« 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第19号実践編九 (その一) | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第20号実践編九 (その二の1) »

2019.09.24

スプリンターズS、昨年回顧

 今年の夏は無事乗り越えられたでしょうか。
 私の実家近辺では巨木の枝が折れて電線に乗っかりました。
 実家の道を隔てたすぐ上に明治時代から続く小学校があります。そこに樹齢数百年のイチョウの巨木が立っていますが、8月6日の台風でぶっとい枝(長さ10メートル)が1本折れて道路上の電線に乗っかりました。
 朝の7時半ころ、ばりばりって音で目が覚めたのでびっくり。幸い電線は切れず、実家に被害もなし。夕方には九電によって処理されました。
 それに比べれば、千葉県の被害は甚大だと思います。被災した方々にはお見舞い申し上げます。

 さて、今夏競馬における話題は2頭の名馬(名種牡馬)の他界でしょうか。7月30日ディープインパクトに続いて8月9日キングカメハメハも天国に逝きました。ディープは2002年の生まれで享年17歳。キンカメは1つ年上でした。あの頃から競馬参戦の方々はどちらもよく覚えておいででしょう。

 ほぞ噛みメルマガは2004年皐月賞の創刊なのでキンカメについて結構書いています。特にNHKマイルとダービーの変則2冠は震えました。NHKマイルは5馬身差、走破タイム1325はレースレコード。ダービーの勝ちタイム2223はそれまでのレースレコードを2秒も縮める勝利でした。
 回顧で「秋になったら天皇賞に出てほしい。楽勝だろう」と書いています。「中央競馬50周年を飾る名馬になるだろう」とも。ところが、好事魔多し。秋初戦神戸新聞杯楽勝後、浅屈腱炎を発症して引退しました。
[7010]の成績でした。
 3冠ディープインパクトに関してはすご過ぎて特に言うべき事はありません(^.^)。

 今回たまたまのように2頭の逝去が重なったので、改めていろいろ調べてみました。意外なところではこの2頭馬主が同じ「金子真人」氏でした。あのころ私は馬主に興味がなかったので「へえっ」て感じです。
 いとこがGIで金子氏の馬が出てくると、必ず単勝を買うというのもむべなるかな、です(今年はGI未勝利)。

 そして、キンカメは翌2005年から種牡馬生活入り。ディープは5歳で引退して2007年から。初年度産駒が走り始めたのはキンカメが2008年、ディープは2010年でした。

 キンカメの産駒成績は52位→9位と来て2010年1位→11年1位、以後昨年まで7年連続2位です。
 では「この7年間の1位は?」と問えば、当然おわかりでしょう。
 答えはもちろんディープインパクト。2010年40位→4位と来て2012年から昨年まで連続1位。ワンツーを7年続けたのだから、改めてものすごい2頭だったんだと実感します。

 産駒の重賞勝利は2019年現在ディープが206勝、GI51勝。キンカメは重賞116勝、GI22勝ですから、ディープの勝ちでしょうか。しかも、今年キンカメ産駒はGI未勝利ながら、ディープ産駒は前期5勝です。
 今後も目が離せないけれど、後期どこかでキンカメ産駒のGI勝ちがあるのではと、勝手に予想しています(^_^)。

 ところで、今年のダービー、ウラ●として単勝93倍を獲ったロジャーバローズはディープインパクト産駒でした。同馬は父ディープが3着に終わった凱旋門賞挑戦を表明していたのに、ディープ逝去後屈腱炎を発症して引退となりました。キンカメ引退と同じ病気というのも何かの因縁でしょうか。
 レースレコードを出したキンカメのときは「楽勝」と思っていました。今年のロジャーバローズもダービーレコードを出して……残屈腱炎。どうも近年の高速馬場は馬に負担をかけ過ぎているのでは、と思えてなりません。

 馬はレースで億単位の金を稼ぎ、種牡馬となっても種付け料でたんまり稼がせる。では、宝石を身につけたり、高級スポーツカーに乗ってステーキや寿司をたらふく食べるわけでもない(^.^)。香港ではセン馬にしてGIを勝たせようとしているし、神になった天国の2頭は「貪欲が過ぎると天罰が下るぞ」と言っているのではないでしょうか。
 ……などと感じた8月でした。

 以下週末のGIスプリンターズS、昨年の結果報告です。
 今年の週中予想を試みるなら、2強気配でしょうか。川田牡4ダノンスマッシュとルメール牡4タワーオブロンドン。しかし、もう1頭が難解。目下の予想は[◎-○→総流し]路線です(^_^;)。

************************

 (^_^) 前回GI、結果とほぞかみ (^_^)

 2018スプリンターズS、結果は◎-△の馬連馬単的中(^_^)

 1着―川 田 08牡5ファィンニードル……[◎]F 単勝=2.8
 2着―和 田 09牝3ラブカンプー…………[△]D
 3着―武 豊 01牡7ラインスピリット……[?]13
 4着―秋 山 06牝5ダイメイプリンセス…[?]G
 5着―岩 田 10牝6レッツゴードンキ……[△]C
                       ↑実近順位
 前日馬順[A→09→13→10→C]枠順[A-D’-H-E-D]

 枠連=4-5=11.5 馬連=08-09=41.4 馬単=52.6
 3連複=08-09-01=653.7 3連単=2096.2
 ワイド12=13.4 W13=37.4 W23=138.5

--------------------------
 ○、展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 03 09 11 12-06 08 01 14-07 15 10 02-05 04 16 13
覧 △ ◎ 6 5 ▲ ○
3F E D B A C
本 △ ○ ◎ △ ● △ △ △
結 2 4 1 3 5
----------------------------
 本紙予想
 ◎番馬      名 性齢 馬順 結果
 ◎08ファインニードル 牡5 A  1
 ○12ナックビーナス  牝5 B  
 △09ラブカンプー   牝3 09  2
 △10レッツゴードンキ 牝6 C  5
 △05アレスバローズ  牡6 D  
 △16レッドファルクス 牡7 H  
 △14ラッキーバブルズ セ7 11  
 ●15ムーンクエイク  セ5 F  
 ?01ラインスピリット 牡7    3
 ?06ダイメイプリンセス牝5    4

*************************
 【GIスプリS 実近一覧表】 中山 芝12 16頭 定量58キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬     名|予OZ{実近}人=[全芝] 騎 手|格距TM3F 着
A=12|5|ナックビー牝| 2.4{AA}B=[6656] モレイ| △   7
B=16|7|レッドファル| 5.7{BH}H=[6138] 戸崎圭|◎  ◎ 10
C=10|6|レッツゴー牝| 5.9{CE}C=[365.11]岩 田|○    5
D=09|3|ラブカンプ牝| 6.1{FD}09=[2712] 和 田| △▲  2
E=15|5|ムーンクエイ| 6.2{EF}F=[6304] ルメル|  △△
F=08|5|ファインニー| 8.3{12B}A=[922.13]川 田|▲○   1
G=06|5|ダイメイプ牝| 8.5{09C}10=[621.12]秋 山|  ○▲ 4
H=11|5|セイウンコウ|10.2{11G}G=[630.10]池 添|△
QA=05|6|アレスバロー|10.8{1010}D=[744.12]藤岡佑| ▲◎○
QB=03|5|ワンスイン牝|11.5{1309}E=[7319] 石橋脩|
QC=07|6|キャンベルジ|11.7{D12}12=[5517] 田 辺|
QD=04|10|スノードラゴ|13.9{G15} =[151.17]大 野|
QE=01|7|ラインスピリ|18.7{1413}13=[863.29]武 豊|     3
QF=02|7|ヒルノデイバ|19.2{1514} =[050.15]四 位|
QG=13|8|ティーハーフ|19.2{H16} =[736.26]国分優|
QH=14|7|ラッキーバブ|21.5{1611}11=[8728] ブレブ|△◎
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
--------------------------
 成績補足……今回は4着以下フタケタ馬が9頭と多いので、
       上記に掲載しました
-------------------------
※年齢 3歳=1 5歳=6 6歳=3 7歳=4 8歳上=2頭
※牡牝 牡=11頭 牝=5頭
   (セ=2頭 14ラッキーバブルズ 15ムーンクエイク)
     
※格
G1V=6頭
 A16レッドファルクス[2024]  B10レッツゴードンキ[1501]
 C08ファインニードル[1002]1 D14ラッキーバブルズ[1204]
 E11セイウンコウセイ[1002]  F04スノードラゴン [1108]
 参考、うち3頭にG2V
 A08ファインニードル[2勝]1 B14ラッキーバブルズ[2勝]
 C16レッドファルクス[1勝]

G2V=1頭(GIV除く)
 A15ムーンクエイク [1勝]東京G2芝14スプリングS1着

※芝12優秀馬
 A14ラッキーバブルズ[8705]  B08ファインニードル[8207]1
 C05アレスバローズ [6329]  D12ナックビーナス [5434]
 E09ラブカンプー  [2410]2 F16レッドファルクス[4012]

※中山コース優秀
 A04スノードラゴン [5525] B12ナックビーナス [3510]
 C07キャンベルジュニ[2301] D03ワンスインナムー[2011]
 E16レッドファルクス[2001] F11セイウンコウセイ[1101]

※昨 年123着     (人気)前走
1着=08レッドファルクス(1人)G1安田記念  3着(3人)
2着=02レッツゴードンキ(5人)G1ヴィクトリア11着(3人)
3着=06ワンスインナムー(7人)OP朱鷺S   1着(1人)

今年=08ファインニード 1 02ヒルノデイバロー 06ダイメイプリンセス
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=3巴  [AB型] 枠順AB=5.0
 馬連型=A流れH[Ab型] 馬連AB=6.7

 枠連=AB//CDEF//GH 
 枠順=46//8532//71
 馬順=AB FCDE 1113
 代行=12G H091014 1615
 ―――――――――――――
 結果=1 524 3 結果=A-D’-H-E-D

***************************
 ※ レース回顧

 後期初GIスプリンターズ・ステークス――。
 ゴール直後最初につぶやいたのは「豊来るんかぃぃ」でした(^_^;)。
 騎乗馬は高齢7歳01ラインスピリット。過去6戦重賞ながら最高5着。確率は良くないし、GI・G2実績[0004]、G3Vなく最高3着。中山[0003]。総流し以外とても買えません。

 唯一拾えるのは芝12の最内枠であることくらい。鞍上武豊は4000勝も達成したことだし、だいたい人気薄での激走はない、と思って「まー総流しで入れてあるからいいか」程度でした。
 同馬の複勝1400円は豊騎手の最高複勝だそうです。さもありなん。

 逆に言うと、わけわからん人気薄馬の激走が予想されたから[◎○-総流し]路線を採用したとも言え、その予感は◎ファインニードル1着、13番人気3着だから間違っていなかったようです。
 問題は○(一覧トップAA)の牝5ナックビーナスが来なかったこと(-.-)。中山[3510]だから「悪くとも3着」と思いましたが、結果7着。
 もしもナックビーナスが1番人気だったら、「牝馬の1番人気は危険」ルールが使えたのですが、敗因不明です。

 それに一覧トップ3頭はどれか1頭が確率90で3着内に入る、その候補は「トップのナックビーナスと3位のレッツゴードンキであろう」と思っての印でした。「トップ3頭が消えたか~(-_-;)」と、後期初戦から10回に1回の「まさか」が起こってある意味ショックでした。

 次につぶやいたのは○消滅もあって「くあーっ、ラブカンプー○にすりゃあ良かった」でした(^_^;)。△筆頭の09ラブカンプー2着。
 信じてもらえないかもしれませんが、かなり考えました。今回とにかく妙な人気薄馬の激走が想定されたので、総流し路線をとる方針は決めていました。
 △トップに09ラブカンプーを置いたように、唯一3歳、確率ハイレベル、特に芝12[2410]は「悪くとも3着内」を感じさせました。ただ、▲にもしなかったのは脚質がぎんぎんの逃げ[指数1.3]であり、今回1.9を切る逃げ馬が3頭も出て共倒れの公算が大きく、「3着候補筆頭かなあ」の位置づけとなりました。ウラ●にもしなかったのは唯一G2V馬がいたからです。
 ここらがまだまだ厳しい予想、厳しいルール適用ができていないところだと反省です。

 それでも、馬券は◎の1着で◎-△の馬連・馬単を買っていたので、馬連41倍、馬単52倍の的中。もっとも、◎-○ど本線だっただけに、抑えの抑えの各1枚購入のみ(-.-)。ほげ。
 もしもラブカンプーを○にしていたら、3複6万の的中だったし、せめて▲なら、もっと買っていたから、再度「くあーっ」でした。

 さて、1着ファインニードル。強かったですね。レースは稍重としてはやはりハイペースで、同馬は終始6~8番手を追走して直線残り200で一気に前の馬を抜き去り、楽勝でした。
 全成績[922.13]に見られる通り過去走全体の実績は12位、しかし、近走は2位。GI高松宮を勝ってから「化けた」って感じでしょうか。
 勝ちタイム稍重1083は1秒引くなら1073で、まずまずのタイムです。一貫して2番手だったラブカンプーが2着で、3、4番手にいたラインスピリットが3着ですから、やはり稍重馬場の関係で「逃げ先残り」となったようです。

 過去3走を指数化した展開予想では以下のように逃げ先7頭から4着以内4頭が出ています。

 ※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
  逃げ     先行    
  03 09 11 12-06 08 01 14-
 覧 △ ◎ 6
 3F E D
 本 △ ○ ◎ △
 結 2 4 1 3

 最後に、結果論ながら「まさかの3頭単純馬券」出現となっていたことを報告します。
 前走をレース格・着順で並べたとき、トップは唯一GI安田記念出走9着の16レッドファルクス。その次は前走G2(阪神セントウルS)出走馬で3頭いました。
 その3頭とはG2セント[1着ファインニードル、2着ラブカンプー、5着ラインスピリット]です。それがそのまま123着……。
 トップのレッドファルクスが近走イマイチなだけに、次のG2出走馬はねらえたところです。少なくともこの4頭の3複は4点。

 トライアル1、2着が本番1、2着――であるだけでなく、(前走唯一)G2出走3頭で123着。この3複1点6万、◎1番人気からの3単2点で20万。「くあーっ!」(^_^;)。
 いつかまたこのパターンが出現するときのために、記憶に留めておきましょう。

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第19号実践編九 (その一) | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第20号実践編九 (その二の1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第19号実践編九 (その一) | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第20号実践編九 (その二の1) »