« March 2020 | Main | May 2020 »

2020.04.24

別稿『一読法を学べ』 「新型コロナウイルス騒動を一読法から読み解く」第5号

 第五回 コロナ感染さらに拡大(4月23日筆)。

 コロナ感染騒動、七都府県に出されていた緊急事態宣言が4月17日、日本全土に拡大され、実質的な国土封鎖に……したいけれど、なかなかできないところまできました。強制措置を執らない日本はあくまで自粛要請です。ただ、鎖国だけは達成して観光地はどこも閑古鳥が鳴いています(日本だけでなく世界も)。

 4月末まで静観するつもりでしたが、いろいろ語らなければならない事態が噴出しています。とりわけ「収入半減世帯への30万給付が国民一人一人10万円」に変わったことは「何それ」の変更でしょうか。また、今月になってPCR検査が少ない理由がやっと明らかになりました。結局、国や専門家が決めた条件を忠実に実行していたのです。
 今回は以下3点について一読法から読み解きます。

 [今  号]
 第五回 コロナ感染さらに拡大(4月23日)
 [13]アベノマスクは言うほど愚策か?
 [14]外出自粛とはじわじわ殺されるようなもの
 [15]10万円の一部をユニセフに寄付しませんか
-----------------
 本号の難読漢字
・直(ただ)ちに・施策(しさく)・頻出(ひんしゅつ)・遺(のこ)す
------------------
********** 小論「一読法を学べ」別稿***********

 『新型コロナウイルス騒動を一読法から読み解く 』

 第5回「コロナ感染さらに拡大(4月23日筆)」

 [13] アベノマスクは言うほど愚策か?

 最初に先日全世帯配布が始まった「アベノマスク」について。
 あまりに不評で世紀の愚策のような言われようです。この案を提言した官僚はさぞかし肩身の狭い思いをしていることでしょう。
 しかし、私は(別に弁護するわけではなく)それほどひどい策とは思いません。

 もちろん突っ込みどころ満載でした。これこそ大人一人2枚とでもすべきなのに、金を惜しんで1世帯2枚。なぜそのような設定になったのでしょうか。
 これは官僚お得意の「モデル主義」だと思います。いつも「家族とは両親二人に子ども二人」という標準家庭を想定して立案、計算している。1世帯大人二人だから「一人1枚でいいや」との発想だと思います。父・母にじいちゃんばあちゃん、そこに成人した息子や娘が同居する世帯とか、一人親と子どもだけの世帯が思い浮かんだかどうか。
 今回は一人親に2枚となるからまだいいけれど、普段はモデル世帯しか頭にない。だから、思わずその癖が出たのでしょう。
 また、不良品が混じっているなど論外だし、最も必要とする医療・介護系へのマスクを優先すべき、という批判は確かにわかる。しかし、洗えば何度も使えるメリットはかなりあると思います。

 そもそも一般の人が使い捨てマスクを購入して貯め込むほど、必要なところに回りません。相変わらずドラッグストアではマスクが品切れ。そのほとんどは使い捨てです。布マスクなら洗って何回も使える。その分医療関係などに回るはずです。

 も一つそもそも。最近「必ずマスクを」と強調されているけれど、一時期「マスクは感染予防にならない」と言われていたではありませんか。いつの間にか「マスクをつければ、感染を予防できる」かのような言われ方をしています。
 マスクは自分がうつらないためにはほぼ役に立たない。気休めでしかない(と私は思います)。あれは自分がかかっているとき、人にうつさないようにするためです。それでも、狭い部屋に一緒にいれば、感染者がマスクをしていても、うつされる可能性がとても高い。
 ところが、今マスクをつけて外出している人は果たしてそう思っているでしょうか。自分が「うつらないためにつける」と考えているのではないか。だから、毎日出歩く人は使い捨てマスクが大量に必要であり、ゆえに、自粛することなくすぐに購入してしまう……。

 現在発熱など風邪の症状が出たら自宅待機する。これは当人だけでなく会社も認めるなど、かなり浸透している気配です。熱・咳がなくても「身体がだるい」とか「味覚・嗅覚を感じない」程度でも外出を控えている。以前あった電車内で「咳をしたらにらまれる」ような事態は起こっていないようです。

 ところが、コロナウイルスの問題は無症状感染者である。感染して潜伏期間中であるのに、自覚がないから出歩く。そして、うつす可能性が高い。だから「マスク、マスク」と連呼するのでしょう。
 しかし、素朴な疑問として「無症状感染者もマスクをしていれば人にうつさない」ことは科学的に証明されたのでしょうか。無症状だから咳をしない、鼻水も出ません。
 問題は飛沫よりむしろ物への接触、3蜜状態での遭遇などが原因として高いのではないか。よって、一般人はマスクをしてもうつるときはうつる。無症状感染者に関してはマスクよりむしろ「外出制限」こそ呼びかけられるべきです。

 残念ながら無症状感染者をあぶり出すことはできない。ならば、全ての人が「自分は無症状かもしれない」と思って行動するしかありません。
 この意識がない人が院内感染の病院や医師、看護士、その家族に対して偏見を持ち、差別的な発言をしているのでしょう。「あんたのせいで自分にうつるじゃないか」と思っているのです。自分が「無症状感染者かもしれない」などと考えたこともないのです。
 そもそもこれから発症、重症化したとき、お世話になる人に石投げるでしょうか。そのときになって「私は入院しない」と言うのか。自身は大丈夫でも、父母やわが子が重症化したとき、医師や看護士に「お願いします。どうか助けてください」と懇願しないのでしょうか。
 以前も書いたように、ちょっと想像するだけで思い浮かぶ未来です。偏見、差別とはそのわずかな想像力さえ欠けている劣等人間の悲しい姿です。

 閑話休題。極論すれば、一般人にマスクはいらない。マスクは一人1枚か2枚の布マスクを毎日洗って使えば充分。出歩いて人と会う限り、うつるときはうつる。無症状だと、人にうつすときはうつす。
 だが、感染してもらっては絶対に困る人たちがいます。医療関係者の感染だけは最優先して防がねばなりません。そのためには大量の防護服、手袋や使い捨てマスクが必要。ちまちま洗っている余裕はない。感染の恐れが最も高いからこそ、そこに集中的に配給しなければなりません。

 各地で広がっている院内感染は医療従事者への装備が不充分であることが最大の理由ではないでしょうか。使い捨てマスクを使い回している。防護服を取り替える事ができない。結果、受け入れ体制がないからと、救急搬送される患者を拒否する病院が多発している。
 ああ、やはり政府大本営です。武器弾薬を提供できず、竹槍どころか素っ裸でコロナと戦わせているのです。


 [14] 外出自粛とはじわじわ殺されるようなもの

 さらに思うこと。一般人に要請されている「外出自粛」――これもかなりの「くせもの」ではないかと感じます。2月は「ジム・カラオケ・ライブハウスに行くな」、3月は「夜の居酒屋・スナック・宴会に行くな」と来て、4月に緊急事態宣言が出され、「外出は7、8割削減を」となったら、「昼間の散歩・ジョギング、買い物にも出るな」とターゲットが次々変わっています。多くの人は一気に「外出禁止」としない、されない苦痛を感じているようです。
 言わば、真綿で首を締められるかのような。あるいは、殺人鬼からナイフで小刻みに傷をつけられ、血が流れ出すのを見るような。「殺すなら一気に殺してくれ!」と叫びたくなります。このストレスに耐えられる人はなかなかいないと思います。

 一方、交通手段のバス・鉄道はそのまま。最近台湾の措置を知りました。店に入る前は検温、バスも鉄道も乗る前に検温で37.5度とか38.0以上で入店を断るとか乗車拒否する。
 日本は法律がないから、法律が不充分だから「そのようなことはできない」と言い訳ばかり。ならば、国会ですぐに話し合ってすぐに決めれば良いではありませんか。
 マスク問題にしても、確かにネットでのマスク転売を禁止する法律を(あまりに遅かったけれど)つくりました。ところが、今ドラッグストアにはないマスクが町の何々屋さんで売られている。それも定価より割高となっているとのこと。小売店がマスクを仕入れて売っているので、転売ではないというわけです。

 警察はそれを摘発できないと言います。これ、私は町の何々屋さんを責めようと思いません。生きるため、今月の家賃を払うため必死に生きる姿です。むしろメーカーや卸問屋が医療機関より「仕入れ値が少しでも高い方にマスクを売っている」のではないか。何々屋さんはそこに利益を上乗せして売る。高くても買う人がいるから商売になる。結果、医療機関にマスクが届かない……。

 国会議員はこのことを知ったら、なぜすぐに行動を起こさないのでしょう。特に野党議員は今こそ寝る間を惜しんで考えるべきです。直ちに法律改正に動き、新規法制化をはかるべきです。
 報道によると、外出自粛、生産、経済活動の停止によってさまざまな問題が発生しています。倒産による失業は失業保険が出るからまだいいとして、非正規雇用では雇い止めも始まって収入が断たれています。ネットカフェ難民は住むところがありません。大学生もバイトができず、帰省もできず、部屋の家賃は待ってくれない。仕事を失い、帰国もできない外国人技能実習生、働き手を失った農業生産者。いろいろな場所で困っている人がたくさん出現しています。
 また、子どもたちへの休校措置が半年続かない保証はありません。授業再開、また休校とぶつ切り状態が半年経った頃「子どもたち一人一人にタブレットかノートパソコンを供与してオンライン授業を始めよう」と言い出すのですか。中国では約3ヶ月の封鎖中すでにオンライン授業を始めていました。

 遅いのは政府・官僚、与党だけではない。野党議員の対応も「遅い! もっと未来を読め! もっと危機感を持て」と言いたくなります。
 野党議員はそのような課題・要望に対してアイデアを練り、どんどんネットやテレビで披露し、政府与党に提言する。今こそ戦うべきときです。与党ではなく、コロナウイルスに対して。
 もしかしたら「お手並み拝見」でのんべんだらりと眺めているのではないか。あるいは、東日本大震災のとき与党としてさんざん苦労した。その報復であるかのように「いい気味だ。もっと苦しめ」と思っているとしたら、

「野党諸君よ。あなた方は次の選挙で勝つことはできない!」

 ――と私は言いたい。

 もしもたまたま野党議員が本稿を読まれて「そんなことはない。しっかり考えている。提言しているぞ」とおっしゃるなら、失礼な言葉として謝ります。
 しかし、テレビでは全くその姿が見えません。


 [15] 10万円の一部をユニセフに寄付しませんか

 さて、スピード感なくあまりにお粗末と批判された「収入半減世帯へ30万円給付」の施策がまさかの転換。緊急事態宣言全国拡大とともに、「国民一人あたり10万円給付」に変わりました。家族が多いほど給付も多く、その分前の案が持っていた欠陥は除かれ、おおむね好評のようです。

 ところが、テレビやネットで著名人が「受け取るかどうか」言及したり、発表した官房長官も「常識的には私は受け取らない」と言ったり、「公務員は受け取るな」とか、あげく某知事は「県職員には県の財源として提出してもらう」という、とんでも発言まで飛び出して議論百出状態です(最後はすぐに撤回されました)。

 私は前号で「富裕層にはした金渡しても無意味、公務員・年金受給者の収入は半減しないから国民一律給付には反対。困っている人にこそ給付すべきだ」と書きました。困っている個人・世帯に限って30万円給付はやり方さえしっかり検討すれば、基本方針として間違っていたとは(今でも)思いません。
 しかし、いろいろ聞いてみると、選り分けて給付するのは手続きも給付実務もめんどうで、時間がかかる。だから、一律給付の方が手早くできるという点で良案のようです。中間層、富裕層に関しては「コロナ終息後所得税を少し上げるとか、東日本大震災のときのように復興特別税として徴収すれば良い」もなるほどと思える意見です。

 ところが、今度は「手を挙げなくていい」とか、申請書に《いらない》欄があるのも驚きですが、「そこにチェック付けて送り返してもらって構わない」と言った直後に、「いらなきゃ返送しなくていい」など、所管大臣から「払いたくない」みみっちい発言が頻出しています。
 《いらない》欄こそいらない項目なのに、それを付けずにはおれない。何というしみったれ、何という貧乏性。かつて「ジャパンアズナンバー1」と呼ばれた国はどこに行ったのでしょう。
 貧乏人が節約し、けちることは貧乏性とは言わない。金持ちがけちること、必要なのにどんと出せないことを貧乏性と呼ぶのです。

 こういうのを「恩着せがましい」とも言います。昔から今まで親がよく見せる態度と心根です。子どもが何か頼みに行くと、「困っているようだから金は出す。ありがたく思えよ。いずれ恩返ししろ」と言わんばかりの態度を見せる。
 子どもは黙って頭を下げます。だが、心の中ではこうつぶやいている。
「返せる金ができたら、あんたの顔にたたきつけて絶縁してやる」と。

 それに、勘違いしないでほしいのは大臣がポケットマネーから金を出すわけではありません。税金の流用だけれど、現在を生きる我々が出すのでもない。国債を発行すれば、それはすなわち未来からの借金です。
 ちなみに、日本全体の借金は今GDP(国民総生産)の2.5倍――約1100兆円です(2019年末)。老いから赤ん坊まで国民一人当たり1000万弱の借金。家族4人のモデル世帯なら4000万円。ここに国民一律10万で総額12兆(プラス他の支援策などで約100兆)が追加されます。
 これがあるから、担当大臣としてみみっちいことを言いたくなるのはわかります。しかし、この借金を生みだしたのは「あなた方政治家でしょ」と言いつつ、それを支持した人も、批判しつつ逆転できなかった人も我々国民です。我々は未来の子どもたち、若者にまた借金を背負わせることを忘れてはいけないと思います。

 さて、私に戻って……私は年金受給者です。となると、「あんたは当然受け取らないんだろうな?」と言われると、ちと困ります(^_^;)。
 私は前号で一律給付を否定したわけではありません。公務員や年金受給者に今すぐはいらない。だが、「コロナ終息後の現金10万や旅行補助券、1年間の消費税0パーセントが有効だ」と書きました。それを今支給されたと思えば、別に貯金に回しても良いではありませんか。コロナが収束したとき、大いに使えば良いのです。

 ぶっちゃけ、私の月収は年金のみで、なおかつ生活保護世帯の月収に届きません。両親が遺してくれた実家に住んでいるので、なんとかやっていけてるけれど、憲法で保証された「健康で文化的生活」ができているとはとても言えない状況です。
 もっとも、この事態は自分が生みだした自業自得の結果であり、誰を恨むでもなく、それに好きな執筆活動をやれることに感謝しているので、不満はありません。

 なので、10万は受け取ります。今は使うあてもないので貯金します。そして、どこかで何かの役に立つことに対して使いたいと思います。自分が(コロナ以外で)入院したときの入院代かもしれないし、コロナ禍を生き延びたら、もう8年訪ねていない関東の友人達に「最期の別れ」を伝えるための旅費にするかもしれません。あるいは、日本や世界でもっとひどい自然災害が起こったとき寄付するかもしれません。

 少なくともまずユニセフに1万寄付します。これは競馬で10万超の儲けが出たとき実践していることです。昔100万馬券を獲ったときは10万円寄付しました。「たった1割かよ」と言うなかれ。前後数十年で1000万は失っているのです(^_^;)。だいたい多くの馬券ファンは競馬場がリニューアルされたとき「柱1本はオレが建ててやった」と豪語するほど負けています。

 それに、ここで受け取らなかったとしても、いずれ税金という全体の中に埋もれて天下り官僚の給料とか、お友達への優遇資金に使われるくらいなら、もっと有意義な使い道を考えて実行した方がいいと思います。
 もちろん全額ぱっと使うも良し。日本で目下困っている人のための基金に寄付するも良し。動物園がえさ代に困っているので、そこに寄付する手もあり。世界の風潮が他国より「自国ファースト」に陥りつつある今こそ、世界のことを考えてもいいかなと思います。

 日本の子どもたちは親の虐待こそあれ、飢餓で苦しむ子どもはまずいません。大人にとっても、コロナ感染による入院、治療、ホテルの隔離など全て個人負担なくやってもらえます。外国では任意保険加入者でなければ、入院加療の費用は数百万かかります(今回は税金で支援されるようですが)。
 もしも日本でなければ、私はコロナに感染しても病院に行かず、実家で一人死を迎えるだろうと思います。日本の死者が少ないのは明らかに国民皆保険のおかげでしょう。私はこういうシステムを作ってくれた先輩達、議員の方々に感謝の言葉しかありません。
 もっとも、このことと今の政府を「大本営」と言って批判することは別問題ですが。

 どうか富裕層の方々も10万受け取ってユニセフに寄付してください。あなた方にとっては1円くらいの10万であっても、アフリカや東南アジアの子どもたちを救う大金です。

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記: 本稿1回目に「自衛隊をもっと使うべきだ」と書きました。その後注意して見ていますが、相変わらずあまり活動していないようです。史上最大の災害との認識はないのでしょうか。たとえば、最前線である保健所の電話対応はテレビ報道によると、必ずしも保健所所員でなくて良さそうです。どこでもPCR検査の決定は各所員が下していないからです。ならば、電話相談に自衛隊員でも可能でしょう。
 また、自宅療養は(一人暮らしの感染者に死者が出ました)大至急ホテルなど個室のある施設に移送しなければなりません。担当者がその移送に関して「人手がない、車がない」と嘆いています。自衛隊の車両と完全防護服の自衛隊員にその役をやってもらうことが可能です。施設収容者への対応も自衛隊にお願いする。自治体は自衛隊に災害要請して待機させ、代表を会議に参加させるべきです。
 家族感染で父や母が感染したとき、子どもをどうするか。これも大至急やらねばならないことです。悲しいほどに遅い。

 大本営よ。議員諸君よ。国民に「危機意識を持て」と言う前に、あなたはほんとに危機意識を持っているのか、自分に問え。
 今こそ国民の政治不信を取り除く絶好のチャンス。困っているときに助けてくれる人、国こそ「ありがたい」と思える。人は決してその恩を忘れない。

 日本だけ内閣支持率が下がっている。それは与党・内閣だけではない。野党も下がっていることの表れだ。助けてくれない親を見捨てるように、国民はこの国を見捨てる。羅生門の下人のように、生きるために仕方ないと言って法を破り、悪に走る。

 最前線の医師、看護士、検査技師が感染の恐怖に打ち震え、寝る間を惜しんで戦っているとき、コーヒー飲みながらくつろいでいていいのか。あれは総理だけの姿ではない。国会議員全員の心の中が現れたのだ。

 すぐに行動を起こせ。寝る間を惜しんで考えろ。1週間国会を閉じ、地元に帰って医療関係者、困っている人たちの声を聞け。今こそ、そのときだ!

 ――とちょっと叫びたくなった今日この頃です(^_^;)。

| | Comments (0)

2020.04.20

皐月賞、結果とほぞ噛み

皐月賞結果は――◎→▲決着だけど3連外れては……の敗退(-.-)。

 1着―福 永 01コントレイル…………[◎]A 単勝=2.7
 2着―レーン 07サ リ オ ス………[▲]C
 3着―ヒュー 16ガロリアクリーク……[?]11
 4着―田 辺 08ウインカーネリアン…[?]13
 5着―ルメル 05サトノフラッグ………[○]10(一覧順位)

 前日馬順[A→C→09→17→B] 枠順[A→C→D’→C’]

 枠連=1-4=6.4 馬連=07-07=6.6 馬単=11.2
 3連複=01-07-16=91.5 3連単=263.1
 ワイド12=3.3 W13=22.5 W23=26.1

---------------
 ○ 展開予想結果

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 04 15 03 10 -14 08 01 17 -07 13 06 18 -02 12 05 09 16 11
覧 5 ◎ △ ▲ 6 ○
3F B C E D A
本 ◎ ▲ ● ○ △
結 4 1 2 5 3
-----------------------------
 本紙予想
 印番馬       名 馬 結果
 ◎01コントレイル    A 1
 ○05サトノフラッグ   B 5
 ▲07サ リ オ ス   C 2
 △11クリスタルブラック D  16
 ●12マイラプソディ   F  13
 ?16ガロリアクリーク  09 3
 ?08ウインカーネリアン 17 4

*****************************
 【GI皐月賞 実近一覧表】 中山 芝20 18頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番||馬      名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|○展格距TM3F印着
[1]
A=01||コントレイル | 2.3{AB}A=[3000]福 永|○7◎▲◎○◎1
B=12||マイラプソディ| 5.5{CA}F=[3001]武 豊|*14 ○ ▲●13
C=07||サ リ オ ス| 6.3{DC}C=[3000]レーン|○09◎   ▲2
D=17||ヴェルトライゼ| 6.6{BD}E=[2200]池 添|*8△△
[2]
E=10||アメリカンシー| 8.1{EF} =[1210]丸 山|
F=02||レクセランス | 8.3{FG}H=[3000]北村友|△13 △▲
G=13||ダーリントンホ|10.8{HH}G=[2020]デムロ|○10
H=15||ラインベック |12.8{G15} =[2021]岩田康| B
[3]
QA=11||クリスタルブラ|15.1{0913}D=[2000]吉田豊|△18   ◎△
QB=05||サトノフラッグ|16.9{11E}B=[3001]ルメル|○15▲◎ △○5
QC=16||ガロリアクリー|20.7{1014}09=[2002]ヒュー|  ▲    3
QD=09||ブラックホール|25.9{1312}12=[2102]石 川|
[4]
QE=08||ウインカーネリ|27.0{1416} =[2203]田 辺|       4
QF=04||テ ン ビ ン|31.3{1611} =[1000]中 井| A
QG=03||コルテジア  |36.3{1517}10=[2112]松 山|△
QH=18||ビターエンダー|36.7{1710} =[1111]津 村|
QI=06||ディープボンド|41.5{1809} =[1111]横山典|
QJ=14||キメラヴェリテ|41.8{1218}11=[0100]藤岡康|    △
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
------------------------------
※年齢 前牡 18頭(セ=0頭) 
※格
G1V=2頭
 A01コントレイル [ホープフルS1着]中山芝20 1
 B07サ リ オ ス[朝日杯FS 1着]阪神芝16 2
 参考-GI2着3着
 A17ヴェルトライゼ[ホープフルS2着]中山芝20

G2V=2頭(GIV除く)
 A05サトノフラッグ[ディープ記念1着]中山芝20 5
 B16ガロリアクリー[スプリングS1着]中山芝18 3

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)

 1着=6枠12番  2着=4枠07番 2
 3着=2枠04番  4着=1枠01番 1
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD[AB型] 枠順AB=7.7
 馬連型=  3巴[BA型] 馬連AB=6.4

 枠連=ABCD/E/F//GH 
 枠順=1348/6/7//25 前日枠順[A→C→D’→C’]
 馬順=ABCE D G 1012  
 代行=H181709 F 11 1516
 代2= 13 14
 ―――――――――――――
 結果=15243 前日馬順[A→C→09→17→B]

***************************
 ※ 回  顧

 最近「元旅館いとこのところで温泉浸かって競馬観戦」のことを書いていません。実は3月半ばころから3蜜を避けるため、訪問を遠慮しているのです。
 買い出しで平日一緒になることはあるけれど、温泉も室内だし、「何があるかわからないから」と一部屋での競馬観戦をやめました。

 そうしたら、いとこの調子がいいこといいこと(^_^)。高松宮もプラスで当てたし、桜花賞はちょいブラ程度だったようですが、皐月賞は「3複5枚獲ったぞ!」とレース直後歓喜の電話がありました。

 逆に絶不調なのが私。今回も「しアった~。格から単純馬券だった~」と叫んだことです(格で取り上げた馬と結果をご覧下さい)。

 それはさておき、まずはレース回顧。
 いやいや、福永01コントレイルには度肝抜かれました。
 2角から向こう正面では「祐一またやりやがったよ。消えたな」と思いました。
 これまでコントレイル3連勝の位置は2から4、5番手の先行。そして上がり最速で快勝するという横綱競馬。騎手は[福永→ムーア→福永]でした。
 
 ところが01番という先行するには何の問題もないと思われる枠で、別に出遅れたように思えなかったのに、1角2角では後方馬群(直列すると12番手くらい)。
 馬場は重から稍重に変わったとは言え、直線短い中山で先行有利は明らか。
 せめて中団にいなければなりません。そこは東京ではありません。
 逃げた14藤岡康キメラヴェリテの1000メートル通過59.8はさほど速くないけれど、かなり縦長だったので、ややハイペースでしょうか。
 向こう正面でコントレイルは先頭から20馬身くらいでまさかの後方。
「終わったよ」と思いました。

 そのとき07サリオスは5番手くらい、05サトノフラッグも中団前にいたので、
「何だよ。消えるのはコントレイルか~」とつぶやき、ほぼ絶望的な気持ち。  そうなるとウラ●武豊マイラプソディに期待するしかありません。ただ、武豊マイラプソディはあまり見ていませんでした(^_^;)。
 後でコントレイルの直後にいたことがわかりましたが、同馬は直線見せ場なく13着惨敗。ふにゃ(-.-)。

 ところが、4コーナー。実況アナが「コントレイル、いつの間にか先頭外にいます!」と叫んでいたとおり、一体どういう走りをしたのか、福永コントレイル正に残り300くらいでは大外を先行馬群に並んでいたのです。あらま。

 後ほど通過順位を検証してみると、コントレイルは3角でも直列13番手。併走を考慮しても8、9番手。よつて、巷間言われる「まくり」ではない。
 考えられることは3角から4角のカーブで一気に先行馬群まで進出したということです。

 残り300の地点では先行馬群からDレーン07サリオスが抜け出しており、200でコントレイルとのマッチレースに。サリオスはさすがにGI馬の底力。そして(歯がゆいけれど)さすがのDレーン騎手。やっぱりそつなく乗りこなしますね。
 逆にルメール05サトノフラッグは最後5着追い上げが精一杯。敗因はやはり新馬6着敗退でしょうか。
 新馬を負けると、どこかで1戦無理をしなければならず、それが累積疲労となって本番でこけるようです。

 それにしても、コントレイルとサリオスの対決。中山なら普通先行サリオスの勝ちでしょう。ところが、コントレイルは半馬身(コンマ1)差しきりました。
 勝ちタイム2007。上がり最速はコントレイルで34.9。2位はサリオスで35.4。つまり、残り600の地点でサリオスはコンマ4前にいたことになります。

 さすがに福永騎手もあの位置は想定外だったようで、勝利インタビューで「思っていたより違った」とか「ひやひやさせてご心配かけました」と、まるで敗戦のような弁でした(^.^)。
 しかし、あそこでじっと我慢したことが勝利をたぐり寄せたと言えるし、結果的に東京向きの末脚も確認できたという点で「ケガの功名」でしょう。普通のまくりを打っていたら、2着の可能性が高かったと思います。

 誰かが「さすが父ディープインパクト譲りの末脚」と語っていましたが、私はちょっと違うと思いました。
 ディープインパクトは直線残り300~400の地点からぐーんと伸びて前の馬を抜いてしまう。今回のコントレイルは残り600の前半で先団まで進出してその脚を持続させるという勝ち方です。
 もしかしたら父より強いかもしれず、これなら東京のダービーも淀の菊花賞も勝てる可能性が高い気がします。

 父ディープインパクトは05年の3冠馬でした。次の3冠は11年のオルフェーヴル。ほぼ10年に1頭のペースで出現していますが、いまだ父子二代の三冠馬は登場していません。最も可能性の高かった重賞228勝のディープインパクトでさえ、仔の三冠達成を見ることなく天に召されました。故障さえなければコントレイルの三冠確実と予想します。
 福永祐ちゃん、皐月は19度目の挑戦で初のV。父親に続く父子制覇となりました。現役三冠騎手は武豊と池添の二人だけ。祐ちゃん、果たして3人目となれるでしょうか。

 さて、馬券はまず格、GI・G2Vを再掲すると以下。
-----------------
G1V=2頭
 A01コントレイル [ホープフルS1着]中山芝20 1
 B07サ リ オ ス[朝日杯FS 1着]阪神芝16 2
 参考-GI2着3着
 A17ヴェルトライゼ[ホープフルS2着]中山芝20

G2V=2頭(GIV除く)
 A05サトノフラッグ[ディープ記念1着]中山芝20 5
 B16ガロリアクリー[スプリングS1着]中山芝18 3
-----------------

 普通GIV馬が多いと2、3着馬は掲示しません。つまり、今回GIVは2頭、G 2Vも2頭のみ。この4頭3複ボックス、または[GIV2頭→G2V2頭]の2枚で3複90倍的中。3単GIV2頭表裏流し4枚でも260倍の的中。くあーっ(T_T)。
 また、ガロリアクリークは前走18頭の3FAでもありました。「ウラ●これだったか~」とは後の祭り。

 敗因は明らかです。実近一覧から「下第2か第3の馬順AB馬を軸とする」に引きずられてしまったことです。以下今年を含めた結果を掲載します。

【皐月賞過去3年と今年の実近一覧結果】
  2020 |2019 |2018 2017 2016 |2020
年=人|着|人|着|人|着|人|着|人|着|印番馬名
[1]
A=A|1|C|4|A|7|B|9|G|8|○01コントレイル  1
B=F| |A|1|B|4|D|2|B|2|・12
C=C|2|B|3|F|10|H|12|A|5|▲07サ リ オ ス 2
D=E| |09| |D| |A|7|C|3|・17
[2]
E= | |D|2|H|3|G| |E|6|
F=H| |E| |C|5|E|5|D|4|・02
G=G| |F| | | |C| |F| |・13
H= | |G| |G|1|13|3|09| |
[3]
QA=D| |14|5|E| |09|1|H|1|・11クリスタルブラック
QB=B| | | | | | | | | |◎05サトノフラッグ  5
QC=09|3|H| |09| |F| | | |?16ガロリアクリーク 3
QD=12| | |10|2| | | | |
[4]
QE= | | | | | |10| | | |?08ウインカーネリアン4
QF= | | | | | | | | | |
QG=10| | | | | | | | | |・03
QH= | | | | | | | | | |
QI= | | | |×| | | | | |
QJ= | | | |×| |15|4| | |
  18 18  16 18 18
    ※注「人気」は前日馬連順位
----------------------------------

 今後の課題は各群拾いたい馬が3頭4頭いるときどうするか。
 第1群は馬順EFが気になりました。また、第3群3着に入った16ガロリアクリークは馬順09位で3群では3位にあたります。
 もう一息で的中にたどり着けそうなのに、コロナ同様しばらく我慢の日々が続きます(^_^;)。

 以上です。

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.18

皐月賞、直前予想

 まずは中山大障害、見ましたか(^_^)。
 オジュウチョウサン、前代未聞の5連覇。
 石神騎手ともどもおめでとうございます。2016年4月から障害重賞9連勝、その後有馬に出たりいろいろあって昨年4連覇、今年とうとう5連覇。
 年食っても活躍できるところを見せてくれました。我らもコロナに負けず、踏ん張りたいものです。

 しかしながら、そのコロナ。とうとう緊急事態宣言が全国網羅となりました。
 さすがに「競馬も中止だろう」と思ったら、無観客競馬継続と、ありがたいところです。
 あるコラムで「年間3兆の売り上げがある一大イベントを簡単に中止にはできない」とありました。このうち5分の1くらいは国の税収になるわけです。
 なんとかがんばって続けてほしいものです。

 さて、明日は皐月賞。ちょっと騎手で驚きの名がありました。
 昨年旋風を巻き起こしたD・レーン騎手が07サリオスに騎乗するのです。
「えっ、入国できたの?」と思ったら、入国後2週間隔離・待機していたとのこと。日本でひと月乗ったら帰国してまた2週間隔離だというのです。
「そこまでするかねえ」と思いつつ、勝負気配濃厚。
 ただ「そうは問屋がおろすだろうか」との見方はしておいた方がいいような気がします。人気過多なら消せるカモか、神騎乗でまた旋風か。

 それはさておき、今年の皐月賞。なんと3連勝経験馬が計5頭も出走。
 3戦3勝馬が3頭。4戦3連勝馬が2頭。問題はこの5頭で決まるかどうか。
 格から言えば、3戦3勝福永01コントレイルですが、単純に1着かどうか。
 さすがに無印にはできないものの、私はウラ●に賭けたいと思います。

 まずは昨年まで4年間の実近一覧結果。
 例の各群の馬順1位2位に印を付けると、過去4年の結果は以下の通り。

16年=3群1位→1群B→1群C→2群1位=H→B→C→D
17年=3群1位→1群D→3群4位→ 不的?
18年=2群3位→3群3位→2群3位→1群B不的
19年=1群A→→2群1位→1群B→1群C=B→D→B→C的中

 昨年は本命サイドとは言え、まず的中。16年17年も3群の1位が穴軸となって的中の可能性高し。不的は18年でしょう。

 4年間の最大特徴は1群トップが3着にも入っていないことです。
 今年は 。果たして来るかどうか。
 もう一つ第4群は17年を除くと掲示板にも載っていない。これも継続されるかどうか。
 ちなみに17年4着は今も現役のクリンチャーという馬で芝22のTX馬でした。
 なんとクリンチャー、日曜阪神11レースに出走して1、2番人気です。

---------------------------
【皐月賞過去3年と今年の実近一覧結果】
  2019 |2018 2017 2016 |2019
年=人|着|人|着|人|着|人|着|番馬名(F6番人気まで)
[1]
A=C|4|A|7|B|9|G|8|01アドマイヤマーズ
B=A|1|B|4|D|2|B|2|12サートゥルナーリア
C=B|3|F|10|H|12|A|5|04ダノンキングリー
D=09| |D| |A|7|C|3|
[2]
E=D|2|H|3|G| |E|6|07ヴェロックス
F=E| |C|5|E|5|D|4|03ファンタジスト
G=F| | | |C| |F| |02サノトルークス
H=G| |G|1|13|3|09| |
[3]
QA=14|5|E| |09|1|H|1|
QB= | | | | | | | |
QC=H| |09| |F| | | |
QD= | |10|2| | | | |
[4]
QE= | | | |10| | | |
QF= | | | | | | | |
QG= | | | | | | | |
QH= | | | | | | | |
QI= | |×| | | | | |
QJ= | |×| |15|4| | |
  18  16 18 18
    ※注「人気」は前日馬連順位
------------------------------
 今年の一覧と馬順単純戦法は以下の通り。
 第2群に上位馬なく、第3群1位(B)が05サトノフラッグです。そこでサトノフラッグ◎。第1群馬順1位2位を○▲として印をつけると以下の通り。
印番馬       名 騎 手 順 父
◎05サトノフラッグ   ルメル B ディープインパクト
○01コントレイル    福 永 A ディープインパクト
▲07サ リ オ ス   レーン C ハーツクライ
・13ダーリントンホール デムロ G New Approach
・12マイラプソディ   武 豊 F ハーツクライ
・17ヴェルトライゼン  池 添 E ドリームジャーニー
・02レクセランス    北村友 H ディープインパクト
・11クリスタルブラック 吉田豊 D キ ズ ナ
・03コルテジア     松 山 10 シンボリクリスエス
?16ガロリアクリーク  ヒュー 09 キンシャサノキセキ

***************************
 【GI皐月賞 実近一覧表】 中山 芝20 18頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番||馬      名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|○展格距TM3F印
[1]
A=01||コントレイル | 2.3{AB}A=[3000]福 永|○7◎▲◎○◎
B=12||マイラプソディ| 5.5{CA}F=[3001]武 豊|*14 ○ ▲●
C=07||サ リ オ ス| 6.3{DC}C=[3000]レーン|○09◎   ○
D=17||ヴェルトライゼ| 6.6{BD}E=[2200]池 添|*8△△
[2]
E=10||アメリカンシー| 8.1{EF} =[1210]丸 山|
F=02||レクセランス | 8.3{FG}H=[3000]北村友|△13 △▲
G=13||ダーリントンホ|10.8{HH}G=[2020]デムロ|○10
H=15||ラインベック |12.8{G15} =[2021]岩田康| B
[3]
QA=11||クリスタルブラ|15.1{0913}D=[2000]吉田豊|△18   ◎△
QB=05||サトノフラッグ|16.9{11E}B=[3001]ルメル|○15▲◎ △▲
QC=16||ガロリアクリー|20.7{1014}09=[2002]ヒュー|  ▲
QD=09||ブラックホール|25.9{1312}12=[2102]石 川|
[4]
QE=08||ウインカーネリ|27.0{1416} =[2203]田 辺|
QF=04||テ ン ビ ン|31.3{1611} =[1000]中 井| A
QG=03||コルテジア  |36.3{1517}10=[2112]松 山|△
QH=18||ビターエンダー|36.7{1710} =[1111]津 村|
QI=06||ディープボンド|41.5{1809} =[1111]横山典|
QJ=14||キメラヴェリテ|41.8{1218}11=[0100]藤岡康|    △
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------
※年齢 前牡 18頭(セ=0頭) 
※格
G1V=2頭
 A01コントレイル [ホープフルS1着]中山芝20
 B07サ リ オ ス[朝日杯FS 1着]阪神芝16

 参考-GI2着3着
 A17ヴェルトライゼ[ホープフルS2着]中山芝20

G2V=2頭(GIV除く)
 A05サトノフラッグ[ディープ記念1着]中山芝20
 B16ガロリアクリー[スプリングS1着]中山芝18

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)
 1着=6枠12番  2着=4枠07番
 3着=2枠04番  4着=1枠01番
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD[AB型] 枠順AB=7.7
 馬連型=  3巴[BA型] 馬連AB=6.4

 枠連=ABCD/E/F//GH 
 枠順=1348/6/7//25
 馬順=ABCE D G 1012  
 代行=H181709 F 11 1516
 代2= 13 14
 ―――――――――――――
 結果=
----------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 04 15 03 10 -14 08 01 17 -07 13 06 18 -02 12 05 09 16 11
覧 5 ◎ △ ▲ 6 ○
3F B C E D A
本 ◎ ▲ ● ○ △

***************************
 ※ 直前予想

 実近一覧単純ルールからの有力馬は以下の3頭。
 印番馬       名 騎 手 順 父
 ◎05サトノフラッグ   ルメル B ディープインパクト
 ○01コントレイル    福 永 A ディープインパクト
 ▲07サ リ オ ス   レーン C ハーツクライ

 01コントレイルと07サリオスが3戦3連勝。ともに[新馬→G3→GI]という文句なしの経歴ですが、サリオスは3戦全てマイル。コントレイルは[芝18→芝18→芝20]だから、どう見てもコントレイルが上。
 また、コントレイル2走目の東京G3東スポ2Sの勝ちタイム良1445はレースレコード。このときの上がり33.1はトップだし、5番手先行の上がり。コンマ8ぶっちぎったし、3戦トータルの着差は1秒4。どうしてダントツの1番人気にならないのだろう、と思えるほどで私は文句なしの◎(^_^)。

 対する05サトノフラッグは新馬6着が不満なれど、2走目から[未勝利→1W→G2ディープ記念]の3連勝。こちらは4戦全て芝20。前2走は中山。すなわち中山は2戦2勝。芝20で3勝以上はこの馬のみ。3連勝の着差合計1秒3も優秀。これも文句なしで◎に近い○。

 かくして07サリオスは消えるかもしれない▲扱い(^.^)。
 同馬は3戦マイルのみだから、芝20どころか芝18、20、22の当該3距離も初。また、今回斤量57キロだが15頭は前走56キロ。3頭だけ前走55キロで2キロ増。これが07サリオスと01コントレイル(と1戦1勝の04テンビン)。
 なぜかと言うと3歳になって走っていないから。もしも01コントレイルが負けるとすればこれが原因かもしれません。

 しかし、3強の3連複は前日朝760円。当然3複1番人気で、2番人気は[01-05-17]の26.1倍。3強で決まっても不思議ではないので、他の馬券をいろいろ買ってはトリガミ必至。

 そこで、今回はこの3強から2頭消えることはあるまい、と思ってウラ●にもう1頭を抜擢し、3複4頭ボックス買いを中心にしたいと思います。

 そこでウラ●は武豊12マイラプソディ。父ハーツクライ。
 成績は[新馬→OP→G3京都2S]を3連勝して前走2月のG3共同通信杯で1番人気4着の[3001]。3勝の着差合計1秒2は優秀。
 コースは[中京→阪神→京都→東京]で中山初がビミョー。しかし、距離は芝18が2戦で芝20が2戦2勝。芝20の2勝以上は05サトノフラッグ(3勝)とこのマイラプソディのみ。
 光るのが4戦1番人気だが[180→110→150→150円]というものすごさ。3連勝の上がりは全てベスト1。最大のプラスポイントがただ1頭(前走で)57キロを経験済み。もっとも、馬主が聞いたことない若輩だし、重賞勝ちはこの馬1頭のみ。名門に負ければ、2着が精一杯かもしれません。

 馬連は◎○▲の3強相手ですが、まさかのゾロ目もあるかなと、吉田豊11クリスタルブラックにも流します。
 クリスタルブラックは中山2戦2連勝。今回ぎんぎんの逃げ馬不在で、先行馬は五指どころか十指に余る。ハイペースなら、この馬上がりが良いので7~10番手からの差しが爆発するかもしれません。

 以上です。
-----------------------------
 本紙予想
 印番馬       名 馬順
 ◎01コントレイル    A
 ○05サトノフラッグ   B
 ▲07サ リ オ ス   C
 △11クリスタルブラック D
 ●12マイラプソディ   F

 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.17

別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第32号「一読法からの提言」五 (2)

 今号は「★ 成績つけるのやめませんか。(その2)」

 私が小学校高学年の頃、四つ違いの兄は中学生で高校入試のための勉強真っ最中でした。その頃入試は国社数理英だけでなく、音美体に男子は技術、女子は家庭も入っていました。すなわち九教科の筆記試験です。
 さすがに実技科目は評価できないとわかったか、あるいは、単に「入試勉強の負担が重過ぎる」と思われたか、私の高校入試のときは実技を除く5教科に変わっていました。以後現代に至るまで高校入試の5教科は継続されています(推薦試験は導入されましたが)。

 前号「成績つけるのやめませんか」との主張は実技科目の具体例が多かったと思います。よって、反論として「実技科目に客観的な成績評価が難しいことはよくわかる。だが、主要五教科なら指導要領に定められた内容を到達点として評価している。それを知識として持っているか、応用できるか、テストによって点数化できる。だから、「成績評価は可能だし、成績がなければ入試に対応できない」との反論が出されるでしょう。
 それに対して私は「そもそも」論で応じます。そもそも、成績をつけるのは本人のためなのだろうか。多くの人は成績をつけなければ、子どもは勉強しないと考えている。悪い成績だと自覚させることで、努力させ、がんばらせることができる。だから、成績をつけるのだと。しかし、本当に本人のために成績を付けているのか。改めて誰のため、何のために成績をつけるのか。本節はこの問題を掘り下げます。

 [以下今号]★ 成績つけるのやめませんか。(その2)
 [8] 成績をつけるのは誰のためか。

 [前号]一読法からの提言、その五
 [7]★ 成績つけるのやめませんか。(その1)

 本号の難読漢字
・脅(おど)す・無頓着(むとんちゃく)・対峙(たいじ)

************** 小論「一読法を学べ」**************

 『 一読法を学べ――学校では国語の力がつかない 』 30

 一読法からの提言 その六

 ★ 成績つけるのやめませんか。(その2)

[8] 成績をつけるのは誰のためか

 さて、世の中で暮らす人間集団を《個人と全体》に分けるなら、子どもに成績をつける、競争させる、がんばらせる、努力させるのは個人である本人のためか。それとも、社会全体のためでしょうか。
 選択肢は次の三つ(わけあって[B]とします)。

[B] 子どもに成績をつけるのは誰のためか?
1 本人のためである。
2 社会のためである。
3 本人と社会のためである。

 多くの人は「もちろん3。本人のためであり、社会のためでもある」と答えるのではないでしょうか。1が最も強い理由だが、それだけではない。2とも言えない。個人と社会は切り離せない。成績をつけることによって本人ががんばるし、有能な人間が増えれば社会にとっても有益である。だから、答えは3であると。
 よろしいですか。ほんとに3の答えが正解ですか。

 では、次の質問はどうでしょう――どうだったでしょうか。
 以前「そもそも学校の勉強とは一体何のため、誰のためにするのか」と問題提起しました。以下の質問に「はい・いいえ」でお答え下さいと。

1 父親のため、母親のため、学校の先生のために勉強する。はい・いいえ
2 テストや宿題のために勉強する。 はい・いいえ
3 入試に合格するために勉強する。 はい・いいえ
4 社会に出たとき、企業・組織のために勉強する。 はい・いいえ

 多くの人はこの質問に対して1と2は「いいえ」と答えたはずです。3も「いいえ」だが、取りあえず志望校に合格しなければならないから、「はい」でもある。4は「『はい』とは言いたくないが、『いいえ』でもない」でしょうか。

 1、2に戻ると、大人は子どもに対して次のように言い聞かせているはずです。
「勉強とは親のためにやるのではない。いわんや学校の先生のためでもない。お前自身のためだ。テストや入試も将来の目的のための通過点に過ぎない。入試のために勉強しているのではないんだ」と。1・2の質問に対して「はい」に○をした人はいなかっただろうと思います。

 実はこの質問の答えとして「はい・いいえ」の二択しか用意しなかったのは、巧妙に(?)仕組まれた罠です。
 1、2は誰でも「いいえ」と答えて安心する。「勉強が本人のためだなんて当然じゃないか」とつぶやき、それ以上考えようとしない。「さて、本当に本人のためだろうか。案外親である自分のためかもしれない」と振り返る人は少ないでしょう。

 どこの親も子どもが素直で言うことを聞き、学校の勉強はよくやり、成績もそこそこ良ければ安心します。しかし、その反対だと二つか三つは小言を漏らすし、子どもの将来を心配する。そんなとき誰かから「子どもに勉強させるのは本当に本人のためですか。案外あなた自身が安心したいからではありませんか」と言われたら、「そんなことはない」と断言できるでしょうか。
 それに中学生の我が子がまだ将来のことを決めていなければ、「取りあえず入試目指して勉強しろ。将来のことは高校でゆっくり考えればいいじゃないか」と言っていませんか。それはつまり、現在の勉強は入試に合格するためであると認めていることになります。中学校時代の私は正にこのタイプでした。

 また、4については「社会に出たとき、一人前の人間として働くために勉強は必要だ。それが結果的に企業や組織のためになる。世の中で役に立つ人間を目指して勉強するのは当然だ。だから『いいえ』ではないが、あくまで自分のためと考えると『はい』とも言いづらい」とつぶやくのではないでしょうか。
 何にせよ、ちょっと深く検討すると、選択肢には「はい・いいえ」だけでなく、「どちらとも言えない」とか「《はい》とも《いいえ》とも言える」が必要だと気づきます。3と4に関しては特にそう感じた人が多かっただろうと思います。

 1も同じく3つ目の選択肢が必要です。それが「勉強とは本人のためであるが、親のためであり、学校のためでもある」という選択肢です。
 以前は二択だったのに、今回[B]の質問では三択にしています。これら誘導尋問のような問いかけには「あれっ、YES・NOの二択でいいのかな?」と異和感を覚えてほしいものです。以前から何度も触れています。解釈や未来予想には最低三つを思い浮かべようと。

 余談ながら、二択の主張はかつて「隣の国と戦争をするかしないか、二つに一つだ」といった論法で使われました。このような問いかけは「戦争によってしか事態を解決できない。戦争をしなければ敵国に占領され、屈辱的な目にあう」など、「しない」という選択はないかのように主張されることが多い。
 かくして戦前の日本は戦争に突き進み、敗色濃厚となってもリーダーは「一億総玉砕だ。本土決戦だ」と主張する。結果、否やもなく多くの命が失われました。今でも政治家は――某大統領のように「自国か他国か、敵か味方か」の二択を迫ることが多いので注意が必要です。

 相変わらず横道ばかりで恐縮です。
 本題に戻ると、「子どもたちが勉強をするのは誰のためか」という質問は次のように三択にできます(これが最初の質問なので[A]とします)。

[A] 子どもたちが勉強をするのは誰のためか?
1 本人のためである。
2 父や母、学校の先生のためである。
3 本人のためであるし、父や母、学校のためでもある。

 もっとも、三択に増やしても……やっぱり勉強は1「本人のためである」に落ち着きそうです。

 そこで、最初の質問「子どもたちに成績をつけるのは誰のためか」に戻り、[A]と比べつつ再度[B]の答えを考えてください。

[B] 子どもたちに成績をつけるのは誰のためか?
1 本人のためである。
2 社会のためである。
3 本人と社会のためである。

 私は思うのですが、もしも[A]で1と答えたなら、[B]も1に○を付けるべきです。[A]が2なら[B]も2。逆に言うと、[B]が2なら[A]は2。
 そして、(多くの人が○をしたであろう)[B]の3、成績をつけるのは「本人と社会のためである」と言うなら、[A]においても3、勉強をするのは「本人のためであるし、父や母、学校のためである」に○をするべきだと思います。なぜなら[A]と[B]は同じことを質問しているからです。

 ――と書けば、「いやいや、AとBは同じではない。子どもが勉強することと、彼らに成績をつけることは同じではない」と反論されるかもしれません。
 では、勉強ではなく、以下のような生活面ならどうでしょう。
 わが子が「学校の制服はダサイから着たくない。私は私服で行く」とか「ピアスをする、髪の毛を染めて行く」と言ったら……。
 学校の先生はほぼ例外なく「ダメだ!」と言います。昔は門の前で「学校に来るな」と追い返されたことがあります。今でもそうでしょうか。
 親御さんもまた「校則で決められているからダメだよ」とわが子を説得する(か、脅したりすかしたり、殴ってでも言うことを聞かせる)。子どもはしぶしぶ従うしかない……。
 この場合、次のような質問をつくることが可能です。

[C] 学校で制服を決め、頭髪の染色・ピアスを禁止するのは誰のためか?
1 本人のためである。
2 父や母、学校の先生のためである。
3 本人のためであり、父や母、学校のためである。

 [C]の質問に対して大人が1と答えたら、子どもは「嘘つき」と言うでしょう。校則のほとんどは本人のためではなく、親や学校のためにあると知っています。この場合は1でもなく、3でもない。社会がそう決めている。社会がそれを求めているからだとわかっています。

 それでも、親御さんや先生方は「いやいや、そんなことはない。子どもたちにはルールを教えねばならない。ルールを守ることは世の中を生きていく上で必要である。だから、子どもたち本人のためだ」とおっしゃるかもしれません。

 もしも日本という国が全体として制服が決められ、頭髪の染色・ピアスが禁止されているなら、学校でそのルールを守る訓練をするのは意味あることかもしれません。全体主義を採用する某大国はかつて「人民服」が制服でした。あるいは、今でも特定宗教国家は女性に対して「顔を隠せ」と強要しています。

 もちろん日本でも、仕事によって制服というかユニフォームが決められているところはあります。大工さんの作業服などポケットが多く、機能的に作られた服はみな同じです。そして、その仕事に就けば制服なり作業服なりを拒否する人はいません。いやだったら、その仕事に就かないだけです。だから、わざわざ学校で制服着用の訓練をする必要はないのです。

 昔私が中学校だった頃「男子生徒は丸坊主とする」という校則がありました。さすがに今は(一部の部活動以外)なくなったようです。それも当時の社会がそれを求め、そう決めていたからでしょう。
 また、日本では大人に対して「髪の毛を染めてはいけない・ピアスをしてはいけない」という法律もありません。このように校則は社会にないルールであることが多い。よって、社会訓練にはなりません。敢えて言うなら、理不尽な命令でも服従する訓練にはなっているでしょう。

 むしろ制服を決めていることで、生徒は中高の六年間、自身の私服について考えることなく、無頓着に着ていることが多い。学校が「考える」訓練、指導を放棄しているとも言えます。
 これは制服のない高校の先生と話し合ったときにわかりました。
 私が「そちらは制服の指導がなくて楽ですね」と言うと、相手は「むしろ服装指導で大変です」と答えたのです。
 生徒によっては、社会通念上どうかと思われるような服装、夏など女子生徒の一部は薄着が過ぎる服装で登校する(教室にエアコンなどなかった時代です)。
 だから、「そんな格好じゃ痴漢に襲われるぞと、その都度指導している」と言うのです(もちろん校則違反ではない口頭指導です)。それを聞いて「ああ、それこそ本当の服装指導だな」と思いました。

 ただ、私は制服廃止論者ではありません。特に修学旅行などの校外活動は教師にとって制服姿である方がいい。あるいは、節目の行事は制服があってもいいと感じます。
 男子生徒の多くは制服肯定派でした。「制服があった方が毎日何を着るか迷わなくてすむから」と言うのです。また、一時期かつてのダサイ制服がしゃれたデザインに変わったときがあって女子生徒など「繁華街には制服で行く」と語っていたくらいです。それもまた「あり」でしょう。
 よって制服は決めて構わない。しかし、それを着るかどうかは個人の判断に任せる。私服だけでなく頭髪、ピアス、リーゼントも同じ。行き過ぎたら一緒に考え指導する。それが世の中に出たときの訓練になると思います。

 また、道草食ったようです。以上ABC3つの質問は「親や先生は子どもの側に立つのか、社会の側に立つのか」――それについて考えてみようという質問でもあります。

 私は子どもと親御さん、学校の先生の関係について次のように考えています。
 学校の先生は社会の側に立って子どもと対峙している。親御さんも同じく社会の側に立っていると。

 このように問いつめ具体化してみると、ものごとの本質が見えてきます。
 わが子に勉強させるのは「本人のためである」などと言いつつ、実は「親自身のためでもある」と。
 たとえば、発展途上国では子どもをたくさん産みます。ご存じのようにあれは子どものためではない。親自身のためです。日本の戦前、多くの親は子どもを5、6人から7、8人、ときには10人以上産みました。あれは子どものためでも、親のためでもなく、男を労働者として、兵士として使役する日本国のためでした。つまり、個人と全体を比べてみれば、ものごとは個人のためではなく、全体のためであることがとても多いのです。

 そこで、なぜ子どもに、学生に成績をつけるのか。今度は社会(全体)の側から眺めてみます。すると、社会が要求する個人、企業や組織が個人の成績を求める理由が見えてきます。
 以前提起した「勉強は誰のため、何のためにするのか」に関する1~4の質問を、4~1の順に並べ替え、少々言葉を変えて再掲すると次のようになります。これらの質問に対して(二択ですが)「はい・いいえ」のいずれかで答えてみて下さい。

 [勉強をし、成績をつけるのは何のため、誰のためか]
4 個人が社会に出たとき、企業や組織が必要だから。 はい・いいえ
3 志望校に合格するには自分のランクを知る必要があるから。 はい・いいえ
2 成績をつけるにはテストや宿題が必要である。 はい・いいえ
1 不合格にならないよう、親のために勉強する。 はい・いいえ

 社会の側から眺めると、四つの質問は全て「はい」にならないでしょうか。勉強と成績が不可分である限り、これが社会と個人のホンネではないかと思います。
 では、もう少し詳しく4~1を書き込んでみます。

 [児童生徒、学生に成績をつける理由]
4 個人に成績をつけるのは、企業・組織が優秀な人間・平均的な人間を選別し、採用するためである。
3 大学は優秀な人間、平均以上の人間を求めて大学入試を課す。高校も同様の理由で高校入試を課す。
2 テストや宿題は成績を付けるために必要であり、それはすなわち高校入試、大学入試のためである。ひいては企業や組織、社会のためである。
1 ゆえに、勉強とは本人のためではなく、社会のためである。中学校が成績を付けるのは高校のためであり、高校が成績をつけるのは大学のためである。最終的に企業や組織が優秀な個人、平均的な個人を選別するためである。親も学校の先生も社会の一員である以上、その養成に協力する。

 さて、これは暴論でしょうか。私はこれが世の中の、社会の側のホンネだと考えています。
 以前「優秀な人間を求めていると言うのをやめませんか」と書きました。
 この言葉も企業や組織など社会が求めている人間像を――ホンネの部分を表している。社会が求めているのは優秀な人間なのです。

 そして、ここで二分割が起こります。世の中は優秀な人間と、優秀でない人間に分けられる。優秀でない人間はさらに平均的な人間と劣っている人間に分けられる。

 どうしてこのようなことを書くかと言えば、大人たちが「個人は一人一人かけがえのない存在だ。だから、自分を大切にしよう」とか「いじめるのはやめよう」と言うとき、「それはほんとうに社会全体が発している言葉だろうか」と疑っているからです。

 これも以前「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい」について「ほんとうに心からそう思っているか。所詮理屈であり、タテマエだと思っていないか」と問題提起しました。
 社会は「私も小鳥も鈴も」ランク付けしている。その証が大学のランクであり、高校のランクである。子どもたちは少しでも上のランクを目指して勉強する。親御さんもそれを求めている。志望校に合格するには自分がどのランクにいるか知らなければならない。だから、学校は成績を付ける。

 一見すると、成績をつけるのは個人のためであるように思えます。だが、個人に成績をつけるのは社会が優秀な人間、平均的な人間、劣った人間を見分けるためである。
 成績をつけることによって、社会は組織や企業、大学・高校などのランク付け(=階層分け)を維持することができる。個人に成績をつけるのは社会に必要だからである――これが私の結論です。

 私はこの階層分けは日本における(ひそかな)カースト制度だと思います。そして、現在起こっているさまざまな問題はこのカースト制度が引き起こすひずみやゆがみの表面化であると考えています。
 たとえば、ママ友集団のぎくしゃく、児童生徒の不登校、職場のパワハラ、セクハラ。何より優等生と思われている各所の長がおかしな言動を取っています。

 人間の選別が進むとどうなるでしょう。「劣った人間は社会に必要ない」となります。「世の中の役に立つために勉強する、生きる」を突き詰めると、「世の中の役に立たない人間は存在しなくていい」とならないでしょうか。ある犯罪者は「障害者は世の中の役に立っていない。生きるに値しないから殺してもいいんだ」と言って実行しました。あの犯罪者と「人間に害をなす害鳥、害獣は殺しても構わない」と言う人に違いはあるのでしょうか。/p>

 優秀な人間を求めた結果何が起こったか。起こっているか。
 リーダーがお友達を優遇した。ばれなければ、談合、賄賂は当たり前のこととなった。ばれそうなときは隠蔽し改ざんし、黒塗りの情報を公開した。部下の劣等ぶりを怒鳴りつけた。言うことをよく聞く、命令に忠実な社員や部下こそ「優秀」である。そして、学校はこうした社会の要求に応え、命令と服従を子どもたちに教える機関になりはてた。

 しかも、劣った人間を判定するのは企業や組織の上に立つ優秀な人たちです。
 職場において、何らかの不正やおかしな慣行があったとき、異議申し立てをする人間は「空気が読めない反抗的人間である」とのレッテルが貼られる。それは会社や組織が行う評価であり、勤務評定です。そして、法律上、権利上やめさせることはできないから、陰湿ないじめやパワハラを駆使して「自ら辞職させる」方向に追いやります。
 最近学校でも校長によるパワハラ、教員間のいじめが多発しているとか。私はあれもまた「劣等生と評価された教員を追い出そうとする」現象であると考えています。

 個人を優秀な人間と平均的な人間と劣っている人間に分ける。おお……なんとこれは小学校の絶対評価ABCではありませんか。中学校の5段階評価ももちろん優秀な人間、やや優秀な人間、平均的な人間、劣った人間に分けています。

 すると、読者の中には「それがどうした。世の中なんてそんなもんだ。競争に勝たなきゃ個人の幸せはない」とつぶやく方もいらっしゃるでしょう。つまり、「世の中がそれを必要としているから、我々は勉強をするのだし、成績をつけるのも必要なんだ」と言う人は多いと思います。

 私は前号で「この答えは反論として却下します」と書きました。そのわけは開き直って「勉強も成績付けも本人のためではない、社会が必要としているからだ」と答える人にそれ以上言うべき言葉はないからです。
 このような人は(私がこれから提言する)「高校の進学校、中堅校、底辺校」というランク付けをやめ、高校入試を廃止して「希望者はどこでも行けるようにしましょう」と言うと、「そんな甘っちょろい理想論なんぞ意味はない」とバカにする人たちです。私はそのような人と議論する気はありません(向こうが黙殺するでしょうし)。

 再度私の主張を繰り返します。私は個人に成績をつけるのは正しくないことだと思います。前号で書いたように、人は人を正しく評価できないからです。
 成績付けは本人のためではない。高校が選別のために必要だから、大学が選別のために必要だからつけている。最後に社会が必要としているから成績をつけている。それは個人ひとりひとりの価値を認めることではない。個人を会社や組織に役立つ優秀な人間、平均的な人間、劣った人間に分けるためである、そう思います。

 長くなりました。「小中の先生に絶対評価はできない」ことについては次号に回します。

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:とうとう日本全国に「緊急事態宣言」が出されました。私は一日中執筆活動で、閉じこもり生活に慣れっこですが、みなさんは大変でしょう。ぜひ一読法で小説を読んでください(^_^;)。

| | Comments (0)

2020.04.13

桜花賞、結果とほぞ噛み

 桜花賞結果は――自分の推理より、一覧◎○第4群Bが3着かあ(-.-)

 1着―松 山 09デアリングタクト………[・]QA 単勝=4.2
 2着―武 豊 17レシステンシア…………[○]A
 3着―柴田大 03スマイルカナ……………[?]QG
 4着―デムロ 11クラヴァシュドール……[△]C
 5着―福 永 14ミヤマザクラ……………[◎]QE(一覧順位)
 前日馬順[B→A→09→E→G]枠順[E→A→F’→D]

 枠連=5-8=10.4 馬連=09-17=11.1 馬単=19.3
 3連複=09-17-03=125.9 3連単=477.6
 ワイド12=4.9 W13=28.8 W23=24.8

---------------
 ○ 展開予想結果

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 17 04 03 12 -14 15 18 16 -11 05 07 01 -06 09 13 02 08 10
覧◎ 6 △ ▲ 5 ○
3F B D C E A
本○ △ ◎ ▲ △ △ ・ △
結2 3 5 4 1
----------------------------------
 本紙予想結果
 印番馬       名 馬 結果
 ◎14ミヤマザクラ    G 5
 ○17レシステンシア   A 2
 ▲11クラヴァシュドール E 4
 △08リアアメリア    F  10
 △04サンクテュエール  C  6
 △05マルターズディオサ D  8
 △06ウーマンズハート  10  16
 ・09デアリングタクト  B 1
 ?03スマイルカナ    09 3[一覧第4群馬順B]

****************************
 【GI桜花賞 実近一覧表】 阪神 芝16 18頭 定量55キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬     名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|○展格距TM3F印着
A=17||レシステンシア| 3.5{AD}A=[3010]武 豊|○A◎△◎ ○2
B=13||マジックキャッ| 7.1{CE}H=[1300]浜 中|       12
C=11||クラヴァシュド| 8.2{DC}E=[1210]デムロ|○09▲△ ▲▲4
D=16||ケープ ゴッド| 9.6{EG} =[3102]岩田望|

E=07||ヒルノ マリブ|11.0{FB} =[2111]北村友|
F=04||サンクテュエー|11.8{GF}C=[2100]ルメル|○B△○  △
G=05||マルターズディ|11.8{B16}F=[3200]田 辺| 10○◎ △△
H=08||リア アメリア|12.8{09A}D=[2001]川 田|○17   ○△

QA=09||デアリングタク|14.3{1009}B=[2000]松 山|○14 ▲  ・1
QB=18||エ ー ボ ス|17.6{H13}12=[2002]岩田康|  △
QC=06||ウーマンズハー|18.5{1110}10=[2002]藤岡康|     ◎△
QD=12||インターミッシ|21.6{1211} =[2010]石 川|   △

QE=14||ミヤマ ザクラ|23.4{13H}G=[2101]福 永|○5△△○△◎5
QF=02||チェーンオブラ|29.5{1415} =[1202]石 橋|
QG=03||スマイル カナ|32.3{1712}09=[3002]柴田大|   △   3
QH=10||フィオリキアリ|34.4{1614} =[2103]藤井勘|
QI=15||ヤマカツマーメ|35.5{1517}11=[2203]池 添|
QJ=01||ナイントゥファ|37.5{1818} =[1112]松田大|
           TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------
※年齢 全馬3歳牝 18頭 
※格
G1V=1頭
 A17レシステンシア  =阪神JF1着 2
 参考G12、3着
 A05マルターズディオサ=阪神JF2着
 B11クラヴァシュドール=阪神JF3着

G2V=2頭(GIV除く)
 A05マルターズディオ=チューリップ[阪神芝16]
 B18エ ー ボ ス =フィリーズレ[阪神芝14]

G3V=6頭
 A04サンクテュエール=シンザン記念[京都芝16]
 B14ミヤマザクラ  =クイーン C[東京芝16]
 C03スマイルカナ  =フェアリーS[中山芝16]3
 D06ウーマンズハート=新潟 2S [新潟芝16]
 E08リアアメリア  =アルテミスS[東京芝16]
 F17レシステンシア =ファンタジS[京都芝14]

 昨年1234着馬の枠と馬番
 1着=4枠08番  2着=8枠16番
 3着=2枠04番  4着=7枠15番
-----------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れF [A 型] 枠順AB=9.5
 馬連型=A流れE [AB型] 馬連AB=12.4

 枠連=ABC/DEFG//H 
 枠順=837/6524//1
 馬順=ADG EBCF 16 
 代行=1210H 15130914 18
 代2=17 11
 ―――――――――――――
 結果=2 5 413
********************************
 ※ 回  顧

 東京では桜が散ってしまったのに、阪神ではまさかの満開。
 これが一つ目のまさかなら、降雨重馬場の無観客桜花賞。
 レースは静かにスタートして4角回って直線残り100――、

 頭はほぼ確定(と見えた)○武豊17レシステンシアがゴールを目指す。
 背後はまさかの「逃げ粘り」無印[?]柴田大03スマイルカナ(これが二つ目のまさか)。
 この2頭で決まりか。また無印激走の外れかあと思ったそのとき、
 私にとっては最大の「まさか」が起こりました(^_^;)。

 それは「来てほしくない」馬であり、軽視した[・]松山09デアリングタクトでした。
 猛烈な末脚で追い上げるやスマイルカナを交わし、レシステンシアに並び、あっさり抜き去りました。あれま。
 GI2勝目の松山騎手、「してやったり」のガッツポーズでしたね。

 今年騎手ランク4位、重賞勝ち前日まで1位ルメールに並ぶ5勝(過去最高でも2勝)。今年12年目を迎え、ブレークしつつある騎手だけに注目していました。
 しかし、前日土曜阪神メインG2阪神牝馬Sを勝っただけに、「二日連続はないな」と決めつけたのはひねくれ者の性(さが)と言うべきか(^.^)。
 それに[新馬→OP]の連勝だけでは一覧9位が示すように、普通買わない馬です。
 それが一時1番人気になり、最終2番人気になって勝つのだから、競馬は奥が深い……と言うか、1、2番人気に◎○打ちゃいいのだから、浅いと言うべきか。

 父馬エピファネイアにとって産駒初の重賞勝ちがGI桜花賞となりました。
 母父キングカメハメハですが、母は1戦未勝利のデアリングバード。馬主はノルマンディーSCの共同馬主でセリ価格1296万円。初戦2戦とも4.8倍の2→3番人気。とても「期待された血統馬、素質馬」とは思えませんでした。

 とまれ、デアリングタクト、ものすごい脚を見せて1着。
 しかし、見た目すごいように見えたけれど、勝ちタイム1361。2着レシステンシアとはコンマ2差。
 上がり1位はデアリングタクトながら、重馬場とは言え36.6でめちゃ悪い。4角12番手から差しきったけれど、他馬がばてたことは間違いないでしょう。

 その理由は柴田大03スマイルカナと逃げ争いを演じた武豊17レシステンシアでしょう。なんと重馬場なのに200から1000を1F11秒台で走って1000メートル通過58.0。重馬場を考えればかなりのハイペースと言えます。

 先頭スマイルカナは最後600を38.6、番手レシステンシアは38.2で前に出たけれど、もうばてばて。後はサバイバルです。そして、これだけハイペースで行かれると、普通後続組も脚を使うので、逃げ・番手の1、2着が多い。
 ところが、レシステンシアは上がり36.6――つまり先頭からほぼ2秒離れた位置から両馬を差しきりました。123着3頭は「強かった」と言えそうだし、「このレース限りの強さだった」かもしれません。

 終了後もう一度デアリングタクトのデータを再検討しました。しかし、あまりに貧弱で買える要素がない。そこで「何かあるかなあ」と思って過去2戦のレースビデオを眺めてみました。

 すると一つわかったこと。それは同馬が残り200でものすごい末脚を繰り出していたことです。新馬戦の勝ちタイム1377も、エルフィンSの勝ちタイム1366も、マイルとしてはフツーと言うより平凡すぎる勝ちタイム。
 上がりは一応トップだけれど、新馬は3-5番手先行で34.8。エルフィンSは9-10番手追い込みで34.0。これが33.0を切るような上がりだったら、もっと重い印をつけたでしょう。

 ところが、同馬は残り200の末脚がすごかったのです。感じとしてはあのディープインパクトの直線残り200に似ていました。ずっと同じペースで来て、残り200で1秒差なら差しきれるとの確信があるかのような走り。それをデアリングタクトの過去2戦に感じました。なるほどアンカツさんが「この馬はすごい」と言っていたわけです。

 今回桜花賞でも、4角で多くの馬が前を追っかけるのに対してまだ12~13番手の位置。そして残り200から追い始め、ぐーんと延びて残り100で射程圏に入れていた……。もしかしたらデアリングタクト、ディープインパクト級の馬なのかもしれません。

 そして、データ派にとって「直線残り200でどれだけの力を出してくれるか」は使えるデータがないのです。我々に知らされているのは残り600、上がり3Fの数値だけ。それも推計値です。
 多くの競馬場で残り600とはカーブの途中であり、そして4コーナーから直線に入って、残り400~300。さらに最後の200~100。以前から「推計値でいいから、そのデータを知れたらなあ」と思っていました。

 どうやらデアリングタクトは残り200の数値がずば抜けていたようです。上がり600の数値を3等分するのでないことは明らか。かと言ってどんな馬でも残り200でぐいぐい延びる――つまりいいタイムを出す――わけではありません。どなたか算出してほしいものです(^_^)。

 さて、馬券の方ですが、123着馬の内らち沿いは▲デムーロ11クラヴァシュドールが追い込んでいました。しかし、同馬はスマイルカナを抜けず4着。もしも抜いていれば、実近一覧による3複的中がありました。
 その後5着に◎福永14ミヤマザクラも追い込んでいたとわかり、
「う~~ん。やっぱり馬場が悪化すると逃げ先行馬かあ」ともつぶやきました
 これは逃げAの8枠17レシステンシアのことではなく、内枠01~04番の逃げ先行馬のことです。

 展開図では04サンクテュエールが2番手、03スマイルカナが3番手でした。 マイル実績で比較すると、サンクテュエールが[2100]、スマイルカナが[3002]。
 今回全成績3勝をあげた馬は4頭(03・05・16・17)いましたが、マイル3勝馬は2頭だけ。05マルターズディオサと03スマイルカナでした。
 実はテレビで「スマイルカナが逃げ宣言している」と聞いたとき、いやあな予感を覚えました。「残るんじゃねえだろうな」と。
 こういう外れるときの予感はほんとよく当たります(^_^;)。
 スマイルカナで見逃していたのが、そのマイル3勝。全て逃げての勝利でした。その中にはマイルG3フェアリーSVもある。つまり、今回逃げ粘る底力は充分持っていた、と言えそうです。
 もっとも、これは所詮結果論。終わって後の祭りです。

 さて、レース直後さらにつぶやいたのが「くあーっ、結局一覧を信じた方が良かったのか~」でした。
 以下今年の分を含めて一覧の結果を掲載します。反省の気持ちを込めて格段馬順上位を○、2番手を△として改めて付け直します。

【桜花賞、過去4年の実近一覧と今年2019年の結果】

  2020|2019 |2018 |2017 |2016 |2020年結果
年=人|着|人|着|人|着|人|着|人|着|番馬名(格段馬順人気上位に○印)
A=A|2|A|4|A|2|A|3|A|4|17レシステンシア○ 2
B=H|12|C|3|C|3|C|2|C|2|13ジックキャッス
C=E|4|D|5|D|5|H|1|B|1|11クラヴァシュド△ 4
D= | |H| |H| |B| |D| |
[2群]
E= | | | |B|1|G|5| | |
F=C| |B|1|G| | | | | |04サンクテュエー○
G=F| | | | | |E| | | |05マルターズディ・
H=D| |10| |E| |F|4|H| |08リアアメリア △
[3群]
QA=B|1| | | | | | |F|3|09デアリングタク◎ 1
QB=12| | | |09| | | | | |18
QC=10| |E|2| | |D| |G| |12ウーマンズハー△
QD= | | | |F| | | |09| |
[4群]
QE=G|5|F| | | |09| |E| |14ミヤマ ザクラ○ 5
QF= | |09| | | | | | | |
QG=09|3| | | | | | | |5|03スマイル カナ△ 3
QH= | | | | | | | | | |
QI=11| | | |10|4| | | | |15
QJ= | |G| | | | | | | |
  18  18   18  18  18
    ※注「人気」は前日馬連順位

 何も考えず一覧の群だけで印を付けた予想と結果が以下の通りで、◎○がずばりでした。
------------------
 第3群1位09デアリングタクト◎ 1
 第1群1位17レシステンシア ○ 2
 第4群1位14ミヤマザクラ  ▲
 第2群3頭04サンク・08リアアメ・05マルターズ △
------------------
 問題は3着が入らなかったことで、ミスは第2群を3頭にしたことです。
 しかし、第2群3頭は馬順[CDF]で消しづらいところ。

 それで終わりにしないで、各群馬順2位に印をつけるべきでした。
 すると、以下のようになります。
-------------------
 各群12位番馬      名印順 着
 第3群1位09デアリングタクト◎B 1
 第1群1位17レシステンシア ○A 2
 第4群1位14ミヤマザクラ  ▲G 5
 第2群1位04サンクテュエール△C 
    2位08リアアメリア  △D 
    3位05マルターズディオ△F 
 第1群2位11クラヴァシュドー△E 4 
 第3群2位12ウーマンズハート△10
 第4群2位03スマイルカナ  △09 3
-------------------

 実は馬順A~Gの7頭内で決まるだろうと思いつつ、8番人気以下から1頭入れようと決めていました。候補は8、9、10番人気3頭でした。
 候補馬は第1群3位の13マジックキャッスル、次いで第3群2位の12ウーマンズハート、最後に第4群2位の03スマイルカナ。私はこの中で12ウーマンズハートの上がり優秀を採用したというわけです。

 もしも馬順ABを◎○とすれば、かつての馬券戦術[◎→○→総流し]でこの3複万シューは的中です。逆に言うと、馬順09位の03スマイルカナは総流しでないと入ってきません。
 私の場合は09デアリングタクトが[新馬→OP]連勝馬に過ぎず、格からどうしても「買えない」馬だから、印も良くて△までとしました。よって、どう転んでも馬券は外れ。

 ところが、実近一覧買い目ルールだと、第2群第3群で馬順ABなら、その馬が◎。それがデアリングタクト。そして、一覧トップ3頭より○(この場合トリプルAの)1位レシステンシアは外せないので○。今回はこの2頭でワンツー。

 問題は3着候補。
 以上のように各群2位(6番人気までは3位も)に印を付けると、計7頭。
 これなら[◎-○-総流し]でなくとも買えます。
「くあーっ。3複1万、3単4万かあ」と叫んだものです(^_^;)。

 もちろんこんな単純なやり方、全てうまくいくとは到底思えません。
 他のレースではむしろ成立しないことの方が多いのです。
 それでもまずは最低限の予想として今後も紹介したいと思います。
 なにしろ私は「あれこれ考えすぎる傾向」があるものですから(^.^)。

 以上です。 

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.11

桜花賞、直前予想

 さて、明日は桜花賞(^_^)。
 東京など首都圏や大阪にも「緊急事態宣言」が出されて、「競馬はどうなるだろう」と思ったら、取りあえず無観客開催が継続されそうです。
 しかし、厩務員から感染者が出て関係馬が出走回避となるなど、ほんとに風前の灯火(ともしび)。土日テレビで唯一楽しめるスポーツ(兼ギャンブル)となった競馬中継。なんとか続けてほしいものです。

 まずは桜花賞実近一覧過去4年の結果です。
 今回は昨年の「結果とほぞ噛み」に掲載したものをそのまま再掲します。
 今年の分は他のデータとともにいつもの書式で。

 昨年は馬順人気第2群トップが1着、第3群トップが2着。そして第1群ABC3頭が435着。
 第2群トップはしばしば1着になるし、第4群は来ないことが多い。なので、もしも将来「5連勝単式馬券」が誕生したら3枚で的中できるかもしれない(^.^)という垂涎の結果が出ました。
 ところが、私は第3群トップ(馬順E)を無印にして不的中という……相変わらずの馬券下手でした。

【桜花賞、過去4年の実近一覧と今年2019年の結果】
  2019 |2018 2017 2016 |2019年結果
年=人|着|人|着|人|着|人|着|印着馬名(格段馬順人気上位に○印)
A=A|4|A|2|A|3|A|4|○4ダノンファンタジー
B=C|3|C|3|C|2|C|2|○3クロノジェネシス
C=D|5|D|5|H|1|B|1|○5
D=H| |H| |B| |D| |

E= | |B|1|G|5| | |
F=B|1|G| | | | | |○1グランアレグリア
G= | | | |E| | | |
H=10| |E| |F|4|H| |

QA= | | | | | |F|3|
QB= | |09| | | | | |
QC=E|2| | |D| |G| |○2シゲルピンクダイヤ
QD= | |F| | | |09| |

QE=F| | | |09| |E| |○13アクアミラビリス
QF=09| | | | | | | |
QG= | | | | | | |5|
QH= | | | | | | | |
QI= | |10|4| | | | |
QJ=G| | | | | | | |
  18   18  18  18
    ※注「人気」は前日馬連順位

 [昨年の回顧]より再掲
---------------
 一覧は「まずトップ3頭」――これが今年も435着と掲示板確保。
 そして、一覧2段目E~H、3段目QA~QDの「馬順上位人気馬には注意」といつも書いてきました。これが2段目F(人気B)08グランアレグリアと3段目QC(人気E)の16シゲルピンクダイヤ。この2頭が1、2着。3連係はトップ3頭に流せば……馬連配当44倍。3複ほぼ60倍。

 世に「ればたら」はないけれど、各馬の能力・実績なんぞ検討することなく(^_^;)、一覧トップ3頭と2段3段の上位人気に印を付ければ計5頭。
 それが全て掲示板だから参ります。将来あるかもしれない[5連勝複式]馬券1点の的中です。もっとも馬順1~5番人気の5頭ですが……(^_^;)。
 シゲルピンクダイヤの最終単勝オッズは7番人気でした。

 しかも、昨年E~HのE(B)は1着だった。また、結局のところ過去4年馬順Dは最高でも5着。これを採用して馬順Bを頭に据え、トップ2頭のACとQCのEに流す[B→ACE]4頭馬券なら、馬単・3連単も的中。この配当が馬単57倍。3連単3万の万シュー。「これ獲らな、いけんでしょ」と思ったのは終了後でした。
 これを後の祭りといいます(^_-)。所詮結果論ですが、来年はぜひこの方法をやってみたいと思います。
---------------
 というわけで、今後「今年の一覧」騎手の後に、各群馬順1位から2位に[○]印を付けます。 
 同時に○印を付けた馬の展開指標順位を[展]としてつけます。
 逃げAB3456……18のように。これは2頭で迷ったとき、基本的には前に位置する馬、距離や上がりによっては後に位置する馬を採用しよう、との考えからです。
 昨年のやり方を今年も踏襲すれば、
 第3群1位09デアリングタクト
 第1群1位17レシステンシア
 第4群1位14ミヤマザクラ
 第2群3頭04サンク・08リアアメ・05マルターズ
 といった並びでしょうか
******************************
 【GI桜花賞 実近一覧表】 阪神 芝16 18頭 定量55キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬      名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|○展格距TM3F印
A=17||レシステンシア | 3.5{AD}A=[3010]武 豊|○A◎△◎ ○
B=13||マジックキャッス| 7.1{CE}H=[1300]浜 中|
C=11||クラヴァシュドー| 8.2{DC}E=[1210]デムロ|○09▲△ ▲▲
D=16||ケープ ゴッド | 9.6{EG} =[3102]岩田望|

E=07||ヒルノ マリブ |11.0{FB} =[2111]北村友|
F=04||サンクテュエール|11.8{GF}C=[2100]ルメル|○B△○  △
G=05||マルターズディオ|11.8{B16}F=[3200]田 辺| 10○◎ △△
H=08||リア アメリア |12.8{09A}D=[2001]川 田|○17   ○△

QA=09||デアリングタクト|14.3{1009}B=[2000]松 山|○14 ▲  ・
QB=18||エ ー ボ ス |17.6{H13} =[2002]岩田康|  △
QC=06||ウーマンズハート|18.5{1110} =[2002]藤岡康|     ◎△
QD=12||インターミッショ|21.6{1211} =[2010]石 川|   △

QE=14||ミヤマ ザクラ |23.4{13H}G=[2101]福 永|○5△△○△◎
QF=02||チェーンオブラブ|29.5{1415} =[1202]石 橋|
QG=03||スマイル カナ |32.3{1712} =[3002]柴田大|   △
QH=10||フィオリキアリ |34.4{1614} =[2103]藤井勘|
QI=15||ヤマカツマーメイ|35.5{1517} =[2203]池 添|
QJ=01||ナイントゥファイ|37.5{1818} =[1112]松田大|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------------
※年齢 全馬3歳牝 18頭 
※格
G1V=1頭
 A17レシステンシア  =阪神JF1着

 参考G12、3着
 A05マルターズディオサ=阪神JF2着
 B11クラヴァシュドール=阪神JF3着

G2V=2頭(GIV除く)
 A05マルターズディオ=チューリップ[阪神芝16]
 B18エ ー ボ ス =フィリーズレ[阪神芝14]

G3V=6頭
 A04サンクテュエール=シンザン記念[京都芝16]
 B14ミヤマザクラ  =クイーン C[東京芝16]
 C03スマイルカナ  =フェアリーS[中山芝16]
 D06ウーマンズハート=新潟 2S [新潟芝16]
 E08リアアメリア  =アルテミスS[東京芝16]
 F17レシステンシア =ファンタジS[京都芝14]

 昨年1234着馬の枠と馬番
 1着=4枠08番  2着=8枠16番
 3着=2枠04番  4着=7枠15番
----------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れF [A 型] 枠順AB=9.5
 馬連型=A流れE [AB型] 馬連AB=12.4

 枠連=ABC/DEFG//H 
 枠順=837/6524//1
 馬順=ADG EBCF 16 
 代行=1210H 15130914 18
 代2=17 11
 ―――――――――――――
 結果=
-----------------------------
 ○ 展開予想……逃げA1頭だが、先行馬多くハイペースか。

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 17 04 03 12 -14 15 18 16 -11 05 07 01 -06 09 13 02 08 10
覧◎ 6 △ ▲ 5 ○
3F B D C E A
本○ △ ◎ ▲ △ △ ・ △

*******************************
 ※ 直前予想

 さて、どうにも集中しづらい今年の桜花賞。
 難しい馬が外8枠に入ってしまいました。もちろん武豊17レシステンシアです。
 デビュー後3連勝で2歳女王となった馬が、前走G2チューリップ賞ではまさかの1番人気3着。過去4走先行か前2走は逃げていた馬――展開指標図でも逃げA馬――がフルゲートの8枠に入りました。う~ん。どうするか。
 かと言って最近8枠の逃げ馬が連に絡んでいるし、実近A、前日馬順、単複、枠順もAのトリプルAとあってさすがに無印にはできません。内枠なら間違いなく◎なのですが。

 かたや阪神JF1番人気6着だった川田08リアアメリアはそれ以来4ヶ月の休養明け。
 6着の着差1.6秒は負けすぎだし……これも重い印は付けがたいけれど、無印にもしがたし。
 良くて2着か3着の△でしょうか。

 一方、目下単勝1、2番人気をレシステンシアと競っている松山09デアリングタクト。
 これが私の最も嫌うパターンの馬(^_^;)。[新馬→OPエルフィンS]の連勝馬ながら、格からはGI・重賞初で買いたくないし、阪神も初。着差も前走コンマ7、上がりは2戦34秒台でまー普通。父エピファネイアはやっと2年目で重賞勝ち0(/18)。良くて3着かなと軽視(^_^;)。

 とは言え、この3頭来ても不思議ではないので、ここにもう1頭、デムーロ11クラヴァシュドールを追加して[17 08 09 11]の3複4枚買っておきます。
 11クラヴァシュドールは4戦[1210]と勝ちきれないけれど、新馬V後は3戦重賞で[G3→GI阪神JF→G2チューリップ]を2→3→2着。堅実なので追加します。

 逆に面白いところで買ってみたいのが以下の3頭。
 まず休み明けの2頭。かたやクイーンC1着の福永14ミヤマザクラ。かたやシンザン記念1着以来のルメール04サンクチュエール。いずれも3着内に入って不思議なし。さらに、トライアルVのチューリップ賞1着田辺05マルターズデュオサ。

 そして、この3頭にもう1頭藤岡康06ウーマンズハートを追加して4頭の3複4枚。
 ウーマンズハートは新潟マイルの[新馬→G3新潟2S]を連勝しています。新馬はチョースローだったとは言え、16頭立ての8番手から上がり32.0で差し切り勝ち。このとき逃げて2着だったのがマルターズディオサです。その後イマイチで人気薄ですが、あの差しをここで発揮してくれれば、3着か2着食い込みがあるかもしれません。

 よって、まとめると以下の8頭。これは馬順AB絡みを表馬券、馬順CD絡みをウラ馬券と言った感じです。

 番馬      名 騎手  順印 父
 17レシステンシア  武 豊 A○ ダイワメジャー
 08リアアメリア   川 田 F△ ディープインパクト
 09デアリングタクト 松 山 B・ エピファネイア
 11クラヴァシュドー デムロ E▲ ハーツクライ

 14ミヤマザクラ   福 永 G◎ ディープインパクト
 04サンクテュエール ルメル C△ ディープインパクト
 05マルターズディオ 田 辺 D△ キズナ
 06ウーマンズハート 藤岡康 10△ ハーツクライ

 馬順上位8頭で軽視したのは浜中H13マジックキャッスル(父ディープインパクト)です。
 同馬は成績4戦[1300]。新馬V後[1W→G3→G3クイーンC]を3連続2着。
 なぜ軽視したかと言うと、前走クイーンC組は1着ミヤマザクラを採用したからです。来ないでほしいものですが……(^_^;)。

 というわけで、今回は実質馬順AからGまでの7頭で決まると推理しました。
 印は普通ならレシステンシア◎、ウラ●14ミヤマザクラといったところですが、いっそのことウラ●はやめ、ひいきの福永ゆうちゃんの差しに期待して14ミヤマザクラを連単軸の◎とします。○17レシステンシア。ただ、ハイペースが想定されるので、末脚をなくしたらと思ってもう1頭▲を設定。
 デムーロ騎手が復活気配です。それに新馬後の重賞3戦2→3→2着の成績、全てマイルで東京1戦2着、阪神3戦[1110]も良い11クラヴァシュドールを○に近い▲とします。

 以上です。

----------------------------
 本紙予想
 印番馬       名 馬順
 ◎14ミヤマザクラ    G
 ○17レシステンシア   A
 ▲11クラヴァシュドール E
 △08リアアメリア    F
 △04サンクテュエール  C
 △05マルターズディオサ D
 △06ウーマンズハート  10
 ・09デアリングタクト  B

 さて結果は?

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.09

別稿『一読法を学べ』 「新型コロナウイルス騒動を一読法から読み解く」第4号

  『 新型コロナウイルス騒動を一読法から読み解く 』 第4号
 今号は[15]にグラフを掲載していますが、こちらでは表示できません。
 一応、グラフを見なくともいいように解説しているものの、御影祐のホームページをご覧になることを勧めます。
   ↓
御影祐HP

**********************
 コロナ感染騒動、また10日余り(4月8日筆)。
 3月末から4月初めにかけて首都東京や他都市の感染者が急増し、とうとう(と言うかようやく)4月7日、7都府県に「緊急事態宣言」が出されました。
 ところが、中国武漢やヨーロッパ・アメリカなどの都市封鎖ではありません。日本は独自路線を歩むようです。
 同時に出された経済対策も、「総額108兆円」と豪語しながら、今は使えない、使う気にもなれない「終息後の観光支援」とか、「収入半減世帯に30万円」と言いつつ、複雑でもらえない世帯も多く、みみっちい施策だと批判を浴びています。もう少し練れないものかなあと感じたのは私だけでしょうか。そこで「国民一律10万ではなく、困っている人に即30万の私案」を提起します。
 他に「志村けんさんの急死」、「結論だけでは人は動かない、変わらない」、最後に「緊急事態宣言後の日本をグラフから予測する」など、一読法からこの事態を読み解きます。

 [今  号]
 第四回 コロナ感染また10日余り(4月8日)
 [13]志村けんさんの急死
 [14]国民一律10万ではなく、困っている人に即30万の私案
 [15]結論だけでは人は動かない、変わらない
 [16]感染者数グラフから予測する日本の今後

----------------
 本号の難読漢字
・最期(さいご)・発端(ほったん)・虚偽(きょぎ)・御用達(ごようたし)・詭弁(きべん)

********** 小論「一読法を学べ」別稿*********
 『新型コロナウイルス騒動を一読法から読み解く 』

第4回「コロナ感染また10日余り(4月08日)」

 前回(3月26日)からまた10日。いろいろありました。
 中でも衝撃的だったのはドリフやバカ殿でおなじみ志村けんさんの急死。3月29日(日)深夜新型コロナ感染による肺炎で亡くなりました。いつ誰からウイルスに感染したかは不明。3月20日に重度の肺炎と診断されて入院、23日に新型コロナウイルス陽性が判明してからわずか1週間。帰らぬ人となりました。享年70歳。
 翌月曜朝にテレビのテロップで訃報を知り、「えっ……」と絶句して涙が出ました。
 この涙には二つの意味があって一つは政府大本営に殺されたとの気持ち。もう一つは最期に死をもって大きなメッセージを残してくれた、との思いです。

 政府大本営に「殺された」は言い過ぎかもしれません。しかし、理由はなんであれ、「PCR検査をしてくれない」状況はずっと続いています。
 感染を疑う人が医師に相談すれば、「保健所に連絡を」と言われ、保健所に「検査をしてほしい」と申し出ても、最初は「武漢・中国渡航歴や濃厚接触者」、3月以降は「海外渡航歴、クラスター関連」、そして風邪の症状が出ても「37.5度の発熱4日~2日」など、とにかく検査を渋る。結果、検査上限の半分にも達しない日がしばらく続いていました。

 私は以前「保健所職員を悪者扱いしないでほしい、人員は限られているし、彼らはただ上からの命令に忠実なだけだ」と書きましたが、大本営は「検査抑制」の方針を変えないまま。
 国会で某大臣が「なぜ検査数が増えないのか調査中」と答弁していましたが、その後なしのつぶて。隣国ですぐに実施された「PCRドライブスルー検査」は日本ではいまだないままです。大本営が軽蔑している(であろう)国のやり方なんぞ、「まねできるか」とでも言うかのように……。
 ところが、3月末「オリンピック1年延期」が決まったら、途端に東京や各都市で感染者数が急増。つまり、PCR検査が毎日せっせせっせと行われ始めた(?)ことを意味します。それでも、諸外国の検査数には遠く及びません。

 結果、何が起こったか。一つは無症状保菌者がちまたを徘徊し続け、ウイルスをばらまきまくったこと。証拠はないけれど、専門家も指摘していることであり、可能性は限りなく高いと思います。
 二つ目は発熱した人たちが病院をいくつも訪ねて院内感染の原因になったこと。これは実例があります。
 そして、最後に「体調不良、発熱、嗅覚異常など妙な症状が出ても、我慢した人」が犠牲になった……私はこれが志村けんさんではなかったかと思います。

 報道によると、彼は数日間の体調不良でも病院に行かず、医師が訪問診療してようやく救急搬送されたとのこと。彼の頭の中に「自分は病院に行く条件にあてはまらない」との思いがあったかもしれません。
 70歳なら、発熱二日で病院に行っていい。しかし、「自分は若いから、あと二日」と思えば、気づいたときは手遅れ――そのような感染者が何人いることか。
 政府は「感染による死者が少ない」ことを自慢しているようです(4月5日現在感染者数3271名、死亡70名)。しかし、検査がされないまま「普通の肺炎(?)」で亡くなった人は死後PCR検査がされていないそうです。つまり、「日本の新型肺炎死者数」は隣の大国同様、世界では「信頼できる数字ではない」と見なされているのです。

 普通の肺炎だとPCR検査がされないことは大分の院内感染で暴露されました。
 大分はしばらく「感染者数1名」が続いていました。ところが、3月になって大分市でばたばたと院内感染が始まり、すぐに感染者20名、30名を超え、病院がいくつか閉鎖されました。
 発端は「転院してきた肺炎の持病がある高齢者が新型陽性者だったこと」です。転院前も転院直後もPCR検査がされなかったというのです。肺炎なのに。

 もしもその患者さんが亡くなって院内感染も発生していなければ、感染による死亡者数としてカウントされない。県と当該病院は「まさかと思った。検査しなかったのはうかつだった」と語っていましたが、大本営の極力検査しない方針が影響したことは間違いないと思います。「肺炎患者は全てPCR検査をする」と決めていれば、大分の院内感染は防げたでしょう。

 また、素人には発熱や鼻水、咳などが出たとき、「これは単なる風邪か、インフルエンザか、新型コロナ感染か」見分けることはできません。なのに「熱がなければ一週間自宅待機しなさい」というのです。
 理由は説明されていました。「病院に行けば、そこでうつされる、大量に押し寄せれば、医師が感染して医療崩壊する」と。

 ならば、インフルエンザのときのように、なぜ病院を発熱外来と一般に分けなかったか。医師が「症状が1週間続いてコロナが疑われるので検査してほしい」と要求しても認めないのはなぜか。韓国にならって「ドライブスルー検査」を始めなかったのはなぜか。今では各病院で検査するより一箇所に集めて検体を取った方が、合理的で医師の危険も少ないと言われています。
 しかし、3月中「病院やクリニックを発熱外来と一般に分ける」とのニュースは聞いたことがなく、むしろ前もってPCR検査をしないことで院内感染が広がり、病院が閉鎖される例が多発しました。政府大本営と専門家グループが「検査は抑制する」との方針を堅持したことが影響したと思われます。

 この間テレビ桟敷の専門家から相変わらず奇妙な発言も出ていました。
 中でもがっかりしたのは「PCR検査は正確ではないから、たくさんやっても仕方ない」との言葉です。ならば、欧米で、世界で「まずPCR検査をやって感染者をあぶり出す」との方針を実行していることを、この専門家はどう見るのでしょう。自分は専門家として能力が高い(だからテレビにも呼ばれる)。だから正しいことを言っている――そう錯覚しているようにしか思えません。

 逆に感心したのは「世界各国と横並びの検査体制を取らないと、出てきた数字を信頼してもらえない。結果、ある程度収束しても、日本に行くのはやめようとか、日本人の入国拒否がなかなか解除されない問題が起こる」との見解です。
 確かに中国武漢の感染者数、死亡者数はかなり疑問を持たれています。日本も同じように見られる可能性があるというのです。狭い日本だけでなく、広い世界、遠い先まで見通している。これこそ専門家の名にふさわしい発言です。

 閑話休題。志村けんさんはヘビースモーカーであり、一度肺炎による入院歴もあったようです。それでも、自ら病院に行こうとしなかった。彼の「がんばりと忍耐」はどこから生まれたのでしょう。
 戦前日米が戦争になったとき、アメリカは「負けそうなときは無理せず捕虜になれ」と教えた。しかし、大本営(と日本の教育)は「捕虜になるな。特攻で命を捨てろ。総員突撃の玉砕だ。女子どもは本土戦に備えて竹槍の訓練をしろ」と指令を出した。銃やマシンガンに対して竹槍ですよ、竹槍。
 私はあの戦争でなくなった兵士や一般市民はアメリカ軍に殺されたのではなく、大本営に殺されたと考えています。「37.5度の高熱に4日間耐えろ」という政府内閣。今また志村けんさんも「現在の政府大本営に殺された」と思えてなりません。

 しかし、何を言っても詮無い。志村けんさんは亡くなりました。戻ってくることはありません。しかし、彼は最期に大きなメッセージを残してくれたと思います。それについて書く前に、ちょっと私的な話題を。

 私の両親はすでに鬼籍に入り、兄が一人います。兄夫婦には二人の娘がおり、福岡に住む長女に二人の子ども。上の子が四月から小学校一年生です。
 三月末その姪から私のところに「一日遊びに行きたい」と連絡がありました。
 子どもなし、孫なしの私にとって姪の子は孫みたいなもの。普段なら「いつでもおいで」と大歓迎なのですが、今回ばかりは「やめておこう」と断りました。
 その後志村けんさんの死を知り、姪に「へんなおじさんが亡くなったね」と題して以下のメールを送信しました。
----------------
 せっかく「行きたい」と言ったのに、リクエストに応えられなくてごめん。「一日くらい、いやわずか数時間くらい」と思わなくはありません。あなたや子どもたちが気分転換に来るのは普通なら大歓迎です。ただ、今回だけはやばいと思っています。
 もしかしたら、あなたの頭の中に「今はまだ大したことない」の思いがあるかもしれない、と思って言い忘れたことを書きます。

 最もやばいのは新型コロナ発症→入院→重症化となったとき、高齢者にとってはほぼ死を意味することです。しかも、ベッドに横たわったとき、そばには医師と看護士しかいません。家族・親族・親友はその人の死を看取ることができない。いわんや「うつってもいい、看病したい」と言っても、部屋に入ることが許されません。これが癌とか他の病気だったら、そんなことはない。ベッドのそばで看取ることができます。

 イタリアではこのような死が毎日700名前後起こっています。80歳以上の患者は100パーセント死んでいる。70歳以上でも8割近くが亡くなっています。患者数が人工呼吸器数を超えているし、治療薬がないので寝かせているだけ。日本でも医療崩壊が起こるとそうなります。

 兄夫婦は今年古稀を迎えます。志村けんさんと同年齢です。
 あなた方はまだ若い。だから、だいじょうだろうなと思いますが、子どもだから、幼児だからうつらない保証はないので、注意しなければなりません。
 志村けんさんの死は「今回のコロナはだいじょうぶじゃねえぞお」と教えてくれた気がします。

 もうすぐ首都圏の実質封鎖が始まるでしょう。地方都市にも波及するので、福岡も(週末の外出自粛要請が出ていましたね)いずれそうなると思います。学校も4月末まで休校延期となって悲しいことに○○の入学式も5月になるかもしれません。それを覚悟してください。

 なお、このメールは不安感を抱いてほしくて書いたものではありません。
 こうなると、いつ自分たちに起こるか、いつ起こっても不思議ないから「覚悟を持ちましょう」と言いたいのです。覚悟があれば、準備もするし、起こってからあわてなくて済みます(^_^)。
----------------
 予感どおり、福岡も「緊急事態宣言」七都府県に入りました。
 実はメールを書いた時点では、日本において新型コロナ感染者が死亡する際、どのような対応になっているか知らないままで、イタリアの状況を見て推理したことを書きました。
 その後志村けんさんのお兄さまが「そばで看取ることもできず、棺桶の中の弟と対面もできず、骨になった骨壺を受け取っただけ」と教えてくれました。

 総理の名前をフルネームで言えない若者は多いでしょう。しかし、志村けんの名を知らない人はいないと思います。彼はその死をもって若者に「今度の病気はだいじょうぶじゃねえぞお」と教えてくれたのです。
 総理や都知事がいくら「大変です」と言っても感じてくれない。さすがに志村けんさんの死は「高齢者が発症、重症化したら、10日ほどで死に至る」ことを教えてくれました。
 けんさんの100日前は昨年12月21日です。その日以後彼には「死まであと何日」のカウントダウンが始まっていたことになります。そのカウントダウンは今や我々全員に突きつけられている――私はそう思います。

 [14] 国民一律10万ではなく、困っている人に即30万の私案

 政府経済対策の「収入半減世帯に30万」の施策は総すかん状態です。特に一人一人の状況を考慮しないので、境目でもらえない人や世帯が多発する点は、相変わらず「全体のことしか考えない」ゆえに起こる事態です。「やっぱり国民一律10万の方が良かった」と言われています。

 しかし、私は「国民一人一人に10万円」案も採用したくありません。なぜなら、公務員や年金生活者は収入が減ることはないので、今すぐ金はいらない。彼らにこそコロナ終息後の現金10万や旅行補助券、1年間の消費税0パーセントが有効です。
 だが、会社員はもちろん公務員でも、伴侶がパートや非正規で働いているなどして収入減となった世帯、年金生活者でも国民年金のみではやっていけず、働いている人には今すぐ必要です。
 一方、月収1000万超の富裕層にとって10万は、はした金でしょう。月収100万超も貯蓄数千万はあるはず。テレビによく出る芸術家・芸能人は「私も収入が半減したので補償がほしい」などと言ってほしくない。あなたの月収1000万の半分をなぜ税金で補填しなければならないのだ。「私はいりません。困っている人に回してください」となぜ言えないのでしょう。補填すべきはテレビに出ないバンドマンや安アパートで即席麺が主食の芸人志望者でしょう。

 よって、今すぐ必要な自営業者・フリーランス・非正規社員、バイトによって生計を立てている方々、ネットカフェ難民――に「直ちに30万配布」すべきだと思います。ネットカフェの営業停止によって住むところを失った人もいます。「自業自得だ。路上生活しろ」もいいでしょう。が、緊急事態宣言中はビジネスホテルを数棟借り切って入ってもらうことは、困ったときに助ける公金の使い方として「あり」ではないかと思います。

 では、どうやって配布するか。それも問題となっています。私案は以下の通りです。
 多くの人がスマホやパソコンを持っているはず。また、税務署は収入・支出と税金額を把握しています。そこで、スマホ・パソコン保持者はネットを使って申請してもらう(収入が半減したなど理由と振込先を明記)。できない人は自治体に申請する。
 国は税金システムを使って「非課税世帯」とか「年収何百万円」かを把握しているはずです。なので、直ちに指定口座に支援金を振り込む。現住所を持たないネットカフェ難民などは自治体に申請する。「現住所を持たない」ことが目下困っていることの最大証明となるので、すぐに現金を給付する。個人の指定に戸籍を使用すれば、虚偽申請を防ぐことができます。
 なお、自治体に申し込みが殺到する件は、誕生月を奇数偶数日に分けるなど方法はいくらでもあると思います。

 [15] 結論だけでは人は動かない、変わらない

 もうお忘れかもしれません。『一読法を学べ』理論編の「結論が大切か途中が大切か」の中で、「大切なのは結論ではなく途中である。話の途中で語っている言葉に耳を傾け、しっかり聞くことが大切なんだ」と書きました。
 これを逆に言うと、結論を言うだけでは人は動かない。変わらない。なぜそのような結論が出たのか、理由や経緯、特に具体例が本論で語られていること。つまり、説得力ある文章やスピーチであること。それがあって初めて「確かにそのとおりだ。自分も変わろう、行動しよう」と思うことができます。

 ところが……「37.5度4日~2日の自宅待機」は「なぜ」の答えが明かされない結論だけの主張でした。2月末突然出された「小中高の休校指示」も、「PCR検査を増やさない理由」も明かされないままです。結果、政府御用達専門家を与党とするなら、野党に当たる専門家群が代わって理由を推測していました。

 欧米各国が「小中高休校」となった今、あの措置は正しかったと評価されているようです。しかし、都市封鎖なら小中高の休校は当然ついてくる話。もしも学童保育で感染者が発生していれば、「休校措置は正しかった」と言えるけれど、学童保育から感染者が集団発生したとの報道はありません。
 いずれ検証されるでしょうが、私は「3月の小中高休校は必要なかったのではないか」と考えています。むしろ2月に続いてクラスター感染の可能性が高い「大人の飲み屋通い・若者のコンパ」こそ(結果論ながら)自粛要請すべきでした。

 さらに、結論が詭弁だったり、矛盾を含んでいると説得力をなくします。
 小中の休校を求めながら、学童保育をどうするのか指示がありませんでした。学校に集まるのが危険なことなら、学童保育に集まることだって同じ。誰でも「矛盾している」と思います。
 また、土日の外出自粛を求めながら、平日の満員電車通勤はそのまま。仕事もそのまま。平日外出しているのに、「どうして土日はダメなのか」と誰でも感じます。この答えもないままの要請でした(強いて探せば「土日は平日より人がたくさん集まるから」でしょうか)。
 また、夜の飲み会自粛を求めながら、仕事は続けろと言う。在宅ワークのできる人はいい。だが、どうしても出勤しなければならない仕事もある。仕事のストレスがあれば、帰路飲み屋に寄るのは当然のストレス解消策。むしろ売り上げ半減のご主人から「よく来てくれました」と感謝される。満員電車やバスの通勤をどうにもできないなら、別に「飲み屋に行っても構わんではないか」と思うでしょう。

 要するに、感染拡大をほんとうに防ぎたいなら、中国武漢のように、あるいは、ヨーロッパ、アメリカのように「外出禁止・その間の賃金補償」とするしかない。
 私は2月半ばころ、日本もそうするしかないと思って友人に「都市封鎖しかないね」とメールしました。「でも、都市が近接している日本は不可能でしょうね」と末尾につけて。
 ところが、驚くことに三月には欧米各国で都市封鎖が激増しました。そして、七都府県に「緊急事態宣言」が出されてみると、欧米各国で外出禁止の強硬措置が可能なら、日本でも七都市の封鎖は可能ではないか、と思い始めました。もちろん法律改正は必要。私権制限などの乱用は防ぐべきだが、事態は緊急を要します。

 ここでも「外出禁止・労働停止・交通機関停止」を宣言しない本当の理由は語られていないような気がします。「外出自粛を徹底し、人との接触を7~8割削減するように」との呼び掛けはどういう意味を持つのでしょう。

 貧乏でみみっちい私には「労働停止としたら、休業補償をしなければならない。その金は出したくない」がホンネではなかろうか、と感じます。すでに千葉や神奈川の知事が「休業要請はしない。補償できないから」とホンネを明かしています。
 やっばり昭和20年、敗戦間際の政府大本営と重なります。「弾薬尽き、兵糧尽きたあげく、手榴弾2ヶ持って敵陣に突っ込め」と強要したのと大差ないではないかと。

 [16] 感染者数グラフから予測する日本の今後

 4月7日に出された緊急事態宣言は、都市封鎖を意味せず、引き続き「外出自粛」であり、「人との接触を7~8割削減するように」との呼び掛けでした。
 早速いちゃもん付けると、ずいぶん原案に都合のいい提言ですね。「人との接触7、8割減なら一ヶ月ほどで終息する。しかし、6割減では数ヶ月外出自粛が続く」と専門家も語っていました。ある意味おどしです。
 しかし、七都市の住民全員に行動監視装置を付ける訳ではありません。うまくいかなかったら、「原案のせいではない。国民がこの要請を守らなかったからだ」と言えるようになっています。

 しかし、いつもいつもいちゃもん付けても詮無いこと。これが私の国であり、政府が大本営なら、自分を守るためにはどうするか。自分でしっかり考えなければなりません。
 最後に気になる未来予想――今後日本の感染者数がどうなるのか考察したいと思います。数学的グラフでも丹念に眺め、あることに気づけば未来を予測できます。なお、グラフの出典は全てインターネットです。

 まず眺めてほしいのは以下二つのグラフです。左は日本、右は世界。1月21日から4月5日までの新型コロナ感染者数がグラフ化されています。

○ グラフ-日本と世界の感染者推移(1月21日-4月05日)

 直ちに気づくのは二つのグラフのものすごい相似っぷり。日本も世界もきれいな放物線を描いています。回復者数も右上がりの傾斜がほぼ同じ。
 気を付けてほしいのはタテ目盛りの数値。日本の目盛り最多は4000人。外国の最多は14万人です。これは中国を除いています。中国の感染者数推移は薄いピンク色で描かれています。中国の最多感染者数は約8万人ですから、グラフはほぼ横ばい。だらだら坂にしか見えません。それだけ世界の状況は中国より悲惨であることがわかります。
 と言うことは日本の感染者数最多4000人弱を右のグラフに書き込むと、ほとんど横軸。0人が続いているとしか見えません。政府や専門家が「日本は持ちこたえている」と言うのもよくわかります。
 しかし、タテの目盛りを細かくすると、左のグラフになる。つまり、日本もこの放物線の中にある。言い換えれば、この放物線から逃れることはできません。

 数学では大きな形と小さな形が相似形であることを「フラクタル」と言います。
 世界の状況を感染爆発と呼ぶなら、日本も感染爆発が始まったと見なさねばなりません。

 そして、この図形はすでに中国(武漢)で始まっていました。
 以下のグラフは中国1月の感染者数の推移。やはり放物線です。右のタテ目盛りの最多は6000人。これが1月29日の段階でした。

○ グラフ1月の武漢・浙江省・北京感染者数(1月20日-30日)と
   同時期の中国本土

 さらに、以下のグラフは中国1月から2月までのグラフです。左には中国の発生状況と政策、武漢の都市封鎖など「新型肺炎をめぐる出来事」も書かれています。
 先に数字を書くと、1月27日2744人だった感染者は29日には6000人弱とほぼ倍増。ところが、さらに2月12日には44653人と7倍増。正に爆発的に増えています。
 今から振り返ると、中国は1月20日の段階で「よくまー武漢封鎖に踏み切ったなあ」と思えます。そのとき新規感染者は1月18日4人、19日17人、20日136人で計198人でした。
 この段階で3週間後の4万人超を予想するのはとても難しいことだと思います。いくら推計値があり、専門家が予測したとしても、まるで「3週間後には大変なことになる」とわかっていたかのようです。
 何しろ名にし負う独裁的隠蔽国家です。世界に隠した情報の中に「新型ウイルス感染者数推移」の実験結果でも持っていたのではないか――とSF的推理も思いつきます。

○ グラフ-中国本土の感染者数(左1月と記事、右1月~2月)

 私は高専に進学して挫折した、数学も科学的知見も弱い文系人間です。それでも、以上6つのグラフを眺めて不思議というか奇妙な感想を抱きます。
 それは日本や各国の対応について抱く不思議感です。武漢や中国で起こっていた感染爆発(1人からスタートして2月12日には44653人に達する爆発ぶり)を見て、なぜ「自分の国でも起こるかもしれない」と思わなかったのか。
 各国をリードする指導者、ブレーン、専門家、国会議員。2月の半ばに「自分の国で起こる可能性があるぞ」と思わなかったのはなぜか。そのとき日本が行ったもう一つの人体実験――クルーズ船のこともあったというのに。
 振り返れば、誰も思わなかった。みんな「対岸の火事」として高みの見物を決め込んだことがよくわかります。
 おそらく前号でも書いた「一例だけでは確かなことはわからない」との思いがあったのでしょう。あるいは、後進国中国だから、医療崩壊が起こった。「我が国はそんなことはないぞ」と思ってのほほんとしていた――ように思えます。
 となると、世界と日本の今後は中国のグラフが教えてくれるはずです。
 それが以下、「中国本土1月から3月12日までの感染者数」のグラフです。

○ グラフ-中国本土の感染者1-3月

 眺めれば、感染者が約8万に達すると、打ち止めとなったかのように増加が止まっています。すなわち、新規感染者が限りなく0に近付くようです。
 書かれた数値は3月12日時点のものです。

 それから約1ヶ月経ち。武漢の封鎖が解除される直前、4月5日時点の数値が以下の通り。また、隣に世界の4月5日時点の数も併置します。
 中国本土               世界
 感染者=8万1639人        120万6590人
 死亡者=   3326人(4.1パー)  6万7510人(5.6パー)
 回復者=7万6755人(94パー)   27万4689人(22.8パー)

 正直言って中国の数値は信頼できません。無症状感染者は入れていないそうだし、コロナ感染で突然死したと思われるのに、統計に現れていないと遺族が訴えていました。それでも、感染者に対する死亡者の割合は5パーセント前後、回復者は95パーセント前後と推定できそうです。
 医療崩壊が起こると、イタリアとかスペインのように、死亡率10パーセントを超える可能性がある。隔離がうまくいけば、感染しても自己免疫によって9割以上は回復できると見て良さそうです。武漢がこの状態になるのに、都市封鎖は2ヶ月半に及びました。

 これは都市封鎖を実行した中国の話です。3月から都市封鎖を始めたヨーロッパ・アメリカなどの都市は中国と同じ曲線を描いて(一応の)収束に向かうことが予想されます。
 そして、中国は次の実験に入ったようです。武漢封鎖を解除し、全土の往来を再開して今後どうなるのか。このまま集団免疫状態となって真の終息に向かうのか。あるいは、他都市で再び感染爆発が始まるのか。見つめていきたいと思います。

 しかし、日本は都市封鎖を行いません。8日時点で東京の感染者がまた最多を更新して107名、9日には181名で200名超え間近です。まるで東京が武漢であり、湖北省内が千葉・神奈川・埼玉、そして湖北省以外が他の日本各地を表すかのようです。
 繰り返すと、都市封鎖をせず、経済対策との両立を目指す日本の取り組みは一つの賭けだと思います。都市封鎖をしてさえ収束まで2ヶ月かかるなら、都市封鎖をしない日本はだらだら状態が半年続く可能性があります。やはり根底には「集団免疫」を着地点として想定しているのでしょう。その間死者数は抑制できるとの自信があるのかもしれません。結果はひと月、ふた月後わかります。

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:緊急事態宣言が出された翌8日、一人の感染症専門家が「外出自粛80パー削減では感染は予防できない。98パーセントが必要だ」と訴えていました。すなわち、完全外出禁止にするしかないと言うのです。「感染抑制と経済活動は両立できない」とも語っていました。どちらにせよ、多くの志村けんさんを出してほしくないことを祈るばかりです。
 なお、次号は5月に入ってからにしたいと思います。

| | Comments (0)

2020.04.06

大阪杯、結果とほぞ噛み

 大阪杯結果は――実近トップ3の213着では……の実質敗戦(^_-)

 1着―デムーロ 05ラッキーライラック……[▲]B 単勝=4.1
 2着―北村 友 12クロノジェネシス………[△]A
 3着―横山 典 08ダノンキングリー………[○]C
 4着―鮫島 駿 11カ デ ナ ……………[?]H
 5着―福永 祐 04ワグネリアン……………[*]D(一覧順位)
 前日馬順[B→C→A→09→E]枠順[D→A→C→A’]

 枠連=5-8=11.3 馬連=05-12=11.1 馬単=19.7
 3連複=05-12-08=13.5 3連単=78.1
 ワイド12=3.7 W13=3.4 W23=3.9
--------------
 ○ 展開予想結果
※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し 追込
 07 01 02 05 -10 12 08 03 -04 06 09 11
覧 ○ ▲ ◎ △ 5
3F A B C D E
本 ▲ △ ○ ◎ *
結 1 2 3 5 4
----------------------------
 本紙予想結果
 印番馬      名  性齢 馬 結果
 ◎03ブラストワンピース 牡5 D  7
 ○08ダノンキングリー  牡4 A 3
 ▲05ラッキーライラック 牝5 B 1
 △12クロノジェネシス  牝4 C 2
 *04ワグネリアン    牡5 E 5
 ?11カ デ ナ     牡6 09 4

**************************
 【GI大阪杯 実近一覧表】 阪神 芝20 12頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F印着
A=12|4|クロノジェネシ牝| 2.0{AA}C=[5121]北村友|○○ ○△2
B=05|5|ラッキーライラ牝| 7.3{CC}B=[5323]デムロ|◎ ▲◎▲1
C=08|4|ダノンキングリー| 7.9{DB}A=[5111]横山典|△△○ ○3
D=04|5|ワグネリアン  | 8.9{BG}E=[5123]福 永|△ ◎△*5

E=03|5|ブラストワンピー|14.5{EF}D=[7004]川 田|△◎△▲◎7
F=01|4|ロードマイウェイ|17.3{FD}F=[6104]武 豊| △ △
G=02|5|サトノソルタス |18.2{1211}G=[2213]藤岡康|   △
H=11|6|カ  デ  ナ |32.4{H09}09=[433-]鮫 島|     4

QA=10|5|ジ ナ ン ボー|33.4{0910}11=[4113]藤岡佑| ▲△
QB=07|5|ステイフーリッシ|34.7{10E}10=[2457]岩田康|  △
QC=09|7|マ カ ヒ キ |35.9{G12}H=[522-]ヒュー|△
QD=06|4|レッドジェニアル|40.9{11H}12=[2025]酒井学|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
--------------------------
 成績補足
H=11|6|カ  デ  ナ |32.4{H09}09=[433.12]鮫 島| 4
QC=09|7|マ カ ヒ キ |35.9{G12}H=[522.10]ヒュー|
--------------------------
※年齢 4歳=4 5歳=6 6歳=1 7歳=1 頭
※牡牝 牡=10頭(セ=0頭) 牝=2頭 
※格
G1V=5頭
 A05ラッキーライラッ牝[2212]阪神JF・19年エリザベス杯 1
 B12クロノジェネシス牝[1121]19年秋華賞         2
 C09マ カ ヒ キ  [1101]16年ダービー
 D04ワグネリアン   [1022]18年ダービー
 E03ブラストワンピース[1004]18年有馬記念
 ABの牝2頭のGIは全て牝馬戦

G2V=4頭(GIV除く)
 A08ダノンキングリー[2勝]GI[0111] 3
 B11カ デ ナ   [1勝]GI[0004] 4
 C07ステイフーリッシ[1勝]GI[0013]
 D06レッドジェニアル[1勝]GI[0002]

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)
 1着=3枠03番
 2着=4枠06番
 3着=2枠02番ワグネリアン[今年04番]
 4着=1枠01番マカ ヒ キ[今年09番]
 昨年1番人気6着07ブラストワンピース[今年03番]
---------------
 [枠連順位]
 枠連型=3巴  [5巴型]    枠順AB=6.7
 馬連型=A流れE[AB・5巴型] 馬連AB=8.0

 枠連=ABCD/E/FG//H 
 枠順=8365/4/71//2
 馬順=CDAB E HF G  前日馬順[B→C→A→09→E]
 代行=09 1012 11
 ―――――――――――――
 結果=24 31 5       枠順[D→A→C→A’]
*******************************
※ 回  顧

 満開の桜をバックに走り終えた馬たちを見て……
 なんだかけなげだなあと思い、「このようなレースいつまで見られるんだろう」と感慨に耽ったのは私だけでしょうか。

 コロナ・メルマガで書いたように、すでに「死まで100日のカウントダウン」が始まっているかもしれないのです。読者にも、私にも。
 決して他人事ではありません。
「不吉なこと言うな」と怒ることなかれ。最近「取りあえず遺言書いておこうか」などと考えています(^_^;)。
 まだ借金の方が多いのが問題なんですが……(^_^;)。
 日本もイタリアとかスペインのようになったら、重症→やがて意識不明→棺桶入りです。
 しかも、ベッドのそばにいるのは医師と看護士だけ。身内は一人もいません。

 それはさておき、大阪杯。相変わらずの馬券下手が露呈。
 直前予想で「私は5強よりワグネリアンを除く4頭に絞ります」と書きました。これは正解。取りあえず3複4点買っていましたが、所詮焼け石に水、雀の涙の払い戻し。ふにゃ。

 問題は順番。3単を獲らないとプラスになりません。
----------
 まずGIV6頭よりGIの牡牝混合戦を走っていない牝馬2頭は格下と見て△に軽視。北村友牝4歳12クロノジェネシス(馬順C)、デムーロ牝5歳05ラッキーライラック(馬順B)です。
 残るが以下の2頭ですが、私は03ブラストワンピース◎、08ダノンキングリー○とします。
-----------
 何と申しますか。軽視した牝馬2頭のワンツーであり、◎03ブラストワンピースは見せ場なく7着。逃げた○08ダノンキングリーの3着。

 なんと4頭に絞って最も重い印を付けた馬が消え、残り3頭の123着。
 つまり、私の◎を蹴れば、3頭絞りの成立という……まことにアホくさくて
「神よ。かくまでも私をバカにするのか」と言いたくなります(^.^)。
 せめて4着くらいになってほしかったところです。

 さらに、この3頭、実近一覧のトップ3頭です。
 トップ3が馬順ABCになったときは「この3頭で決まることが10回に1回はある」と以前書きました。それがここで起こるとは……笑うしかありません(^_^)。

 実は予想の最後に「みなさんは4頭の中で最も軽視したクロノジェネシスかラッキーライラックから馬券を買ってください」と書こうとして、
「いやいや。自分に自信を持とう。牝馬2頭のワンツーはない。下から何か激走するはずだ」と思って書くのをやめました。どうやら過信だったようです(^_^;)。

 問題は◎ブラストワンピースがなぜ負けたか――ですが、これは解説不能です。
 マカヒキと違って凱旋門挑戦後前走1着だったし、レース映像から出遅れとか直線不利を受けたとかは一切なし。向こう正面では後方でしたが、まくりを打って4角ではほぼ先行集団の外。そのまま延びてくるかと思ったら、先行勢がばてず、むしろブラストワンピースは後続に抜かれるばかり。結果7着ですから、なんとも解説不能。

 レースは逃げた08ダノンキングリーが3着に粘り、終始4番手以内を先行した05ラッキーライラックと12クロノジェネシスが抜け出してのワンツーでした。ればたらはないけれど、ラッキーライラックが牡馬だったら◎にしたと思います。
 と言うのは牝馬2頭のうち「浮上するのはラッキーライラックと見てこちらは▲」と書いたのは同馬の上がりがとても良かったからです。ラッキーは展開図では4番手予想。なのに、上がりは12頭のトップ。「先行して上がりがいい」となれば普通◎を打ちます。
 ところが、牝馬でなおかつ234着が多かったので、軽視しました。GI2勝はダテではなかったのですね。

 ただ、正直ここにアーモンドアイが出走していたら、と考えるとどうでしょう。2年前3歳牝馬3冠は[2→3→9着]で、ことごとくアーモンドアイの後塵を拝する結果となりました。
 昨年勝ったエリザベス女王杯にもアーモンドアイは不出走(秋天に出て1着)。2歳GI阪神JFも鬼のいぬ間の勝利でした。
 いつかまた両馬が相まみえ、負かしたときこそ雪辱戦となるのでしょう。それは宝塚記念かもしれません。

 父はアーモンドアイがロードカナロア、ラッキーライラックがオルフェーヴル。そして、今年の種牡馬ランキング1位から5位は以下の通り。
 順 馬       名 勝 G
 1 ディープインパクト 74 11
 2 ロードカナロア   44 2
 3 ハーツクライ    38 1
 4 オルフェーヴル   34 1
 5 キングカメハメハ  24 1

 まだまだディープインパクトの独壇場ですが、今後ディープとキンカメは減っていき、替わって台頭するのはロードカナロアとオルフェーヴル産駒のような気がします。その間で穴を開けるのはハーツクライ産駒かもしれません。

 ちなみに、ブラストワンピースはハービンジャー産駒。今年15勝(重賞1勝)でランク10位。ハービンジャー産駒は2014年から7年間で重賞26勝を上げています。GIVは17年からで5頭の5勝。
 それを眺めてちょっとビミョーな特徴に気づいたので、以下勝ったレースとその年齢・人気、単勝オッズを列挙すると、

 [ハービンジャー産駒のGIV5頭]
 1 ディアドラ   (17年秋 華 賞) 3歳3人6.3
 2 モズカッチャン (17年エリザベス杯)3歳5人7.7
 3 ペルシアンナイト(17年マイルCS) 3歳4人8.8
 4 ブラストワンピー(18年有馬記念)  3歳3人8.9
 5 ノームコア   (19年ヴィクマイル)4歳5人9.4

 ご覧になってわかるように、5頭中4頭は3歳。そしてGI2勝目がまだ出ていません(モズカッチャン以外は現役)。
 かつて「ハービンジャー産駒は早熟が多い」と言われたことがありますが、どうもその傾向が出現しているようです。
 また、人気と単勝を見ると、1、2番人気はなく、狙うならヒトケタ後半オッズだったことがわかります。
 今回ブラストワンピースは最終3番人気の4.3倍(土曜朝は単勝2番人気の4.3倍、馬順D)。どうも「狙うべきではなかった」のかもしれません。
 すでに5歳となったブラストワンピース、今後GI戦線に登場しても◎は付けづらくなった……ような気がします。
 種牡馬と産駒のこのような関係を探るのも「また楽しからずや」です(^_^;)。
 外出自粛中でしたら「種牡馬・騎手・馬主リーディング」など眺めてはいかがでしょうか。

 さて、今週末からいよいよ3歳クラシック戦線の始まり。
 なんとかコロナに負けず、無観客レースをがんばってほしいものです。

---------------------------------
【大阪杯、過去5年の実近一覧結果】

  2020|2019 |2018 |2017 |2016 |
年=人着|人|着|人|着|人|着|人|着|番馬  名
A=C2|D|5|B|7|A|1|C| |12クロノジェネシス  2
B=B1|B|2|A|1|B|4|B|1|05ラッキーライラック 1
C=A3|C|3|C|3|F| |G|5|08ダノンキングリー  3
D=E5|F| |D| |E|5|A|4|04ワグネリアン    5

E=D |09|1|F|2| | |E|3|03ブラストワンピース
F=F |G| | | | | |D|2|01ロードマイウェイ
G=G |A| |H| |G|2|F| |02
H=094|E| | | |C| | | |11カ デ ナ     4

QA=11 | |G| | | | | | |10
QB=10 |H| | | |D|3|H| |07ステイフーリッシュ
QC=H |10|4|11|4|H| | | |09マカヒキ
QD=12 | |09| | | | | | |06

QE=× | | | | |09| |×| |
QF=× | | |E|5| | |×| |
QG=× |×| | | |×| |×| |
QH=× |×| | | |×| |×| |
    ※注「人気」は前日馬連順位、×は出走なし

===============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.04

大阪杯、直前予想

 初めに配信内容についてお知らせです。
 これまで前週GIの「結果とほぞ噛み」号に「次回GI、昨年の結果と回顧」も掲載していました。結果、ものすごく長くなっていました(^_^;)。

 ここんとこ実近一覧過去3、4年の結果を掲載するようになったので、昨年の結果と回顧の掲載は廃止したいと思います。私が読み返して参考にした方がいい点などあれば、今年の予想に書き込みます。

 その分昨年の1~4着馬の馬番(今年も連続出走していれば馬名も)の欄に、昨年1、2番人気で5着以下だった馬の馬名を新たに掲載します。
 もちろん高松宮記念で昨年2番人気15着だった逃げ馬モズスーパーフレアが今年(繰り上がりとは言え)1着になったことを受けてのことです。いつかまた同じことが起こると思います。
 ――と書いたら、早速昨年の大阪杯で1番人気6着に負けた馬が今年も出走しています。それは03ブラストワンピースです。

 さて、新型コロナ禍の中、明日の大阪杯、12頭の出走は正直さみしいところです。
 理由はアーモンドアイなど、ここに出てもおかしくない馬たちがドバイ・ワールドカップに行ったからであり、昨年も同じことを書きました。
 しかも、コロナのせいでドバイ競馬そのものが中止に。
「おいおい、無観客レースくらいでけんのかい」とつぶやいたのは私だけでしょうか(^.^)。
 当然すぐに戻って来られるわけもなく、あの連中春天にも出ないであろうから、どこかでG2叩いて宝塚記念でしょうか。なんだか宝塚記念荒れそうです。頭の隅に置いておきましょう。

 そんなわけでわずか12頭になって、また無理スジな馬も多々出たせいで、成績的には「この4頭か5頭で決まりだろう」と思えるメンバー構成となりました。

 しかも、オッズはその5強に集中。5頭内で決まると想定すると、馬連10点、馬単20点、3複10点、3単60点。もしも6番人気以下から1頭(2着とかで)絡むと、この馬券は全てパーです。さて、どうしましょ。

 取りあえず、過去4年の実近一覧結果と傾向です。
 なお、今後馬番は全てを、馬名は第1群のみ全馬。第2群以下は馬順トップと2位のみ掲載することにします。
 また、前号でも触れたように、過去4年の第1群~第4群の馬順1位と2位を抜き出してみると、以下の通りです。

年=第1 第2 第3 第4 =1234着結果
16=BA ED H  ×× =BDEA 全的中
17=AB GC D  09- =AGDB 全的中
18=BA F  11  E  =AFC11 馬連的(第1群Cが3着)
19=BC AE H10    =09BC10 不的(1着09位は第2群トップ)
20=BA DF H10 ×× =

 第1群の3頭が馬順ABCになったときは最低でも1頭残る。2頭残るなら、下から1頭。ABC3頭の3複は買わなくて良さそうですが……。

【大阪杯、過去4年の実近一覧結果】

  2220 2019 |2018 2017 2016 |
年=人着|人|着|人|着|人|着|人|着|番馬  名
A=C |D|5|B|7|A|1|C| |12クロノジェネシス
B=B |B|2|A|1|B|4|B|1|05ラッキーライラック
C=A |C|3|C|3|F| |G|5|08ダノンキングリー
D=E |F| |D| |E|5|A|4|04ワグネリアン

E=D |09|1|F|2| | |E|3|03ブラストワンピース
F=F |G| | | | | |D|2|01ロードマイウェイ
G=G |A| |H| |G|2|F| |02
H=09 |E| | | |C| | | |11

QA=11 | |G| | | | | | |10
QB=10 |H| | | |D|3|H| |07ステイフーリッシュ
QC=H |10|4|11|4|H| | | |09マカヒキ
QD=12 | |09| | | | | | |06

QE=× | | | | |09| |×| |
QF=× | | |E|5| | |×| |
QG=× |×| | | |×| |×| |
QH=× |×| | | |×| |×| |
    ※注「人気」は前日馬連順位、×は出走なし

****************************
 【GI大阪杯 実近一覧表】 阪神 芝20 12頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F印
A=12|4|クロノジェネシ牝| 2.0{AA}C=[5121]北村友|○○ ○△
B=05|5|ラッキーライラ牝| 7.3{CC}B=[5323]デムロ|◎ ▲◎▲
C=08|4|ダノンキングリー| 7.9{DB}A=[5111]横山典|△△○ ○
D=04|5|ワグネリアン  | 8.9{BG}E=[5123]福 永|△ ◎△*

E=03|5|ブラストワンピー|14.5{EF}D=[7004]川 田|△◎△▲◎
F=01|4|ロードマイウェイ|17.3{FD}F=[6104]武 豊| △ △
G=02|5|サトノソルタス |18.2{1211}G=[2213]藤岡康|   △
H=11|6|カ  デ  ナ |32.4{H09}09=[433-]鮫 島|

QA=10|5|ジ ナ ン ボー|33.4{0910}11=[4113]藤岡佑| ▲△
QB=07|5|ステイフーリッシ|34.7{10E}10=[2457]岩田康|  △
QC=09|7|マ カ ヒ キ |35.9{G12}H=[522-]ヒュー|△
QD=06|4|レッドジェニアル|40.9{11H}12=[2025]酒井学|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
------------------------------
 成績補足
H=11|6|カ  デ  ナ |32.4{H09}09=[433.12]鮫 島|
QC=09|7|マ カ ヒ キ |35.9{G12}H=[522.10]ヒュー|
-----------------------------
※年齢 4歳=4 5歳=6 6歳=1 7歳=1 頭
※牡牝 牡=10頭(セ=0頭) 牝=2頭 
※格
G1V=5頭
 A05ラッキーライラッ牝[2212]阪神JF・19年エリザベス杯
 B12クロノジェネシス牝[1121]19年秋華賞
 C09マ カ ヒ キ  [1101]16年ダービー
 D04ワグネリアン   [1022]18年ダービー
 E03ブラストワンピース[1004]18年有馬記念
 ABの牝2頭のGIは全て牝馬戦
G2V=4頭(GIV除く)
 A08ダノンキングリー[2勝]GI[0111]
 B11カ デ ナ   [1勝]GI[0004]
 C07ステイフーリッシ[1勝]GI[0013]
 D06レッドジェニアル[1勝]GI[0002]

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)
 1着=3枠03番
 2着=4枠06番
 3着=2枠02番ワグネリアン[今年04番]
 4着=1枠01番マカ ヒ キ[今年09番]
 昨年1番人気6着07ブラストワンピース[今年03番]
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=3巴  [5巴型]    枠順AB=6.7
 馬連型=A流れE[AB・5巴型] 馬連AB=8.0

 枠連=ABCD/E/FG//H 
 枠順=8365/4/71//2
 馬順=CDAB E HF G  
 代行=09 1012 11
 ―――――――――――――
 結果=
---------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し 追込
 07 01 02 05 -10 12 08 03 -04 06 09 11
覧 ○ ▲ ◎ △ 5
3F A B C D E


****************************
 ※ 直前予想

 今回はある意味とても単純。
 私は5強よりワグネリアンを除く4頭に絞ります。
 そして、福永5歳04ワグネリアンはウラ●……にするかどうか(^.^)。

 まずGIV6頭よりGIの牡牝混合戦を走っていない牝馬2頭は格下と見て△に軽視。北村友牝4歳12クロノジェネシス(馬順C)、デムーロ牝5歳05ラッキーライラック(馬順B)です。
 残るが以下の2頭ですが、私は03ブラストワンピース◎、08ダノンキングリー○とします。
 川田牡5歳03ブラストワンピース 馬順D
 横山典4歳08ダノンキングリー  馬順A

 まず12クロノジェネシスですが、9戦[5121]なれど、牝馬GI5戦は[1121]と牝馬限定でさえ勝ちきれない。いわんや牡馬相手初では厳しいと見ます。
 また、先行粘り込みタイプで9戦これまで最外08番枠まで。今回(12頭とは言え)大外12番枠に入ってどう乗るかビミョー。よって良くて3着の△。

 かたや牝5ラッキーライラックは14戦[5423]と2、3着が多く、また55キロ以上だと[1312](1勝は昨秋牝馬限定GIエリザベス杯)。やはり良くて2着予想ながら、牡牝混合の香港GIは2着でした。よって、○ダノンキングリーが3着以下なら、浮上するのはラッキーライラックと見てこちらは▲。

 ○08ダノンキングリーはGI勝ちのないG2V馬。ただ、GIは3戦[0111]と勝ち切れていないのが引っかかります。
 対して03ブラストワンピースはGIVは有馬記念のみの[1004]とイマイチ。
 ただ、前置きで書いたように、昨年の大阪杯で1番人気6着敗退。しかし、芝20は[2001]、芝20~22の3距離は[5001]と優秀。
 昨年札幌記念1着から勇躍凱旋門挑戦、5番人気の11着敗退。09マカヒキ(16年凱旋門1番人気14着後1着が一度もない)の二の舞かと思いきや、ブラストワンピースは今年初戦1月のG2AJCCをあっさり勝利。ここは勝たねばならないし、勝ちきれると見て◎とします。

 一方、4歳ダノンキングリー。全成績[5111]は立派なれど、GIは皐月3着、ダービー2着、マイルCS5着と[0111]。芝20は皐月の1戦3着のみ。勝った5勝は芝18の3勝と芝16の2勝。どうも芝20以上は良くて2着か3着の感じ。よって、ここも2着とみて○。ただ、阪神初がどう出るか。3着に落ちたときはラッキーライラックが浮上すると思います。よって馬連・馬単は◎→○・▲の2点ずつ買います。

 最後にウラ●として考えてみた牡4福永04ワグネリアン。11戦[5123]はまずまず。18年ダービー馬だが、その年までは7戦5勝の[5101]。ところが、昨年は
[大阪杯3→G2札幌記念4→秋天5→JC3着]と4戦[0022]で1、2着なし。今回は11月末の前走ジャパンカップから約4ヶ月の休み明け。さすがに頭は無理スジでしょう。3着候補としてもう一点流す*印止まり、

 その他の馬は帯に短したすきに流し。来たらあきらめることにしてこの5頭に絞ります。印順で3複3単を買い「当たってプラス」を目指します(^_^)。
---------------------------------
 本紙予想
 印番馬      名  性齢 馬順
 ◎03ブラストワンピース 牡5 D
 ○08ダノンキングリー  牡4 A
 ▲05ラッキーライラック 牝5 B
 △12クロノジェネシス  牝4 C
 *04ワグネリアン    牡5 E

 さて結果は?

=================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | Comments (0)

2020.04.02

別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第31号「一読法からの提言」五 (1)

 前号にて予告した今号・次号の提言は以下の通り。
 7 ☆ 国社数理英五教科の内容、到達点を半分にしませんか。
 8 ★ 高校入試、センター試験(共通テスト)をやめませんか。
 9 ★ 成績つけるのやめませんか。

 その後気が変わって先に「9★成績つけるのやめませんか」について語ることにしました。いつものように長くなったので、その1、その2として分割します。
 先日新指導要領による中学校の教科書が検定通過したと報道がありました。「以前と比べて2倍の厚みになった」とか。それを聞いて暗澹たる気持ちになったのは私だけでしょうか。「ゆとり教育」の失敗(?)・反省による改変であることは間違いありません。
 これでは「各教科の内容を半減しよう」との主張はもはや破綻した愚論として扱われそうだし、「高校入試・大学入試をやめよう」との提言も「読む価値だにない暴論」としてゴミ箱行きでしょう。
 私の提言は単なる「半減」ではありません。「入試をやめてどうするか」についてもユニークな案があります。しかし、そのためには高校入試・大学入試を廃止せねばなりません。

 そこで我が提言に説得力を持たせるため、そもそもなぜ小中高の児童生徒に成績をつけるのか。「そんなの当然だろ」というテーマを、先に考察することにしました。
 と言うのは子どもたちに「その場しのぎの勉強をやめませんか」といくら言っても、成績評価と入試がある限り、勉学はその場しのぎにならざるを得ないからです。「臭い匂いは元から断たねば」なりません(^_^;)。

 どうか読者各位もまず「なぜ成績を付けるのか。人が人を評価するのは正しいことか。正しく評価できるのか」について(本文を読む前に)考えてみてください。
 私は「成績をつける必要はない。人を評価するのは正しいことではない。大人は子どもを(敷衍して人は他人を)正しく評価できない」という結論です。
 この結論に対して自分の考え・反論を用意してから本文をお読みください。これぞ一読法です。
 なお、「世の中がそれを必要としているから」は反論として却下します。

 [以下今号]
 一読法からの提言 「~~(ほにゃらら)をやめませんか」

 [ 7 ] ★ 成績つけるのやめませんか。(その1)

---------------------
 本号の難読漢字
・暗澹(あんたん)・破綻(はたん)・敷衍(ふえん)・栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し・只(ただ)の人

************ 小論「一読法を学べ」**********
 『 一読法を学べ――学校では国語の力がつかない 』 29

 一読法からの提言 その五

 7 ★ 成績つけるのやめませんか。(その1)

 前号にて触れたように、小中高の教科は国社数理英の座学と、体育、音楽・美術、家庭・技術の実技に分かれます。まず実技科目の成績付けについて考えてみます。

 絵を描くのが上手か下手か。歌がうまいか音痴か。鉄棒や跳び箱、走るのが得意か苦手か。それを5段階に評価するとして、どうしてある時期、ある年齢において「この子は5だ、3だ、1だ」と点数評価するのでしょう。
 最大の問題点は数値化にあると思っています。たとえば、「彼の絵はとてもうまい・彼女の歌はとても上手だ」と言葉で評価するのと、「彼が描いた絵は最高の5だ。彼女の歌も5だ」と評価することは同じではない、と思います。
 絵を見たり歌を聞いた人が「彼の絵はとてもうまい・彼女の歌はとても上手だ」と言ったとしても、それは「所詮その人個人の誉め言葉に過ぎない」と誰もが理解しています。つまり、個人的見解ということです。

 それを言った人が親であれば、絵を見て「親バカかな」と感じることがある。あるいは、学校の先生が言った場合でも、国語とか数学、美術や音楽の先生が言ったかによって受け取り方が違う。さらに、それが著名な画家やプロの作曲家の言葉なら「これは相当ハイレベルかもしれない」と感じます。
 ところが、5段階で最高評価となる「この絵は5だ。この歌は5だ」と成績が付けられると、本来評価する人によって違いがあるはずなのに、まるで完璧にして客観的な評価であるかのような錯覚をもたらします。
 ゆえに、(以前書いたことと矛盾して)「学校の先生方に絶対評価はできない。相対評価しかできない」との結論が導き出されますが、詳細は次号に回します。

 別のわかりやすい例で説明します。テレビの「うまいもの」名店探訪番組で、リポーターが料理を堪能後「星3つ」とか「星4つ」と批評する。最高は星5つ。
 すると、ある店ではよっぽどおいしかったか、勝手に☆を一つ付け足して「ここは星6つです!」と言ったりすることがあります。
 この瞬間5段階評価が崩壊して「5段階とは彼の経験内における選別でしかなかった」ことが暴露されます。
 と言うのは、このリポーターがもしもさらにおいしい料理と遭遇したら、彼は☆7つをつけ、☆8つをつけるであろうと想像できるからです。もしもそれが☆10ヶまで伸展したなら、最初のころ付けた最高位の《☆5つ》は平均値でしかなかったことがわかります。

 料理の場合は好き嫌いによって評価が割れるし、どれだけ多くの店で食べたことがあるか、つまり経験も大きな意味を持ちます。カレーライスは母親が作ったカレーが☆5つであり、有名レストランの(ジャガイモ・ニンジンの入っていない)カレーは☆3つかもしれません。日本でカレー店を渡り歩いた人がインドまで行って「カレーを食べたけど、がっかりした」というのはよく聞く話です。この人はインドのカレーに☆2つを付けるでしょう。

 また、次のような例もあります。私はあるとき数人の友人と温泉旅行に出かけ、当地で評判のそば屋に行きました。そこは「コシがあってとてもおいしい。☆5つだ」と多くのコメントがあったところです。開店時すでに何人もの人が並び、我々は第二陣として三十分ほど待ってようやく中に入れました。
 その後出されたそばを黙々と食べ、そして店を出ました。
 すると一人が「評判ほどじゃないな」と感想を言いました。私も「あれはコシがあるんじゃなくて固いソバだね」と応じました。そばやつゆがあるレベル以上にあることは間違いない。だが、最大の売りである「コシの強さ」を固いことだと勘違いしているように思えた。当然我々の評価は5段階の3か2でした。

 かと言って我々が別のそば屋に行って「さすがにここのそばはうまい。星5つだ」と評価しても、日本全国のそば屋を踏破したわけではありません。この星5つとは「私が行ったそば屋さんの中では最高」という限定付きです。
 ちなみに、麺類の「コシの強さ」とは「固さ」ではない。「柔らかいのに固い」麺です。失礼ながら、意味不明の人はうどんの方がわかりやすいので、ぜひ四国に行って本場のさぬきうどんを賞味してください。「これがコシの強さか」と納得されると思います。

 閑話休題。これは料理だけの話にとどまりません。学校の成績づけでも同じ問題が起こります。そもそも我々は時代や個人の経験を超えて正しく評価できるのか――と問えば、「できません」と答えるのが誠実な態度ではないでしょうか。

 また、別の例をあげます。ピカソが生きた時代、授業で「泣く女」を描いて提出したら、美術の先生はほぼ「1」をつけただろうと思います。ゴッホの太陽が燃えるようなひまわりの絵も「1」です。それが後世何億何十億もの値がつくと、一体誰が想像したことか。
 現代では世界に一枚しかない希少価値、資産価値だけでなく、どちらも素晴らしい芸術作品として評価されています。つまり、今の美術の先生はみな「泣く女」と「ひまわり」に「5」をつけるということです。

 キュービスムのピカソは今でも「評価しない」と言う方がいらっしゃるかもしれません。では、その前の印象派はどうか。クロード・モネの「印象・日の出」が登場したとき、「こんなの絵じゃない」と酷評されたことは有名な話です。
 また、ピカソの絵は生前まだ売れました。が、ゴッホは2000枚も描いたのに、1枚しか売れていません。当時は学校の先生だけでなく、多くの人がゴッホの作品を、買うに値しない「1」と評価したということです。ピストル自殺したゴッホは天国で「お前たちの評価とは一体何だったのだ」と叫んでいることでしょう。

 また別の例として、女流詩人金子みすゞに「私と小鳥と鈴と」という詩があります。「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい」の部分が有名です。人は一人一人違っていいんだと、多様性を認める模範のような言葉です。引用して紹介する方も多いことでしょう。
 しかし、世の中の大人は果たしてこの言葉を真理として受け取っているか。所詮理屈であり、タテマエでしかないと感じているのではないか。ほんとは「みんな違ってみんないい」などと思っていない。むしろ「違いがあるから、違いに応じて成績を付けるのだ」と考えている。だから、子どもの勉強や実技に点数を付けて3段階・5段階に分けることに、誰も異議をとなえないのでしょう。
 多くの人は「人間と小鳥と鈴」に対してこう思っている。「霊長類の人間が5で小鳥は3。鈴はいい音色なら4だが、不格好で悪い音色の鈴は2だ」と。小鳥も「美しく鳴くウグイスは5で、稲などを食い荒らす害鳥は1だ。増えすぎたら殺しても構わない」と。

 子どもには一人一人違いがある。実技や座学で好き嫌い、上手下手、得意不得意がある。なのに、「あなたはよくできるから5、あなたはできないから1」と選別している。「あなたは絵が下手だから1。音痴だから1。走るといつもドベだから1」と評価している。「みんな違ってみんないい」などと思っていないではありませんか。「お前は人と比べて劣っている」と宣告しているのです。

 子どもは大人の評価に対して「私は1でいい」とは思いません。「がんばろう」と思います。学校の先生も親御さんも「あなたはがんばればできる。もっとがんばりなさい」と叱咤激励する。みんな違ってみんないいなら、「もっとがんばれ」と言う必要はない。「1」そのものをつける必要がないではありませんか。

 そもそもみすゞさんの言葉を借りるなら、私たち人間はみんな空を飛べない点において「1」です。小鳥たちが「5」です。トンボや蝶やハチやハエが「5」です。
 かといって誰も「あなたはがんばれば空を飛べるようになる。もっとがんばりなさい。練習しなさい」と言う人はいません。「空を飛べないあなたは1です。人間は能力の低い生き物です」とも言わないでしょう。

 世の中にはどんなにがんばっても走ることが苦手、絵が下手、歌が下手な子がいます。あるいは、体育万能でオリンピックを目指していつも「5」だった男の子が事故にあって片足を失った。すると、義足を付けた彼はもう走ることも跳び箱も満足にできません。今まで体育が下手だとバカにしていた連中の足下にも及ばない。そのとき体育の成績は「1」がつくでしょう。
 その子にとってそれは屈辱的で、だからと言って一年間見学ばかりだった自分、義足に慣れて走れるようになったけれど、ビリとなった自分に「3」を付けられても、彼は喜ばないでしょう。体育で「1」になった自分はもう生きる意味がないと思うかもしれません。「5」と評価されたゆえの苦しみがここから始まります。

 彼がそこからパラリンピック代表を目指すのに評価「5」も「1」もいりません。人はいつも現在がスタートであり、そこから未来に向かって歩き始める。
 どうしてある時期、ある年齢において「この子は5だ、3だ、1だ」と点数評価するのでしょう。得意ならそれでいい、下手でも別に構わない。それがその地点の「ありのまま」である。人は変わるものであり、成長する生き物である。ある地点の状況を数字で評価する必要はない。いわんや人と比べる必要はない。その評価を10年20年持ち続けることに、一体何の意味があるのか、と言いたいのです。

 ことわざの「栴檀は双葉より芳し」は幼い頃から光る素質を表しています。では、それがずっと続くかと言うと、「十で神童十五で才子、二十(はたち)過ぎれば只の人」なることわざもあります。逆に幼い頃は大したことなかった。だが、「大器晩成」とも言われる。
 もう一度冒頭の言葉を書きます。どうしてある時期、ある年齢において「この子は5だ、3だ、1だ」と点数評価するのか。それは正しいとどうして言えるのでしょうか。

 さらに、先程ピカソやゴッホの例をあげたように、先生の評価は適切だったか、先生は「できない子」をしっかり指導できたか――その問題もあります。
 私は小学校高学年の三年間、美術はいつも5段階の「2」でした。親も私が持ち帰った作品を見て「この子に絵の才能はない」と思っていたことでしょう。「もっとがんばれ」と言われることはなかった。何より本人が才能のなさを痛感していました。
 ところが、中一になって突然「5」に変わりました。私が通ったころは小中とも相対評価でした。3つの小学校児童が集まって100名強の中学校でしたから、成績「2」とは限りなく「1」に近い下位であり、「5」は上位7名の中に入ったことを意味します。一体何があったのでしょう。

 小学校の美術はほぼ水彩画でした。それも風景を描かせることが多かった。水彩の得意な子はさらさらと薄い色で、さも風景画といったうまい絵を描き「5」の成績がつく。私はそれが苦手だったし、おざなりの絵を提出したので、いつも「2」でした。

 中一最初の課題は読書感想画でした。私は国語の教科書にあった作品を選びました。今となっては題名も作者名も覚えていないけれど、小説かエッセーで「目の見えない人たちが春になってバス旅行に出かけた。ガイドさんは外の風景を説明しても、みな顔が動かないので戸惑った。その後河原近くを走っていたとき、土手に生えるたくさんのツクシに気づいた。ガイドさんは『そうだ』と思ってバスを停めてもらい外に出た。そして、人数分のツクシを摘み取り、『春を感じてください』と言ってお客さん一人一人に手渡した」との内容でした。

 私はこの感想画として画面に大きく二つの手を配し、片方の手のひらにツクシが置かれた様子を描きました。つまり、ツクシを渡し終えたところを拡大して描いたのです。絵の具はもちろん水彩。しかし、薄く塗るのではなく油絵のように濃く色づけして手は写実的に描きました。眺めたクラスメイトから「へえっ」と感心されたことを覚えています。
 終了後先生はクラスの中で最もいい作品を投票させました。結果、私の作品が1位に選ばれ、先生も高く評価しました。
 その後彫刻刀を使っての版画、エッチングなどの課題(小学校ではなかった)に対して、私は遠くから描くのではなく、拡大して細かく描く手法で制作しました。クラスの女子の横顔を彫った版画は学校の代表として郡の大会に出品されました(佳作でしたが)。かくして、1年時美術の成績が「5」になったというわけです。

 これを言い換えると、私に絵の才能がなかったわけではない、ただ、小学校の先生は(私の両親も)それを引き出せなかった、ということができます。
 以前あるテレビ番組で、画家が出身小学校に出向いて絵の指導をする授業を見たことがあります。画家はまず「好きな絵を模写する」活動をさせました。絵画上達の訓練としてよく知られています。児童全員にさせるのも面白いと思いつつ見ました。できあがった作品は当然うまい下手があります。
 模写が完成すると、画家は「今度は絵を見ないで、もう一度同じものを描こう」というのです。驚きました。

 そして、完成した作品を見てもっと驚きました。一度目の模写は所詮模写だけれど、二度目の作品はもはや模写を超えて独創的な作品となっていたからです。一人一人違うし、うまい下手もない――と言うか下手に見えても、それが気にならない。言葉でいうなら、個性的な作品ができあがっていたのです。
 中には「本物はこうなっていたけど、私はこうしたい。この部分は消したい」と言う児童もいる。画家は「あなたが思ったとおりに描きなさい」と指導していました。
 一度目の模写なら、私でも「5~2」の評価をつけることができる。しかし、二度目の作品に「点数は付けられない」と思いました。それこそ「みんな違ってみんないい」でした。
「ああ、私も小学校の美術でこんな授業を受けてみたかった」とつぶやいたことです。

 別の例として私は小学校時代走るのが苦手で運動会の徒競走はいつもどん尻争いでした。では「どうやったら早く走れるか」指導を受けた記憶がありません。
 ところが、何年か前あるテレビ番組で「速く走るにはどうするか」専門家が子どもに教えていました。それによると「ももを高く上げること、手を大きく速く振ること、身体を少し前に傾けることだ」と言うのです。人生六十年にしてそんなこと初めて聞きました。
 こちらも「ああ、小学校のころそのことを聞いていれば、私ももう少し速く走れただろうに」と思ったものです。

 本題をそれたかもしれません。もう一つ、テストをやり成績を付ける弊害について語っておきたいことがあります。
 先程「教師は子どもを正しく評価できるのか」と問題にしました。私の美術は能力がなく低評価とされた例でした。この逆に「その年齢としてはものすごく高い能力を持っていると評価され、先生は誰でも5をつける」場合があります。実技科目の体育、美術、音楽はこれが多い。
 たとえば、三歳くらいからピアノをやっていると、小学校・中学校の音楽はずっと「5」でしょう。幼稚園や保育所によっては五、六歳でマットや跳び箱をやらせ、宙返りができるようになる子がいます。その子は小学校の体育でまず「5」をもらえます。

 そして、国社数理英の五教科でもこれが可能です。私は国数英でこのタイプでした。
 小学校に入学する前、私はひらがな、カタカナだけでなく、1年次の漢字をすでにマスターしていました。1年になれば2年の漢字、2年では3年の……と一つ上の漢字を下の学年で習得していた。父が出題する漢字テストがそうなっていたからです。
 テストと言っても紙ではありません。家に小さな黒板があり、それを使用しての漢字練習でした。私は黒板の前に座り、父がそばで漢字の読みを言う。私はそれを黒板に書く。正しければ消して次の漢字。間違ったり、書けないとノートに抜き出して後で覚える。
 この練習は音訓の「書き」ばかりですが、音が続く熟語は各字の訓を言わせるので、訓読みもよく覚えました。そして、学年の漢字をクリアすると、上の学年の漢字練習に移る。だから、学校の漢字テストはいつも満点でした。

 黒板漢字練習は低学年だと月に二回くらいやったと思います。その後減っていって高学年になったころなくなりました。「まるで鬼のような教育パパだな」と思われるかもしれませんが、当時の私にとっては楽しいゲーム感覚でした。テレビゲームなどなかった時代、「漢字やるか」と言われると、「やるやる」と応じたものです。

 もう一つ私の国語力を増したのは読書です。ただ以前書いたように、家には書物が数えるほどしかなかった。なのに、私は漢字の読みだけでなく朗読も得意でした。
 私が小学校に入学したとき、家には講談社発行の『少年少女世界文学全集』がありました。もっとも、そのうち2冊だけ(アメリカ編の14巻とドイツ編の23巻)。ネット検索してみたら1959年発行、全50巻でした。
 なぜその2巻だけあったのか、今となっては知る由もありません。両親は読書家ではなく、家も貧乏だったから、2冊の購入が精一杯だったのかもしれません。
 もしも家に全50巻があったら、私のその後は変わっていたか、いなかったか。人生にればたらはないので、別の次元の自分は想像できません。私は2巻しかない家に育ち、その後の人生を歩みました。

 この全集の最大特徴は(戦後十数年経っているのに)漢字がほぼルビ付きだったことです。おそらく小学校1、2年でも「読めるように」との配慮でしょう。
 ゆえに、私は小一からこの2冊を読み始め、小六まで何度も読みました。特にマーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』、エーリッヒ・ケストナーの『飛ぶ教室』が大好きで、1年に一度は読んでいたような気がします。
 別に「読め」と言われたわけではありません。面白くて好きだから、読んでいただけです。

 学校の図書室には50巻全て揃っていたと思います。何冊か借り出して読んだ記憶があります。が、全巻読むほど、私は本の虫ではなかった。家の2冊を何度も読んでいたおかげか、学校の教科書をすらすら読むことは「お茶の子さいさい」でした。

 算数も日曜日など父はよく見てくれました。小一を終える頃かけ算の九九はほぼ覚えていましたが、こちらはむしろ復習が多かった気がします。
 そして、当時中学校から始まる英語。私は小六の一年間ラジオの「基礎英語」をやりました。自ら希望するわけはなく、やらされたと言うべきでしょう。
 六時半頃起きて寝ぼけ眼で「ディス イズ ア ペン」と口ずさむ。確か月曜から金曜まで毎日だったと思います。いやいやでしたが、これによって中学入学後「まずABCDを読もう、書こう」から始まる英語はチョー簡単。テストはほぼ満点であり、評価はずっと「5」でした。
 この事前学習の良かったところは発音記号が読めるようになったことでしょう。同学年の中では発音も正確だったからか、3年の時郡の英語暗唱大会に中学校の代表(2名)として参加しました。女子が多数の中で男子は三名ほど。当然上位は女子独占でした(後に高専に行って自分の発音も英語力も平均以下だとわかりますが、それは後述)

 さて、みなさん方は私に施された「前もって得意な科目をつくる。上の学年の内容を勉強させておく」家庭教育をどう思われるでしょうか。
 これは「わが子を優等生にできる秘策」です。が、教育熱心な親ならよくやっている(やらせている)、秘密でも何でもない、おおっぴらな家庭教育かもしれません。
 当時英語暗唱大会の中学校代表は予選などなく、先生が直に指名していました。後に卒後何十年目かの同級会の席で、ある女性から「なんであなたが代表に選ばれたのかわからない。私だと思っていた」と(非難半分、冗談半分で)言われたことがあります。ちょっと驚きの告白でした。
 そのとき彼女も「小学校五年から英語を勉強していたので、中学校はほぼ満点でずっと5だった」と言うのです。私は「自分だけじゃなかったんだ」と思いました。

 私はこの学習方法を「ずるい」と思います。徒競走で言うならフライングです。人より早くスタートしたら、真っ先にゴールに達する。そんなの当たり前です。競艇ではフライングした選手は失格になるだけでなく、ものすごく怒られるそうです。フライング選手の舟券は返還となるので、売り上げが激減するからです。
 ところが、学校でこのフライングは許されています。人より先に上の学年の内容を勉強すれば、好成績を得られる。「5」を並べれば優等生として評価される。

 考えなければならないのは次のことです。このフライング勉強によって私や彼女は中学校で英語の成績がずっと「5」でした。では、その後全ての学校教育を終えたとき、英語はどこまでできるようになったか。外人さんと会話できたか、英語の文書を読んだか、英文をすらすら書いたか――と問われるなら、全くできなかったと白状します。
 英語暗唱大会に出たかった彼女にも聞きました。「できるようになったかい」と。彼女は「できるわけないじゃない」と言って高らかに笑いました。

 一体あの英語勉強って、そして学校の英語教育って何だったのでしょう。少なくとも私は英語学習より、世界や日本の児童文学をたくさん読みたかった、と思います。

 長くなりました。「成績つけるのやめませんか」、その1の結論。以下4点です。

1 成績をつける必要はない一つ目の理由。それは一人一人違って構わないからであり、その違いの中には「できる・できない」の違いも入る。できるから評価が高く、できないから低い。そのような選別をする必要はないと言いたいのです。
 世の中にはどんなにがんばっても走ることが苦手、絵が下手、歌が下手な子がいます。それがその子のありのままです。また、逆に走ることが得意、絵がうまい、歌がうまい子どもがいる。それもまた「うまいね。速いね」と誉めればいいだけの話。なぜ数値評価するのか。

2 しかも、評価する大人は、所詮時代の影響を受け、自身の経験によって判定する、個人的感覚的評価でしかない。前者を「1」と評価し、後者を「5」と数値化することで、まるで絶対的・客観的に「正しい評価」であるかのように思っている。それを錯覚と呼ばずしてなんと呼ぼう(ここで「指導要領に定められた内容を到達点として評価しているから充分客観的である」との反論については次号)。

3 つまり、正しく成績をつけることはできない。
 五段階の「5」も「1」も、ある時期の評価でしかない。「1」の評価が1年後「5」に変わったとき、前年の評価はなんの意味を持つのか。それを平均して評価「3」としたとき、その評価は児童生徒を正しく評価したと言えるのか。

4 相対評価だろうが、絶対評価だろうが、フライング勉強をすれば、テストは高得点が獲れて「5」が並ぶ。それをさせるのは親と塾。子どもにフライング勉強をさせ、塾に行かせる。正直に学校だけで勉強している子どもは落ちこぼれる。
 また、フライング勉強は優等生に学習意欲を失わせる。1年分の予習を終えたようなものだから、彼らにとって授業は新鮮みのない、つまらない時間つぶしとなる。そして、最高点の「5」を獲れるから、さらにその上を目指して勉強を深めようと思わない。
 フライング勉強によって国社数理英に「5」を並べた優等生の多くは、二十歳過ぎたら「只の人」になっている……と私は思います。

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:3月29日新型コロナ感染によって入院加療していた志村けんさんが亡くなりました。総理の名は言えなくとも、彼の名を知らない人はいないでしょう。私は訃報を聞いたとき「大本営に殺された」と思って涙が出ました。コロナ感染で死ぬとき、身内は看取ることもできない。彼はコロナ感染の怖さを死をもって教えてくれました(詳細は「コロナ感染」メルマガにて)。冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0)

« March 2020 | Main | May 2020 »