« July 2017 | Main | October 2017 »

2017.09.30

スプリンターズステークス直前予想

 さー明日は後期GIの開幕スプリンターズS。初っぱなから大的中といきたいところですが、難解です。全成績複率75を超えているのはただ1頭、実近AAの福永10ビッグアーサーだけです。昨年スプリS惨敗の雪辱を期すわけで、芝12も[8203]とチョー優秀。普通なら人気上位で私も再度◎とするところです。

 ところが、同馬は昨年12月以来10ヶ月の休み明け。ビミョーと言うよりカットでしょう(^.^)。GIの長欠明けが厳しいことはご存じの通り。ただ、ときどーき、激走するから困ります。
 今も記憶に残っているのは1993年の有馬記念。1着トウカイテイオーは前年有馬記念1番人気11着以来ジャスト1年ぶり。「さすがに無理だろう」と軽視したら、中団からまくって勝ちました。4番人気940円。

 同馬は新馬から皐月・ダービー連勝の7連勝馬でした。前日オッズは1000円だったので、「買っとこうかなあ」と思いながら、やめてほぞ噛みました(^_^;)。
 ビッグアーサーは全成績・芝12も実績なら抜けているし、トウカイテイオーの気配もあるので、まさかの単勝2枚買っときます(^_^)。

 さて、これを前振りとしてスプリSの実近一覧表。予想オッズを見ると7頭までヒトケタです。ということは実力伯仲と言えそうで、難解ぶりに拍車がかかります。

************************
 【GIスプリンターズS 実近一覧表】 中山 芝12 16頭 定量
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|性齢|馬      名|予OZ{実近}人=[全芝]特  記
A=10|牡6|ビッグアーサー| 2.1{AA}H=[8213]休明 L12TX
B=03|牡4|セイウンコウセ| 4.3{CC}C=[5205]G1高松宮V
C=16|牡7|ダンスディレク| 5.1{B09}G=[7627]3FC
D=04|牝5|フィドゥーシア| 5.3{DB} =[6526]逃A

E=08|牡6|レッドファルク| 7.4{EF}A=[5125]GIスプリSV
F=02|牝5|レッツゴードン| 8.0{FH}E=[3449]
G=09|牝5|メラグラーナ | 8.4{GE}B=[6109]3FB

H=14|牡6|ネ    ロ |11.8{0914} =[781.17]L10TX
QA=07|牝4|ダイアナヘイロ|12.9{1110}D=[6415]L14TX
QB=06|牝4|ワンスインナム|14.0{13D}I=[6306]
QC=15|牡4|シュ ウ ジ |14.3{1213} =[4308]

QD=01|牡9|スノードラゴン|16.3{H15} =[151.13]
QE=05|牡7|ラインミーティ|17.5{1016} =[533.24]逃B 3FA
QF=11|牡3|モンドキャンノ|19.6{1411} =[2203]
QG=13|牡4|ファインニード|24.1{16G}F=[622.11]前G2V L12TY
QH=12|牡6|ブリ ザード |25.3{1512} =[2156]

※年齢 3歳=1 4歳=5 5歳=3 6歳=4 7歳=2 9歳=1頭
※牡牝 牡=11頭(セ=1) 牝=5頭
      注…香港馬1頭=12ブリザード
※格
G1V=6頭(最多1勝)
 A08レッドファルク[1021]◎ B03セイウンコウセ[1000]○
 C02レッツゴードン[1307]  D12ブリザード  [1023]
 E10ビッグアーサー[1002]  F01スノードラゴン[1105]

G2V(GIV除く)=3頭(最多1勝)
 A15シュ ウ ジ [1100]  B13ファインニード[1000]
 C11モンドキャンノ[1101]

※芝12優秀
 A10ビッグアーサー[8203]◎ B07ダイアナヘイロ[5312]
 C03セイウンコウセ[3101]  D16ダンスディレク[3312]
 E08メラグラーナ [3011]  F06ワンスインナム[3001]

※中山コース優秀
 A09メラグラーナ [3000]◎ B06ワンスインナム[2001]
 C03セイウンコウセ[1100]  D01スノードラゴン[5423]

※昨 年123着(16頭) 性齢(人気) 前走
1着=13レッドファルクス牡5(3人) G2CBC賞  1着
2着=15ミッキーアイル 牡5(2人) GI高松宮記念 2着
3着=04ソルヴェイグ  牝3(9人) G3キーランドC4着

今年=13牡4ファインニードル 15牡4シュウジ 04牝5フィドゥーシア
-----------
 ★ 直前予想

 オッズ分析の前にまず4頭絞りを。年齢から456歳、前走ステップも考慮して以下の4頭に絞りました。なお、今回より父馬の産駒成績は省略させて頂きます。
                   父
 ◎牡403セイウンコウセイ 幸    アドマイヤムーン
 ○牝502レッツゴードンキ 岩田   キングカメハメハ
 ▲牡608レッドファルクス デムーロ スウェプトオーヴァーボード
 △牡413ファインニードル 内博   アドマイヤムーン

 ◎03セイウンコウセイは芝12良し、中山も[1100]。なんと言っても本年高松宮記念1着馬。中京を4番手先行から抜け出した点は中山芝12でも充分通用すると見ます。引っかかるのは6月G3函館SS4着以来3ヶ月半の休み明けである点。単勝軸とは言いづらい気がして馬連軸の◎です。

 ○は思い切って02レッツゴードンキ。牝馬5頭の中では中山3戦3勝のメラグラーナかもしれません。しかし、同馬は格の点でイマイチ。牝GI戦で1、2着があるのは桜花賞馬のレッツゴードンキだけ。他4頭は牝馬GI未出走。
 また、牡牝混合GIでも、他4頭は初か3着内なし。対してレッツゴードンキは高松宮の2着があります(着外も多いけれど)。G3に限ると[1141]複率86でかなり優秀。ここは格からレッツゴードンキを取り上げました。

 ▲はやはり08レッドファルクス。昨年のスプリS1着馬であり、G2、G3も各1勝。重賞計[3022]と優秀。ただ早6歳。安田記念以来というのもひっかかるし、追い込みだから、追って届かずがあるかもと2、3着候補です。
 最後にG2V馬から△13ファインニードル。GI初ながら前走芝12のG2セントウルS1着なら文句なし。
 馬券は3複4点、馬連◎→○▲△3点とします。

 そしてウラ●としていろいろ考えましたが、どうにもいいのが見つかりません。 唯一3歳の11モンドキャンノが重賞出走率86でトップ。つまり、新馬1着後2戦目から前走まで6戦重賞出走です。G2Vがあるし(ただ2歳京王杯2S)GI朝日杯も2着。ところが、今年G3戦は10→9→6着。さすがにきついでしょう。

 そこで、前振りで書いた10ビッグアーサー。表4頭で単勝を買いたい馬がいないので、単勝を買うのだからと、ビッグアーサーをウラ●にして表4頭に少々流してみます。

 さて、私が買いたくない(カットした)馬は目下4連勝の07牝4ダイアナヘイローと中山3戦3勝の09牝5メラグラーナです。
 カット理由はダイアナヘイローがGI初、中山も初。一方、メラグラーナは追い込みタイプでGI・G2は2戦着外でG3も[1002]とイマイチだからです。
 この牝馬2頭で1、2着というのも考えづらく、私は断固カット(^_^;)。ただ、皆様方は馬券に入れた方が良いかもしれません。

 最後にオッズ分析です。
 【スプリンターズS、枠連順位表】A流れD
 枠連=ABC/D/EFG/H/
 枠順=452/1/783/6/
 馬順=ABC E FG09 11
 代行=DH13 15 161410 12
 -------------
 今回の最大特徴はG3枠、H6枠もよく買われて無視できない点です。
 馬順A08レッドファルクスはBからGまで流れて強い。しかし、枠連は同枠4番人気の07ダイアナヘイローがいるのに、枠Dまでしか流れていない。ということは枠BCも強いと言える。
 馬連を信じてA4枠が強いと見るなら、相手はEFGHの7836枠流しがお勧め。もしもA枠が消えるなら、B5枠[09メラグラーナ・代行10ビッグアーサー]からCDの2・1枠へ流したいところです。
 お勧め枠連
 A→EFGH B→CD=[4→7836 5→21]


============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

後記:日曜夜に凱旋門賞があるようです。私は海外GIはつまらないので、予想も馬券も買わないことにしました。つまらないと言うのは、海外競馬中継はどの馬がどこにいて直線でどう抜け出して勝ったのか、どう負けたのかさっぱりわからないからです。つまり、馬券を買っても声が出ないし、応援のしようがない。
 昨年以降海外競馬中継を見て日本の競馬中継がいかにファンのことを考えてズームしたりスパンしたりしているかよくわかりました。日本の撮影スタッフが現地に行って中継してくれるようになったら、予想したいなと思います(^.^)。

| | Comments (0)

2017.09.27

スプリンターズS、昨年結果と回顧

 ご無沙汰いたしております。毎度ほぞ噛み御影祐です(^_^)。
 夏のローカル、秋競馬中山阪神はいかがだったでしょうか。
 いよいよ後期GIの開始。週末は第一弾スプリンターズSです。

 ローカル開催中、実近一覧表の改良に取り組み、オッズ分析も馬券につながるシステム作りを進めてきました。中山阪神開催で試してみると、結果はイマイチ(^_^;)。
 しかし、これからはオッズ分析を予想の中心に据えようかと考えています。予想が短文になるからです(^_^;)。
 なんにせよ相変わらず試行錯誤のほぞ噛み予想、よろしくお願いいたします。m(. .)m

 さて、今週末のGIスプリンターズS――難解です。
 ネット予想では1番人気デムーロの6歳レッドファルクスと見ています。昨年のスプリンターズS1着馬。今年も連に絡んで不思議なし。ただ、その後[香港GI12→高松宮3→京王杯1→安田記念3着]とビミョーな成績。安田記念6月以来の実戦はほぼ3ヶ月の休み明けです。すでに6歳だし中山は2戦だけ。東京・中京の左回りの方が成績優秀というのが引っかかります。
 もっとも、この馬を除くと、後は帯かたすきといった感じだから、荒れそうな予感もあります。そもそも昨年は[3→2→9人気]で3連単18万、一昨年も[1→11→9]で3連単10万。一筋縄ではいかないと思った方が良さそうです。

 以下昨年の実近一覧結果と回顧です。
 1番人気単勝180円のど本命福永ビッグアーサー。実近・オッズ全てAのトリプルAとあって私も◎(内心負けるかもと思いつつ)。結果はなんと12着惨敗。
 ほぞ噛み予想は123着全て[?]と最悪の結果でした。参考にならないかもしれませんが、おヒマならご一読下さい(^_^)。

*****************************
 ※ 昨年スプリS結果と回顧 ※

 スプリンターズS、結果は……ビッグアーサーまさかの敗退で全滅

 1着―デムーロ 13レッドファルクス…[?]QB 単勝=9.2
 2着―松  山 15ミッキーアイル……[?]C
 3着―田  辺 04ソルヴェイグ………[?]QH
 4着―川  田 05シュウジ……………[△]F
 5着―大  野 07スノードラゴン……[?]D
  前日馬順=[C→B→G→E→12]
 枠連=7-8=20.0 馬連=13-15=44.9 馬単=82.4
 3連複=13-15-04=422.3 3連単=1800.6
 ワイド12=14.7 W13=34.7 W23=34.5

---------------
 【2016スプリンターズS 実近一覧表結果】 中山 芝12 16頭
                 (人気は前日馬連順位)
順=番|性齢|馬   名|予OZ{実近}人=[芝全][芝12]特  記
A=01|牡5|ビッグアー| 2.1{AA}A=[8211][8201]AAA 中山初 ◎12
B=11|牡6|ダンスディ| 7.3{BD}D=[6614][2301]中山初   △
C=15|牡5|ミッキーア|10.0{DC}B=[7316][0112]半年ぶり ――2
D=07|牡8|スノードラ|13.5{C09} =[1516][1215]中山優  ――5

E=06|牝5|ベルカント|16.0{09B}J=[6219][2216]3FY 逃A  △
F=05|牡3|シュウジ |16.7{HE}E=[3303][1200]3FZ 中山初 ▲4
G=16|牡5|ネ   ロ|16.9{10F}H=[681.13][450.10]逃B  △
H=14|牝6|ウリ ウリ|19.8{E12} =[642.16][1103]

QA=09|牡5|サトノルパ|21.7{G10} =[532.10][2003]中山初
QB=13|牡5|レッドファ|24.0{13H}C=[3104][2000]3FX ダ多 ――1
QC=10|牡6|レッドアリ|24.5{F13} =[743.21][0001]
QD=12|牝4|レッツゴー|24.8{15G}I=[2247][0021]中山初  ○●9

QE=03|牡6|ティーハー|31.8{1414} =[635.14][6238]
QF=08|牡8|サクラゴス|33.2{1115} =[940.21][3309]
QG=02|牝3|ブランボヌ|34.7{1216}F=[3023][3000]中山初
QH=04|牝3|ソルヴェイ|39.7{1611}G=[3023][1011]中山初 ―――3

※年齢 3歳=3 4歳=1 5歳=6 6歳=4 8歳=2
※牡牝 牡=12頭(セ=0頭) 牝=4頭 
※昨年 1着=02ストレイトガール 2着=04サクラゴスペル
    3着=06ウキヨノカゼ
 今年=02ブランボヌール・04ソルヴェイグ・06ベルカント
※G2V馬(GIVのない)=3頭
・04ソルヴェイグ(16年フィリーズレビュー)・10レッドアリオン
(15年マイラーズC)・06ベルカント(14年フィリーズレビュー)

************************
※ レース回顧

 参りました(-.-)。ど本命1番人気ビッグアーサーまさかの敗退。
 ただ、私金曜日の段階ではビッグアーサーが「負けるかも知れないいちゃもん」を結構書いていました。以下ポイントを羅列すると、

・最内01番はなぜか過去10年3着1回しかない。
・振り返れば初戦は3歳の4月であり当然未勝利戦。しかもローカル福島。そして4番人気とやや低評価の1着(期待値低し?)。
・最大の問題は中山コース初であること。東京も走ったことがない。つまり関東初見参。さらに走破距離は芝12が11回、芝14が1回。つまり、マイル以上を走ったこともない。
・名だたる短距離馬だったサクラバクシンオー産駒にしては短距離GI2勝は少ない気がする。
・中山芝12は阪神芝12と違ってハイペースになりやすい。その分差し馬も届く。ビッグアーサーは逃げ争いに巻き込まれると危ない。かといって6番手くらいに控えたなら、直線で前が壁になって手詰まりになるかもしれない。すると、外側を追い上げる(と言うか差してくる)馬にあぶらげさらわれて2着の可能性がある。

 ――と書きました。今振り返れば結構いい線突いています。
 がしかし、最後の結論は「悪くとも2着」です(^_^;)。消えることを想定していません。

 レースは入りの3F33.5でした。決して速いわけではありません。しかし、鞍上福永は「逃げ争いをしてはまずい」と思ったのでしょう、5番手に控えました。結果的にこれが敗因だった気がします。
 4コーナーを経て直線に入ると前が壁になり、突き当たるというかつんのめるようになってその後はずるずる下がるばかり。故障ではなく馬が走る気をなくしたようです。結果12着惨敗。ほげ。

 意外だったのは234着馬。ミッキーアイルは逃げて2着。ソルヴェイグ・シュウジも2、3番手先行で3着4着に残りました。ればたらはないけれど、ビッグアーサーも先行していればすんなり抜け出しただろうし、であれば最低でも2、3着に残れたのではないかと思います。

 もっとも、我が予想、最大の問題はここからです。仮にビッグアーサーを(チョー思い切って)△にしたとして馬券は当たるか――と言えば当たりません(^.^)。
--------------------
 問題は私がカットした半年休み明けの15ミッキーアイルと《ダート多》の13レッドファルクスが馬順BCであることです。困ります(^_^;)。私がカットした人気上位馬はしばしば好走するのです。参りました。
 しかし、来たらごめんなさいで、この2頭初志貫徹どおり「切りたい!」と思います。
--------------------
 このていたらく、笑ってしまいます。私が自信を持って蹴った馬が着内に入ることがしばしばあるのでほんとに参ります。この2頭で1-2着。

 今となってみれば、ひそかに2頭の馬連買っときゃ良かったとほぞ噛みです。単勝2、3番人気の馬連が44倍だなんて……めったにない馬券でしょう。

 それほどビッグアーサー軸の馬連がずらりと並んでいたわけで、その下に馬連BCがあったのです。オッズ分析で言うと、普通もっと上にあります。相手筆頭の2頭ではあるけれど、この組み合わせはないと見なされたのでしょう。
 今後は「私が自信を持ってカットする馬はこの2頭です。みなさんはこの馬連1点買っておいてください」と言うことにします(^_^;)。

 それから一覧下の特記事項で「昨年の123着馬の馬番(02.04.06)」のうち04番ソルヴェイグが入り、「G2V馬(GIVのない)=3頭(04.10.06)でも04番が3着に入りました。私はソルヴェイグが一覧最下位だったので、軽視しましたが、G2V馬はやはり注目すべきですね。

***********


===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。(御影祐)

| | Comments (0)

« July 2017 | Main | October 2017 »