« 秋華賞、結果とほぞ噛み | Main | 菊花賞、結果とほぞ噛み »

2019.10.19

菊花賞直前予想】

 パソコン、まだ生きております(^_^)。
 なので、一覧も作成できたし、予想配信もできます。
 目下いちいち立ち上げるのではなく、24時間「スタンバイ」状態にして使用しています。
 問題はこれでどこまで延命できるか、あと電気代はどれくらいか――です。

 さて、台風19号による水害はほんとに惨状と言うしかありません。100年に一度クラスと言われているようですが、温暖化によって今後は毎年このレベルがやって来ると考えねばならないようです。
 被災した方々には改めてお見舞い申し上げます。私も(秋華賞が当たったことだし)気持ちばかりの寄付をしました。

 そして、以下は先週の秋華賞について少々補足を。
 GI1、2着馬4頭のボックス馬券が有効だったと話しました。その後一覧表を見直して「3頭だったか」という貴重データを発見しました。
 今回斤量は全馬55キロ。多くの馬が前走より1キロから3キロ増量しています。あまり多すぎると今回きついと思われ、凡走しがち。たとえば、上位人気だとデムーロ13サトノダムゼル。3キロ増で55キロ初(13着)でした。

 そして、55キロ以上を体験した馬は全部で9頭いますが、その中で複率10以上――つまり3着以内に入ったことがある馬は3頭しかいません。それが(順位を付けて過去のレース・着とともに列挙すると)以下、

 [55キロ以上、着内ありの馬]
 A05クロノジェネシス [1020]G3クイーンC1着、桜花・オークス3着
 B08カレンブーケドール[0100]オークス2着(12人)
 C14シゲルピンクダイヤ[0101]桜花2着(7人)・オークス12着(5人)

 この順で123着でした。ちなみに、01ダノンファンタジーは[0002]です。
 もっとも、ダノンファンタジーの55キロ着外とは桜花・オークスの僅差4、5着です。
 もちろんこのデータ目に留めていました。しかし、思ったのは「ダノンファンタジーの55キロ着外は僅差4、5着だから大したことないだろう」であり、「カレンブーケドールとシゲルピンクダイヤのGI2着は人気薄でフロックくさいから無理だろう」でした。55キロ背負ってGI3着内に入るのは(人気薄でも)実力の証明なのかもしれません。

 もう一つ、クロノジェネシスが55キロで勝っていたことは全く見落としていました。
 というのは2歳から3歳前期牝馬戦で全馬55キロを背負うのはGI桜花・オークスしかないからです(阪神JFは54キロ)。「あれっ、何勝ったんだ?」と思って調べてみると、クイーンCを55キロで勝っていたことがわかりました。

 しかし、「はて? クイーンCは全馬54キロのはずだが」と思ってさらに調べたら、別定戦のクイーンCはだいいたい54キロで出走します。中に(それまでの成績がいいと)55キロを背負う馬がいる。クロノジェネシスはOP1着、阪神JF2着があったので、他馬より1キロ重い55キロを背負い、そして勝っていたのです。

 今回「そうだったのか」と初めて気付いたデータだったので、クイーンCのレースと勝ち馬を過去10年くらいたどってみました。すると「こいつは使える!」というデータがあれもこれもと見つかりました(^_^)。

 みなさんも検索してみてください。調べるのはクイーンCを55キロで勝った馬、55キロで僅差負けした馬、55キロの上位人気で惨敗した馬――のその後です。
 3歳GI・重賞で上位人気になったら信頼できる馬、人気で危ない馬、下位人気で激走する馬があぶり出されます。クイーンCを55キロで勝ったクロノジェネシスはダノンファンタジーより信頼できる馬だったようです。「こいつあ~今後使うぞお!」と思った次第です(^_^)。


 さて、明日の菊花賞。サートゥルナーリアの秋天行きで、一気に難解となりました。1番人気は皐月2着、ダービー3着、前走神戸新聞杯2着の川田ヴェロックスですが、あっさり◎でいいのかどうか。◎にしたとしても、後はどんぐりのような気がするので、困ります。

 では、過去3年の実近一覧データです。

【GI菊花賞、過去3年の実近一覧結果】
  2019 |2018 2017 2016 |2019年
年=人|着|人|着|人|着|人|着|番馬名(トップ4頭と10番人気まで)
A=A| |C|8|B|7|A|1|13ヴェロックス
B=F| |13|7|A|1|B|4|07ヒシゲッコウ
C=10| |B|4|F| |F| |03カリボール
D=B| |11|5|D| |G| |05ワールドプレミア

E=D| |F| | | |C|5|01ザ ダ ル
F=11| |G|1|H| |09| |10
G=E| | | |E|5|D| |15ホウオウサーベル
H=09| |09| |13|2|H|3|04

QA= | |D| | | |E| |11
QB=G| |E| |12|3| | |14サトノルークス
QC=H| |10|3|C| |10|2|12レッドジェニアル
QD= | |H| |09| | | |09

QE= | | | |G| | | |08
QF= | |A|2| | | | |06
QG=C| | | | | | | |02ニシノデイジー
QH= | | | | | | | |18
QI= | | | |11|4| | |17
QJ= | | | | | | | |16
18 18 18
    ※注「人気」は前日馬連順位

 これはまた、なんともつかみどころのないパラパラぶり。
 大ざっぱに傾向を探るなら、ここでもA~Dより1頭、E~Hより1頭。
 過去3年とも一覧ABの馬順A、QAより下の馬順Aも軸になる。
 あとはE~Hの人気薄とQCの人気薄はヒモ穴かも、と思わせます。

***************************
 【GI菊花賞 実近一覧表】 京都 芝30 18頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F
A=13|ヴェロックス  | 2.4{AC}A=[3311]川 田|◎○○▲
B=07|ヒシゲッコウ  | 2.6{BA}F=[3010]スミヨ| ▲ △
C=03|カリボール   | 3.4{CB} =[3200]藤井勧|  ▲△
D=05|ワールドプレミア| 8.1{DE}B=[2120]武 豊|△  ○

E=01|ザ ダ ル   |10.3{GF}D=[3010]石橋脩| ▲
F=10|カウディーリョ |13.1{09G} =[3002]デムロ|
G=15|ホウオウサーベル|13.4{11D}E=[3002]蛯 名| △▲
H=04|ユニコーンライオ|13.5{F12}09=[3103]岩田康|

QA=11|シフル マン  |15.5{H11} =[3114]松 山|
QB=14|サトノ ルークス|18.0{E13}G=[3202]福 永|△
QC=12|レッドジェニアル|27.2{1015}H=[2023]酒井学|○△◎○
QD=09|ヴァンケドミンゴ|29.6{14H} =[3115]藤岡佑|

QE=08|メロディーレー牝|30.1{1610} =[2028]坂 井|
QF=06|ディバインフォー|30.3{1709} =[2105]横山典| △ ◎
QG=02|ニシノ デイジー|31.9{1216}C=[3114]ルメル|▲
QH=18|メイショウテンゲ|40.7{1314} =[2214]池 添|○
QI=17|タガノディァマン|69.3{1817} =[1116]田 辺|  ▲
QJ=16|ナ イ マ マ |98.8{1518} =[1108]柴田大|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
---------------------------
 成績補足
---------------------------
※年齢 3歳=18頭 牡牝 牡=17頭(セ=0頭) 牝=1頭 
※格
G1V=0頭 参考GI3着内=2頭
 A13ヴェロックス [0110]皐月2着・ダービー3着
 B02ニシノデイジー[0012]ホープフル3着

G2V=2頭(GIV除く)
 A12レッドジェニアル[1勝]京都新聞杯(11人気)
 B18メイショウテンゲ[1勝]弥生賞(8人気)
G3V=1頭(上記含む)
 A02ニシノデイジー [2勝]札幌2S・東京スポーツ杯

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)

 1着=6枠12番  2着=5枠09番
 3着=4枠07番  4着=2枠03番
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD [AB型] 枠順AB=5.0
 馬連型=A流れH [AB型] 馬連AB=6.1

 枠連=ABC//D/E/FGH/ 
 枠順=713//4/6/285/
 馬順=ACB F H 091211 
 代行=ED17 14 13 101516
 代2=G 18
 ―――――――――――――
 結果=

-----------------------------
 ○ 展開予想
※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 11 01 13 04 -03 14 15 10 -05 12 16 09 -07 02 06 17 08 18
覧 5 ◎ ▲ △ ○            
3FE B C A D
本 ◎ ○ ●

**************************
 ※ 直前予想

 困りました。1頭立てです(^.^)。
 ◎だけは付けられる。たぶん1着、悪くとも2着。
 がしかし、3着内のあと2頭が決められません。

 それでも予想なので一応◎を。もちろん川田13ヴェロックス。[3311]の成績で5着以下なし。[皐月2着→ダービー3着→神戸新聞杯2着]はこのメンバーなら頭二つ抜けている。
 ちなみに秋華賞で有益なデータとして紹介した斤量の件。今回57キロを背負って3着以内に入ったことのある馬は1頭しかいません。それが皐月・ダービー2、3着のこの馬。ゆえに、1頭立てと書いたわけです。

 ただ、OP以下は[3100]なのに重賞は[0211]。どうしても勝てないところが気にはなります。
 また、父馬ジャスタウェイの産駒は今年2年目。重賞はのべ28頭出走していまだ勝ち星なし。
 この点ちょっと引っかかるので、気持ちばかりのウラ●も(^_^;)。

 さて、○の前に柳の下を狙う訳ではありませんが、うまいとこ相手3頭に絞れる組み合わせが見つかったので、◎13ヴェロックスとの3複4頭ボックスを設定します(^_^;)。

 上記重賞の格から抽出できるのはヴェロックスの他に02ニシノデイジー、12レッドジェニアル、18メイショウテンゲンの3頭のみ。そこで[13・02・12・18]の3複4枚。

 それから終わってみたら外国人騎手。こちらはルメール02ニシノデイジー、デムーロ10カウディーリョ、スミヨン07ヒシゲッコウの3人だけ。ならば、[13・02・10・07]の3複4枚も。

 そうなると、日本人トップ騎手二人も入れなきゃ失礼。てなわけでヴェロックス川田の他に、武豊05ワールドプレミアと福永14サトノルークス。この3人の3複[13 05 14]も1枚(^_^)。

 さて、ここからはいつもの予想ですが、菊花賞はこれまであまりに[?]馬ばかり激走するので、過去数年の激走人気薄馬に「何か共通データはないか」と探してみました。
 すると、以下のような「拾えるデータ」を見つけました。
《基本3勝馬。芝22、24、26のレースを2戦以上して勝つか好成績。芝の上がりが良い。全レース着差1秒未満(GI除く)、重賞経験あり。前走か前々走新潟芝20以上の条件戦を好タイム、上がりベスト3内で勝っている》といったところです。

 以上の条件はまず3複の相手として抽出した02・12・18・10・07・05・14の計7頭ほぼ入っています。 それ以外の馬では以下の4頭です。石橋脩01ザダル、蛯名15ホウオウサーベル、岩田康04ユニコーンライオン、横山典06ディパインフォース。
 そこで、この11頭の中から○を設定し、馬連は◎-○の1点のみ。残り10頭は全て3着候補として3複馬券を組むことにしました。

 では、○馬は?
 たぶんそれだろうな、と予想されたと思います。懲りずに武豊(^_^;)。05ワールドプレミアです。

 成績[2120]、複率100ながら重賞は3戦[0120]と勝ち星なし。GI初。ただ、前走神戸新聞杯2着はスローだったとは言え、上がりトップの32.3。これはメンバー18頭の前走トップ3Fです。

 何より最も魅力的なのは父ディープインパクト。ディープインパクト産駒で菊花賞を勝っているのは18年フィエールマン、16年サトノダイヤモンドの2頭います。
 また、武豊騎手は菊花賞最年少勝利を持っており、今回最年長勝利を狙うとか。それで勝てるほど甘くないとは思うけれど、まー応援馬券の単勝と○→◎の馬単も買おうかなと(^_^;)。
 3複[◎-○→・10頭]と3単[○→◎→・]中心に。

 最後にほんとに少々のウラ●。G2V馬2頭――酒井12レッドジェニアルと池添18メイショウテンゲンが人気薄です。このうち12レッドジェニアルをウラ●に。
 同馬は成績[2023]とイマイチながら、勝ったのはG2京都新聞杯(11人気)。勝ちタイム2119はなかなかのタイムです。京都新聞杯2着馬はダービー馬ロジャーバローズでした。ロジャー引退の今、後を継ぐかもしれません。

 掲示板を外したのは1回だけ。その8着と敗れたダービーはコンマ8差でした。7走全て芝20以上で、過去4走は芝22の1回と3回は芝24。うち6走は上がりベスト3内で3回がトップ。中団から追い込んでほしいなと思います。

 ただ、不安は鞍上酒井騎手。騎手生活約20年になりますが、とんと重賞で名を聞きません。「GI勝っていないだろうな」と思ったら、芝GIで1勝、G2で1勝していました。後者がこのレッドジェニアルの京都新聞杯。そして、前者は5年前の菊花賞馬トーホウジャッカルです。
 父キングカメハメハ。産駒に菊花賞を勝った馬はいません。これもキンカメ亡き今、出ないままで終わるのか。出て欲しいとの思いもこめて単勝を(^_^)。表の◎○に流します。

 以上です。
-------------------------------
 本紙予想
 印番馬      名 馬順
 ◎13ヴェロックス   A
 ○05ワールドプレミア B
 ・02ニシノデイジー  C
 ・12レッドジェニアル H
 ・18メイショウテンゲン15
 ・10カウディーリョ  11
 ・07ヒシゲッコウ   F
 ・14サトノルークス  G
 ・01ザ ダ ル    D
 ・15ホウオウサーベル E
 ・04ユニコーンライオン09
 ●02レッドジェニアル H

 さて結果は?

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 秋華賞、結果とほぞ噛み | Main | 菊花賞、結果とほぞ噛み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋華賞、結果とほぞ噛み | Main | 菊花賞、結果とほぞ噛み »