« 天皇賞秋、直前予想 | Main | 昨年エリザベス女王杯結果と回顧 »

2019.10.28

天皇賞秋、結果とほぞ噛み

 天皇賞秋、結果は――◎1着●3着なのに払い戻しなし……(-.-)。

 1着―ルメール 02アーモンドアイ…………[◎]A 単勝=1.6
 2着―川  田 09ダノンプレミアム………[・]D
 3着―戸崎 圭 05アエロリット……………[●]H
 4着―岩田 康 06ユーキャンスマイル……[・]F
 5着―福  永 14ワグネリアン……………[・]E(一覧順位)
 前日馬順[A→D→F→G→E]枠順[A→B’→C→C’]

 枠連=1-5=2.2 馬連=02-09=9.2 馬単=11.7
 3連複=02-09-05=32.1 3連単=88.6
 ワイド12=4.0 W13=4.0 W23=17.4
--------------
 ○ 展開予想結果

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 05 16 07 09 -12 15 10 11 -04 14 13 02 -03 06 08 01
覧 △ ○ ▲ 5 ◎ 6
3F E A B C D
本● ○ ◎
結3 2 5 1 4
-----------------------------
 本紙予想
 印番馬      名 馬 結果
◎02アーモンドアイ   A 1
○10サートゥルナーリア B  6
・16アルアイン     H  14
・09ダノンプレミアム  D 2
・15ウインブライト   12 
・14ワグネリアン    E 5
・04スワーヴリチャード C 
・07スティッフェリオ  11 
・12ドレッドノータス  15 
・06ユーキャンスマイル G 4
・08マカヒキ      09 
●05アエロリット    F 3

*****************************
 【GI天皇賞秋 実近一覧表】 東京 芝20 16頭 定量58キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬      名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F印着
A=02|4|アーモンドア牝| 1.6{AA}A=[7110]ルメル|◎▲◎◎◎1
B=10|3|サートゥルナー| 5.4{BB}B=[5001]スミヨ|▲○ ▲○6
C=04|5|スワーヴリチャ| 8.2{CE}C=[5334]横山典|△◎
D=09|4|ダノンプレミア| 9.7{EC}D=[6002]川 田|△○ △ 2

E=14|4|ワグネリアン |10.2{DD}E=[5112]福 永|     5
F=06|4|ユーキャンスマ|11.1{GF}G=[5313]岩 田|  △  4
G=16|5|アルアイン  |13.7{F09}H=[5327]北村友|▲ △
H=05|5|アエロリット牝|14.0{HH}F=[4705]戸 崎|△ ○ ●3

QA=07|5|スティッフェリ|27.0{1011}11=[832-]丸 山| △
QB=08|6|マ カ ヒ キ|28.3{0912}09=[5228]武 豊|△
QC=15|5|ウインブライト|28.9{12G}12=[8209]松 岡| ◎ △

QD=03|4|ケイアイノーテ|35.6{1113}14=[3217]幸 英|  △○
QE=01|5|カ  デ  ナ|37.9{1310}10=[333-]藤岡佑|
QF=12|6|ドレッドノータ|53.1{1414}15=[615-]坂 井| △
QG=13|3|ランフォザロー|55.3{1515}13=[1304]デムロ|
QH=11|4|ゴーフォザサミ|70.2{1616}16=[300-]北村宏|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------
 成績補足
QA=07|5|スティッフェリオ |27.0{1011}11=[832.10]丸 山|
QE=01|5|カ  デ  ナ  |37.9{1310}10=[333.10]藤岡佑|
QF=12|6|ドレッドノータス |53.1{1414}15=[615.14]坂 井|
QH=11|4|ゴーフォザサミット|70.2{1616}16=[300.10]北村宏|
---------------------------
※年齢 3歳=2 4歳=6 5歳=6 6歳=2 頭
※牡牝 牡=16頭(セ1頭=12) 牝=2頭(02・05) 
※格
G1V=10頭
 A02アーモンドア[5010]1 B10サートゥルナーリ[2001]
 C16アルアイン [2025]  D04スワーヴリチャー[1143]
 E05アエロリット[1206]3 F08マ カ ヒ キ [1108]
 G14ワグネリアン[1011]  H15ウインブライト [1004]
 I09ダノンプレミ[1002]2 J03ケイアイノーテッ[1003]

G2V=4頭(GIV除く)
 A01カ デ ナ [1勝] B07ステッィッフェリ[1勝]
 C11ゴーフォザサ[1勝] D12ドレッドノータス[1勝]

 昨年(13頭)1234着馬の馬番
 1着=4枠04番  2着=6枠09番
 3着=7枠10番  4着=5枠07番
 今回2着=09番
---------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れE [AB型] 枠順AB=3.3
 馬連型=A流れG [AB型] 馬連AB=2.7

 枠連=AB//CDE//FG/H 
 枠順=15//372//84/6
 馬順=AB FEC H09 15 馬順 [A→D→F→G→E]
 代行=10D G1314 1211 16
 ―――――――――――――
 結果=102 345       枠順[A→B’→C→C’]
****************************
 ※ 回  顧

 う~~ん、ビミョーな内らち抜け出し(-.-)。
 もちろん勝った◎ルメール02アーモンドアイの直線残り400での最内すり抜け行為のことです。「それやる?!」って思ったのは私だけでなく、その前にいて逃げ残りをはかっていた3着●05アエロリットの鞍上戸崎圭も同じでしょう。陸上のトラック競技なら内を抜くのは完全違反行為。

 よく中山とか京都競馬場で逃げ先直後につけていた有力馬が「前が壁になって脚を余して負ける」というのがあります。今回の秋天、正にそういう気配でした。
 ところが、ルメール・アーモンドアイ。すっとアエロリットの内を抜け出すと、後はもう上がり2位の33.8で3馬身差の圧勝。勝ちタイム1562は秋天レコードよりコンマ1遅いだけ。2着09ダノンプレミアムとの差はコンマ5。そして、ダノンと3着アエロリットは同タイムクビ差。

 もちろん私は最後200「粘れ、粘れ! 戸崎! アエロリット」と絶叫(^_^)。 [◎→●]の組み合わせなら馬連・馬単の的中、充分元取りになったのです。

 がしかし、やはりあと200長いのでしょう。これが1800だったら、アエロリットの2着だったと思います。よく頑張ったけれどクビ差ダノンに負けました。

 それにしても、不可解なのは○スミヨン牡310サートゥルナーリアの6着敗退。ほぼ番手先行して(1000メートル通過59.0だったから、このメンバーと走破タイムを考えればむしろスロー)、直線残り400~200ではアエロリットと2着争いでした。
 なので[◎→●→○]の「究極3頭絞りが成立するぞお!」と皮算用はじいた(^.^)ら、その後あれよあれよと下がる始末。
 そして、ダノン・アエロに先着許して「4着かあ」と思ったら、追い上げてきた岩田06ユーキャンスマイルと福永14ワグネリアンにも抜かれてしまいしました。「なにそれ?(-_-;)」

 鞍上スミヨンによると、「ずっと緊張していた」とか。敗因を探るなら、古馬との初対戦でしょうか。
 予想ではサートゥルナーリアへのいちゃもんとして次のように書きました。
----------------
 次に3歳サートゥルナーリア。6戦[5001]で唯一負けたのがダービー
の4着。このとき私はいちゃもんとして「ロードカナロア産駒であること、東京コース初、左回り初、鞍上ルメール→Dレーンに格下げ乗り替わり。基本先行馬で上がり最速34.1しかなく、最後ちょい差し食らうかもしれない」と書きました。
----------------
 不思議なのはダービーで負けたと言っても、コンマ5差。東京・左回り2戦目となる今回は大丈夫だろうと思いました。それにロードカナロア産駒にしても中山芝20のGIを連勝しているのだから、なかなか「ここで無理」とは思えません。
 結果論ながら、東京ダービー4着、秋天6着となって「東京と左回りには?が付くのかも」と見なすべきか。また、ここに「古馬との対戦初、乗り替わり初は厳しい」も入れておくべきだったかもしれません。
 今後JCに行くのか、飛ばして有馬記念か。はたまた休養か。どこぞの馬のように失意の敗退続きにはってほしくないものです。

 この日私は2週間ぶりにいとこと温泉競馬観戦。二人とも外した……けれど、私は帰路に就きながら、「予想の最初に書いた3連複のあれこれの中に的中があるのではないか」と思いました。1着◎だし、3着は●。2着は相手10頭の1頭。「何か引っかかっているのではないか」と。
 ところが、09ダノンプレミアム、3、4頭絞りに結構入っていました。がしかし、この3頭の組み合わせだけはありませんでした(-_-;)。

 ちなみに、戸崎圭アエロリットの直線での走り。帰宅後周回パトロールを確認しました。
 すると、スタートから4コーナーまでアエロリットはずっとほぼ内らち沿いを走っています。その間隔たるや50センチほど。ところが、4コーナーを回って直線に入ると、内を1メートルほど空けているのです。同馬の外には先行馬3頭が横並び。直後にルメール・アーモンドアイ。
「最内を1メートルも空けてりゃそこ来るよな」と思って戸崎圭「どうしてもっと内を走らなかったんだ?」と思いました。が、内に寄れば、隣の馬との間が開きます。そこをアーモンドアイがすり抜けてくることは明らか。だから、内によらず、1メートルも空けてしまった……。

 ということはアーモンドアイの前が壁になろうがカンケーなく、どう転んでも同馬の2着以下はなく、サートゥルナーリアが消えては私の馬券の払い戻しもない……という結果だったようです。
 次回がんばりたいと思います。

 最後に実近一覧今年の結果は以下の通り。「A~D」から2頭、[E~H]から2頭の傾向は今年も続いたようです。

【GI天皇賞秋、過去3年の実近一覧結果】

  2019 |2018 2017 2016 |2019年
年=人|着|人|着|人|着|人|着|番馬名(トップ4頭と12番人気まで)
A=A|1|A|10|C|4|C|12|02アーモンドアイ   1
B=B|6|B|1|E| |B|7|10サートゥルナーリア  6
C=C| |G|3|H| |A|1|04スワーヴリチャード
D=D|2|E|4|D| |F|2|09ダノンプレミアム  2

E=E|5|C| |A|1|D|4|14ワグネリアン    5
F=G|4|D|2|10|5|G| |06ユーキャンスマイル 4
G=H| |F| |F| |E|3|16アルアイン
H=F|3|10| |B|2|H| |05アエロリット    3

QA=11| |H|5| | |09| |07スティッフェリオ
QB=09| |09| | | |11|5|08マカヒキ
QC=12| | | | | | | |15ウインブライト
QD= | | | |G| | | |03ケイアイノーテック

QE=10| | | |09| | | |01カデナ
QF= | |×| |14|3|×| |12
QG= | |×| | | |×| |13
QH= | |×| | | |×| |11
QI=×| |×| | | |×| |×
QJ=×| |×| | | |×| |×
頭=16 13 18 13 ※注「人気」は前日馬連順位

=============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 天皇賞秋、直前予想 | Main | 昨年エリザベス女王杯結果と回顧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 天皇賞秋、直前予想 | Main | 昨年エリザベス女王杯結果と回顧 »