« お知らせ――2つのコラムについて | Main | 有馬記念、直前予想 »

2020.12.25

ホープフルS、直前予想

 こちらホープフルSの方はいろいろ書くのをやめようと思っていました。
 が、年賀状などの作業が意外と早く終わり、配信する以上単純なデータ掲載だけではいや、と「執筆の虫」が騒ぎ始めました(^_^;)。
 なのでデータ掲載だけでなく少々週中予想も書くことにしました。

 まずは実近一覧過去3年の結果。

【ホープフルS実近一覧結果】
    一 覧     馬 順     [1234]群
2020年 →→→ →→→ →→→           15頭
2019年 B→E→D→A A→C→B→F 1→2→1→1 13頭
2018年 A→B→G→QA A→C→B→10 1→1→2→3 13頭
2017年 A→B→QA→C A→E→09→D 1→2→3→1 17頭

 この傾向が今年も続くとは言えないけれど、昨年、一昨年は馬順[A→C→B]というど本命決着。17年は本穴の荒れ(3複1万、3単5万)でした。
 馬群では第4群が1頭も4着内に入っていません。第3群も評価トップ(QA)でいいのかもしれません。
 参考までに頭数を掲載しました。過去2年は13頭、17年は17頭……と来れば、フルゲート18頭の今年、17年並みの荒れ方があるかもしれない――と週中書いていたら、最終的に15頭になりました。うーんビミョー(^_^)。

 ちょっと意外な点は一覧の能力評価が「正しい」のかもしれず、一覧上位のA・Bが軸になっているし、馬順Aが目下3年連続1着です。
 17年タイムフライヤー (父ハーツクライ)、
 18年サートゥルナーリア(父ロードカナロア)、
 19年コントレイル   (父ディープインパクト)
 ――と勝って不思議ない馬たちでした。

 ただ、17年タイムフライヤーは[新馬2着→未勝利V→OP荻SV→前走G3京都2S2着]からのV。新馬も2着だし、その後しばらく低迷したのは連勝できなかったことが原因かもしれません。

 18年サートゥルナーリアは[新馬→OP荻S]を1.1→1.2倍のど本命連勝後のV。翌年皐月賞も勝ちました。
 19年コントレイルはもちろんご存じ無敗3冠馬。[新馬→G3東スポ杯2S]連勝後のV。東スポ杯(芝18)をコンマ8差つけての勝ちタイム1445は圧巻でした。
 今年一覧トップは川田10ダノンザキッド。Bは02ヨーホーレイク。1番人気確実のダノンザキッドは4年連続の1着となるかどうか。

 ところで、2歳戦のG2は京王杯2S(芝14)とデイリー杯2S(芝16)の2レースしかありません。これらはマイルGIのためのG2と言えるでしょう。阪神JFと朝日杯FSのトライアルになっても、芝20ホープフルS組はほぼ出走しません。
 よって、ホープフルS出走馬にとって格の最上位はG3の2レース。次いでOPの3レースとなります。
 そこで、以下のように勝ち馬を上から順に並べ、単純に印を付けてみました。

 なお、G3にはもう一つ京都2S(阪神芝20)があります。1着ワンダフルタウンは回避(3着岩田康07マカオンドールの出走)ゆえ、G3欄に掲載しません。
 また、前走勝っていないけれど、東スポ杯の2着馬戸崎圭11タイトルホルダーと岩田康07マカオンドールも追加します。

 ここに朝日杯のように前走新馬・未勝利V馬を追加すると、もう総流しと同じなので、今回「それはないだろう」と見なしてカット。
 ただ、若干気になるのが前走ダート出走が4頭もいます。まさか枯れ木(新木?)も山の賑わいのために出てきたとは思いたくないけれど、まー来たらあきらめます。

 A=G3V 1頭
◎東スポ杯2(東京芝18)川 田10ダノンザキッド    父ジャスタウェイ

 B=OPV(Lはリステッド)
〇O芙 蓉S(中山芝20)三 浦03ランドオブリバティ 父ディープ
▲LアイビS(東京芝18)ルメル01オーソクレース   父エピファネイア
△L荻 S (京都芝18)北村友13シュヴァリエローズ 父ディープ

 C=1WクラスV 2頭
・紫 菊 賞(京都芝20)武 豊02ヨーホーレイク   父ディープ
・黄 菊 賞(阪神芝20)吉田隼12アドマイヤザーゲ  父ドゥラメンテ

 D=G3の2~3着 2頭
・東スポ杯2の2着馬  戸崎圭11タイトルホルダー  父ドゥラメンテ
・京都2S3着(阪神芝20)岩田康07マカオンドール   父ゴールドシップ

 以上8頭内で決まるのではと思って上から順に印を付けました。
 馬連は上4頭、3複3着候補として下4頭。
 何も考えていない……(^.^)ので、ウラ●を「直前予想」に書きました。

*****************************
 【ホープフルS 実近一覧表】 中山 芝20 15頭 定量55キロ
[1]                 (人気は前日馬連順位)
順=番||馬       名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F印
A=10||ダノンザキッド | 3.1{AB}A=[2000]川 田|◎ 〇〇◎
B=02||ヨーホーレイク | 3.3{CA}E=[2000]武 豊|・△  ・
C=12||アドマイヤザーゲ| 3.4{BD}G=[2000]吉田隼|・△ ▲・
D=01||オーソクレース | 6.7{FE}C=[2000]ルメル|▲ △◎▲
[2]
E=13||シュヴァリエロー| 7.3{DH}F=[2001]北村友|△ △△●
F=03||ランドオブリバテ| 7.4{EG}D=[2000]三浦皇|〇◎  〇
G=11||タイトルホルダー|10.4{G11}H=[1100]戸崎圭|△ ▲ ・
H=08||バニシングポイン|13.9{10F} =[1002]デムロ| △
[3]
QA=09||アオイショー  |14.6{H09}B=[1000]石橋脩| △ △
QB=05||テンカハル   |15.0{1110} =[1101]坂 井|
QC=06||ホールシバン  |18.0{0913} =[2010]丸 山|
QD=07||マカオンドール |19.1{1214}09=[1022]岩田康|・〇  ・
[4]
QE=14||モリデンアロー |21.3{13C} =[4101]山田敬|
QF=15||セイハロートゥユ|32.3{1415} =[1003]木幡巧|
QG=04||ヴィゴーレ   |33.6{1512} =[1013]横山武|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
------------------------------
※年齢 全2歳牡=18頭(セ=0頭)牝=0頭 
※格 上記

※昨年1234着馬の馬番
 1着=2枠02番  2着=4枠05番
 3着=5枠07番  4着=8枠13番
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=3 巴 [4巴型] 枠順AB=2.9
 馬連型=A流れE[5巴型] 馬連AB=5.3

 枠連=ABC/D/EF//GH 注 4枠09アオイショー異常投票
 枠順=621 7 45 83   馬連10-09=5.3倍
 馬順=ADCF09B  
 代行=H G
 ―――――――――――――
 結果=
---------------------------

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 11 03 14 06 -08 02 10 12 -13 01 04 07 -05 09 15
覧 6 〇 ◎ ▲ 5 △
3FC B A D E


***************************
 ※ 直前予想

 表の単純予想と上位人気に一言いちゃもんつけてウラ●を……、

 ◎川田10ダノンザキッドは前走東スポ杯2Sの勝ちタイム1475が平凡過ぎてイマイチ。それに11月末の東スポ杯V馬は昨年こそコントレイルがあっさりホープフルSを勝ったけれど、だいたい次走翌年の重賞が多い。おそらく一度緩めたいのではないかと思います。
 父ジャスタウェイは2、3歳時の活躍はなく、古馬になって大成した馬。産駒も3年目でGIVのない重賞5勝(/62)。果たしてコントレイルの後追いができるかどうか。2、3着以下もあり得ると思います。

 ▲ルメール01オーソクレースは2連勝だが、ともに8頭と少頭数(?)だった。それに札幌→東京で中山は初(最も中山初は多い)。
 また、前走OPアイビーS(芝18)V馬には16年ソウルスターリング、18年クロノジェネシスがいるけれど、両馬の次戦GIはともに阪神JFで前者がV、後者は2着。父エピファネイアは中長距離馬だったけれど、マイル向きかもしれない。
 エピファネイア産駒は2年目で重賞3勝(/43)だが、これが無敗3冠デアリングタクトのGI3勝のこと(同馬はG2、G3に出ていません)。

 次いで、・武豊02ヨーホーレイク。2戦2勝馬ながら、初戦7頭、前走5頭とこれは間違いなく少頭数。中山初。
 最後に〇三浦03ランドオブリバティ。芝20を2戦2勝だし、前走中山OP芙蓉Sの勝ちタイム2012、着差0.6はご立派。10月初めの芙蓉Sは以前マイルでした。芝20に変わってからの6年、1着馬の次走はイマイチばかり(昨年のオーソリティが今年G2を2勝して有馬に出走します)。

 この4頭中3頭が01・02・03番に入りました。今回も逃げ先多く……しかし、芝20だからハイペースにはならないでしょう。
 過去3年の1000メートル通過は59.6→62.5→60.9で勝ちタイムは2015前後。上記4頭で決まるかもしれないけれど、もう1頭食い込みそうな馬をウラ●とします。

 そこで狙ってみたいのが前走荻SV馬北村友13シュヴァリエローズ。
 ホープフルS過去3回中2回の優勝馬(タイムフライヤーとサートゥルナーリヤ)が荻S1着馬です。つまり、予測勝率3分の2(^.^)?

 前走荻Sは8頭だったが新馬Vで16頭を経験済み。2走目新潟2S(5着)でG3も経験済み。先行馬が外枠に入ったけれど、2走目で11頭の最後方を経験済み。ここは中団からの差しを意識するのではないかと思います。

 父ディープだし、鞍上北村友は今年クロノジェネシスで宝塚記念を勝ち、有馬では同馬が1番人気になりそう。がしかし、ひねくれ者の推理は有馬で負けてここで勝つ――と見たい(^_^;)。

 やはり書き込んでしまいましたが、私としては短文予想です(^_^)。

 以上です。

-------------------------
 本紙予想
 印番馬       名 父         馬順
 ◎10ダノンザキッド   ジャスタウェイ   A
 ○03ランドオブリバティ ディープインパクト D
 ▲01オーソクレース   エピファネイア   C
 ・02ヨーホーレイク   ディープインパクト E
 ・12アドマイヤザーゲ  ドゥラメンテ    G
 ・11タイトルホルダー  ドゥラメンテ    H
 ・07マカオンドール   ゴールドシップ   09
 ●13シュヴァリエローズ ディープインパクト F
 ?09アオイショー    ロードカナロア   B

 なお、金曜午後から馬券は販売されており、馬順は午後8時ころのを(わかる範囲で)使用しました。
 石橋脩09アオイショーが異常投票というか、馬連10-09=5.3倍で馬連1番人気となっています。単勝は7番人気の22倍ほど。
 アオイショーはロードカナロア産駒の1戦1勝馬です。12月6日中山芝20の新馬を上りトップで勝っています。ただ、上りは34.8だし、勝ちタイムは稍重2048。
 私は買うつもりはありませんが、[?]マークを付けて掲載しておきます。

 さて結果は?

==============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« お知らせ――2つのコラムについて | Main | 有馬記念、直前予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お知らせ――2つのコラムについて | Main | 有馬記念、直前予想 »