るか」の選択であり、GI実績を取ればメイショウマンボとヴィルシーナ、近走を取れば、ラキシス、スマートレイアー、ディアデラマドレのいずれか。 つまりは7頭にどの印を付けるか――の問題でしたから、実績馬を取った以上「外れてやむなし」の心境でした。

 終わってみれば、いつものように単純で1着スマートレイアーは実績一覧下位の人気馬。特記は「3F* 芝22[2202]」でした。芝22で2勝をあげたのはこの馬だけ。《実績一覧表中位下位の馬が人気上位になったときは重い印を!》の傾向通りでした。

 実は実績一覧表は上位の馬がそのまま1~5着に入るよう作ったつもりなのですが、実際の人気と対応させてみると、実績上位の下位人気より、実績中位下位の上位人気の方が圧倒的に走ります。何度か修正したものの、最近はあきらめています(^.^)。それよりこのままにして実績中位下位の人気上位馬を軸とか相手にした方が簡単な気がします。特に本命サイド決着のとき有効なようです。参考にしてください。

************************
 【 マイルチャンピオンシップ直前予想 】

 というわけで、本日はまず実績一覧表から(^.^)。
 以下のように、3歳馬ミッキーアイルが抜けたA評価となりました。

 【GI マイルCS実績一覧表】 京都 芝16 17頭(牝2歳)
                注…値の後の英文字は馬連順位
順番馬      名- 値馬= 特  記・不安点?
A15ミッキーアイル-124 B=芝[6101]芝16[5101]GIV 逃げA?
B12ダノンシャーク-100 G=芝16[3645]
C08フ ィ エ ロ- 96 C=芝[5222]芝16[4102]LTY
D06ダイワマッジョ- 90  =L16.3FY
E13トーセンラー - 86 A=GIV 昨年V 芝16[1001]?
F09ワールドエース- 84 D=芝[4204]LTX 芝16[1001]?
G05レッドアリオン- 80 I=前3FX
H10ロゴ タイプ - 72 H=芝16[2000]GIV
QA07エキストラエン- 72  =
QB16タガノグランパ- 70  =芝16[0110]
QC04サダムパテック- 70  =GIV
QD14グランプリボス- 66 F=L16TX GIV
QE17サンレイレーザ- 62  =L16.3FX
QF11クラ レント - 60 E=G3を2連勝
QG02エクセラントカ- 56  =L14TX
QH03グランデッツア- 54 J=L18TX
QI01ホウライアキコ- 46  =

 今回のマイルCS最大のテーマはミッキーアイルの取捨でしょう。
 一覧表では数値124でトップとなっているように、マイル実績も[5101]だし抜けています。負けた1回はGI安田記念。このときは古馬との初対戦だったし、勝ちタイム1388もかかる不良馬場でした。ミッキーはGINHKマイルを逃げて勝っているし、前走G2スワンSも逃げてあっさり。問題はこの逃げ脚質、しかも外枠に入りました。マイルを逃げきるのは至難の業というのは周知の通りです。
 もっとも、京都のマイル外回りは2角のスタートで3角まで長いので、先頭に立つのは難しくないと思います。道中息を入れられるかどうか、歴戦の古馬勇士(馬)を相手に逃げ切れるかどうか。ただ、逃げ粘って3着まではあり得る、と思えば3複の軸になります。2着まで粘ると思えば、馬連の軸になります。
 かくして私は実績一覧表のダントツトップを信じ(^_^;)、表の◎はミッキーアイルにしたいと思います。

 となると、次なる問題は相手。ここで年齢構成を列挙しておきます。
 年齢別データ 全18頭(牝2頭)
 3歳=3頭・15ミッキーアイル
 4歳=2頭・05レッドアリオン・10ロゴタイプ
 5歳=9頭・08フィエロ・09ワールドエース・11クラレント・03グランデッツア
 6歳=4頭・13トーセンラー・14グランプリボス・12ダノンシャーク
 (うち牝馬2頭=・02エクセラントカーヴ・01ホウライアキコ)

 マイルCSは例年4歳5歳の連絡みが多いのに、今年は4歳馬が2頭とえらい少ないです。対して5歳馬は9頭の多さ。近走イマイチの4歳両馬を軽視すれば、ミッキーアイルの相手としては5歳馬か6歳馬。
 5歳の本命サイドなら08フィエロか09ワールドエース。穴サイドなら11クラレントか03グランデッツア。6歳の本命サイドは昨年優勝馬の13トーセンラー。穴サイドなら14グランプリボスか12ダノンシャーク。これで7頭。絞るためには何かを切らねばなりません。
 フィエロはマイル[4102]から切りたくない。クラレントは目下G3を連勝中。実績下位の上位人気からやはり切りたくない。
 逆に「切ってしまうか」はマイル実績ともに[1001]のトーセンラーとワールドエース。来るか来ないか五分五分なら、人気馬だし、来ない方に賭けよう(^.^)。実績Bなのに人気Gのダノンシャークも切って捨てたい。
 残る5歳グランデッツアはL18TX、グランプリボスは今年の安田記念2着馬にしてL16TX馬。よって相手はこの4頭に絞ろうと思います。○はマイル実績から08フィエロにします。
 かくして印は
 ◎15ミッキーアイル
 ○08フィエロ
 △11クラレント
 △03グランデッツア
 △14グランプリボス

 よって買い目は
 馬 連=15→08:11 03 14
 3連複=15→08 11 03 14

 さて、表の◎を単勝軸にしないので、今回はウラを設定したいと思います。
 最近ステップ別有力馬を取り上げませんが、例年マイルCSで最も連対馬を輩出しているのは天皇賞秋組です。ところが、今回昨年に続いて全く出走していません。よって富士S、スワンS、毎日王冠組から連対馬を探すのが良いのではと思います。
 私がウラ●として取り上げてみたいのが毎日王冠5着の03グランデッツアです。
 この馬L18TX馬ですが、そのレースは4走前京都OP都大路S(芝18)1着で出した1439です。2番手先行しながら上がり34.0で2着にコンマ9の大差をつけて勝ちました。ちなみに、このタイムは京都芝18のレコードです。
 グランデッツアは3歳時にG2スプリSを勝って皐月賞は1番人気(5着)、続くダービーも10着に負けて休みに入り、今年1年半ぶりに復帰しました。2戦大敗後の3戦目に出したのがこのタイムでした。今回は内枠のいいところに入ったし、のんびり2番手先行して流れ込めればしめしめです(^_^)。夜の段階では9番人気で単勝16倍前後。単複買って表の5頭と、もしかしたら4歳馬来るかもと思って、2走連続上がり32.8を出している05レッドアリオンにも流します。

 さて結果は?

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2014.11.15

エリザベス女王杯、直前予想

 中一休みで再びGI戦線再開(^_^)。これから七つの要塞を攻め、最後は難攻不落の有馬記念――といったところでしょうか。
 再開初戦は牝馬最強決定戦エリザベス女王杯です。

 エリザベス女王杯とくれば大きなテーマ、3歳対古馬の戦いがあります。
 過去10年3歳馬[532.43]4歳以上馬[567.80]ですから、勝ち馬は全くの互角。2、3着は古馬優勢といった感じです。しかし、着外数を見てわかるとおり、確率的には3歳馬でしょうか。そして、古馬では4歳か5歳です。
 また、3着内3頭が同一年齢であったことは一度もありません。せいぜい2頭です。なので、同一年齢馬のボックス馬券はどぶ捨ての可能性が高いし、同一年齢2頭を◎○にしたら、3連系の相手は他年齢がいいと思います。

 そこで、まずは今回出走馬の年齢別構成。以下の通りです。(・は有力馬)
3歳6頭・12ショウナンパンドラ・05ヌーヴォレコルト
4歳4頭・15ディアデラマドレ・06メイショウマンボ・01ラキシス・16スマートレイアー
5歳6頭・18アロマティコ・10ヴィルシーナ
6歳2頭・09ホエールキャプチャ

 年齢別有力馬として取り上げたのは9頭。おそらくこれらの馬が1~8番人気を形成するだろうと思います。これ以外の馬が来たら「ごめんなさい」でしょうか(^_^;)。
 1~4番人気は3歳、4歳から出ると思います。3歳馬は秋華賞馬のショウナンパンドラ、オークス馬のヌーヴォレコルトが両雄じゃなく両女傑。残り4頭は失礼ながら「参加に意義あり馬」でしょうか。

 実は4歳からはGI勝ちのあるメイショウマンボ、前走G2府中牝馬を勝ったディアデラマドレだけにしようと思いました。しかし、ラキシスは昨年のエリザベス2着馬、スマートレイアーは府中牝馬Sを鋭い上がりで2着と切りづらかったのです(ついでに5歳アロマティコはエリザ3着馬です)。
 ただ、今も書いたように4歳馬が123着を独占するとは考えにくいので、よくて2頭着内でしょう。そうなれば2頭は必ず消えるわけです。

 私は以下に述べる理由から◎○を3歳両女傑にしたくないのですが、単純3連複なら3歳2騎を2軸にするが良いのではと思います。つまり、12ショウナンパンドラと05ヌーヴォレコルトは23着ではないかと。よって、3連複単純馬券はこの2頭から456歳馬7頭への流し馬券です(^_^)。

 さて、今回は秋華賞反省記に書いた以下の問題があります。
---------------------------
 レースは前半1000が58.0というハイペースで先行馬総崩れ。タイムは
1570のものすごさです。これは秋華賞過去20年の最速で京都芝20のレ
コードまであとコンマ2でした。
 この上位馬は次走エリザベス女王杯に出走して人気になると思います。
ほぼレコード走の結果はどう影響するか。いい方に出れば古馬を軽く蹴散
らし、反動として出れば3歳馬惨敗かもしれません。注意したいところで
す。
---------------------------
 秋華賞で一昨年までの最速タイムは1581でした。今年はそのタイムを1秒1も縮めています。ほぼレコードのこのタイム。余裕をもって駆けたのか。必死だったのか。余裕ならここもあっさりだし(なのでヌーヴォ・パンドラの軸)、必死だったら反動があり得ます(3歳全滅?)。
 私は反動の方に賭けてみたいです(^_^;)。

 ちなみに、過去12年3歳馬が123着に入らなかった年が2回ありました。05年が[4-4-5歳]、04年が[4-4-5歳]です。そして、敗れた1番人気はともに3歳馬。しかも、ともに5着敗退。面白いのは123着馬の最終人気はともに[2-5-4人気]でした。

 この3歳1番人気馬の直前データは以下の通りです。
 05年エアメサイア―――[4221]オークス2着秋華賞1着 250円
 04年スイープトウショウ[5112]オークス2着秋華賞1着 330円

 2頭はなぜ敗れたのか。目を皿にして馬柱を眺めました(^.^)。
 その結果「エリザベス敗退の理由」として共通している点を見つけました。それは桜花賞の着順です。エアメサイアは桜4着、スイープトウショウは桜5着と負けていたのです。
 推察するに芝20と芝24は同じ力で走れる。しかし、芝22になると、むしろマイルの瞬発力が必要なのでしょうか。それゆえこの2頭はエリザベスで負けたのかもしれません。

 まとめると3歳秋華賞馬が1番人気となったとき、オークス・桜花賞の実績をチェックして怪しいとなったら(3歳馬が4着以下に落ち)、4歳5歳の上位中位人気の馬連ボックスを買っておく――といった戦略を立てておきたいところです。その際4歳の独占はなく、5歳が1頭絡む。

 そこで、今年の3歳両女傑を見ると、
・秋華賞1着ショウナンパンドラ[3402]オークス不出・桜花賞不出
・秋華賞2着ヌーヴォレコルト [4211]オークス1着・桜花賞3着

 ショウナンパンドラ[3402]は秋華賞がGI初、オークス・桜花賞は不出走。マイル実績は京都OP2着のみ。ここでは苦しそうです。1番人気はまずヌーヴォレコルトでしょう。成績[4211]はエアメサイアに似ています。しかし、桜花賞は3着。ビミョーです。頭は危ないかもしれません。かくして、私はこの両馬良くて2着だろうと思えるのです(^_^)。

 そうなると、◎○は4歳4頭から選びたいと思って04、05年の1着馬を検討してみました。以下の通り、ともに4歳で2番人気でした。
 05年1着4歳スイープトウショウ(前年秋華賞1着、オークス2着、同年宝塚1着)
 04年1着4歳アドマイヤグルーヴ(前年秋華賞2着、エリザベス1着、同年秋天3着)

 共通しているのは前年(3歳時)牝馬GIで好成績であったこと。同年牡馬GIで入着していることです。そこで、今年の4歳馬を比べてみます。
 今年の4歳馬(4頭)
・15ディアデラマドレ[5105]前G2府中牝馬S1着、G3マーメイド1着
            前年エリザベス9着
・16スマートレイアー[5213]前G2府中牝馬S2着、G2阪神牝馬S1着、今年5戦[2111]
            昨年秋華賞2着
・06メイショウマンボ[6206]今年G2-7着→ヴィクマイル2着→宝塚11着→京都大賞典10着
            昨年桜10着、オークス1着、秋華賞1着、エリザベス1着。
・01ラ キ シ ス [3304]前G2オールカマー2着。今年4→2→15→2着
           昨年エリザベス2着

 スイープトウショウ、アドマイヤグルーヴに匹敵する馬と言えば、オークス・秋華賞1着・エリザベス1着のメイショウマンボしかいないでしょう。これはぜひ◎に……と言いたいところですが、今年の成績がイマイチ(-.-)。スイープとグルーヴは牡馬GIで好成績をおさめていました。
 う~ん。困った、どうしよう……と考えているうちに前日発売の開始。メイショウマンボは馬連4番人気でしたが、単勝は2番人気です。1番人気は予想通り3歳ヌーヴォレコルト。これはスイープ・グルーヴの年と重なります。「よっし。4歳の2番人気なら買え」と思って(^.^)メイショウマンボを◎にします。

 ここでいつもの実績一覧表です。3歳女傑が抜けたABになりました。

 【実績一覧表】 京都 芝22 18頭(牝馬)
                注…値の後の英文字は馬連順位
順番馬        名- 値 人= 特  記・不安点?
A12ショウナンパンドラ-112 B=3走RX 前GIV 芝[3402]L20TX
B05ヌーヴォレコルト -104 A=3走RX 芝[4211]L20TX
C18アロマティコ   - 88 H=
D16スマートレイアー - 74 E=芝[5213]前3FY
E10ヴィルシーナ   - 66 G=3走RX 逃げA L24TX GI2勝 5ヶ月休明?
F06メイショウマンボ - 62 D=GIL22V GI3勝
G15ディアデラマドレ - 60 F=前G2V 前3FY
H09ホエールキャプチャ- 60  =L22TX
QA13コウエイオトメ  - 54  =3F* 芝22[0312]
QB17ブランネージュ  - 48  =
QC03キャトルフィーユ - 48 I=
QD01ラ キ シ ス  - 48 C=3F* 芝22[2202]
QE11レッドリヴェール - 46  =新馬→G3→GI3連勝
QF02フーラブライド  - 40 J=
QG08グレイスフラワー - 34  =前3FX 前より4キロ増?
QH07サンシャイン   - 34  =
QI14サングレアル   - 32  =
QJ04オメガハートロック- 32  =

 人気との関係では中位でメイショウマンボ、下位でラキシスが目立ちます。
 自分で作った一覧表に自分の推理で逆らっていいのかどうか。ここまでABの数値がいいと3複2頭流しでいきたくなります。

 そこで迷いつつの結論(^_^;)。
 まずは当初予感(3歳女傑を2頭軸)と実績一覧表のABが重なったので、パンドラ・ヌーヴォの2頭流しで456歳馬7頭への3連復をまず買っておきます。

 そして表の4頭絞りは推理通り4歳06メイショウマンボを単勝軸の◎。相手は(不甲斐なくも絞りきれず(^_^;)以前やった○▲2頭流し。3歳からやはり12ショウナンパンドラ・05ヌーヴォレコルトを○▲。そして、5歳から牝馬GI[2401]の10ヴィルシーナを○に。
 ヴィルシーナは宝塚記念3着以来の出走がネックですが、ぎんぎんの逃げ馬がいないここは、この馬がてれてれ逃げると思います。今年ヴィクトリアマイルを逃げて勝ったように底力があって怖いと思いました。そして、古馬△として4歳01ラキシスと16スマートレイアーの2頭を。

 よって買い目は
 単 勝=06メイショウマンボ
 馬連単=06→12 05:06→10 01 16
 3複単=06→12=05→10 01 16 :06→10→01 16
 3連複=12-05→15 06 01 16 18 10 09

 さて、いつものウラですが、表が絞りきれなかったし、そこそこ穴馬券も入っているので、今回ウラはなしにしたいと思います。

 ただ、1頭だけ未練がましく捨てがたい馬がいます。ところが、その馬3歳馬だから取り上げづらいのです。しかもパンドラ・ヌーヴォの陰に隠れてチョー人気薄。たぶんダメだろうと思いますが、念のため書いておきます。
 ウラのウラとも言うべきその馬は3歳11レッドリヴェールです。前日夜の単勝は11番人気。れっきとした無敗のGI馬なんですが……。
 昨年新馬→G3札幌2S→GI阪神JFを3連勝。今年ぶっつけで桜花賞をハープスターの2着。ものすごい末脚でした。
 ところが、その後ダービー参戦12着惨敗(-.-)。秋になってローズS1番人気6着(-_-;)、秋華賞2番人気6着(--;)。私は秋華賞でレッドリヴェールを○にして馬連は◎ヌーヴォとの1点絞り――で裏切られました。裏切られついでにもう一回追っかけます(^_^;)。
 今回はフタケタ人気なので、単複200万くらい買ってもいいでしょう(^.^)。

 さて、結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2014.11.03

天皇賞秋、結果とほぞかみ

  秋天結果は……ワイド1点、3複28.5的中(^_^)
 1着―04スピルバーグ…………[△]G 単勝=11.0
 2着―01ジェンティルドンナ…[◎]B
 3着―15イスラボニータ………[○]A
 4着―11ラブイズブーシュ……[?]QE(13位)
 枠連=2-1=13.4 馬連=04-01=31.4 馬単=67.8
 3連複=04-01-15=28.5 3連単=232.9
 ワイド12=9.8 W13=5.8 W23=3.4

※ ウラ●デニムアンドルビーは中団後ろの追走で4角12番手から上がり3位の33.9で追い込みました。しかし、掲示板にも載れない7着止まり。むしろ4角デニムと同位置から上がり1位の33.7で追い上げた04スピルバーグが優勝――と、秋天の結果を見ながら、ここまで書いて「あれっ?」と、あることに気づきました。

 デニムとスピルバーグの4角位置は同じでした。ということは上がり3F、デニムとスピルバーグのタイム差はコンマ2です。走破タイムを見れば、スピルバーグが1597でデニムアンドルビーは1599。やはりコンマ2差。「なんだ、デニムアンドルビーも結構がんばっていたんだ」と思いました(^_^)。
 1着、7着と書くとずいぶん差があるように思えますが、7頭が2馬身ほどの中に固まってゴールしたのです。

 実績一覧表ではトップのイスラボニータと2位のジェンティルドンナが抜けていました。総合力で2頭の上位は揺るがない。昔の私ならジェンティル◎、イスラ○と印を打って「まずは3複[◎-○→総流し]」としたことでしょう(^_^;)。
 結果は3複2850円の的中。16点流しでこの配当だから、取りあえずプラス。しかし、3連系総流し馬券は百万円(^.^)しか買わないし、3連単総流しを表裏で買うと、そちらは全滅です。おそらくその他もぞろぞろ買っているから、購入は1万円。払い戻しトータルマイナスとなって「当たってトリガミ(-.-)」こんな顔だったと思います。

 しかし、このような予想はやめました。イスラボニータは3歳馬であり古馬との初対戦。ジェンティルドンナは宝塚の負け方がどうにも引っかかる。よって、両馬の1、2着はないのではと思ってワイド1点にしました。
 配当は340円と安いけれど、両馬からぞろぞろ馬連を買っていたら、買い目が倍々に増えていくので、トータル払い戻しは3倍を超えないでしょう。1点に絞って余計な馬券を買わなかった点で満足感がありました(^_^)。

 ただ、3連複は相手を5頭に絞って的中しただけに、また、3連単が2万もついたことがわかって……「くあーっ」とほぞを噛みました(^_^;)。
 実は予想で、「◎○は2着3着の可能性が高いので、3連単は△5頭を頭として◎ジェンティル2着、○イスラボニータの3着付けで買いたい」と書こうと思っていたのです。
 これで5点。相手を裏表にしても10点の買い目。買っていれば3連単配当2万ですから、
「そんなに高かったんだ? 買うんだった!」と叫ぼうってもんです(^.^)。

 しかし、このような買い方はこれまでしたことがなかったし、潔くないと思ってウラ●からの単勝系馬券としました。それが来なかったのだから仕方ありません。《潔く》あきらめます。
 それに(正直に書くと)、◎○が3着内に来る予想には自信があったけれど、もう1頭が何か全く自信がなかったのです(^_^;)。

 勝ったスピルバーグは実績一覧の特記で[前TX 3FY]がありました。前走毎日王冠3着のタイム1453をタイム差換算すると全体のトップであり、上がりも前走に限ればトップでした。それがそのまま出た感じです。
 レースは1000メートル通過60.7とやや遅いとも思えるペースで、ゴール前100メートルの段階では、先行したジェンティル、イスラボニータの1、2着だろうと思いました。そこを4角12番手からごぼう抜きしたのだから、スピルバーグ強かったと思います。
 他に良い点はなかったのだろうかと探したら、同馬は東京コース[5121]の鬼でした。
 コース得意の順に並べてみると、
 Aイスラボニータ  [4100]
 Bジェンティルドンナ[3100]
 Cフェノーメノ   [3201]
 Dスピルバーグ   [5121]

 スピルバーグは最多の5勝があり、勝っても不思議なかったのですね。
 フェノーメノは春天以来の出走で、過去データからは好走が難しい。そのデータを信じてフェノーメノをカットすれば、コース得意ベスト3は3頭に絞られ、それが321着。
 競馬って終わるとほんとに単純です。まーいつもの結果論ですが(^_^;)。

 ところで、この日はいつものいとことテレビ観戦。
 いとこもイスラボニータ、ジェンティルドンナからあれこれ買っても仕方ないので、穴馬からの2頭流し戦術でした。いとこは1頭に絞らず、数頭列挙していました。スタート前の会話に、
彼「東京得意だからスピルバーグ買おうと思ったけど、騎手を見て無理だろうと思って変えた」私「どの馬に変えたんですか」
彼「武豊のヒットザターゲットだ」
私「いやーさすがにそれはないでしょう。惚れた女にさんざんだまされたのに、まだ追いかける男のようなもんですね」
彼「これが最後だ。これで来なかったら、もう買わない!」

 ……レース後馬券は全滅で押し黙ったいとこに私は言いました。
「ヒットザターゲット、5着に来ましたねえ。武豊やるじゃないですか」
「しかし、豊はもう3着まで引き上げる力がなくなった。ここまでだ!」
 私は「まだ見限らない方がいいような気がするんですが……」
 と言いましたが、今後どうなることか(^_^)。

 それにしても、先週菊花賞の勝利騎手が酒井学。騎手歴17年目にして芝GI初勝利(ダートGI1着一度あり)。今回スピルバーグの鞍上が北村宏司。騎手歴16年目。GI勝利は06年ヴィクマイルのダンスインザムード以来、8年ぶりのGI2勝目。
 今年前半の芝GI勝利騎手はデムーロ、川田、蛯名、蛯名、浜中、内田、岩田、横山典、柴田義、横山典でした。言うならばA級かB級上の騎手(?)。

 ところが、後半はこれまで4レースで秋華賞の浜中を除くと、スプリSがスノードラゴンの大野拓弥(騎手歴10年GI初勝利)、そして酒井、北村宏ですから(失礼ながら)C級D級騎手が穴をあけています。
 競馬では「気づいたときは終わったとき」の格言があるものの、GIは残り7レースあります。この傾向はまだ終わっていないかもしれないので、注意したいところです。

 もちろん私はC級D級騎手の活躍を賞賛しています。なぜなら私もとてもA級とは思えないC級D級予想家ですので……(^_^;)。

 ○ C級の騎手のがんばり良いけれど 軽視しすぎて馬券を外す(^.^)

=================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

2014.11.01

天皇賞秋、直前予想

 さー明日はいよいよ天皇賞秋。荒れるか荒れないか……ビミョーです。
 昨年は忘れましたが、いつも秋天の前には年度代表馬を見通した予想を試みています。
 そこでいつものクイズですが、今年これまでの(年度代表選定に関係する)GI勝ち馬の名を全て言えるでしょうか。今年短距離部門を連戦連勝の馬はいないから、マイル以上のレース勝ち馬を以下に列挙します。私は大方忘れており(^_^;)、調べてみたら今年国内・国外GIを2勝している馬が1頭だけいました。さて、その馬の名は?

 3歳GI勝ち馬
 ・皐月=イスラボニータ ・ダービー=ワンアンドオンリー
 ・菊花=トーホウジャッカル ・NHKマイル=ミッキーアイル
 ・桜花=ハープスター ・オークス=ヌーヴォレコルト
 ・秋華=ショウナンパンドラ
 古馬GI勝ち馬
 ・春天=フェノーメノ ・安田=ジャスタウェイ
 ・宝塚=ゴールドシップ ・ヴィクM=ヴィルシーナ
 海外GI
 ・3月ドバイシーマ1着=ジェンティルドンナ
 ・3月ドバイデューティフリー1着=ジャスタウェイ

 今年すでにGIを2勝している馬はジャスタウェイでした。
 よって、今後JCか有馬を勝てば、GI年間3勝となって年度代表馬最右翼でしょう。
 同馬は凱旋門に負けたものの、10月末現在世界ランクは依然1位だそうです。その馬を年度代表馬にしないわけにはいかないかもしれません(^.^)。
 かといってジャスタウェイは連対最長距離が芝20までで、唯一の芝24ダービーは11着でした。どうもJC・有馬で勝つイメージが湧いてこないのですが……。
 それからハープスターは次走JCのようです。こちらはJCで直線ぶっちぎりの優勝の可能性があり、それなら一躍年度代表馬候補に名乗り出るかもしれません。
 また、もう一頭凱旋門に出たゴールドシップは次走有馬の予定とか。東京コースイマイチだからでしょうか。となると、ゴールドシップも有馬優勝なら、年度代表馬候補です。

 そして、これらGI勝ち馬の中で今回秋天に出走するのは以下の3頭。
 ・5歳牝01ジェンティルドンナ(宝塚以来)
 ・5歳09フェノーメノ(春天以来)
 ・3歳15イスラボニータ(前走G2セントライト記念)

 ネットケイバではこの3頭が123番人気であろうと予測しています。この3頭も秋GIで2勝目、さらに3勝目をあげれば、年度代表馬候補に名乗り出ます。この3頭がこれから3連勝すれば、問題なく年度代表馬……でしょうが、それはさすがにないと思います(^.^)。

 さらに、秋天出走のGI実績馬では昨年の菊花賞馬05エピファネイアがいます。今年G2大阪杯3着、海外GIクイーンエリザベス4着とぱっとせず、それ以来の始動です。はて、これから連勝、3連勝できるかどうか……。
 その他13カレンブラックヒル(5歳)が3歳時NHKマイル馬、16トーセンジョーダンが3年前秋天優勝、翌年の秋天2着が光ります。しかし、両馬はその後ぱっとせず、トーセンはすでに8歳馬。よくて3着候補でしょう(^.^)。

 ここで、古馬GIですので、いつものように年齢構成を眺めておきます。代表馬は1、2頭列挙します。
 3歳1頭=15イスラボニータ
 4歳3頭=05エピファネイヤ
 5歳7頭=01ジェンティルドンナ 09フェノーメノ
 6歳2頭=18マイネルラクリマ
 7歳4頭=06ダークシャドウ
 8歳1頭=16トーセンジョーダン 
 他牝2頭=01ジェンティルドンナ 03デニムアンドルビー

 特徴的な点は5歳馬の多さです。また、秋天は牝馬も結構激走するので、4歳デニムアンドルビーも軽視したくない気持ちです。
 面白いのはジェンティルドンナは5歳牝馬ですから、唯一3歳馬のイスラボニータとジェンティルドンナが3着内に来ると見なせば、もう一頭は人気上位なら4歳か5歳。人気下位なら678歳の3頭と牝馬のデニムが面白い気がします。
 よって、この段階の単純馬券3連複は以下の通り(^_^)。
 [15=01→05 09:18 06 16 03]

 ここでいつもの実績一覧表です。順調な上位馬となっています。

 【GI天皇賞秋 実績一覧表】 東京 芝20 18頭(牝2歳)
                注…値の後の英文字は馬連順位
順番馬    名- 値馬= 特  記
A15イスラボニータ -148 A=全[6200]RX 東京[4100]
B01ジェンティルドン-132 B=全[9313] RXGI6勝 3FX 東京[3100]
C05エピファネイア -108 D=全[5212]RX 6ヶ月休明?
D06ダークシャドウ - 96  =芝20[3402]7歳?
E09フェノーメノ  - 78 C=RX L22TX6ヶ月休明?
F08ディサイファ  - 78 H=LTX L18TX 芝20[2433]
G04スピルバーグ  - 78 E=前TX 3FY
H18マイネルラクリマ- 74  = 逃A 芝20[2120]前G2V
QA10ペ ル ー サ - 70  =芝20[3211]7歳?
QB07サトノノブレス - 70  =
QC16トーセンジョーダ- 66  =8歳? L20TX
QD12フラガラッハ  - 64  =7歳?
QE11ラブイズブーシュ- 64  =
QF02ヒットザターゲッ- 60  =
QG13カレンブラックヒ- 58 I=
QH03デニムアンドルビ- 56 G=3FY
QI17アスカクリチャン- 52  =7歳?
QJ14マーティンボロ - 44 F=芝20[6133]

 数値100を超えた馬が3頭もいます。3歳でも[6200]のイスラボニータはさすがの数値でトップです。GI6勝のジェンティルドンナも抜けています。
 春天2連覇で天皇賞3勝目を目指すフェノーメノはそれ以来の出走がどう出るか。宝塚記念以来なら連対実績がありますが、エピファネイヤも半年の休み明けです。土曜前日オッズはやはりこの4頭で1~4番人気ですが、果たして4頭で決まるかどうか。
 真ん中へんの順位では04スピルバーグと08ディサイファ。毎日王冠3、4着馬です。また、下位では追い込み鋭い03デニムアンドルビーと芝20の成績優秀な14マーティンボロに注目でしょう。

 さて、ここで表の結論です。
 年齢、実績一覧からABのイスラボニータ、ジェンティルドンナを2軸にしたいと思います。
 どちらを◎にするかですが、イスラボニータは成績[6200]と優秀だけれど、以前書いたように1番人気の1着は前走セントライトだけ。秋天では過去10年3歳馬の1着はなく、2着が最高。3歳馬が初めて古馬と対戦するときは割引きが必要だと思います。かつて怪物オグリキャップ、名馬ディープインパクトも古馬との初対戦では勝てず、ともに1番人気で2着に負けています。8連勝で3冠馬となった皇帝シンボリルドルフも古馬
との初対戦JCでは3着でした。
 3歳馬の優勝は2002年シンボリクリスエスまでさかのぼらねばなりません。クリスエスは青葉賞1着→ダービー2着→神戸新聞杯1着から秋天挑戦でした。成績は秋天前[4221]で1番人気は4回のみ。やはり若干の裏切り馬でした。それもあって秋天では650円の3番人気。しかし、裏切り馬は低人気の時「買っておいしい(^.^)」の言葉どおり1着。
 それと比べると、皐月賞馬イスラボニータは今回1番人気になってしまったので、うまみがなく、2着もしくは3着と思って○にします。そこでジェンティルドンナの◎。
 ただ、同馬はすでにGIを6勝して一昨年年度代表馬にもなっており、すでに5歳。今年2月G2は6着、ドバイGIこそ1着だったけれど、宝塚は1.2秒差の9着。こちらも2着、3着以下の可能性があります。よって実質的に印は○○とみて単勝・馬単は買わず、馬連・ワイドの1点買い。表は3連復で勝負します(^_^;)。
 3番手△候補は6ヶ月休み明けで馬順CDの05エピファネイヤ、09フェノーメノを嫌って追い込み鋭い03デニムアンドルビー、毎日王冠3、4着の04スピルバーグと08ディサイファ。芝20の成績優秀な14マーティンボロ。大外から逃げるであろう18マイネルラクリマ。「まさかの逃げ残りがあるかも」と拾っておきます。

 よって表の買い目は
 馬連W=01-15 
 3連複=01=15→03 04 08 14 18

 さて、ウラですが……最近妙な予想をやっています。たとえば16頭立てで6頭に◎○などの印を付け、その後カットした10頭より最も人気の高い馬2頭を抜き出し、最後にメモしておく、といった予想です。すると、その2頭のうち1頭がよく激走するのです(^_^;)。「なにそれ」って感じで腹立たしいのですが、これが現実です。
 で、今回表で印を付けた馬は計7頭。カットした残りの中で最上位人気は馬順CDの05エピファネイヤと09フェノーメノです。
 しかし、6ヶ月休み明けの両馬をウラ●にする気はせず、ウラの3番手候補として復活させたいと思います。
 そこで狙ってみたいウラ●は牝4歳の03デニムアンドルビーです。宝塚5着以来の出走。今年はGIドバイシーマ10着→ヴィクマイル7着→宝塚5着とイマイチ。
 しかし、昨年のジャパンカップが強烈な印象として記憶に残っています。当時3歳牝馬の身で7番人気。4角13番手から上がり最速33.2でジェンティルドンナの2着に食い込みました。同馬は芝20[2001]で悪くありません。後方をてれんこてれんこ追走して直線だけに賭ければ「突き抜けるかも」と思ってウラ●にします。馬券は表の○2頭にカットした2頭を3番手候補として。

 よってウラの買い目は
 単 勝=03デニムアンドルビー
 馬連単=03→15 01:05 09
 3複単=03→15=01→05 09

 以上です。
 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »