« 大阪杯、直前予想 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第44号 「新しい教育システムの構築」その5 »

2021.04.10

桜花賞、直前予想

 オッズ予想の配信をどうするか、いろいろ試行錯誤中です。
 今号より、最初に「前回GIの結果」をまず掲載して回顧も少々書きます。
 そして、今回のGIデータとオッズ予想、末尾に再度前回の一覧結果などを掲載します。
 やはり語りたい虫がむずむず蠢(うごめ)いています(^_^;)。
 特に当たったときと「くあーっ」とほぞ噛んだときに語りたくなります。

**************************************
【前回GI結果】

 大阪杯結果は、ウラ●ズバリだったのに01番の激走でおじゃん(>_<)

 1着―川 田 08レイパパレ…………[●]C 単勝=12.2
 2着―池 添 01モズベッロ…………[?]QA
 3着―福 永 07コントレイル………[◎]A
 4着―ルメル 12グランアレグリア…[△]B
 5着―松 山 02サ リ オ ス……[△]D(一覧順位)
 馬群[1→3→1→1]前日馬順[D→G→A→B]枠順[D→G→A→B]

 枠連=6-1=163.6 馬連=08-01=190.8 馬単=376.1
 3連複=08-01-07=72.4 3連単=1062.1
 ワイド12=27.5 W13=3.9 W23=8.5
--------------

 01モズベッロの激走がなければ、ほぼ完全的中でした。「いけぞぇ~(恨)」
 ウラ●川田08レイパパレが華麗に逃げ切ったのに、池添01モズベッロの激走2着。これは同時に「まさかのコントレイル3着」という涙なくして語れない結末となりました。結果、私の的中は単勝のみに終わってまたも元取りが精一杯でした。

 しかしレース後、相変わらず「そっちかよ~」のほぞ噛みました。
 実は3複オッズ分析から「01モズベッロをウラ●にせよ」と出ていたのです。ほんとです。
 お気づきと思いますが、予想の後半は「検討結果」を語っています。それはオッズ予想では御法度。検討したから「01モズベッロ? ないだろう」と切ってしまったのです(^_^;)。

 「3強から2頭消えることはあるまい・穴馬はウラ●ともう1頭〇13アドマイヤビルゴ」と決めたからでした。もしもオッズ分析通り01番をウラ●にしていれば、馬連ほぼ2万、3複72倍の大的中でした。

 ただ、「阪神芝20内回りは逃げ先行重視だから、逃げAの08レイパパレをウラ●に」という検討は当たったからビミョーです。
 私の頭の中は――と言うより、オッズ分析は大本命の「3強123着の可能性高い」と出て「馬券不参加」が結論でした。ればたらは言いたくないけれど、もしも馬場が重でなかったら、3強+4番人気レイパパレの[1234]着だったのではないかと思います。

 それにしても、レイパパレはこれで一気に6連勝。続くのかフロッグか。
 逆に失意のコントレイルは復活できるか。父ディープを超えることはできないのか。次走から再び連勝街道を突っ走ってほしいものです。


******************************
【桜花賞、直前予想】

 さて、今週は3歳牝馬の祭典桜花賞。ちまたの予想は4勝を挙げている2強の気配です。2強のパターンは3つ。2頭が3着内に入る。どちらか1頭が消える。2強ともに着外に落ちる。さて、どれでしょうか。

 まずは過去5年の実近一覧結果から。

【桜花賞、過去5年の実近一覧結果】
    一 覧     馬 順     [1234]群
2021年 →→→ →→→ →→→
2020年 QA→A→QG→C B→A→09→E 3→1→4→1
2019年 F→QC→B→A B→E→C→A 2→3→1→1
2018年 E→A→B→QI B→A→C→10 2→1→1→4
2017年 C→B→A→H H→C→A→F 1→1→1→2
2016年 C→B→QA→A B→C→F→A 1→1→3→1

 一覧はやはり第1馬群のABCが中心。また、第2、3群の馬が上位人気になったとき(18年E→B、19年F→B・QC→E、20年QA→B)も軸か相手になり得るようです。
 5年中4回馬順Bが1着なのはたまたまか今年もか。

 一覧が各馬の実力をはっきり把握できているとするなら、実績は低いが、何らかの理由で人気になるという意味で「乖離馬注意」と言えます。今年の2強はやはり一覧トップのABに入りました。 

*****************************
 【桜花賞 実近一覧表】 阪神 芝16 18頭 定量55キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|馬       名|予OZ{実近}[展開] |馬3単複 印着
[1]
A=04|ソ  ダ  シ | 2.5{AB}[2.8]|AAAA ◎
B=08|メイケイエール | 4.4{BA}[4.8]|CCCD 〇
C=18|サトノレイナス | 7.7{CC}[7.7]|BBBB ◎
D=16|ソングライン  | 8.4{DD}[8.0]|HH09G
[2]
E=02|ファインルージュ|13.4{FF}[5.8]|GFEH
F=06|ストゥーティ  |14.3{G09}[5.2]|15121415
G=17|ホウオウイクセル|16.7{H13}[7.5]|13131111
H=12|ヨ カ ヨ カ |17.8{E16}[2.5]|11111213 ★
[3]
QA=13|エリザベスタワー|18.2{10H}[9.0]|FEFF △
QB=10|アールドヴィーヴ|19.2{0910}[10.]|EGG09
QC=07|ク  ク  ナ |22.3{13E}[8.2]|0910HC
QD=05|アカイトリノムス|23.2{11G}[8.1]|DDDE 〇
[4]
QE=09|エンスージアズム|24.8{1511}[7.2]|16161617
QF=11|ジネストラ   |25.6{1412}[4.0]|14151514
QG=15|シゲルピンクルビ|32.3{1217}[5.9]|10091010
QH=14|ミニーアイル  |32.8{1715}[10.]|17171716
QI=03|ブルーバード  |35.2{1618}[8.3]|18181818
QJ=01|ストライプ   |37.4{1814}[5.1]|12141312

---------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 12 04 11 08 -01 06 02 15 -09 17 18 16 -05 07 03 13 10 14
覧 ◎ 〇 6 5 3 4
3F D A B E C
本★ ◎ 〇 ◎ 〇 △

----------------------------
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=3巴[AB型] 枠連AB=6.7
 馬連型=3巴[AB型] 馬連AB=8.1

 枠連=AB/C/DE/FG//H 
 枠順=28/4/37/15//6
 馬順=AB C DF GE 11
 代行=18H 09 1510 1216 14
 代2= 13 17
 ―――――――――――――
 結果=
****************************
 ※ 直前予想

 まずは一覧と馬順との関係で言うと、一覧トップ3が馬順ABCとなりました。

順=番|馬       名|予OZ{実近}[展開] |馬3単複
A=04|ソ  ダ  シ | 2.5{AB}[2.8]|AAAA
B=08|メイケイエール | 4.4{BA}[4.8]|CCCD
C=18|サトノレイナス | 7.7{CC}[7.7]|BBBB

 馬連3頭の3巴でもあるし、これまでも何度かあったように、一覧トップ3頭が[123]着となる可能性高し。この3複は前日15倍。前回のような人気集中ではないので、取り合えず3複1枚買います。3単はオッズルールどおり[C→B=A](08→18=04)の2枚。

 ただ、馬連は04・18のAB型です。よって、馬連ABの1本(04-18)
 3複は[AB→EFGH](04・18→10 13 02 16)となります。

 問題は09人気以降の激走があるかどうか。馬順、3複ともオッズはA~Hまでに集中しており、今回代行の激走はB枠のH(16ソングライン)までかと思います。

 枠順を見ると、やはりAB型で2枠8枠中心。以下のように、1列目の枠EFGと馬順EFGが合致していません。
 枠AB型の基本枠連はやはり[AB→EFGH]ですが、CDEに乱れがあるので、枠順ABのいずれかを軸として枠連は[AB→FGH](2-8→156)。
 6枚は多すぎるなら、H6枠を削れば4枚。私はH6枠の12ヨカヨカが気になるので、枠連6枚買います。

 枠連=AB//CDE/FG//H 
 枠順=28//437/15//6
 馬順=AB CDF GE 11
 代行=18H 091510 1216 14
 
 最後に枠A・B(馬A・B)――04ソダシ、18サトノレイナスのどちらを◎軸とするか。オッズ相からは「決め手がない」というか「どちらでもいい」と出ています。
 実は複順ABオッズから「どちらも1、2着を確保できず、3着以下かもしれない」という予想も出て悩ましいところです。枠連のウラ[C→D]が出るかもしれません。

 そこで、私の最終結論は◎AB[04・18]の2頭、〇CD[08・05]の2頭として4頭絞りとします。
 そしてもう1頭7枠F13エリザベスタワーを△として追加します。

 オッズからのウラ●はなし。ひそかなウラ★として6枠11人気(12番ヨカヨカ)を少々。もちろん九州熊本産馬への応援馬券です(^_^;)。
 ヨカヨカは逃げA馬です。先週のような降雨重馬場なら期待できるのですが、明日はピーカンの好天予想。
 ただ、阪神JFは逃げてコンマ4差5着だったし、まさかの3着粘り込みを期待してワイドとか3複で流してみたいと思います。

 本紙予想
 印番馬       名 馬順
 ◎04ソ  ダ  シ   A
 ◎18サトノレイナス   B
 〇08メイケイエール   C
 〇05アカイトリノムスメ D
 △13エリザベスタワー  F
 ★12ヨ カ ヨ カ   11


 さて結果は?


 以下前回GI大阪杯の結果です。

*************************
 【GI大阪杯 実近一覧表】 阪神 芝20 13頭 定量57キロ
                  (人気は前日馬連順位)
順=番|馬       名|予OZ{実近}[ 展開]|馬3単複 印着
[1]
A=07|コントレイル  | 2.0{AB}[ 6.9]|AAAA ◎3
B=12|グランアレグリア| 4.8{BA}[ 9.6]|BBBC △4
C=08|レイパパレ   | 6.2{CC}[ 2.8]|DDDD ●1
D=02|サ リ オ ス | 8.2{ED}[ 6.9]|CCCB △5
[2]
E=06|ワグネリアン  |10.3{DG}[ 6.6]|EEFE
F=04|ブラヴァス   |12.3{GF}[ 5.5]|HGGG
G=13|アドマイヤビルゴ|12.9{HE}[ 4.7]|FFE09 〇9
H=10|カ デ ナ   |20.4{09H}[12.3]|10111012
[3]
QA=01|モズベッロ   |32.2{1109}[10.5]|G0809F ?2
QB=05|ペルシアンナイト|35.5{F11}[ 9.2]|0909HH
QC=03|アーデントリー |53.1{1210}[ 6.8]|12121211
QD=11|ハッピーグリン |76.7{1012}[ 8.3]|13131313
[4]
QE=09|クレッシェンドラ|99.9|1313|[ 7.9]|11101110
 注…「馬」は馬連順「3」は3複順「単複」は単複順位
---------------------------
 ○ 展開予想

※展開(3Fは前走の上がり優秀5頭)
 逃げ     先行     差し     追込
 08 13 04 06 -03 02 07 09 -11 05 12 01 -10
覧▲ 6 5 △ ◎ 〇
3FE C A D B
本● 〇 △ ◎ △
結1 5 3 4 2
----------------------------
--------------
 [枠連順位]
 枠連型=A流れD [AB型] 枠順AB=3.0
 馬連型=A流れD [4巴系] 馬連AB=2.5

 枠連=AB/C/D//E/FGH 
 枠順=58/2/6//4/713
 馬順=AB C D H 10G12 馬順[D→G→A→B]
 代行=EF 11 09 13
 ―――――――――――――
 結果=34 1 2 枠順[D→G→A→B]
****************************
 本紙予想結果
 印番馬      名 馬 結果
 ◎07コントレイル   A 3
 ○13アドマイヤビルゴ F  9
 △02サリオス     C 5
 △12グランアレグリア B 4
 ●08レイパパレ    D 1
 ?01モズベッロ    H 2

【大阪杯過去5年の実近一覧結果】
    一 覧     馬 順     [1234]群
2021年 C→QA→A→B D→G→A→B 1→3→1→1
2020年 B→A→C→G B→C→A→09 1→1→1→2
2019年 E→B→C→QC 09→B→C→10 2→1→1→3
2018年 B→E→C→QC A→F→C→11 1→2→1→3
2017年 A→G→QB→B A→G→D→B 1→2→3→1
2016年 C→F→E→D B→D→E→A 1→2→2→1

============
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 大阪杯、直前予想 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第44号 「新しい教育システムの構築」その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大阪杯、直前予想 | Main | 別稿『一読法を学べ――学校では国語の力がつかない』第44号 「新しい教育システムの構築」その5 »