« 高松宮記念、昨年結果と回顧 + 降級制度他の改定について | Main | 高松宮記念、結果とほぞ噛み »

2019.03.23

高松宮記念、直前予想

 さて、今年も本格的な前期GI戦の開幕となりました。
 6月初めまで息切れしないよう推理に励みたいと思います。

 まずは今回の一覧データを含めた過去3年の一覧1~5着の出現傾向です。トップAだけは着外でも掲載しました。

【高松宮記念、過去3年の実近一覧結果と今年の順位】

    2019 |2018 2017 2016 |
年=|番|人|着|人|着|人|着|人|着|
A=|13|A| |A|8|A|3|A|1|
B=|08|C| |09|3|C|2|D|9|
C=|09|D| |D|4|B|10|B|2|
D=|15|B| | | | | |C|3|

E=|10| | |E| |G|5| | |
F=|18|09| |H| |E|1|H| |
G=|09|E| |B|2|D| | | |
H=|06|G| | | | | |F| |

QA=|17| | |G| | | |G| |
QB=|14| | | | | | |E|5|
QC=|12|F| | | | | | | |
QD=|04| | | | | | | | |

QE=|16|H| | | |09| | | |
QF=|05| | |C|1|F| | | |
QG=|02| | |F|5| | |09| |
QH=|01| | | | |17|4| | |
QI=|07|17| | | | | | | |
QJ=|11|18| | | | | |18|4|
    ※注「人気」は前日馬連順位

 傾向としてはやはりABCの3頭。だいたい上位人気になり、1頭は軸になっている感じです。次がEFGHの上位人気。17年は人気Eが1着、昨年は人気Bが2着です。
 対してQA~QDは今のところ連絡みなし。しかし、QE以下でも昨年人気Cが1着となっているように、QA以下の3番人気内、6番人気内には注意が必要かと思います。

 過去3年間前日馬順は9番人気内で決着しています。馬順はほぼ最終の単勝人気と合致するので、その前7年間を見ても10番人気以下が連絡みしたのは3着の3回だけです。
 つまり、高松宮記念は「上位人気→中位人気」傾向でしょうか。
 今回もフタケタ人気まで崩れるかどうかってところですが、気になるのは16、17年の4着馬。ともにQE以下のほぼ最低人気が激走しています。3複など何も考えず最低人気2頭に1枚流しておくと「まさか」馬券がゲットできるかもしれません。そう思って今年の人気欄に「17・18」を追加しておきます(^_^)。

*****************************
 【高松宮記念 実近一覧表】 中京 芝12 18頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬      名牝|予OZ{実近}人=[全 芝]騎 手|格距TM3F
A=13|4|ダノンスマッシュ| 2.0{AA}A=[520.04]北村友|▲○
B=08|7|レッツゴードン牝| 4.2{CC}C=[375.12]岩田康|◎△ ○
C=09|6|ナックビーナス牝| 5.0{BE}D=[685.07]大野択| ▲

D=15|4|モズスーパーフ牝| 6.6{11B}B=[611.06]武 豊| ◎
E=10|4|ラブカンプー 牝| 6.9{EG} =[281.04]酒 井| △△
F=18|6|ダイメイプリン牝| 9.7{HH}09=[621.15]デムロ|  ○▲
G=03|4|ミスターメロディ| 9.8{15D}E=[110.03]福 永|

H=06|7|アレスバローズ |11.0{F12}G=[744.15]川 田|▲ ◎
QA=17|5|ダイメイ フジ 11|.2{0910} =[663.10]丸 山|
QB=14|6|ペイシャフェリ牝|12.3{1209} =[631.15]松田大|
QC=12|6|ロジ クライ  |12.5{18F}F=[523.06]ルメル|▲
QD=04|6|セイウンコウセイ|13.7{1311} =[630.12]幸 英|△
QE=16|5|デア レガーロ牝|13.7{G13}H=[610.07]池 添|

QF=05|9|ティー ハーフ |22.1{1014} =[738.27]国分優|   ◎
QG=02|8|ラインスピリット|27.2{1715} =[864.32]森一馬|  ▲
QH=01|11|スノードラゴンン|35.2{D17} =[151.19]藤田菜|△
QI=07|6|ショウナンアンセ|35.3{1616}17=[695.14]藤岡康| △ △
QJ=11|8|ヒルノデイバロー|48.2{1418}18=[050.19]横山典|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
------------------------------
 成績補足 今回は上記に全て掲載しました。
------------------------------
※年齢 4歳=4 5歳=2 6歳=6 7歳=2 8歳上=4 頭
※牡牝 牡=11頭(セ=0頭) 牝=7頭 
※格
G1V=3頭
 A08レッツゴードン[1501]
 B04セイウンコウセ[1004]
 C01スノードラゴン[1109]

G2V=0頭(GIV除く)
参考G3V=11頭 うちG3V2勝=3頭
 A13ダノンスマッシ[2102]
 B12ロジクライ  [2121]
 C06アレスバローズ[2003]
----------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れG [A 型] 枠順AB=8.2
 馬連型=A流れF [AB型] 馬連AB=5.3

 枠連=ABCDEF/G/H 
 枠順=746258/3/1
 馬順=ACFEDH/G/15 
 代行=B1718141009 13 16
 代2=12 11
 ―――――――――――――
 結果=
-------------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 15 10 07 02-09 04 13 03-12 17 16 14-06 08 18 11 01 05
覧△ 5 ▲ ◎ ○
3F B C DE A
本 ◎

-------------------------------
*******************************
 ※ 直前予想

 さー高松宮記念。週中予想では「◎○この2頭しかいないじゃないか」って感じでした。
 その2頭とは牡4歳北村友13ダノンスマッシュと牝4歳武豊15モズスーパーフレア。しかし、成績の詳細を検討してみると、◎ダノンはいいけれど、○モズは変えることにしました。

 まずは「さすがに仕方ない」◎(^_^)――ダノンスマッシュ。
 同馬は4走前から芝12にかわって「化けた」ようで(それまでは7戦芝14と16のみ)、前2走[G3京阪杯→G3シルクロードS]を2連勝。芝12を計4戦して[3100]。先行して上がりもいい競馬を見せています。
 GIこそ2歳朝日杯5着、3歳NHKマイル7着と連絡みはないけれど、すでに経験済み(G2未出走)。父はロードカナロア。一覧もトップのAA。前日馬順も当然のA。ちょっと死角が見あたらない感じで、私も当然の◎です(^_^)。

 ただ、若干の不安は斤量と中京1戦着外(7着)である点。右回り[5102]に対して左回り[0102]はビミョーです。また、斤量57キロだと昨年のNHKマイル7着の1度きり。
 まーこれも前走ハンデ戦で56.5を背負って(ハンデトップは57.5)勝っているので、馬連の軸なら大丈夫かなと思います。

 次は○にと考えていた15モズスーパーフレア。
 4歳で[6116]の成績は決して誉められたものではないけれど、勝った6勝は全て芝12。この馬芝12と芝14しか経験がなく、芝14は4戦[0004]と全て着外。しかし芝12だと[6113]と優秀。また、こちらも5走前からひたすら逃げ戦法に徹して[1、3、2、1、1]着と抜けた成績。
 ただし、5走のクラスは[3W→OP3走→前走G3フジオーシャンS]だったように、強いところとやっていないのがビミョーです。

 同馬はGI初出走だし、中京は2戦着外(左回りもこの2走のみ)。G2未出でG3は4戦[1003]と1勝のみ。牝馬故斤量2キロ減の55キロは有利ながら、この馬最大斤量54キロまで。つまり55キロは今回初。うーんもっとビミョー(^_-)。

 鞍上最近は逃げた方がいい武豊ながら、今回逃げ先行馬が多く、外枠に入ったし楽に逃げられるだろうか。中京は直線も長いし、最後斤量がこたえて2、3着どころか、着外の可能性もありそうです。
 父「Speightstown」も聞いたことありません(供用12年で出走頭数23頭、重賞出走23の2勝)。そこで、消える可能性ありと見て(しかし、上がり馬の勢いで粘っても不思議ないので)▲とします。

 かわって○に抜擢したのが牝7歳岩田08レッツゴードンキ。
 桜花賞馬も早7歳。その後マイルでは不調でしたが、芝12を主戦場としてから盛り返して目下高松宮2年連続2着。二度あることは三度ある(^.^)?
 とにかくGI[1501]と格は抜けています。前走G3阪急杯も2着とまだまだ元気。父キングカメハメハも文句なし。そこでこちらを○に。

 そして表の4頭目としてもう1頭選びたいけれどこれが難解。
 ただ、今回18頭の大きな特徴として逃げ先行馬が多いこと(指数4.9以下9頭)と牝馬が7頭も出ていること。表の◎○▲は逃げ先行2頭、牝馬が2頭。
 ならばと、牝馬+先行の大野6歳09ナックビーナス(馬順D)をカット。 また、4歳よりすでに2頭選んだので福永4歳03ミスターメロディ(E位)もカット。

 残るは牡6歳12ロジクライ(F位)。マイルの馬で芝12は初。GI1戦着外では力不足の感ありありですが、G3実績は[2121]と立派。前走阪急杯3着もよし。何よりルメール乗り替わりは心強い限り。よって、この馬を△とします。まずは◎→○▲△の馬連・馬単と3連複4頭ボックスを。

 最後にいつものウラ●ですが、池添5歳16デアレガーロか、川田牡7歳06アレスバローズかで迷いました。
 表4頭には5歳馬が入っていないので前者かなあと迷いましたが、ある一点でアレスバローズとしました。

 その一点とは昨年7月中京芝12のG3-CBC賞1着(4番人気)時の勝ちタイム[1070]です。あまり注目されなかったけれど、このタイム過去10年の1位。だけでなくCBC賞のレコードです。その勢いで次走小倉G3北九州記念でも1066のレースレコードで勝ちました。

 では、なぜ次走GIスプリSでは14着惨敗だったのか。これはひとえに同馬が「右回りダメ、坂ダメだったから」のようです。
 アレスバローズは左回りなら[2122]、中京[1110]で着外なし。全7勝のうち5勝はローカルです。ある意味ここしか走らないし、ここなら走れるかもしれない。父ディープインパクトなら文句なし。
 CBC賞ではフルゲート18頭、鞍上川田。内枠08番で速いペースの中団に位置して直線一気に抜き出しました。今回その再現を狙っているのではと思います。

 普通なら高齢7歳馬に印を付けないのですが、このレースだけは7歳以上でも馬券になっているようです。「突き抜けてくでえ」と願望を込めてのウラ●です(^_^)。表の◎中心に流します。
-------------------------------
 本紙予想
 印番馬      名 性齢 馬順
 ◎13ダノンスマッシュ 牡4 A
 ○08レッツゴードンキ 牝7 C
 ▲15モズスーパーフレ 牝4 B
 △12ロジ クライ   牡6 F
 ●06アレスバローズ  牡7 G

 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 高松宮記念、昨年結果と回顧 + 降級制度他の改定について | Main | 高松宮記念、結果とほぞ噛み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高松宮記念、昨年結果と回顧 + 降級制度他の改定について | Main | 高松宮記念、結果とほぞ噛み »