« 有馬記念、直前予想 | Main | ホープフルS、直前予想と一覧トップ3前後期結果 »

2018.12.24

有馬記念、結果とほぞ噛み

 有馬記念結果は――過去の栄光、取り戻せず無念……の完敗(^_^;)

 1着―池  添 08ブラストワンピース……[・]QB 単勝=8.9
 2着―ルメール 12レイデオロ………………[◎]A
 3着―ボウマン 15シュヴァルグラン………[?]F
 4着―マーフィ 11ミッキーロケット………[?]QA
 5着―川  田 14キ セ キ………………[△]E(一覧順位)
 前日馬順[D→A→09→F→B]枠順[F→A→G→A’]

 枠連=4-6=9.7 馬連=08-12=9.4 馬単=24.0
 3連複=08-12-15=49.1 3連単=253.4
 ワイド12=4.6 W13=25.6 W23=6.9
---------------
 本紙予想
 印番馬       名 性齢 馬 結果
 ◎12レイデ オロ    牡4 A 2
 ○06サトノダイヤモンド 牡5 H  6
 ▲04マ カ ヒ キ   牡5 12  10
 △14キ セ キ     牡4 B 5
 ・08プラストワンピース 牡3 D 1
 ・01オジュウチョウサン 牡7 G  9
 ・05パフォーマプロミス 牡6 E  14
 ●02クリン チャー   牡4 11  15
 ?15シュヴァルグラン  牡6 09 3
 ?11ミッキーロケット  牡5 F 4

******************************
 【GI有馬記念 実近一覧表】 中山 芝25 16頭 定量58キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F 着
A=12|4|レイデ オロ  | 2.8{BA}A=[7111]ルメル|◎○△△ 2
B=05|6|パフォーマプロミ| 3.6{AE}E=[7224]Cデム| ◎◎◎
C=06|5|サトノダイヤモン| 5.4{CD}H=[8134]アヴド|○△
D=01|7|オジュウチョウサ| 6.5{EB}G=[2002]武 豊|*△
E=14|4|キ セ キ   | 8.6{D10}B=[4243]川 田|△ ◎  5
F=15|6|シュヴァルグラン| 9.2{FH}09=[7668]ボウマ| ▲△△ 3
G=04|5|マ カ ヒ キ |10.0{GG}12=[5215]岩 田| △ △
H=03|4|モズカッチャン牝|13.4{09F}C=[4143]Mデム|△
QA=11|5|ミッキーロケット|15.6{H12}F=[560-]マーフ|     4
QB=08|3|ブラストワンピー|17.3{12C}D=[4002]池 添|   ○ 1
QC=10|4|ミッキースワロー|22.4{1114}10=[3116]横山典|
QD=13|8|スマートレイア牝|24.6{1313}16=[952-]戸崎圭|
QE=02|4|クリン チャー |29.5{1509}11=[3124]福 永|
QF=09|5|リッジ マン  |30.5{1411}13=[540-]蛯 名|  △
QG=07|7|サウンズオブアー|51.7{1016}15=[281-]藤岡佑|   ▲
QH=16|7|サクラアンプルー|53.2{1615}14=[442-]田 辺|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------
 成績補足
QA=11|5|ミッキーロケット|15.6{H12}F=[560.12]マーフ|
QD=13|8|スマートレイア牝|24.6{1313}16=[952,17]戸崎圭|
QF=09|5|リッジ マン  |30.5{1411}13=[540,13]蛯 名| △
QG=07|7|サウンズオブアー|51.7{1016}15=[281,17]藤岡佑|  ▲
QH=16|7|サクラアンプルー|53.2{1615}14=[442,11]田 辺|
-----------------------------
※年齢 3歳=1 4歳=5 5歳=4 6歳=2 7歳=3 8歳=1頭
※牡牝 牡=14頭(セ=0頭) 牝=2頭 
※格
G1V=8頭
 A12レイデオロ  [2102]2 B06サトノダイヤモン[2124]
 C03モズカッチャン[1121]  D14キ セ キ   [1112]
 E15シュヴァルグラ[1235]3 F04マ カ ヒ キ [1105]
 G11ミッキーロケッ[1007]  H01オジュウチョウサ[5001]障害GI

G2V=6頭(GIV除く)
 A13スマートレイア[3勝]  B05パフォーマプロ[2勝]
 C02クリン チャー[1勝]  D09リッジ マン [1勝]
 E10ミッキーロケッ[1勝]  F16サクラアンプル[1勝]

※芝25優秀
 A05パフォーマプロミ[2010]  B06サトノダイヤモンド[1000]
 C15シュヴァルグラン[1011]3
※中山コース優秀
 A12レイデ オロ [3001]2 B10ミッキースワロー[2101]
 C05マ カ ヒ キ[1100]  D05パフォーマプロミ[1000]
 E03モズカッチャン[1000]  F06サトノダイヤモン[1010]

※昨 年123着     (人気)前 走
1着=02キタサンブラック(1人)GIジャパンカップ3着(1人)
2着=03クイーンズリング(10人)GIエリザベス女王7着(8人)
3着=10シュヴァルグラン(3人)GIジャパンカップ1着(5人)

今年= 02クリンチャー 03モズカッチャン 10ミッキースワロー ×
----------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れF [A型] 枠順AB=7.8
 馬連型=A流れ11 [A型] 馬連AB=7.9

 枠連=ABCDE/F/GH/ 
 枠順=63271/4/85/
 馬順=AECBG D 0910 
 代行=FH121611 15 1413
 ―――――――――――――
 結果=24 5 1 3

-------------------------------
 ○ 展開予想
※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 01 14 02 11-09 15 05 12-16 06 08 03 -13 10 07 04
覧▲ ○ ◎ △ 5
3F A B D E C
本・ △ ● ・ ◎ ○ ・ ▲
結 5 4 3 2 1
--------------------------------
********************************
 ※ 回  顧

 有馬記念もいつものいとことテレビ観戦――。
 レース後ため息が出ました。「老兵は消え去るのみか」と(-.-)。

 実はスタート前いとこと印を確認し合って「いやーな予感」が湧いていました(^_^;)。
 二人とも◎12レイデオロ。これはまー当然。
 いとこも私も「頭はないと思う。良くて2着、しかし着外はないだろう」も共通。
 問題は相手にどの馬を選ぶか。

 私はとにかく5歳04マカヒキ・06サトノダイヤモンド。そして福永02クリンチャー。
 この3頭人気薄だから、実質全てウラ●のつもりで、単勝もちろん買ったし、レイデオロとの馬連・馬単・3複3単、最後の大勝負。
 ところが、この伏兵3頭、もろいとことかぶっていたのです。

 で、いやあな予感(^_^;)。このパターン十中八、九ダメなんです。
 二人揃って「よっしゃあ!」と叫ぶことは十に一あるかないかで、私が叫べばいとこは無言。彼が叫べば、私は苦虫。ぶっちゃけ、この時点で馬券不的中の確率90。
 いとこは「二人で祝杯かもしれんぞ」と楽観的でしたが……。
 結果、いとこも私も確率通りの完敗……ほげ(-_-;)。

 勝ったのは唯一3歳馬池添08ブラストワンピース。
 確かに今年後半「3歳は強い」と言われ続けました。アーモンドアイは牝馬3冠を獲っただけでなく、JCでも4歳キセキを驚異のレコードで負かしました。
 しかし、上記一覧下の特記を見てもらえばわかるとおり、ブラストワンピースの名はGI・G2V項目にありません。同馬の重賞勝ちはG3止まりです。

 成績[4002]は3歳としてはまーまー。[新馬→1W→G3毎日杯]の3連勝は優秀。その後ダービー挑戦5着、秋は裏街道8月G3新潟記念1着から菊花挑戦4着。
 GIVもG2Vもない。ダービーを勝ったワグネリアン、菊を勝ったフィエールマン、皐月を勝ったエポカドーロに比べれば格下と見なし、「ここは無理でしょう」と思ったとしても、不思議ないのではと思います。

 ただ、この馬の馬柱を眺めたとき、逆「いやあな予感」も感じていました(^.^)。
 つまり、「来るかもしれない」という予感です。
 それはダービー5着だけれど、人気は2番人気(1番人気は4連勝無敗の川田ダノンプレミアムで6着)。また、菊4着では340円の1番人気でした。すなわち、ハービンジャー産駒として巷の評価は「かなり高かった」ことを示しています。

 それで思い出したことがあります。
「そう言えば、今年のクラシックは人気薄ばかりの1着だったな」と。
 牡馬3冠1着馬の人気とその後を掲載すると、
 皐月賞 エポカドーロ  7番人気→ダービー2→神新杯4→菊花8
 ダービ ワグネリアン  5番人気→神戸新聞杯1→休養
 菊花賞 フィエールマン 7番人気→休養

 以前からよく「裏切り馬」のことを書いてきました。これら3冠V馬は穴党にとっておいしい裏切り馬です。同時に、そのとき上位人気で負けた馬は本命党にとって悲しい裏切り馬となります。
 この場合、前者が後のレースで上位人気になったときは危険な人気馬であり、後者が人気薄になったときは「激走の可能性がある」との理屈をつくっています。ダービー2番人気、菊花1番人気だったブラストワンピースは正にこれに該当するのです。
 また、私は「古馬と初対戦だろう」と思って評価を下げましたが、これ勘違いで2走前新潟記念で古馬と対戦して勝っていました。その単勝オッズは180円です。

 そして、これらのことは実近一覧のある箇所を見ればわかるようにしています。
 ブラストワンピースは9位より一つ下の10位[QB]にいます。

QA=11|5|ミッキーロケット|15.6{H12}F=[560-]マーフ|     4
QB=08|3|ブラストワンピー|17.3{12C}D=[4002]池 添|   ○ 1

 このときブラストワンピースの実績は12位、しかし近走は3位。この実績と近走のギャップが激しい馬がしばしば激走する――とわかっています。近走1位はもちろんレイデオロだから、レイデオロ-ブラストワンピースの馬連、買っておく必要があるのです。

 ……とここまでは一覧作成後気付いていました(^_^;)。一覧下位では「近走Cのブラストワンピースくさいなあ」と。
 先程「逆いやあな予感」と書きましたが、もしもその馬が人気薄なら、穴党にとって「今回は来るかもしれない」穴馬となります。

 ところが……ブラストワンピースの前日馬順はD。単勝も9倍前後の4番人気。
 ただ、枠連順位はF(6番人気クラス)となって不安定でした。
 これを見て思ったことは「私があまり買いたくない馬が4番人気かあ。人気ありすぎだよ」でした。結論は「くさいけど買いたくない」(^_^;)。

 たとえば、4年前あのジェンティルドンナが同年不振で前走JC4着から有馬挑戦、1着になったときは4番人気でした。私はそのとき同馬の単勝を買いました。あのときは「単勝を買いたい」気持ちになれました。
 そこへいくと、この3歳ブラストワンピースの4番人気に賭けるくらいなら、ジェンティルドンナに匹敵する「ぜひ勝ってほしい」馬がいる。それがマカヒキであり、サトノダイヤモンドでした。しかも、両馬はかなりの人気薄。穴党にとって「おいしい」と狸の皮算用が働いたのであります(^_^;)。

 まーそんなわけで、3歳ブラストワンピースが入着したときの理屈はわかっていたけれど、買うつもりがなかったのだから仕方ありません。
「なぜ最初にそれを書いてくれないのか」と言われるかも知れませんが、そうなると全馬書かねばならないことになって私の長文予想はもっと長大になるでしょう。
 これもまたある種結果論かと思います。競馬の理屈っていつでも後追いですよね(^_^;)。
 次に同じ理屈が通用すると限らないのが辛いところです。

 さて、勝ったブラストワンピースの騎手は池添。ようやく日本人騎手が外国人の連勝を止めてくれました。また、武豊オジュウチョウサンの9着もがんばった方でしょうか。
 逃げたキセキは向こう正面で後続を突き離したとき、「おおっ」と思わせましたが、直線失速。やはりレコード走と秋4走目は厳しかったようです。

 今回の馬券は3複(できたら3単)を当てないと勝ち組に入らないでしょう。
 3着が人気薄シュヴァルグラン。結果から見れば、「GIの人気薄突っ込みがあり得る」と書いたとおりの激走でした。
 しかし、すでに6歳で同馬よりいきのいい5歳人気薄に印をつけた以上、私にとっては「シュヴァルグランまで印は回せない」って感じでした。

 今回の敗因は過去の栄光馬に重い印を打ったことです。
 それにしても5歳両雄マカヒキとサトノダイヤモンド、もう復活することはないのでしょうか。来年どこかで復活勝利を見たい気がします。

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:今年も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
 今号に前後期の一覧結果などを掲載する予定でしたが、さらに長くなるので、別立てとしてもう1本(^.^)発行いたします。

|

« 有馬記念、直前予想 | Main | ホープフルS、直前予想と一覧トップ3前後期結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 有馬記念、直前予想 | Main | ホープフルS、直前予想と一覧トップ3前後期結果 »