« 菊花賞直前予想】 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第22号実践編九 (二の2) »

2019.10.22

菊花賞、結果とほぞ噛み

 菊花賞、結果は――○→・→◎の3連複的中(^_^)

 1着―武 豊 05ワールドプレミア………[○]D 単勝=6.5
 2着―福 永 14サトノルークス…………[・]QB
 3着―川 田 13ヴェロックス……………[◎]A
 4着―横山典 06ディバインフォース……[?]QF
 5着―坂 井 08メロディーレーン………[?]QE(一覧順位)
 前日馬順[B→G→A→17→14]枠順枠順[C→A’→A→C’]

 枠連=3-7=6.1 馬連=05-14=46.8 馬単=76.4
 3連複=05-14-13=30.7 3連単=235.1
 ワイド12=14.6 W13=3.2 W23=7.2
---------------
 ○ 展開結果
※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 11 01 13 04 -03 14 15 10 -05 12 16 09 -07 02 06 17 08 18
覧 5 ◎ ▲ △ ○            
3FE B C A D
本 ◎ ○ ●
結 3 2 1 6 4 5
-----------------------------
 本紙予想
 印番馬      名 馬 結果
 ◎13ヴェロックス   A 3
 ○05ワールドプレミア B 1
 ・02ニシノデイジー  C 
 ・12レッドジェニアル H 
 ・18メイショウテンゲン15 
 ・10カウディーリョ  11 
 ・07ヒシゲッコウ   F 
 ・14サトノルークス  G 2
 ・01ザ ダ ル    D 
 ・15ホウオウサーベル E 
 ・04ユニコーンライオン09 
 ●12レッドジェニアル H  6
 ?06ディバインフォース17 4
 ?08メロディーレーン 14 5

***************************
 【GI菊花賞 実近一覧表】 京都 芝30 18頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F 着
A=13|ヴェロックス  | 2.4{AC}A=[3311]川 田|◎○○▲ 3
B=07|ヒシゲッコウ  | 2.6{BA}F=[3010]スミヨ| ▲ △
C=03|カリボール   | 3.4{CB}10=[3200]藤井勧|  ▲△
D=05|ワールドプレミア| 8.1{DE}B=[2120]武 豊|△  ○ 1

E=01|ザ ダ ル   |10.3{GF}D=[3010]石橋脩| ▲
F=10|カウディーリョ |13.1{09G} =[3002]デムロ|
G=15|ホウオウサーベル|13.4{11D}E=[3002]蛯 名| △▲
H=04|ユニコーンライオ|13.5{F12}09=[3103]岩田康|

QA=11|シフル マン  |15.5{H11} =[3114]松 山|
QB=14|サトノ ルークス|18.0{E13}G=[3202]福 永|△    2
QC=12|レッドジェニアル|27.2{1015}H=[2023]酒井学|○△◎○
QD=09|ヴァンケドミンゴ|29.6{14H} =[3115]藤岡佑|

QE=08|メロディーレー牝|30.1{1610}14=[2028]坂 井|     5
QF=06|ディバインフォー|30.3{1709}17=[2105]横山典| △ ◎ 4
QG=02|ニシノ デイジー|31.9{1216}C=[3114]ルメル|▲
QH=18|メイショウテンゲ|40.7{1314} =[2214]池 添|○
QI=17|タガノディァマン|69.3{1817} =[1116]田 辺|  ▲
QJ=16|ナ イ マ マ |98.8{1518} =[1108]柴田大|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
-----------------------

※年齢 3歳=18頭 牡牝 牡=17頭(セ=0頭) 牝=1頭 
※格
G1V=0頭 参考GI3着内=2頭
 A13ヴェロックス [0110]皐月2着・ダービー3着 3
 B02ニシノデイジー[0012]ホープフル3着

G2V=2頭(GIV除く)
 A12レッドジェニアル[1勝]京都新聞杯(11人気)
 B18メイショウテンゲ[1勝]弥生賞(8人気)
G3V=1頭(上記含む)
 A02ニシノデイジー [2勝]札幌2S・東京スポーツ杯

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)

 1着=6枠12番  2着=5枠09番
 3着=4枠07番  4着=2枠03番
 今年=×
---------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD [AB型] 枠順AB=5.0
 馬連型=A流れH [AB型] 馬連AB=6.1

 枠連=ABC//D/E/FGH/ 
 枠順=713//4/6/285/
 馬順=ACB F H 091211  前日馬順[B→G→A→17→14]
 代行=ED17 14 13 101516
 代2=G 18
 ―――――――――――――
 結果=23 14 5 枠順[C→A’→A→C’]

*************************
 ※ 回  顧

 まずは、武豊騎手、菊花賞最年長勝利おめでとうございます(^_^)。
 これで昭和、平成、令和三代に渡るVも飾ったことに。
 昔明治、大正、昭和三代云々というのを聞いたことがあります。
 こんなこと彼が最初で最後でしょう。

 この日私はわけあって自宅でのテレビ観戦。連単馬券は○武豊ワールドプレミアから買っているので、実質そちらが◎みたいなもの。特に注意して見ました。

 同馬はパドック・返し馬で頭を上げ下げしていれこんでいるように見えたので「無理かなあ」と思いました。が、レースではしっかり折り合って馬群の内をじっと我慢の子。
 4角で最内を突きながら、前の逃げ馬の外に出すという絶妙な走りを披露して、抜け出したときはちょっと「豊っ、豊っ」の声が出ました(^_^)。
 残り200で頭は間違いないと確信。先行しながら、道中ずっと脚をため続けるという完璧な走り。さすが長距離の武豊、と感じさせました。1000メート通過62.4のスローで、上がり最速は2着馬の35.7。1着ワールドプレミアはそれよりコンマ1遅いだけ。
 私にはキタサンブラックのように、内々を定速走行で逃げているかのように思えました(^_^)。今後武豊を「買える」とすれば、内枠逃げ・先行馬かもしれません。

 直線でむしろ応援したのは「川田! ヴェロックス粘らんかい!」でした(^_^)。
 その外を福永14サトノルークスが追い込んできており、明らかに脚色がいい。
 ればたらはないけれど、ヴェロックス2着なら、私にとっては[○→◎→・]となり、(馬単・3単はほんとに裏しか買っていないので)馬連・馬単・3複・3単の大的中となるはず。

 ところが、来なくてもいいのに、福永サトノルークス2着(-.-)。
 かくして3複のみの的中となってしまいました。秋なのに、めでたさも中ぐらいなり……の気分でした。

 もっとも、以下のように「まずは3複4頭ボックス」の最後に
--------------
 そうなると、日本人トップ騎手二人も入れなきゃ失礼。てなわけでヴェ
ロックス川田の他に、武豊05ワールドプレミアと福永14サトノルークス。
この3人の3複[13 05 14]も1枚。
---------------
 ――と、日本人トップジョッキー3人の3複馬券を買っていただけに、配当30倍は安いけれど、充分な払い戻しがありました(^_^)。それにしても、この3人の123着なんていつ以来でしょうか。

 私が期待したのはサトノルークスの位置にウラ●酒井12レッドジェニアルが突っ込んでくることでした。同馬は道中武豊と川田を前に見るとてもいい位置を走っていたのに、4角で外に振られ、最後追い上げたけれど、6着でした。
 やはり長距離の血がない父キンカメゆえでしょうか。逆に2着サトノルークスはワールドプレミア同様、ディープインパクト産駒。ディープ産駒のワンツーとなりました。
 逆にヴェロックスが3着に落ちたのはまだ産駒2年目父ジャスタウェイの血だったかもしれません。

 これでディープインパクト亡き後の産駒GI勝利。今年中にキンカメ産駒もGI勝ちを期待したいところです(^_^)。可能性はあると思います。

 ところで、直前予想で披露した、「拾えるデータ」の件。
-------------
《基本3勝馬。芝22、24、26のレースを2戦以上して勝つか好成績。
芝の上がりが良い。全レース着差1秒未満(GI除く)、重賞経験あり。
前走か前々走新潟芝20以上の条件戦を好タイム、上がりベスト3内で勝っ
ている》といったところ。
-------------
 2着サトノルークスは芝22のOP2着、前走同じく芝22のセントライト記念2着があったし、ディープ産駒だし、我がひいきの福永ゆうちゃんだし、一時は「ウラ●に」の気持ちがありました。しかし、3連勝後に挑んだ皐月14着→ダービー17着というボロ負けがあって、いくら「GI除く」条件に入っているとはいえ、さすがにきついだろうと思いました。ここんとこ何か拾い上げる理屈がほしいところです。
 今思いつくことはこうです。
 まず「サトノ」の馬であり、ディープ産駒であり、同馬の値段は2億9000万(セリ取引価格がありました)。つまり、素質ある馬と見なされていた(^.^)。
 ちなみに1着ワールドプレミアもセリ取引価格があって2億6000万でした。合わせて5億5000万!

 そして、サトノルークスは新馬2着後[未勝利→1W→OP]を3連勝している。この人気は[1.3→1.9→3.5]。つまり、周囲も実績も充分力がある証拠。
 だが、前期GI戦つまり、皐月・ダービー直前に3勝目をあげた馬は(おそらく無理をした反動で)GIを敗退する。同馬は皐月1.6秒差14着→ダービー3.2秒差17着(ともに8番人気)。だが、休み明け初戦G2セントライト記念を8番人気2着と復活。着差0.3。このパターン――[前期GI直前3勝目→GI惨敗]馬が休み明け初戦で復活したときは次走GIでも活躍する――と覚えておくと良さそうです。
 ちなみに、全18頭の中で前期GI前に3連勝した馬は3頭。01ザダル、02ニシノデイジーと14サトノルークスです。01ザダルの父はトーセンラー、3連勝の人気は[7→5→5]とイマイチ。GI出走ないまま休みに入り、秋初戦セントライト記念3番人気3着。菊は前日Dの13着。
 また、ニシノデイジーの父はハービンジャー。3連勝の人気は[1→8→6]と低評価。ただし、[未勝利→G3→G3]。その後GIホープフル3着後、今年弥生賞4着→皐月17着→ダービー5着を経て前走セントライト記念2番人気5着。この休み明け2番人気5着という結果が「復活していない」と見なせます。菊は前日Cの9着。

 こうして3連勝していた3頭を比較すると、父馬の他に裏切り馬かどうかが大きいようです。ザダルとニシノデイジーの3連勝はほぼ人気薄激走の裏切り馬。サトノルークスのみ、上位人気の3連勝馬。このような馬がGIで惨敗しても、前走1、2着なら、今回激走の可能性あり、と見て構わないようです。う~ん、気付くのがまたも遅すぎた(^_^;)。

 最後に実近一覧過去3年の結果です。

【GI菊花賞、過去3年と今年の実近一覧結果】

  2019 |2018 2017 2016 |2019年
年=人|着|人|着|人|着|人|着|番馬      名 着
A=A|3|C|8|B|7|A|1|13ヴェロックス   3
B=F| |13|7|A|1|B|4|07ヒシゲッコウ
C=10| |B|4|F| |F| |03カリボール
D=B|1|11|5|D| |G| |05ワールドプレミア 1

E=D| |F| | | |C|5|01ザ ダ ル
F=11| |G|1|H| |09| |10
G=E| | | |E|5|D| |15ホウオウサーベル
H=09| |09| |13|2|H|3|04

QA= | |D| | | |E| |11
QB=G|2|E| |12|3| | |14サトノルークス  2
QC=H| |10|3|C| |10|2|12レッドジェニアル
QD= | |H| |09| | | |09

QE=14|5| | |G| | | |08メロディーレーン 5
QF=17|4|A|2| | | | |06ディバインフォース4 
QG=C| | | | | | | |02ニシノデイジー
QH= | | | | | | | |18
QI= | | | |11|4| | |17
QJ= | | | | | | | |16
18 18 18 ※注「人気」は前日馬連順位

 以上です。

 さて、今週末はいよいよ絢爛豪華な天皇賞秋(^_^)。
 昨年の3冠牝馬+JC馬の牝4アーモンドアイ、皐月賞馬牡3サートゥルナーリアで2強気配ですが、よだれが出そうなほど(^.^)伏兵陣も多士済々。

 ルメールは2強のどちらを選ぶか注目されましたが、どうやらアーモンドアイを選ぶようです。サートゥルナーリアはスミヨン騎乗か。
 ちょっと過去の栄光馬となりつつある、ダービー馬――2016年マカヒキ、2018年ワグネリアン。また2018皐月1着、ダービー2着のエポカロードも出走。その他マイルGI馬などハイレベルの混戦といったおもむきです。どかんと当てましょう(^_^)。

 以下、昨年の秋天結果と回顧です。
 ウラ●2着なのに、配当0円という悲しさでした。
 どうも、今回もそうですが、◎を過信しすぎる嫌いがあるようです。

***************************
【天皇賞秋、結果とほぞ噛み】

 天皇賞秋、結果は――[○→●→△]なれど馬券につながらず(^_^;)
 1着―ルメル 04レイデオロ…………[○]B 単勝=3.1
 2着―モレイ 09サングレーザー……[●]F
 3着―川 田 10キ セ キ ………[△]C
 4着―北村友 07アルアイン…………[・]D
 5着―和 田 11ミッキーロケット…[★]QA(一覧順位)
 結果
 前日馬順[B→D→G→E→H]枠順[A→D→C→B’]

 枠連=4-6=7.2 馬連=04-09=15.2 馬単=23.7
 3連複=04-09-10=64.2 3連単=242.3
 ワイド12=6.4 W13=6.9 W23=16.3

****************************
 【GI 秋天実近一覧 結果】 東京 芝20 13頭 定量58キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F本着
A=05|4|スワーヴリチャー| 2.1{AA}A=[5312]デムロ|○◎ △◎
B=04|4|レイデ オロ  | 3.8{BB}B=[6111]ルメル|○○○△○1

C=10|4|キ セ キ   | 7.6{CH}G=[4133]川 田| ▲◎ △3
D=07|4|アル アイン  | 7.8{DC}E=[4314]北村友| △▲  4

E=06|5|マ カ ヒ キ |10.8{EG}C=[5214]武 豊|▲  ○
F=09|4|サングレーザー |11.9{09D}D=[7143]モレイ|▲   ●2
G=03|5|ヴィブ ロス 牝|12.3{GE}F=[4306]福 永|◎▲ ◎△

H=08|4|ダンビュライト |15.3{11F}10=[3147]戸崎圭|
QA=11|5|ミッキーロケット|17.3{F10}H=[560.]和 田|△△  ★5
QB=01|7|ステ ファノス |21.6{1011}09=[454.]オドノ|  △▲
QC=02|6|ブラック ムーン|25.0{F12}12=[834.]横山典|

QD=12|7|サクラアンブルー|42.8{1309}11=[442.]田 辺|
QE=13|8|アクションスター|99.0{1213}13=[331.]大 野|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
--------------------------
 成績補足
QA=11|5|ミッキーロケット| 17.3{F10}E=[560.11]和 田|
QB=01|7|ステ ファノス | 21.6{1011}09=[454.14]オドノ|
QC=02|6|ブラック ムーン| 25.0{F12} =[834.12]横山典|
QD=12|7|サクラアンブルー| 42.8{1309}11=[442.10]田 辺|
QE=13|8|アクションスター|149.0{1213} =[331.38]大 野|
---------------------------
※年齢 4歳=6 5歳=3 6歳=1 7歳=2 8歳=1 頭
※牡牝 牡=12頭(セ=0頭) 牝=1頭(03ヴィブロス) 
※格
G1V=7頭
 A03ヴィブロス [2102]  B05スワーヴリチ[1112]
 C04レイデオロ [1102]1 D06マカ ヒキ [1104]
 E07アルアイン [1013]  F10キ セ キ [1002]3
 G11ミッキーロケ[1006]
 参考7頭のG2V
 A04レイデオロ [3勝]1 B05スワーヴリチ[2勝]
 C06マカヒキ  [2勝]
G2V=頭(GIV除く)
 A09サングレーザ[3勝]2 B08ダンビュライ[1勝]
 C11ミッキーロケ[1勝]  D12サクラアンブ[1勝]
※芝20優秀
 A05スワーヴリチ[3101]  B04レイデ オロ[3001]1
 C03ヴィブロス [2100]  D10キ セ キ [2000]3
 E06マカヒキ  [2202]  F11ミッキーロケ[2203]
※東京コース優秀
 A05スワーヴリチ[2210]  B04レイデオロ [2100]1
 C03ヴィブ ロス[0100]  D08ダンビュライ[0101]
 E01ステファノス[1115]  F06マカ ヒキ [1003]
※昨 年123着     (人気)前走
1着=06セイウンコウセイ(5人)G3シルクロードS2着(4人)

1着=武 豊07キタサンブラック(1人)GI宝塚記念9着(1人)
2着=デムロ02サトノクラウン (2人)GI宝塚記念1着(3人)
3着=岩 田08レインボーライン(13人)GI宝塚記念5着(7人)
今年=07アルアイン 02ブラックムーン 08ダンビュライト
---------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD [4巴型] 枠順AB=3.8
 馬連型=3巴   [AB型] 馬連AB=4.2

 枠連=AB//CD/E/F//GH 
 枠順=45//76/3/1//82
 馬順=AC GD F 09 1112
 代行=BE H10 13
 ―――――――――――――
 結果=14 352  [A→D→C→B’]
 結果        前日馬順[B→D→G→E→H]
 ※オッズ分析

 枠A4枠に馬順A05B04が同居している。通常枠連はAからHまで流れ
てもおかしくないが、D6枠までしか流れていない。荒れてもE3枠まで
か。馬連は05・04・06の3巴だが、むしろAB型である。7枠の馬順はG
Hなのに、C枠に入っていることから馬連・3複のお勧めは[AB-GH]
=05・04-10・11である。
---------------------------
 ○ 展開予想
 展開図(3Fは前走の上がり優秀5頭)逃げ0頭
 逃げ     先行     差し     追込
 07 11 08 05-04 03 12 10-01 09 13 06-02
覧△ ◎ ○ ▲ 5
3F C D B A E
本 ★ ◎ ○ △ △ ●
結4 5 1 3 2
*************************
 ※ 回  顧

 結論から言うと、「やってもうたか……」です。結果は[○→●→△]の印だから、ウラ●2着だし、何か当たってよさそうなものですが、見事に総外れ。表は◎○中心だから外れ、ウラは●★中心で◎・○軽視だから外れ。つまりは欲深だったということです(^_^;)。

 それにしても、やはり馬券の神様は非情です。[◎-○→総流し]路線は不成立。いつものとおり、◎来ないんだったら○04レイデオロも消えるか、○レイデオロ1着なら◎スワーヴリチャードも「来てくれよお」とつぶやきました(^_^;)。

 ◎スワーヴリチャードの敗因が出遅れにあったことは間違いないでしょう。が、やはり安田記念以来が失敗だったのではないかと思います。そして3番人気武豊マカヒキも着外。つまり3強から2頭消えました。
 逆に過去10年着内がなかったオールカマー1着からレイデオが秋天1着。
 これはやはり鞍上ルメールゆえでしょう。これまで消そうとしたのは「ちと無謀だったか」と思います。

 もしも妙なステップの2強が消えるなら、以下の5頭として、特に(GIVのないG2Vより)G2を3勝もしている09サングレーザーをウラ●とした。これは2着で成功。
 しかし、ウラ★を11ミッキーロケットとしたことが失敗。キセキ、もしくは★印なんかつくらず、◎○を2番手に指定していれば、3複的中がありました。
---------------------
 毎日王冠より ・3着10キセキ △3
 宝塚記念より ・1着11ミッキーロケッ ★5 ・4着03ヴィブロス
 札幌記念より ・1着09サングレーザー ●2 ・2着06マカヒキ
---------------------
 考えてみれば、宝塚記念は候補が2頭、毎日王冠は1頭だから、★印には素直にキセキを選べば良かったということです。今回まるで昨年の反動のように宝塚記念以来は着内0でした。
 それより何よりの失敗は、以下のように一覧トップ3から1、3着が出ました。
 Dまで入れるとトップ4頭中3頭が4着以内。
 実近一覧トップ4
A=05|4|スワーヴリチャー| 2.1{AA}A=[5312]デムロ|○◎ △◎
B=04|4|レイデ オロ  | 3.8{BB}B=[6111]ルメル|○○○△○1
C=10|4|キ セ キ   | 7.6{CH}G=[4133]川 田| ▲◎ △3
D=07|4|アル アイン  | 7.8{DC}E=[4314]北村友| △▲  4

 つまり、ウラ●サングレーザーを軸にしてトップ3に流せば、最低限馬連、3複の的中だったのです。または[ウラ●→AB→CD]の組み合わせでも軽く的中。
 こうした単純馬券を構築せず、あれこれひねくり回すのが我がほぞ噛み馬券道の「悪い癖」なんでしょう(^_^;)。

 さて、レースは川田10キセキが逃げ、続くは北村友07アルアインと福永03ヴィブロス。
 1000メートル通過59.4は2分決着なら平均ペースと言いたいところですが、勝ちタイム1568ですから、スローと言えるでしょう。逃げたキセキが3着、アルアインが4着に粘れたことからもそれがわかります。
 勝ったレイデオロは道中5、6番手。2着サングレーザーが終始7番手。この2頭が上がり2位(33.6)、1位(33.4)を出していますから、後方追い込みは全く通用しなかったことになります。走破タイム1568は2011年トーセンジョーダンが出したレコード1561に続く2位。コンマ2差のレイデオロ楽勝と言えましょう。
 これでルメールは秋華→菊花→秋天とGI3連勝。何をか言わんや、です。

 しかし、レイデオロ、次はJC、そして秋4走目の有馬記念でしょうか。
 これで古馬王道3連勝の可能性が出てきた?
 いえいえ、私はJCも有馬もレイデオロに◎を付けません(^.^)。
 理由は今も書いた2011年トーセンジョーダンが同じく秋4走を使って2連勝しており、その後はJC2着が最高でした。
 2011年5歳トーセンジョーダン
 札幌記念1着→秋天1着(7人)→JC2着(6人)→有馬5着(3人)
 レイデオロも良くてJCの着内、今年のVはこれで終わりと見ます(^_^;)。

 それにしても(予想では馬主のこと書きませんでしたが)レイデオロはまたしても一口馬主――キャロットファーム(15万×400口=6000万)の馬です。もうそろそろ打ち止めにしてほしい気もします。
 以上です。 
************
============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 菊花賞直前予想】 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第22号実践編九 (二の2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 菊花賞直前予想】 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第22号実践編九 (二の2) »