« ホープフルS、直前予想 | Main | ホープフルS、結果とほぞ噛み »

2020.12.26

有馬記念、直前予想

 さー泣いても笑っても本年最後のGI――私はやっぱりこのセリフが好きですねえ(^.^)。今年久しぶりに使えます。

 月曜回顧で書いたように、今年の有馬記念は女横綱アーモンドアイの出走なく、牡牝3冠のコントレイル、デアリングタクトも出走しません。
 この3頭ともにGI3勝馬。ということは普通この3頭から年度代表馬が選出されるところ。
 ただ、有馬記念を勝つとGI3勝となる馬が1頭います。それが大阪杯とエリザベス女王杯を勝っているラッキーライラックです。

 ラッキーが有馬を勝つと仮定すると候補は4頭。
 それでも、やはり牡3冠(+JC2着)のコントレイルか、ヴィクマイル・秋天・JCVのアーモンドアイのいずれかでしょう。

 アーモンドアイは今年4戦[3100]、対してコントレイルは5戦[4100]と1レース多い。しかも無敗3冠馬。ここはどうしても福永祐ちゃんのコントレイルに年度代表馬に選ばれてほしいものです。
 アーモンドアイはすでに2年前年度代表馬になっているし、そもそも先に「JCに出る」と告知していたら、コントレイルはJCではなく有馬記念を選んだのではないか。そして、楽勝したのではないかと思います。
 まー他次元の世界はわかりようもありませんが……。

 それはさておき、まずは有馬記念過去4年の実近一覧結果。

【有馬記念、過去4年の実近一覧結果】
    一 覧     馬 順     [1234]群
2020年 →→→ →→→ →→→
2019年 F→B→H→C B→C→D→F 2→1→2→1
2018年 QB→A→F→QA D→A→09→F 3→1→2→3
2017年 A→G→B→C A→10→C→B 1→2→1→1
2016年 A→C→B→QE B→A→D→H 1→1→1→4

 まずは一覧トップA・Bのいずれかが1着か2着になっています。そして、群で言うと第1、第2群中心であり、第3、第4群は中位人気になった馬をチェックするくらい。
 逆に第2群の馬で9番人気以降の馬順になったときは(18年F→09、17年G→10)激走があるかも、と思って注意が肝心。
 今回のトップ2頭はA09クロノジェネシス、B07ラッキーライラック。
 果たしてこの2頭で馬連成立か――と言えば、いやいやそんなに簡単ではないと思います。

******************************
 【有馬記念 実近一覧表】 中山 芝25 16頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|齢|馬        名|予OZ{実近}人=[全芝]騎 手|格距TM3F印

A=09|4|クロノジェネシス牝| 2.5{AA}A=[6231]北村友|▲  △〇
B=07|5|ラッキーライラッ牝| 3.7{DB}D=[7434]福 永|◎ 〇 ◎
C=04|4|ラヴズオンリーユー| 3.7{CC}G=[4122]デムロ|△△▲ ・
D=13|5|フィエールマン  | 4.8{BE}B=[5312]ルメル|〇  ▲▲

E=10|4|カレンブーケドー牝| 8.1{EG}C=[2622]池 添|   ◎・
F=12|3|オーソリティ   | 8.3{09D}F=[4011]川 田|△◎  ・
G=01|3|バ ビ ッ ト  | 8.4{FF}10=[4201]内田博|    ・
H=02|5|ブラストワンピース|12.6{H09}09=[7008]横山武| ▲  ●

QA=05|4|ワールドプレミア |13.6{G11}E=[3131]武 豊|△  〇・
QB=06|6|キ  セ  キ  |16.1{1012}H=[465-]浜 中|△ ◎ △
QC=15|4|オセアグレイト  |17.0{1210} =[5227]横山典| ▲
QD=14|5|サ ラ キ ア牝 |17.4{14H} =[441-]松 山|  △

QE=16|5|ユーキャンスマイル|25.1{1313} =[6318]岩田康|  ▲
QF=08|6|ペルシアンナイト |32.3{1115} =[452-]大 野|
QG=11|4|モ ズ ベ ッ ロ|39.2{1614} =[4316]田 辺| 〇
QH=03|6|クレッシェンドラヴ|70.0{1516} =[742-]坂 井|
             TM…タイム優秀 3F…上がり3F優秀
----------------------------------------------------
 成績補足
QB=06|6|キ  セ  キ  |16.1{1012}H=[465.11]浜 中|
QD=14|5|サ ラ キ ア牝 |17.4{14H} =[441.10]松 山|
QF=08|6|ペルシアンナイト |32.3{1115} =[452.17]大 野|
QH=03|6|クレッシェンドラヴ|70.0{1516} =[742.11]坂 井|
----------------------------------------------------
※年齢 3歳=2 4歳=6 5歳=5 6歳=3 頭
※牡牝 牡=11頭(セ=0頭) 牝=5頭 
※格
G1V=8頭(詳細省略してGI2着・G2、G3Vを追加)
 A07ラッキーライラック[4213]GI2着2回・G2V・G3V
 B13フィエールマン  [3102]GI2着1回
 C09クロノジェネシス [2231]GI2着2回・G2V・G3V
 D06キ  セ  キ  [1418]GI2着4回
 E08ペルシアンナイト [1319]GI2着3回・G3V
 F04ラヴズオンリーユー [1021]
 G05ワールドプレミア  [1011]
 H02ブラストワンピース[1007]G22勝・G3V

G2V=5頭(GIV除く)(こちらはレース名と距離)
 A12オーソリティ   [2勝]5月青葉賞(芝24)・11月アルゼン杯(芝25)
 B16ユーキャンスマイル[1勝]3月阪神大賞典(芝30)
 C01バ ビ ッ ト  [1勝]9月セントライト記念(芝22)
 D11モズベッロ    [1勝]1月日経新春杯(芝24)
 E14サ ラ キ ア  [1勝]10月府中牝馬S(芝18)

 昨年1234着馬の馬番(今年の出走馬は馬名付加)
 1着=3枠06番
 2着=5枠10番
 3着=4枠07番ワールドプレミア 今年05番
 4着=3枠05番フィエールマン  今年13番
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=3 巴 [AB型] 枠順AB=4.6
 馬連型=A流れD[AB型] 馬連AB=6.6

 枠連=AB//C/D/EFG//H 
 枠順=57 3 4 126 8
 馬順=AB E D HFG 13
 代行=C11 09 12 101514 16
 ―――――――――――――
 結果=
----------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 01 07 12 09 -06 10 15 04 -02 11 03 14 -13 05 08 16
覧 〇 6 ◎ 5 ▲ △
3F B E D A C
本 ◎ 〇 △ ● ▲

****************************
 ※ 直前予想

 まずは格からの単純ボックス馬券を。

 格の上位3頭は以下のようにGI4、3、2勝であり、連率も50以上。
 この3頭をいわば◎〇▲として3複1本。D06キセキはGI1勝馬ですが、2着が4回もあってE以下とは抜けている。そこでこの4頭の3複ボックス4枚。3単も[A→B→C=D]の2枚を買います。
※格G1V上位      [GI]
 A07ラッキーライラック[4213]
 B13フィエールマン  [3102]
 C09クロノジェネシス [2231]
 D06キ  セ  キ  [1418]――3複[07 13 09 06]4枚

 次に年齢別・牝馬独占(なら)の単純馬券(^_^;)。

 今回年齢別頭数は、3歳=2、4歳=6、5歳=5、6歳=3頭。

 4歳実力トップと5歳実力トップを◎〇として3歳、6歳から各1頭、4・5歳からもう1頭、計4頭選んで3複馬券を組みます。

 4歳トップは09クロノジェネシス、5歳トップは07ラッキーライラック。
 4歳2番手は05ワールドプレミア、5歳2番手は13フィエールマン。6歳はやはり06キセキ。ここで3歳2頭のどちらを選ぶかビミョー。

 12オーソリティは前走東京G2アルゼンチン杯V馬。東京ながら芝25を走っているのは魅力。また、01バビットは前走唯一の菊花経由。番手先行して2.1秒差10着だからダメそうだが、その前未勝利から4連勝は捨てがたい。2走前は中山G2セントライト記念(芝22)を勝っている。

 しかも、01バビットは展開指数1.1の逃げA馬。番手Bは07ラッキーライラックで指数4.1。つまり、バビットはほぼ単騎の逃げが予想される。一時はウラ●にと考えたくらい。どちらかに絞ったら「そっちかよお」と言いそう(^_^;)なので、両方△印。

 それから牝馬は計5頭出走。うちトップが09クロノジェネシスと07ラッキーライラック。まさかの「牝馬123着独占」があるかもと思えば、牝馬からもう1頭3着候補を。
 迷うのは10カレンブーケドルと04ラヴズオンリーユー。どちらも父ディープ。
 これも絞ったら……てなわけで2頭ともに△印(^.^)。

 かくして年齢別・牝馬独占3複[09=07→05 13 06 12 01 10 04]7枚。

 これまでしばしば書いてきました。「牡牝混合GIの牝馬1番人気は危険」と。
 今回馬順1番人気は牝09クロノジェネシス。2番人気も牝07ラッキーライラック。 
 2頭の馬連AB=6倍ほど。AC10倍だから抜けています。
 この馬連は成立するかどうか。

 有馬記念はよく世相を反映すると言われます。女横綱アーモンドアイの大活躍に続いてオーラス有馬が「牝馬のワンツー」となっても、とても日本を象徴しているとは思えません。「女性が活躍できる社会」などと言いながら、閣僚はほぼ男ばかり。
 競馬における牝馬の活躍は相変わらず男尊女卑が染みついている日本の男たちへの啓蒙かもしれません。
 ならば、この09-07の馬連成立してもおかしくない。そう思って馬連A-B1本。馬単は福永ゆうちゃんのラッキーから[07→09]を買います。

 もしもラッキーライラックが勝つと、GI3勝となって年度代表馬選出がますます混とんとします。が、その分アーモンドアイの票数が減ってコントレイルが年度代表馬になるであろうと(^_^)思います。

 さて、上記が表馬券ですが、それでも本年最後のウラ●を構築したいと思います。
 最後の最後に「3複AB流し、牝馬ABの1、2着なんぞあってたまるか」との思いを込めて(^.^)。

 まず1、2番人気両牝馬にいちゃもんつけておきます。

 09クロノジェネシスは父バゴがイマイチ。確かに宝塚記念は1秒差で勝った。だが、前走秋天は2番人気3着。目の上のアーモンドアイとコントレイルがいないここは「あっさり1着……」となるだろうか。

 これまで同馬は牝馬GIで一度も一番人気がなく(だいたい2、3番人気)、阪神JF2着、桜花3着、オークス3着。その後も大阪杯2着、前走秋天3着。勝ったGIは秋華賞と宝塚記念の2つだけ。
 つまり、GIは8戦[2231]で、2着以下が多い。3複軸なら良いけれど、連単軸にはし辛い。12回も走って今回中山初というのも引っ掛かる。

 次に07ラッキーライラック。父オルフェーヴルは文句なし。
 ただ、こちらもGI2、3着が多い。桜花2着、オークス3着。秋華はとうとう2番人気9着(Vはアーモンドアイ)。その後香港ヴァーズ2着。
 今年大阪杯を勝ち、エリザベス女王杯を連覇したけれど、最長距離は芝24まで。2回走ってオークス3着と香港ヴァーズ2着。また、中山は2回走ってともにG2中山記念(芝18)の2着2回。

 どの騎手がどの馬を選んだかはわからないけれど、ルメールはエリザベスを連覇したラッキーライラックを選ばず、春天を勝ったフィエールマンを選んだ。
 デムーロはラッキーライラックの5走前から2走前まで騎乗したので今回乗っても良かった。けれど、6走騎乗のお手馬04ラヴズオンリーユーを選んだ。

 ちなみに、ラヴズオンリーユーは新馬から4連勝でオークスを勝ったけれど、その後5戦[0122]の成績。中山初だし、牡牝混合GI未経験ゆえ苦しいと思います。
 また、ルメール13フィエールマンは菊花V・春天2勝、前走秋天はアーモンドアイの
2着。勝って不思議ないけれど、中山は3戦[1101]。芝25は昨年の有馬4着の1回のみ。上りは11戦中トップ7回。ただ、展開指数8.3でここは展開13位。追って届かずがあるかもしれない。

 と、いちゃもんつけたところでウラ●。
 困りました。ウラ●を打ちたい穴馬が片手に達します(^_^;)。

 先ほども書いた3歳両馬。食指が動きます。あるいは、前走ジャパンカップで大逃げ打った6歳06キセキはもう終わったのか。「有馬の大穴は逃げ馬から」というのはかつての定説。01バビット、06キセキのどちらかが大逃げ打って残ることはないか。

 また、昨年3頭独占はならなかったけれど、今年も3頭の歴代菊花賞馬が参戦しています。
 17年(デムーロ)キセキ、18年(ルメール)フィエールマン、19年(武豊)ワールドプレミア。この中ではルメール13フィエールマンが昨年の有馬3着、武豊05ワールドプレミアが昨年4着。武豊は土曜のホープフルS3着でいまだ本年GIVがないまま。GI勝利がないまま終わるのか。05ワールドプレミアの単勝買いたくなります(^_^)。

 がしかし、私はもっと違う馬をウラ●としました。後期ダメついでにもう一頭という感じでしょうか(^_^;)。
 それは牡5歳横山武02ブラストワンピースです。
 18年菊花4着後有馬挑戦3番人気で勝った有馬記念馬(当時鞍上池添)。

 ところが、その後GI5戦[0005]のていたらく。G2は昨年8月札幌記念と今年1月AJCの1着があるけれど、GIはとにかくダメ。
 とうとう過去3戦[大阪杯→宝塚→秋天]は[7→16→11]着。宝塚は4秒5、前走秋天は1秒7の大差負け。「もう終わったか(-.-)」と言いたくなります。
 もはや有力騎手もそっぽを向き、鞍上初乗り、4年目重賞1勝の横山武。
 無理筋です。

 しかし、騎手と過去3走に目をつぶれば(^_^;)、なんといっても16頭の中で唯一有馬記念・中山芝25を勝った馬。4走前は中山G2AJC(芝22)も勝っています。
 GI全成績は[1007]ですが、中山GI・G2に限れば2戦2勝。つまり、中山コース2戦2勝です。
 全16頭の中で重賞最多Vは07ラッキーライラックの6勝ですが、2位の5勝がブラストワンピースなのです(G2を3戦2勝、G3を2戦2勝)。まるで中山が我が庭であるかのよう。

 また、同馬は芝25を2回走って有馬の1勝と東京G2目黒記念の1番人気8着があります。
 目黒記念では59キロを背負ってタイム2291を出しています。これめちゃ速いのですが、全く注目されていない。
 と言うのはこのときの勝ち馬が出したタイムが超絶の2282だったからで、これが芝25のレコードです。ブラストワンピースのタイム2291はここでは全馬の芝25TXとなります。
 2年前稍重の有馬記念を勝った時が2322。ここで2300くらいのタイムを出せば勝ち負けかもしれません。内の馬番02も好枠です(有馬V時は16頭の08番)。

 過去有馬記念を連覇した馬は1980年以降だと84、85年のシンボリルドルフ、98、99年のグラスワンダー。
 2000年以降連覇はないけれど、1年開けた隔年Vなら2頭います。
 それが02、04年のシンボリクリスエス、11、13年のオルフェーヴル。もちろん両馬とも3歳→5歳のパターンです。02ブラストワンピースは隔年V3頭目を目指します。

 ただ、シンボリクリスエスは15戦[8241]のGI4勝。オルフェーヴルは3冠馬であり、21戦[12.6.1.2]、GI6勝、凱旋門2着2回。
 ぶっちゃけ、目下[7008]のブラストワンピースと格が違いすぎることは間違いありません。
 とにかく過去3走と鞍上に目をつぶって祈らねばなりません(^.^)。

 まー最後くらい年末ジャンボ並みとは言えないけれど、夢を見たいと思います。
 相手本線07ラッキーライラックとして上位人気に流します。

 以上です。

---------------------------------
 本紙予想
 印番馬      名  性齢 馬順
 ◎07ラッキーライラック 牝5 D
 ○09クロノジェネシス  牝4 A
 ▲13フィエールマン   牡5 B
 △06キ  セ  キ   牡6 H
 ・05ワールドプレミア  牡4 E
 ・12オーソリティ    牡3 F
 ・01バビット      牡3 10
 ・10カレンブーケドール 牝4 C
 ・04ラヴズオンリーユー 牝4 G
 ●02ブラストワンピース 牡5 09

 さて結果は?

================
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« ホープフルS、直前予想 | Main | ホープフルS、結果とほぞ噛み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ホープフルS、直前予想 | Main | ホープフルS、結果とほぞ噛み »