« 【 年度代表馬アーモンドアイに疑義あり 】 | Main | フェブラリーS直前予想 »

2021.02.17

 【 今年の予想方針について 】

 今号は今年のほぞかみ予想の予想方針について説明いたします。
 *****************************
 【 今年の予想方針について 】

 さて、2021年のほぞかみ予想ですが、大幅に転換いたします。
 まず我が予想の最大特徴であった「長文予想」をやめます。
 もっとも、これは歓迎される転換かもしれません(^_^;)。

 これまでも何度か(やめると宣言したことはないけれど)「短くします」と言っておきながら、いつの間にか、いつもの長文に戻るという繰り返しでした。
 書き始めると、どうしても長くなるのが(杉下右京にならえば)「ぼくの悪い癖」なのであります。

 なのに、過去10年ほど読者数は減少することなく、(増えもしないけれど)文句も言わず、よくぞ私の予想に付き合って下さったと頭が下がります。
 まー斜め読み、飛ばし読みされ、予想をそのまま買うことはなく、「ふーん」で終わっていたのではないかと拝察いたしますが(^_^;)。

 そこへ過去2年間「一読法を学べ」の強制配信です。あるいは、「今後は長文予想も一読法で読んでみるか」と思われたかもしれません。そう感じてもらえたなら、作者冥利に尽きるってもんです。
 しかし、その矢先「今年は長文予想をやめよう」と本気で決意するに至りました。

 最大の理由は寄る年波のせいと言うか、体力面、特に視力面の衰えです。
 2000年に早期退職後、パソコンによって執筆活動に励んできました。最盛期(?)は一日10時間くらいパソコンの前に座って小説や論文・エッセー、そしてGIシーズンは「ほぞかみ予想」など書きまくって「へ」でもありませんでした。

 ところが、ここ数年、目の調子が悪く(老眼でメガネの度が合わなくなったこともあるようで)、キーボード入力を開始すると、すぐに目がしょぼしょぼしてだいたい1時間で目が痛くなります。2時間もやると、目がかすんでモニターの画面が見づらくてしょうがない。中断して休まざるを得ません。

 昨年都市部の眼科に行こうとしたけれど、コロナパンデミックによってあきらめました。近くのメガネ屋さんで相談したら、老眼用メガネにしても無理で「一日10時間もパソコンをやるのが異常でしょう」と言われてしまいました。眼科でも「パソコン活動を減らしない」と言われそうです。
 そんな状況ですから、現在一日のパソコン活動は5時間できればよい方で半減してしまいました。

 他にも、昔から腰痛持ちでごまかしごまかし暮らしてきた(つまり、常時痛くはない状態をキープしていた)けれど、昨年夏ごろからどうしても痛みが引かないので、整形外科に診察してもらいました。
 すると、脊柱管狭窄症であるとのご宣託。手術するか、ブロック注射するか。いずれも完治は難しいとのこと。

 昔から腰痛の完治はあきらめていたので、「残りの人生も長くないし、取り合えず痛みがなくて生活できれば」と相談して毎日痛み止めのロキソニンを飲むことにしました。
 朝1錠飲めば半日痛みが軽減されるので、日常生活を送り(散歩もして足腰の衰えを防ぐ)、夜は痛みを我慢する――といった道です。そのうち夜も我慢できなくなったら、夕食時にもう1錠飲もうかと思っています。
 ロキソニンは胃を痛めるので良くないそうですが、医師によると一日3錠までなら大丈夫とのこと。

 もうすぐ『一読法を学べ』の連載が終わります。その後は『空海論文編』の後編執筆、そして過去2年中断していた(投稿用)小説執筆が待っています。そこに「ほぞかみ予想」を入れると、3つとなって今の状況ではかなり厳しい。
 一時は「ほぞかみ予想」の休刊も考えましたが、この中で最も楽しいのが競馬予想です(^_^)。
 しかし、空海論文編は完結させねばならないし、投稿用小説執筆はこれを最後にしようと思っているので、こちらもやめることはできない。

 そこで、競馬予想を簡単に、短くする方法を考えました。
 それが文章による予想をやめて「オッズ予想」にすることです。

 たとえば、昨年の有馬記念は[枠連順位]として以下のように掲載していました。
--------------
 [有馬記念枠連順位]

 枠連型=3 巴 [AB型] 枠順AB=4.6
 馬連型=A流れD[AB型] 馬連AB=6.6

 枠連=AB//C/D/EFG//H 
 枠順=57 3 4 126 8
 馬順=AB E D HFG 13
 代行=C11 09 12 101514 16 枠順[A→B'→B→D]
 ―――――――――――――
 結果=132 5 4  馬順[A→11→B→D→E]
---------------------------

 以前「オッズ分析」と題してこの解説と予想を少々披露していたことがあります。
 最近はやっていないので、参考にしている読者は少ないだろうと思います。
 私はかなり参考にして文章予想を組み立てています。
 なぜオッズ分析と予想を公開しないかというと、以前打ち明けたことがあるように正直つまらないのです(^.^)。

 文章予想は「ああでもない、こうでもない」と検討して◎〇●などの印を付ける。
 それが当たれば歓喜の極みだし、外れてもその原因についてまた「あれこれ」書ける。
 ところが、オッズ分析と予想にそれはありません。
 私が作成したオッズ一覧表ではほぼ自動化されているからです。

 たとえば、上記をオッズ分析して予想すると、以下のようになります。

 枠連の型は3つ巴であり、AB型である。ABC枠の573枠が強い。
 枠連なら本命ABCの3つ巴。荒れるときはDEFかGHが絡む。
 馬連はA流れDのAB型だから、馬順ABCDの4頭中心で、うちABが強いので◎〇となる。よって、馬連は本命なら[A=B→C・D]。3複本命は[A B C D]ボックス4枚。

 ただ、枠連・馬連・3複の本命は買い目として出てきません。つまり「買わない」ようにしてあります。理由は他の馬券を買う以上、当たってトリガミとなる公算が高いからです。

 3複予想に関しては少々企業秘密のルールですが、「この場合馬順Bが軸。3頭目の馬は薄目なら枠G・Hの4頭とA・B枠の人気薄代行=11番人気の馬」と出ます。
 よって、
 3複予想は[B→A・C→G 14 13 16 11]
 馬連予想は[B→G 14 13 16 11]となります。

 結果は馬順[A→11→B→D→E]だから、馬連は外れだけれど、3連複は的中です。
 A・Bどちらかに絞れないときは馬連[A→G 14 13 16 11]も同時に出すことがあり、この場合は馬連も的中となります。

「ほんとかよ~。結果論じゃないか」と言われそうですが、直前予想で披露してもこうなります。

 しかし、先ほど書いた通り、私はこのオッズ枠連順位が出した予想を(参考にしているけれど)買っていません。
 決められたルールに従って機械的に買い目を出しているので、毎回ほぼ同じパターンの買い目になります。私が好きな「あれこれ検討する」余地がないのです。

 私は昨年牡牝混合GIで牝馬の1番人気をほとんど軽視してその上に◎やウラ●を設定しました。オッズ予想でそれはありません。「1番人気は軸にできる」と出てきたら、牝馬であろうが、格下だろうが無条件で◎にします。

 ここで(もうお忘れでしょうから)A~Dと11番人気の馬名と牡牝・年齢・騎手・結果を掲載しておきます。
 [有馬記念結果]
 A=クロノジェネシス  牝4・北村 友 1
 B=フィエールマン   牡5・ルメール 3
 C=カレンブーケドール 牝4・池  添 5(同着)
 D=ラッキーライラック 牝5・福  永 4
 11=サ ラ キ ア   牝5・松  山 2

 オッズ予想ではこうした各馬の詳細は使いません。馬柱の成績、前走の着順、上り3Fとか展開なども使わない。
 なぜかと言うと、詳細を見て「さすがにこの馬は来ないだろう」、「この騎手には思入れがあるので◎にしたい」、「この1番人気に4着以下はない。絶対◎だ」、「逃げ馬はこれだが、さすがに残れないだろう」など、いろいろな思惑が入って印をつけたり、カットしたりするからです。

 たとえば、上記馬連3複予想のうち、「今回は8番人気までで決まるだろう」と思えば、3番手に「G」だけ残して馬順[14 13 16 11]馬をカットして、
 馬連3複=[B→A・C→G] の4頭となります。
 ここに本命ならと採用していた「D」を入れても5頭です。

 結果、1頭「これはないだろう」とカットした11サラキアが激走して「それが来るんかよ~」とほぞをかまねばなりません(^_^;)。
 それを防ぐため、オッズ予想では買い目に最低人気が入ろうがどうだろうが、無条件、機械的に買う(印をつける)ことにしているのです。

 このオッズ予想、詳細を問題にしないだけに、当たったときの喜びがイマイチ(^_^;)。「あら、当たっているよ」てなもんです。
 私としては特にウラ●の激走2着とか1着が的中したときは「よおっしゃあ~!!」と書きたいのです。

 ただ、機械的予想だけに、はまれば当たる。特に荒れたときに引っ掛かることが多い。もちろん外れることもあるけれど、馬の能力・騎手などと無縁なだけに、人気薄が激走したとき、「それが来るんかよお」のほぞがありません。

 以上です。今年はある意味つまらないけれど、簡単に予想できるオッズ予想を1年間やってみたいと思います。
 もちろん実近一覧表は掲載しますが、今まで掲載していた全成績・騎手・実績からの印などは省略します。馬番と馬名は残すので、それ以外の情報はネットの馬柱によって確認してください。
 もう一つ「実近一覧過去の傾向」と「展開予想」は残します。また、結果報告は次回GIレース、土曜の「直前予想」末尾に掲載いたします。

 以上です。目の問題が解決すれば、また長文予想を復活するかもしれませんが、今年1年はこの方針でいきたいと思います。ご理解いただければ幸甚です。

===========
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

後記:やっぱり長くなってしまいました(^_^;)。なお、今まで表記できていた「ほぞかみ」の「かむ」の漢字がなぜか環境依存文字として出なくなりました。今後はひらがな「ほぞかみ」とします。

|

« 【 年度代表馬アーモンドアイに疑義あり 】 | Main | フェブラリーS直前予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【 年度代表馬アーモンドアイに疑義あり 】 | Main | フェブラリーS直前予想 »